この世界の片隅に無料動画見逃し配信【1話~最終回】無料で観る方法!

 

この記事は4分で読めます

Sponsored Link



この世界の片隅にを無料期間で読む▶

・無料期間に解約すれば料金は発生しません。
・無料期間中に最大1300ポイント分の漫画を無料で読むことができます
・今回紹介している情報は2018年10のものですので、詳細は公式HPにて再確認ください。

 

はじめに

今回注目するのは7月スタートのドラマこの世界の片隅にについて♪松本穂香さんが主演を務めることで話題になっていますね♪また戦時中の話で日曜日に放送ということで家族で見られている方も多いのではないでしょうか?今回はそんなドラマこの世界の片隅にを見逃してしまったという方のために見逃し配信について見ていきたいと思います♪ということで今回は7月ドラマこの世界の片隅にの無料動画見逃し配信【1話~最終回】について解説していきます。

 

放送終了から1週間以内ならTVer!

月額料金(税抜) 無料
視聴可能デバイス パソコン、スマホ・タブレット

 

TVerのサービスの特徴やポイント

①会員登録が必要ない
②配信動画は全て無料
③放送終了から1週間しか配信されない
④再生中にCMが放送される
⑤CMは意外と長くスキップできない

TVerでは、この世界の片隅に」を放送終了から1週間以内なら無料で観ることができます。TVerは、株式会社プレゼントキャストが運営していて、民放テレビ局が連携した公式テレビポータルサイトです。各局のドラマ、バラエティ、報道、アニメなど様々なジャンルの番組が、放送終了から1週間限定で無料配信されていて、配信動画は会員登録なしで全て無料なので、自由に観ることができます。ただし、放送終了から1週間を過ぎると動画を観ることができないので注意が必要です。また、再生中にCMが放送され意外と長いです。YouTubeのようにスキップ機能もないので、CMなしで観たい方は、少しストレスを感じるかもしれません。とはいえ、放送終了から1週間以内の場合は、TVerで観るのがおすすめです。

 

【違法アップロードに注意!】


インターネット上には、違法にアップロードされた動画があるので、恐らくこの世界の片隅にの動画がアップロードされていると思います。しかし、そのような動画は、法的に違法にアップロードされた動画で、最悪の場合お使いのパソコンやスマートフォンなどがウイルスに感染する恐れがあります「違法アップロードされた無料動画サイトでも意外と見られる」と何気なく見ていると思いますが実は大変危険な行為それに違法にアップロードされた動画をダウンロードすることは犯罪となります!やはり、この世界の片隅にの動画を観る場合は、先ほど紹介した公式に動画の配信が認められているサービスを利用するのが一番安全でおすすめの方法です。違法にアップロードされている動画を観てリスクを負うよりも、TVerなら安全・安心に高画質で動画を観ることができ、先ほど説明したとおり無料で観る方法もあるので、放送終了から1週間以内はTVer、で観ることをおすすめします。

※今回の記事で紹介しているサービス内容は2018年6月時点の情報になりますので、詳細は公式サイトにてご確認下さい。

Sponsored Link


 

ドラマ基本情報

ドラマタイトル:この世界の片隅に
放送予定:2018年7月~
放送曜日:毎週日曜日
放送時間:夜21:00~21:54
原作:こうの史代「この世界の片隅に」
(双葉社刊、「漫画アクション」連載)
脚本:岡田惠和
音楽:久石 譲
演出:土井裕泰
プロデュース:佐野亜裕美
製作著作:TBS

今作のドラマはこうの史代による日本の漫画作品です。『漫画アクション』(双葉社)にて2007年1月23日号 – 2009年1月20日号まで連載。単行本は同社より上・中・下巻の形式と前編・後編の形式で発売されています♪原作コミックが気になる方は是非チェックしてみて下さい(^^)/
↓↓↓↓↓

 

