家売るオンナの逆襲最終回ネタバレ!原作の結末は?動画見逃し配信も!

 

この記事は5分で読めます

Sponsored Link


今回特集するのは1月スタートのドラマ「家売るオンナの逆襲」について♪前回はキャストやあらすじについて見ていきましたので今回は気になる最終回ネタバレについて見ていきたいと思います。続編には原作はあるのでしょうか?気になるあれこれを見ていくとしましょう♪ということで今回は1月ドラマ家売るオンナの逆襲の最終回ネタバレや原作の結末と動画見逃し配信について見ていきたいと思います。

ドラマ基本情報

ドラマタイトル:家売るオンナの逆襲
放送予定:2019年1月スタート
放送曜日:毎週水曜日
放送時間:夜22時~
脚本:大石 静
音楽:得田真裕
チーフプロデューサー:西 憲彦
プロデューサー:小田玲奈、柳内久仁子(AXON)
協力プロデューサー:水野葉子
演出:猪股隆一、久保田充 他
制作協力:AXON
製作著作:日本テレビ

今作の「家売るオンナの逆襲」は2016年に放送された「家売るオンナ」の続編となります♪もちろん脚本は大石静さんで主演も北川景子さんです♪前作をご覧になっていない方は是非チェックしてみてい下さい♪現在動画配信サービスで各社無料期間キャンペーンを実施中ですので無料で視聴することができますよ♪

TSUTAYA TVで観る▶(30日間無料)

Huluで観る▶(2週間無料)

ビデオマーケットで観る▶(初月無料)


日テレドラマ

公式Twitter

キャスト・相関図

家売るオンナの相関図(2016年)

家売るオンナの逆襲の相関図(2019年)

発表次第追記致します。

三軒家 万智役:北川景子

主人公。チーフとしてテーコー不動産株式会社の目黒営業所から新宿営業所売買仲介営業課に異動してきた、売上成績がトップクラスの営業。部下に仕事を指示した後に発する「ゴー!」や「家を売るためです」が口癖。趣味は「家を売ること」。「私に売れない家はありません!」と豪語する自信家。神出鬼没で、物音を立てずに突然背後に現れたりする。「家を売ること」に異常なまでに執着しており、契約を成立させるためなら、部下である庭野達の担当する顧客を横取りしたりするなど強引な手段を取ることも厭わない。古典的手法であるチラシの作成・配布から、SNS・ハッシュタグを利用した現代的な情報拡散術まで、あらゆる営業方法を得意とする。続編の二時間スペシャルでは、短期のバイトとして一時的にテーコー不動産に復帰した。
<本人コメント>
三軒家万智です。「家売るオンナ」が2年ぶりに連続ドラマで帰ってきます。オリジナルドラマで続編が作られるなんて、今回のお話をいただきとても嬉しかったです。シリーズをご覧下さった皆様のおかげです。ありがとうございます。キャストの皆さんもオリジナルメンバーが集まってくださるということで、感謝感激です。今回も驚きの方法で家を売って売って、売りまくります。テーコー不動産の皆さんと、平成最後に大暴れしたいと思います。ただでさえキョーレツなキャラクターなのに、「家売るオンナの逆襲」というキョーレツなタイトルです。一体どんなことになってしまうのか、一緒に見届けてください。2019年1月、水曜10時はテレビの前へGO!


庭野 聖司役:工藤阿須加

営業。まっすぐで誠実な性格ながら、営業成績は下から2番目の若手社員。売上のない月を作ってしまい、軽いスランプに陥っていた。客の要望に忠実に応えようとするあまり、万智のように客ごとに綿密な戦略を立て、購入契約にまで持ち込むことできない。新居を早急に求める多忙な客を8回も内見させており、屋代からは「持って行き方が悪い」万智からも「だから庭野に家は売れない」と言われ続ける。物静かな人物だが、深酔いすると相手に乗せられたり、感情を表出することもある。万智が新宿営業所に来て間もない頃は、「夢のように美しく、鬼のように恐ろしい」彼女の常識破りの手法に反感を持ち、振り回されることも多かったが、彼女の言う事は乱暴ながらも核心を衝いており、担当客と真摯に向き合い、彼ら彼女らの幸せな人生のために仕事をしていると徐々に悟るようになり、密かに彼女に好意を抱き始める。「家を売るのが仕事、そのために必要な行動を起こす」重要性を万智から学びスランプを脱出した。


