西郷どんキャスト相関図やあらすじネタバレ!主演は誰?原作は林真理子!

 

この記事は6分で読めます

Sponsored Link


 

こんにちはマサパンです♪
(。・ω・)ノ゙ コンチャ♪
先ほどニュースが入っていました♪
NHKは8日、2018年の大河ドラマが
幕末から明治時代にかけて活躍した
薩摩藩士、西郷隆盛が主人公の
「西郷(せご)どん」(全50回)に
決まったとのことでo(*^▽^*)o~♪
早いですね~もう来年の大河ドラマが
きまりましたよ~♪
歴史好きの私としては毎年大河ドラマ
楽しみでしかたありません♪
西郷隆盛が主人公ということで
話は幕末のようですね♪
この時代は一番日本が変わった
時代といっても過言ではないですね!
この激動の幕末の話をどう
演出していくんでしょうか?
見ていくとしましょう(^^♪
ということで今回は2018年の大河ドラマ
「西郷(せご)どん」のキャスト相関図や
あらすじネタバレと主演は誰なのか
について見ていき私の個人的な意見や
解釈を中心に語りたいと思います♪

【ドラマ基本情報】

2018年 大河ドラマタイトル: 『西郷どん(せごどん)』
放送予定:2018年1月から(全50回)
収録スケジュール:2017年夏 クランクイン予定
原作:林真理子
脚本:中園ミホ
制作統括:櫻井賢
演出:野田雄介 梶原登城

今回の原作は林真理子さん
「「西郷(せご)どん!」。
<林真理子プロフィール>
・小説家。

・出身:山梨県
・『最終便に間に合えば』
『京都より』にて直木賞、
・『白蓮れんれん』にて柴田錬三郎賞
・『みんなの秘密』で吉川英治文学賞他
  話題の著書多数。
・「西郷(せご)どん!」は
「本の旅人」(KADOKAWA)にて連載中。


林真理子さんといえば直木賞を
とったことでも有名な方ですよね♪
今度はどんな作品に仕上がっている
のかとても楽しみですo(*^▽^*)o~♪

本人コメントもありましたので
載せさせていただきますね♪

以前、最後の将軍徳川慶喜とその妻美賀子を書いたときに、幕末の複雑さにつくづく苦労しました。しかしそれゆえに歴史の主役たちにすっかり魅了されてしまったのです。その中でも一番難解で面白いのが、西郷さんです。彼をめぐる女性たち、流された島々を深く描くことによって、今まで誰も書かなかった西郷どんを作り上げているという自負があります。これに中園ミホさんが、生命を与えてくれるのです。会った誰もが愛さずにはいられなかった西郷どん。彼はもう、私たちの前で呼吸をし始めているのです。

本人コメント

 

次に脚本家を見ていきましょう♪
今回「西郷どん」の脚本を務めるのは
中園ミホさん♪
<中園ミホのプロフィール>
・脚本家。
・出身:東京都
・ドラマ『ハケンの品格』で放送文化基金賞
・『はつ恋』『Doctor-X外科医・大門未知子』で向田邦子賞
・橋田賞受賞。連続テレビ小説『花子とアン』等
数々の話題作を執筆。

中園ミホさんといえば上にもありますが
「花子とアン」ですね♪
ヒロインの吉高由里子さんを
好きになったのはこのドラマが
きっかけですo(*^▽^*)o~♪
「花子とアン」の視聴率は
平均22・6%と高視聴率でした♪
今度の「西郷どん」も期待できそうですね!
こちらも本人コメントがありましたので
載せさせていただきますね( ゚▽゚)/

西郷隆盛という人物は謎に満ちています。決して聖人君子ではない。
太った愚鈍な男でもない。戦の天才で革命家。一つ確かなのは、男にも女にも大層モテたということ。子供も学者も侍も殿様も彼と触れ合い、語り合った者は皆、西郷に惚れた。一体どんな魅力だったのか!?
セゴドンという男の魅力に、女の視点で切り込みます。
林真理子さんの原作「西郷どん!」は愛にあふれています。命がけで彼を愛した男達、女達の視線をまじえ、テレビの前の皆様にも一年間どっぷりセゴドンに惚れていただきたいと思っています。

本人コメント

追記!

