dtvの無料期間・料金・サービス内容を解説!価格最安級で音楽・PVも充実!

 

この記事は7分で読めます

Sponsored Link


 

今回は動画配信サービスのdTVについて♪最近広告によく出てきますので知っている方も多いと思います。最近動画配信サービスも沢山ありますがdTVはどういうサービス内容なのでしょうか?今回は、dTVの無料期間・料金・サービス内容・音楽等について見ていきたいと思います。
公式サイト

dTVとは

dTVは、携帯電話でお馴染みのドコモが提供しており、映画、海外ドラマ、国内ドラマ、バラエティ、アニメ、音楽など様々なジャンルを配信している動画配信サービスです。ドコモユーザー限定のサービスという印象もあるかもしれませんが、dTVはドコモユーザー以外でも利用可能となっています。また、動画配信サービスの日本市場シェア第1位となっている大人気の動画配信サービスです。

GEM Partnersレポート参照

 

サービス内容

 

月額料金(税抜) 500円
総配信数 120,000本以上
作品の種類 見放題+PPV(個別レンタル)
視聴可能デバイス ■ パソコン
■ スマホ・タブレット
■ Amazon Fire TV・Fire TV Stick
■ Chromecast
■ Apple TV
■ dTVターミナル
■ テレビ・Blu-rayプレーヤー
画質 SD~HD(一部4K作品あり)
支払い方法 ■ クレジットカード
■ デビットカード
■ ドコモケータイ払い
無料期間 31日間

dTVの特徴

①月額料金は業界最安級
②総配信数が多い
③オリジナル作品が魅力的
④アニメの見逃し配信が充実
⑤音楽コンテンツが充実
⑥動画のダウンロードができる!オフライン視聴可能
⑦FOXチャンネルリアルタイム配信が視聴可能

 

dTVの月額料金は500円!

dTVの月額料金は500円(税抜)です。下記の比較表のとおり、dTVの月額料金は非常に安くなっています。

順位 サービス名 月額料金
(税抜)
1位 Amazonプライムビデオ 325円
2位 DMM見放題chライト 500円
2位 dTV 500円
4位 auビデオパス 562円
5位 FODプレミアム 888円
6位 Hulu 933円
6位 TSUTAYA TV 933円
8位 Netflix 950円
9位 ビデオマーケット 980円
10位 U-NEXT 1,990

※ Netflixでは、3つのプランがあり、表中の月額料金はスタンダードプランのものです。

 

dTVの総配信数は120,000本以上

 

サービス名 総配信数 作品の種類
dTV 120,000以上 見放題+PPV(個別レンタル)
Netflix 数千本 見放題のみ
auビデオパス 10,000以上+α 見放題+PPV(個別レンタル)
ビデオマーケット 190,000以上 見放題+PPV(個別レンタル)
U-NEXT 120,000以上 見放題+PPV(個別レンタル)
FOD 22,000以上+α 見放題+PPV(個別レンタル)
DMM見放題chライト 7,000以上 見放題のみ
Hulu 40,000以上 見放題のみ
dTVのポイント
①総配信数は120,000本以上
オリジナル作品が魅力的
アニメの見逃し配信が充実
音楽コンテンツが充実

dTVの配信ジャンルは、映画、海外ドラマ、国内ドラマ、アニメ、バラエティ、音楽などがあり、120,000本以上が配信されています。上記の動画配信サービスとの比較表のとおり、配信作品数は多いです。dTVの特徴として、総配信数の多さはもちろんですが、オリジナル作品が魅力的な面があり、それに加え、映画の公開に合わせたオリジナル作品の配信もしており、さらにアニメの見逃し配信にも力を入れているので、アニメが好きな方にとっても嬉しいサービスです。また、dTVは、ドコモが提供しているサービスではありますが、運営はエイベックス・デジタルがしているので、音楽コンテンツが非常に充実しています。ミュージックビデオ・ライブ映像・カラオケなどの配信数の多さdTVが一番です。