屋代 大役:仲村トオル

課長。コンプライアンスと組織の結束を重視する穏健派。バツイチで独身。「女性不信」(万智談)。かつては「ミスター・テーコー不動産」と呼ばれるほど成績抜群で女性社員らからもモテていたが、課長となってからはコンプライアンスと売上アップというなかなか折り合いが付きにくい至上命令の板挟みで委縮していた。そのためか、夏の管理職人事では同期が何人も出世したが、自分は昇進できなかった。転勤してきた万智の暴走には当初慌てふためいていたが、彼女による「家の爆売り」で課の営業成績がグンと急上昇したこともあり、万智の実力を次第に認め、信頼し、美加の徹底教育を依頼したり、社員をきちんと叱れるようになるなど、徐々に感化されていく。


白洲 美加役:イモトアヤコ

営業。三軒家からはフルネームかつ呼び捨てで呼ばれている。入社前は他の仕事をいくつか経験しており、不動産に関する専門知識は皆無、宅建資格も持っておらず、未だに売上実績がない、営業成績最下位の社員。やる気もないイマドキな新人社員で、仕事(主にチラシのポスティング)を途中で放り出してカフェでお茶するなどズル休みすることも少なくない。そのため、布施は白洲の不真面目な勤務態度が、新宿営業所の営業成績が伸び悩んでいる要因、屋代も自分の出世を妨げている最大の要因と考えており、二人は万智に依頼し、「いい加減で目障りな存在」として最も厳しい「スパルタ指導」を受けさせている。基本的に周りがよく見えておらず、特に屋代に対しては、すれ違う際、追い抜く際など、なぜか無意識のうちに体当たりをかまし、何度もぶつかる。お酒を飲むと喜怒哀楽が激しくなり、最後には寝てしまう。寝言も非常に多い。


足立 聡役:千葉雄大

営業。自分の見た目を武器に売り上げを伸ばす、課内のエース社員。あだ名は「(足立)王子」。笑顔の毒舌家。口癖は「(女性に好かれ易い)僕って罪だよな」。新宿営業所でトップの営業成績を誇っていたが、万智がチーフとして赴任した直後に、彼女に追い越される[注釈 7]。ある日、自分の顧客が万智の担当物件のチラシをきっかけに購入申し込みに来店し、彼女が見送る現場を目の当たりにし激昂するが、万智からは「3ヶ月も放っておいて(=自己責任である)」と返され、プライドの高さゆえ順位や売り上げ額に固執してしまい、顧客への丁寧な営業を怠っていたこと、上司である万智を敬わず、距離を置き敵視していた姿勢に気付かされる。

あらすじ

2016年の夏。突如現れ、ある時はハートフルに、ある時はショッキングに、家を売って売ってまりくった伝説の不動産屋・三軒屋万智。彼女が姿を消してはや2年、、、、2019年1月、家売るオンナ、再び降臨!!

家売るオンナの逆襲最終回ネタバレ!原作の結末は?

それでは気になる最終回ネタバレについて見ていきたいと思います。まずは今作の続編に原作はあるのかについて見らべてみたところ、前作に引き続き原作はなく完全なドラマオリジナルで進んでいくとのことでした。これはどんな最終回を迎えるか楽しみですね♪前作の「家売るオンナ」では最終回にまさかの展開でしたからね♪そして今回もメガホンを握るのは大石静さん♪どんな結末にするのか楽しみにするとしましょう♪ということで最終回ネタバレにつきましてはドラマの結末を迎え次第追記させて頂きますね♪
今作のドラマについて大石静さんがコメントを出されていましたので紹介させていただきます♪

<大石静のコメント>
第1シリーズが終了して2年。長いものに巻かれていればお気楽という、無責任な風潮に、ニッポンは覆われています。 そんな我々の心を、三軒家万智がぶった斬ります。 
家売るオンナと家買う人、そして相変わらず頼りないテーコー不動産の面々が織りなす抱腹絶倒の物語で、視聴者の皆様も、常識の壁を打ち破って下さい。

▼前作の「家売るオンナ」の最終回ネタバレはこちら▼
家売るオンナ最終回ネタバレと視聴率!

Sponsored Link


家売るオンナの逆襲動画見逃し配信

TVerで観る▶

Paraviで観る▶


前作の家売るオンナはこちら♪

TSUTAYA TVで観る▶(30日間無料)

Huluで観る▶(2週間無料)

ビデオマーケットで観る▶(初月無料)

※今回の記事で紹介しているサービス内容は2018年9月時点の情報になりますので、詳細は公式サイトにてご確認下さい。

 

家売るオンナの逆襲の関連記事♪

家売るオンナの逆襲動画無料見逃し配信【1話~最終回】無料で観る方法!

家売るオンナの逆襲キャスト相関図とあらすじネタバレ!北川景子が主演で帰ってきた!

家売るオンナ動画無料配信【全話】dailymotionやpandoraでは観れる?

家売るオンナ最終回ネタバレと視聴率!

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。