西郷どんの書籍が発売されたので
追記させて頂きますね( ゚▽゚)/

上中下の全三巻になって
います♪原作が気になる方は
是非チェックしてみてください( ゚▽゚)/

 

【キャスト相関図】

西郷吉之助(隆盛たかもり)役・鈴木亮平
※大河ドラマ初出演
《役柄》
薩摩の貧乏な下級武士の家に生まれた
大家族の長男。唯一無二の魅力あふれる
人柄で、とにかく男にも女にもモテた。
どんなときも困った人を放っておけない
ちょっと迂闊で心優しき熱血漢。
カリスマ藩主・島津斉彬に見いだされ
密命を帯びるが、幕府に追われ、
南国奄美に島送りとなる。しかし、
そこには運命の出会いが待っていた。

 

愛加那役・二階堂ふみ
《役柄》
生命力にあふれ、誰にも媚びない島の娘。
斉彬を失い幕府に追われ絶望のなかで
島送りとなった西郷を救い、やがて、
二人は恋に落ち結婚。子宝にも恵まれ、
西郷に愛と生きる喜びを教える。
島の暮らしの中で西郷は、薩摩藩に
搾取される島民の苦しみを知り、
「民のための国づくり」を目指し、
革命家として覚醒していく。
西郷従道(信吾しんご)役・錦戸 亮
※大河ドラマ初出演
《役柄》
西郷家の三男。血気盛んな性格で、
有馬新七ら過激な藩士たちと伏見の
寺田屋に潜伏し京都所司代暗殺を謀る。
2度目の島流しから召還された兄・
西郷に従い、戊辰戦争にも従軍。
明治新政府となると、西郷は大久保らと
袂を分かつが、従道は明治政府に残り
“西南戦争”で兄を追い詰める側に立つ。

 

桂 久武役・井戸田 潤
※大河ドラマ初出演
《役柄》
赤山靱負(あかやま ゆきえ)の弟。
西郷の父・吉兵衛が日置島津家の
用頼(ようたのみ)(御用人)を
していた関係で、久武と西郷はとても
親しく、往復書簡を何度も交わしている。
島からもどった西郷とは入れ違いで
大島警衛として奄美大島に赴任。
残された愛加那や息子・菊次郎の
面倒をみる。その後、藩の家老と
なり、さらに西郷の魅力を深く知り
生涯西郷を支える。

 

タマ 役・田中道子
※大河ドラマ初出演
《役柄》
品川宿にある宿屋『磯田屋』に
働く給仕で、薩摩を離れた農家の娘・
ふきの同僚。街道をやってくる旅人や
さまざまな国の藩士たちが行き交う
旅籠(はたご)で、ふきやタマたちは
大山格之助や有村俊斎たち薩摩藩士の
顔なじみとなる。磯田屋を舞台に、
吉之助は、さまざまな政治工作や
情報収集に動いていく。

 

大久保満寿役・ミムラ
《役柄》
大久保正助の妻。大久保家は、
薩摩藩のお家騒動で父は遠島処分、
正助も謹慎で長らく困窮状態が続き、
正助の結婚は遅く28歳のこと。
満寿の内助の功に支えられ、正助は
藩の中枢に上り詰め、天下国家を動
かす男となっていく。西郷と大久保の
妻同士、糸と満寿が何を語りあったのか……
“妻たちの夫談義”が大いに
見どころとなる。

 

阿部正弘役・藤木直人
《役柄》
備後福山藩主で老中首座。
欧米列強の脅威が迫るなか、広く意見を
取り入れ徳川斉昭や島津斉彬など親藩や
外様雄藩と結んで幕政改革を推し進め、
その布石として篤姫の輿入れや
一橋慶喜将軍擁立などに動く。美男子で
大奥にも大変人気があり、時代の先を
読み解くバランス感覚に優れ政治力を
発揮するが、志半ばで急死する。

Sponsored Link


月照役・尾上菊之助
《役柄》
清水寺成就院の住職であった叔父の後を
継ぎ仏門に入り、23歳で住職となる。
和歌を通じて公家・近衛家の信任を得る。
そこで薩摩藩との縁が生まれ島津斉彬や
西郷吉之助たちの一橋慶喜擁立運動を
支え朝廷工作を手伝う。しかし安政の
大獄がおこると幕府に追われる身となり
西郷との決死の逃避行が始まる。