キャスト・相関図

北條 すず役:松本穂香
主人公。1925年(大正14年)生まれ。広島市江波の海苔梳きの家に育つ。少女時代は、実家の仕事を手伝う傍ら尋常小学校に通学、高等小学校を卒業する。絵を描くことが好きだが裁縫は苦手。18歳時の昭和18年暮れに妹・すみと共に広島市草津にある親戚の森田家の仕事を手伝う最中、呉の北條家に嫁ぐ。働き者だが、おっとりした性格から時折小事件を巻き起こす。次第に物資が乏しくなる戦時下の生活に先行きの不安を感じつつも、夫や北條家の人々を愛しまた愛されながら、知恵と明るさで懸命に乗り切っていく。1945年(昭和20年)6月22日の空襲で右手を失う。人の機微に聡い一面もあり、白木リンと夫の関係性に気付いている。

 

北條 周作役:松坂桃李
すずの夫。呉鎮守府の軍法会議録事(書記官)。すずよりも4歳年上。昭和18年12月、突然父親の円太郎と浦野家を訪れ、幼い頃に一度だけ会ったことがあるすずに結婚を申し込んだ。生真面目な性格で、親族ら周囲から「暗い」と言われるのを気にしている。すずを愛し、彼女の絵描きの趣味にも理解を持っているが、すずが幼なじみの哲に淡い想いを抱いていることにうすうす気づいている。

黒村 径子役:尾野真千子
周作の姉で娘の晴美を連れて北條家に出戻ってきた。すずとは対照的にテキパキと働く。

刈谷 幸子役:伊藤沙莉
北條家の隣に住む女の子。

堂本 志野役:土村芳
北條家の近くに住む、夫が出征中の主婦。

浦野すみ役:久保田紗友
すずと仲の良い一歳下の妹。女子挺身隊として陸軍の工場で働いている。

北條 円太郎役:田口トモロヲ
周作と径子の父。

北條 サン役:伊藤蘭
周作と径子の母。

黒村 晴美役:
周作の姪で、径子の娘。仲良くなったすずと二人で絵を描いて日々を過ごす。

水原 哲役:
すずの小学校の同級生でガキ大将。海軍に入隊後も意識し合っていたすずに会うため北條家にやってくる。

白木 リン役:
遊郭で働く女性。遊郭に迷いこんだすずを助けて仲良くなる。

 

あらすじ

昭和9年のある日、広島県広島市江波に住む少女・浦野すず(幼少期:新井美羽、大人時代:松本穂香)はお使いに出た帰り道、川原で絵を描いていたところを人攫いに捕まってしまう。しかし、先に捕まっていた少年・周作(幼少期:浅川大治、大人時代:松坂桃李)の機転で逃げ出すことに成功する。無事自宅に帰りついたすずだが、今日の出来事が夢のように思えて…。

時は経ち昭和18年秋。妹のすみ(久保田紗友)とともに祖母・森田イト(宮本信子)の家で手伝いをしていたすず(松本穂香)のもとに叔母が駆け込んできた。江波の自宅にすずを嫁に欲しいという人が来ていると連絡があったのだ。事情がよくわからないまま自宅へと急ぐ道すがら、すずは海軍兵学校へ進んだ幼なじみ・水原哲(村上虹郎)と出会う。てっきり哲が相手の人だと思っていたすずはさらに混乱する。

その頃、浦野家では北條周作(松坂桃李)とその父・円太郎(田口トモロヲ)がすずの帰宅を待っていた。すずの父・浦野十郎(ドロンズ石本)と母・キセノ(仙道敦子)は突然の来客に恐縮しながら会話をつなぐ。周作は以前にすずを見初めたというが、こっそり家の様子を覗いたすずには見覚えが全くなく…。

この世界の片隅にを無料期間で読む▶

・無料期間に解約すれば料金は発生しません。
・無料期間中に最大1300ポイント分の漫画を無料で読むことができます
・今回紹介している情報は2018年10のものですので、詳細は公式HPにて再確認ください。

公式Twitter

この世界の片隅にの関連記事♪

この世界の片隅に(ドラマ)最終回ネタバレ!原作の結末は?右手も失い壮絶な人生!
この世界の片隅に原作結末ネタバレ!感想や無料立ち読み漫画サイトのおススメも!
この世界の片隅に(ドラマ)キャスト相関図とあらすじネタバレ!松本穂香が主演!

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。