動画配信サービスには、月額料金だけで全て見放題のサービスと、月額料金だけで見放題の動画+PPV(個別に料金を支払うことで観ることができる動画)を配信しているサービスの2種類に分かれますが、dTVの場合は見放題の動画+PPVです。PPVの動画は、主に最新作の映画などが多く、1本当たり500円程度なので、レンタル屋さんに行くのが面倒な方はdTVを利用することで最新作の映画を観ることができます。自分の好きな作品があるかはdTV公式サイトでご確認ください。
dTV公式サイトで作品の検索はこちら♪

 

視聴可能デバイス

dTVの動画を視聴できるデバイスは、主に以下の7つがあります。これは、他の動画配信サービスと比較しても非常に充実しています。

①パソコン
②スマホ・タブレット
③Amazon Fire TV・Fire TV Stick
④Chromecast
⑤Apple TV
⑥dTVターミナル

⑦テレビ・Blu-rayプレーヤー

①パソコン

 

Windows Mac
OS Windows 7以上 Mac OS X 10.10.3以上
推奨ブラウザ Internet Explorer 11
Firefox 47.0以上
Edge 25.1以上
Chrome 54.0以上
Safari 9以上
Firefox 47.0以上
Chrome 54.0以上
設定 Javascript,cookieを有効にする

dTVの動画を観ることができるパソコンのOSは、Windowsの場合、7以上で、Macの場合、OS X 10.10.3以上となっています。また、ブラウザはほとんどのものに対応しているので、ご自身がお使いのパソコンで観ることができると思います。アプリのダウンロードなどの必要はないので、すぐに動画を楽しむことができます。

 

②スマホ・タブレット

Android™:推奨OS:Android4.4以上
iPhone / iPad推奨OSiOS9.0以上
スマホ、タブレットでの視聴の場合は、専用のアプリをダウンロードする必要があります。Android端末の場合はGooglePlayで、ios端末の場合はApp Store「dTV」と検索し、アプリをダウンロードしてください。ただしiPod touchは非対応となっておりますのでご注意ください。

 

③Amazon Fire TV・Fire TV Stick

Amazon Fire TV・Fire TV Stickでの視聴の場合は、Amazon Android アプリストア内の「対応アプリ」一覧より、専用アプリ「dTV」をダウンロードする必要がありますが、スマホやタブレットと同じようにアプリをダウンロードするだけなので、手間をかけずにテレビの大画面で動画を観ることができます。

 

 

④Chromecast

Chromecastでの視聴の場合は、スマホ、タブレットにインストールしたdTVアプリからChromecastに映像をキャストすれば、テレビの大画面で動画を視聴することができます。Chromecastは、Wi-Fi環境下でテレビのHDMI端子に接続することで、動画を再生できるストリーミングデバイスでスマホやタブレットの映像をテレビの画面に映し出す機械です。Amazon Fire TV・Fire TV Stickとは違い、リモコンはついていないので、全てスマホやタブレットで操作します。下記のように表示マークをタップするだけで使えるのめっちゃ便利ですよ♪因みに私は愛用しています♪

 

 

⑤AppleTV


AppleTVでの視聴の場合は、専用のアプリをダウンロードすることで、dTVの動画を観ることができます。AppleTVは、アップルが開発・販売しているデバイスですが、中古でも値段が高いのでAmazon Fire TV・Fire TV StickやChromecastのほうがおすすめです。個人的にはChromecastかな。

 

⑥dTVターミナル

 

dTVターミナルは、ドコモが販売しているストリーミングデバイスで、dTVとdアニメストアをテレビで視聴することができる端末です。使用方法は、コンセントに電源を差して、Wi-Fi環境下でテレビのHDMI端子に接続するだけなので非常に簡単で、操作もリモコンが付いているのでテレビ感覚で行うことができます。また、USB給電に対応しているので、USB接続できるテレビの場合はコンセントに差さずに使えるので、無駄な配線を増やさずに済みます。