調所広郷役・竜 雷太
《役柄》
薩摩藩主・斉興のもと厳しい財政難に
あった薩摩藩を立て直した逸材。
欧米列強の脅威が迫るなか、薩摩に
大改革をもたらそうとする斉彬は、
藩の財政を破綻させると危惧して、
反斉彬派となって対立する。薩摩藩が
密貿易などの嫌疑を受け、その追求の
矢面に立たされ、薩摩藩を二分する
お家騒動に発展していく。

 

井伊直弼役・佐野史郎
《役柄》
近江彦根藩主。「人物より血筋」を
重んじ、将軍継嗣にあたっては
紀州藩主の徳川慶福(家茂)を押し
紀州派の総領となる。老中阿部正弘が
亡くなると、大老職に就き、勅許
(ちょっきょ)を得ないまま米国と
通商条約を結び、これに反発した一橋派を
一網打尽に処罰。“安政の大獄”という
恐怖政治を敷いて、強い徳川家を目指し“
徳川家ファースト”を掲げ強権をふるう。

 

徳川家定役・又吉直樹
※大河ドラマ初出演
《役柄》
江戸幕府13 代将軍で、於一(篤姫)の
夫となる。島津斉彬は、於一を御台所に
送り込むことで政治力を発揮しようとする。
於一の婚礼支度を任された西郷吉之助は
家定が「ぼけた発言や奇行がある“愚鈍”な
殿で、子宝も望めない」との噂を耳にする。
篤姫の過酷な運命に心を痛め、憤った
吉之助は斉彬に食ってかかるが…。

 

徳川斉昭役・伊武雅刀
《役柄》
前水戸藩主。一橋(徳川)慶喜の実父。
荒々しい気性から「烈公(れっこう)」と
恐れられたが、広く下士層から人材を求め
いち早く西洋近代兵器の国産化を
推し進めた。島津斉彬と気脈が通じ、
阿部老中より海防参与に迎えられるが
時に過激すぎる発言が幕府を混乱させ
井伊直弼とも対立。好色とうわさされ
大奥で人気がなく、慶喜の将軍擁立運動
の足かせとなる。

 

【あらすじネタバレ】

では最後に気になるあらすじネタバレ
について見ていくとしましょう(。・ω・)ノ゙

西郷隆盛(小吉、吉之助)は、薩摩(鹿児島)の貧しい下級武士の家に育った。両親を早くに亡くし、家計を補うため役人の補佐として働くが、困った人を見ると放っておけず、自分の給金も弁当も全部与えてしまう始末。西郷家はますます貧乏になり、家族は呆れかえるが、西郷は空腹を笑い飛ばす。
そんな愚直な西郷に、カリスマ薩摩藩主・島津斉(なり)彬(あきら)が目を留めた。「民の幸せこそが国を富ませ強くする」と強く主張する斉彬に、西郷も心酔する。西郷は、斉彬の密命を担い江戸へ京へと奔走。薩摩のキーパーソンとなっていく。

生涯の師・斉彬との出会いと別れ。篤姫との淡い恋。仲間との友情と反目。多感な青年期を経て、3度の結婚、2度の島流し…。極貧の下級武士に過ぎなかった素朴な男は、南国奄美で愛に目覚め、勝海舟、坂本龍馬ら盟友と出会い、揺るぎなき「革命家」へと覚醒し、やがて明治維新を成し遂げて行く。

おぉ~あらすじを見ただけでも
ゾクゾクしますね!
坂本龍馬役や桂小五郎役は
誰がやるんでしょうか?
薩長同盟の緊迫するシーンが
見に浮かびます!
幕末は福山雅治さんが主演を
務めた「竜馬伝」以来です!
明治維新を成し遂げる生き様を
しかと見ましょう( ゚▽゚)/
キャスト発表が楽しみですねo(*^▽^*)o~♪

【西郷どん無料動画見逃し配信】

仕事が忙しく見逃してしまった方
録画し忘れた方もご安心ください♪
こちらで見逃し無料配信やっています♪
①U-NEXT(ユーネクスト)
↓↓↓↓↓↓リンク

ユーネクストは一番動画配信量が
多いところです。ドラマだけに
限らず漫画や映画にも強いですよ♪
期間中は無料です( ゚▽゚)/

関連記事♪

西郷どん最終回ネタバレと視聴率!原作との結末の違いは?西郷が!?

せごどんロケ地!撮影現場の裏側!鈴木亮平がおはら祭りにサプライズ参加!

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。