ひよっこの子役やキャスト相関図とあらすじネタバレ!主演は有村架純!

 

この記事は3分で読めます

Sponsored Link


 

おはようございますマサパンです♪
才ノヽ∋―_φ(゚▽゚*)♪
ここ最近の福岡の天気は雨が降ったり
晴れたりで忙しいですねw
もう蒸し暑くてちょっとイライラして
いますw
こんな日は体力をつけようということで
またラーメン屋w
今回いったのは福岡県古賀市にある
「 一葉軒」ここのラーメンは
あっさり系で18ラーメンに似た
ラーメンです(^^)
fhtyh
ランチは唐揚げに半チャーハンのセット
(よくばりランチ)で850円と超お得♪
img_2
そしてスタッフも元気よくて
とても愛想がいいです(*^_^*)
行かれたことが無い方は是非行かれて
見てください( ゚▽゚)/
あっさり系なので女性にも人気ですよ♪
因みにランチは月曜から土曜まで
やっています♪

「一葉軒」
ghjkg

古賀市今の庄3-19-14
092-943-8637
午前11時~午後11時

 

さて今回は久々の朝ドラについて♪
今回注目するのは2017年4月から
スタートする「ひよっこ」
主演は今売れまくっている有村架純さんが
務めるということで話題になっていますね♪
今度の「ひよっこ」の子役やキャストは
誰なんでしょうか?そしてどういうストーリー
なんでしょうか?
ということで今回は2017年4月から
スタートするNHK連続朝ドラ「ひよっこ」
の子役やキャスト相関図とあらすじネタバレ
について見ていき私の個人的な意見や解釈を
中心に語りたいと思います( ゚▽゚)/

 

【ドラマ基本情報】

fxgjh

放送局:NHK
放送予定:2017年4月3日(月)~2017年9月30日(土) 
《全156回予定》
制作スケジュール:2016年秋クランクイン予定
演出:黒崎博 田中正 ほか
制作統括:菓子浩
主演:有村架純
主題歌:未定

 

【子役やキャスト相関図】

ヒロイン・谷田部みね子役:有村架純
ttyjhe
生年月日:1993年2月13日

出生地:兵庫県伊丹市
身長:160cm
血液型:B型
<経歴>
ドラマ

「チキンレース」
「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」
映画
「阪急電車~片道15分の奇跡~」
「ストロボ・エッジ」
「ビリギャル」
「僕だけがいない街」
「アイアムアヒーロー」
「夏美のホタル」etc

<受賞>
2016年:第40回エランドール賞新人賞
第39回日本アカデミー賞優秀主演女優賞、新人俳優賞、
第58回ブルーリボン賞主演女優賞を受賞

有村架純さんと言えば
2013年にはNHK連続テレビ小説
『あまちゃん』に出演し
若き日の天野春子役を
演じて脚光を浴びましたね(*^_^*)
tuil
今回が二回目の朝ドラですが今回は
とうとう主演!
前回のあまちゃんから月9で主演を
務めたり、その演技力にはより磨き
かかっていると思います!
繊細でいて力強い演技と豊かな表現力
で今回も私達を楽しませて
ほしいですね( ゚▽゚)/

子役や相関図に関しましては
また分かり次第追記させて
いただきますね(^◇^)

Sponsored Link


【あらすじネタバレ】

rthrth

では最後にあらすじのネタバレを
見ていきましょう( ゚▽゚)/

1964年(昭和39年)秋。東京オリンピックが目前に迫っていたが、谷田部みね子(17)は今ひとつ実感が湧かない。みね子は、茨城県の北西部にある山あいの村で育った。交通の便が悪いため、関東なのに東京は遠い世界のように思える。みね子の家は7人家族。秀才の兄は、この村から初めて大学に進んだ。その学費を稼ぐために、父は東京に出稼ぎに行っている。高校を卒業したら、農家の仕事を手伝って祖父と母に楽させてあげたい…。そう思っていたみね子の人生は、お正月に父が帰ってこなかったことで一変する。

「必ずお父さんを見つけます。仕送りもします。だから東京に行かせてください」 2人の幼なじみと一緒に集団就職で上京したみね子は、下町の町工場で働き始める。初めて見る東京は、想像をはるかに超えた大都会で戸惑うことばかり。低賃金に長時間労働。“金の卵”を待ち受けていた現実も厳しいものだった。仕事を終えてから父を捜す日々に時々くじけそうになるが、東北各地から上京してきた寮の仲間たちや舎監さんが心の支えとなっていく。しかし、オリンピック後の不況のあおりを受けて会社は倒産。工場は閉鎖されてしまう。

行くあてのないみね子を拾ってくれたのは、かつて帰省した父から「美味しい」と土産話を聞かされていた洋食屋だった。店での給仕や出前、仕込みの手伝いがみね子の仕事になった。女将とその息子の料理長、そしてコックたち。皆、人使いは荒いが情にもろく、家族のような存在になっていく。個性的な常連客や商店街の人々、友人や仲間たちとの泣き笑いの日々の中で、みね子はさまざまな出会いと別れを経験しながら試練を乗り越え、見知らぬ町だった東京にしっかりと根を張っていく。果たして、父は見つかるのか…?

1964年と聞いて少し安堵しました。
戦争は終わってる!
今放送中の「とと姉ちゃん」は現在
戦争まっただ中。
戦争から目をそむけてはいけませんが
やっぱり戦争の話はかなり気持ちが
重くなっちゃいます(/_;)
今度と「ひよっこ」は1964年ということで
この年は東海道新幹線、首都高速道路、
東京モノレールが開通し東京都内の主要な
道路も拡幅されたころですね(^^)
どんどん発展していく東京で、人々は
どんな夢を見て、どんな暮らしを送っていた
のでしょうか?この頃が一番
人々が生き生きしてたころかも
しれませんね♪
どこかALWAYS 三丁目の夕日」と似た
物語になってそうな気がします♪
そんな時代の中でみね子はどう生きていき
そして父親とは再開できるんでしょうか?
どんな作品に仕上がるか楽しみですね(^◇^)

ひよっこの最終回ネタバレや
視聴率!原作との結末の
違いは?みね子の父は!?
dhfgh

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。