 

⑦テレビ・Blu-rayプレーヤー

dTVに対応しているテレビやBlu-rayプレーヤーを使用すれば、テレビの大画面で動画を楽しむことができます。ご自身がお使いのものが対応しているかは公式サイトより確認ください。

対応機種の確認は公式サイトよりお願い致します。

 

画質

dTVの画質は、SD画質からHD画質まで対応しています。また、HDR対応の動画も配信されているので、さらに綺麗な画質で楽しむことができます。さらに、一部の作品では、4K画質に対応しているものもあります。ただし、まだ対応して間もないので、対応作品はまだ多くないという状況です。

 

dTVはオフラインでも楽しめる

dTVでは、動画をダウンロードすることができます。自宅のWi-Fiでダウンロードしておいて外出先で観ることができるので便利な機能です。特に飛行機や新幹線の中は重宝します。因みに私は先日飛行機に乗った際にダウンロードした映画を楽しみました♪ただし、ダウンロードは、スマホタブレット「dTVアプリ」を使用のみ可能でパソコンではダウンロードすることはできませんのでご注意ください。

 

dTVはdポイントが使える

dポイントは、ドコモのケータイをお使いの方ならほとんどの方が貯めているかと思いますが、最近ではドコモユーザー以外の方で貯めている方もいると思います。dTVにはPPV(個別に料金を支払うことで観ることができる動画)が配信されいますが、これにdポイントを使うことができます。最新作の映画が500円程度なので、500ポイント使用すれば観ることができます。ポイントをたくさん貯めている人はお得なサービスですね。

 

FOXチャンネルリアルタイム配信が観れる

FOXチャンネルは、FOXネットワーク株式会社が運営する「FOX放送」が製作したドラマなどを放送する専門チャンネルで、テレビ放送と同じようにあらかじめ放送スケジュールが決まっています。FOXチャンネルは、通常、スカパーやケーブルテレビと契約しないと観ることができませんが、dTVならFOXチャンネルを観ることができます追加の課金なども必要なく、サービスの一部として利用することができるので海外ドラマ好きな方には最高のサービスです。

dTVの支払い方法

dTVの支払い方法には下記の3つがあります
①クレジットカード
②デビットカード
ドコモケータイ払い

 

①クレジットカード

対応しているクレジットカードは、Visa、Master Card、JCB、アメリカン・エキスプレス、ダイナースクラブカードがあります。ほとんどのクレジットカードが利用できます。

②デビットカード

dTVではデビットカードでの支払いに対応しています。デビットカードは、15歳以上から持つことができるので、クレジットカードを持つことができない若い方におすすめの支払い方法です。

 

②ドコモケータイ払い

dTVでは、ドコモケータイ払いに対応しています。ご自身がお使いの携帯電話料金と一緒に支払うことができるので、便利な支払い方法ですね。

 

dTVの無料期間は31日間!

dTVには、31日間の無料期間が用意されています。無料期間内でも有料会員と変わらないサービスを楽しむことができるので、自分にあったサービスか試すこともできます。また無料期間内に解約すれば月額料金は発生しないので、安心してサービスを利用することができます。ただし登録の際に決済方法を選択するので、無料期間を過ぎたら自動的に有料会員に移行されます。継続しない場合は解約を忘れないように注意してください。
dTV無料お試しはこちら♪

 

 

まとめ

今回は、dTVの無料期間・料金・サービス内容等について見ていきました。総配信数や音楽関係の多さは魅力的でしたね。視聴できる作品があるのか、使いやすいのかを無料期間を利用して自分にあったサービスかどうか確かめることが必要かと思います。

※今回の記事で紹介しているサービス内容は2018年6月時点の情報になりますので、詳細は公式サイトにてご確認下さい。

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。