スーツケース(機内持ち込み)のオススメとサイズや重さの基準をチェック!

この記事は3分で読めます

Sponsored Link


 

こんにちはマサパンです♪
(。・ω・)ノ゙ コンチャ♪
今日は今年度の初出勤。
まだ体が休みモードで全然
集中力が続きませんw
ところで皆さんは今年の抱負や
目標は決められましたか?
私は海外旅行に6回行くこと
に決めました♪
前回が初めての海外旅行で
グアムに行ってきたのですが
完全にハマってしまいましたw
何故今まで行かなかったのか
後悔するほどw
次はハワイを予定しています♪

さてそんな私が前回グアムに行って
気になったのがスーツケースの数や
サイズ!なんとスーツケースは
一人一つまでしか預けられない
ではありませんか!他は機内
持ち込み!しかも機内持ち込み
のサイズも決まっているし!
危うく持って行けないところ
でしたw下調べが甘かったこと
をその時になって後悔したものですw
そこで!今回は機内持ち込み可能な
スーツケースのオススメと
機内持ち込み出来るサイズや重さ
について見ていき私の個人的な
意見や解釈を中心に語りたいと
思います( ゚▽゚)/

機内持ち込みのサイズや重さについて

・国内線→100席以上の機種
サイズ:高さ55×幅40×奥行25cm以内、3辺の合計115cm以内
重さ:10kgまで

・国内線 100席未満の機種
サイズ:高さ45×幅35×奥行20cm以内、3辺の合計100cm以内
重さ:10kgまで

・国際線
サイズ:高さ55×幅40×奥行25cm以内、3辺の合計115cm以内
重さ:日本航空JAL、全日空ANA 10kgまで
(その他:ルフトハンザ航空8kgまで、大韓航空12kgまで、シンガポール航空7kgなど)

(これはあくまでスタンダードな
基準になりますので、持ち込まれる
際は事前にご利用の航空会社に
問い合わせて下さい。多少異なる
場合があります)

ちなみにビジネスクラスや
ファーストクラスはもっと優遇
されているそうなのでこちらも
事前に確認しましょう。

機内持ち込みの個数や制限は?

上記サイズをクリアーした
キャリーバッグボストンバッグ
とは別に、もうひとつ身の回り品
も持ち込むことができます。
これは財布や携帯電話等の
貴重品をいれるための
セカンドバッグショルダーバッグ
のようなものです。

機内持ち込み規定をクリアした
キャリーケース一つと貴重品を入れた
ショルダーバッグ
それとお土産は持ち込むことが出来ます。
ただし、機内の頭上にある収納スペースは
周りの乗客の人たちとシェアする
場所ですので、お土産等の量は
常識範囲内のサイズにしましょう(。・ω・)ノ゙


「手荷物」は頭上の収納棚
「身の回り品」は座席下に入る大きさですね!

Sponsored Link


機内持ち込みスーツケースのメリット・デメリット

<メリット>
①壊れにくい
スーツケースが壊れるのは、
ほとんどのケースにおいて
航空会社に預けたときです。
海外の空港ではスーツケースを
投げるのは当たり前ですw
この間テレビであっていましたw
とにかく積み方も雑ですw

機内に持ち込むことによって
雑に扱われることはないので
非常に大きいメリットですね。

②荷物を預ける手間が無い

機内に持ち込めるわけですから
当然荷物を預けたり、
ターンテーブルで荷物が出てくるのを
待つ手間が無いですね(。・ω・)ノ゙
荷物が出てくるのを待つことなく
一番に税関へ向かえるのは、
大きなメリットですね!
入国審査は長くてただでさえ
イライラモードですので
省けるところは省いちゃいましょう♪

<デメリット>

①容量が小さい
持ち込めるサイズには制限が
ありますので、容量が小さいのは
当然です。一般的に、機内持ち込み
サイズのスーツケースの容量は
30リットル程度の容量になります。

機内落ち込みサイズスーツケースのお勧め♪

それでは機内持ち込みサイズの
おススメのスーツケースを
ご紹介させて頂きます♪
販売サイトは多種ありましたが
ここでは比較的安くて
安心の楽天の中から見て
いきますね( ゚▽゚)/

①GRIFFIN LAND

②LEGEND WALKER

③REXSTER

意外と安くていいものが多かった
です♪楽天だとポイントも付くし
個人的にはおススメです( ゚▽゚)/

せっかくの旅行ですから
少しでも快適に賢く行きたいものですね♪
あれを買っておけばといったことが
ないよう事前準備はしっかり
行ってくださいね(。・ω・)ノ゙

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめカテゴリー記事