鳩山邦夫の死因や病歴と入院病院はどこ?家族やプロフィールもチェック!

 

この記事は3分で読めます

Sponsored Link


 

おはようございますマサパンです♪
ヾ(´ω`=´ω`)ノ オハヨォ
今日の九州は大雨警報がでています!
九州の皆さんは気をつけて
くださいね!
特に熊本はこの間の地震で地盤が
緩んでいるところが多いので
山の近くや川の近くはなるべく
気を付けたほうがよさそうですね!
私も福岡なんで気を付けようと
思います(。・ω・)ノ゙

 

さてなんだか最近暗いニュースが
多いですがまた悲しいニュースが
入ってきました( ̄□ ̄;
自民党で鳩山邦夫元総務大臣が
亡くなりました。67歳でした。
政治家の67歳というのは
まだまだ若いのに本当に残念です。
謹んでお悔やみ申し上げます。
ところで鳩山邦夫元総務大臣はの死因は
なんだったんでしょうか?
そして病歴や通院入院歴は
あったんでしょうか?
今日は鳩山邦夫元総務大臣の死因や
病歴と通院、入院病院から家族や
プロフィールまで見ていき
私の個人的な意見や解釈を中心に
語りたいと思います。

 

【鳩山邦夫wiki風プロフィール】

ftghtfrs

名前:鳩山邦夫
生年月日:1948年9月13日(67歳)
職業:政治家
役職:自民党地方創生実行統合本部長
出身:東京都出身
略歴:東京大学法学部公法学科卒業。法学士。
田中角栄元総理大臣の秘書を務める。
76年、衆院選旧東京8区にて初当選。
2014年13期目当選。
文部大臣、労働大臣、法務大臣、総務大臣、
内閣府特命担当大臣などを歴任。
自民党地方創生実行統合本部長を務める。
祖父に鳩山一郎(第52・53・54代内閣総理大臣)。
兄に鳩山由紀夫(第93代内閣総理大臣)。

ご家族はもう皆さんもご存じの
通り元総理大臣ですね!
祖父とお兄さんが過去に
なられています。
まぁいわゆる政治家一家ですね。
邦夫さんは特にテレビなどの
メディアに出ていた印象が強いですね。
普段はとても柔らかく
ここというときは厳しい
男らしい方だなと私は思っていました。

<経歴>

1993年に自民党離党後は、無所属となり、第40回衆議院議員総選挙で当選。

1994年1月、西岡武夫、石破茂らと院内会派・改革の会を結成。

1994年4月、羽田内閣で労働大臣に就任。

1994年12月、新進党結党に参加。

1996年、新進党を離党し、兄由紀夫らと旧民主党を結党し、副代表に就任。

1998年、民政党の合流により、民主党が結成され、東京都連初代会長に就任。

1999年、東京都知事選に立候補し落選。

2000年、自民党に復党し、第42回衆議院議員総選挙で当選を果たす。

以後は、衆議院議員総選挙で当選を重ね、2007年8月から2008年8月まで
安倍改造内閣・福田康夫内閣で法務大臣、2008年9月から2009年6月まで総務大臣を務め、当選を13回果たしています。

Sponsored Link


【死因、病歴等】

 

死因について調べているんですが
はまだ正式な発表が行われて
いないみたいですので
分かり次第追記させていただきますね!

 

追記

srjgkjgk

病歴について見ていきましょう。
鳩山さんは今年の5月31日に行われた
パーティーでのスピーチは、
声はハッキリしていたものの、
顔色が妙に黒く、足元もどこかおぼつかない
状況だったようです。
スーツがダブダブで、頭も丸刈り状態
だったんだとか。
その際に疑われていたのは
・薬の副作用
・がん
・糖尿病
とにかく関係者の方はみんな
びっくりしていたそうです。
鳩山事務所の秘書の話によると
「病気? そんなことはありません。
本人は元気ですよ。ただ、ここ
最近は太り気味だったので、
健康管理の一環として軽い運動をしたり、
『炭水化物抜きダイエット』をしていました。
そのおかげで、ピーク時より6キロほど
体重が落ちたようです。以前から大きめの
スーツを着ているので、ダブダブになり
余計に痩せて見えるのでしょう。
髪の毛はもともと短くて薄毛なんです。
急激に薄くなったということ
はないと思いますよ」

と話しいたそう。
どうやら病気については
世間には伏せていたようですね。
どうりで調べても出てこないはずです。
しかし今回は亡くなってしまって
いるので今後病歴や死因が明らかな
になってくると思います。

 

ただこの状況からすると
顔色が黒くなって痩せたということは
肝臓が悪い可能性が高いので
肝臓がんではないかと。
もしくは炭水化物ダイエットということは
糖尿病というのも可能性が高い
かと思われます。なぜかと言いますと

炭水化物抜きダイエットは、
低炭水化物ダイエットとも言われます。
普段の食事から炭水化物を極端に減らすことで、
血糖値及びインスリンをコントロールする。
このことによって、減量や体質改善を狙う。
血糖(エネルギー)を枯渇させて、
替わりに脂肪が分解されるように仕向けて、
結果として出来るケトン体をグルコースの
変わりに脳の栄養にさせようとする理論です。
正しくおこなえば、炭水化物中毒の改善、
血糖値コントロール
(糖尿病などの場合)に役立つからです。
しかしここまで私が見ていきましたのは
状況からの推測になりますので正式な
発表がありまた分かり次第追記させて
いただきます。

 

 

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。