ブランケット・キャッツ最終回ネタバレ!原作の結末は?7組の家庭の結末は?

この記事は5分で読めます

Sponsored Link


 

こんにちはマサパンです♪
(。・ω・)ノ゙ コンチャ♪
先日家族でシーカヤックを
しに行ってきまいた♪
そしたら義理の姉が怖くてリタイヤw
そうそう転覆しないんですけどねw
泣きながら陸へと戻っていってましたw
レジャーというのはこういう
アクシデントがあるからおもろいw
(姉には悪いけどw)
そろそろSUPの時期なんで次は
がっつり楽しもうと思います♪

さてそんな私が今回注目するのは
前回に引き続き6月からスタートの
ドラマブランケット・キャッツについて♪
前回はキャストやあらすじネタバレに
ついて見ていきましたので今回は
気になる最終回ネタバレについて
見ていこうと思います♪今回は原作小説が
あるということで原作の結末はどうなって
いつんでしょうか見ていくとしましょう♪
ということで今回は6月スタートの
ドラマブランケット・キャッツの
最終回ネタバレと原作の結末について
見ていき私の個人的な意見や解釈を
中心に語りたいと思います♪

【ドラマ基本情報】

ドラマタイトル:ブランケット・キャッツ
放送局:NHK
放送曜日:毎週金曜日
放送時間:[総合]後10:00 <全7回>
放送予定日:6月23日(金)スタート
原作:重松 清『ブランケット・キャッツ』
脚本:江頭美智留
制作統括:土屋勝裕、池田健司
演出:大谷太郎、本多繁勝

今回のドラマは2003年3月から9月まで
「asahi.com」に掲載された後、2008年に
朝日新聞社より刊行された重松 清さん
よるブランケット・キャッツが原作と
なったドラマになっています。
レンタル猫を借りた家族の
物語の短編小説集。
原作が気になる方はこちら( ゚▽゚)/♪
短編小説なので空いた時間にサクッと
読めますよ~♪

【キャスト・相関図】

椎名秀亮 役:西島秀俊
家具の修理店を営む。

藤村美咲 役:吉瀬美智子
椎名秀亮の幼なじみで獣医師。

島崎遥香

唐田えりか

酒井美紀
椎名秀亮の亡き妻。

美保純  他

<第1話ゲスト>
ヒロミ役:蓮佛美沙子
猫の引き取り手。

【あらすじネタバレ】

では前回の復習がてらあらすじを軽く
見ていきましょう(。・ω・)ノ゙

家具の修理店を営む椎名秀亮(しいな・しゅうすけ/西島秀俊)は、幼なじみの獣医師・藤村美咲(吉瀬美智子)とともに、亡き妻(酒井美紀)が飼っていた猫たちの新しい飼い主を探していた。そこに、祖母が大好きだった猫の代わりとなる猫を譲ってほしいと、ヒロミ(蓮佛美沙子)が訪ねてくる。秀亮は、ヒロミの家を下見したうえで、毛布と一緒に猫を渡す。猫との再会に喜ぶ祖母に、ほっとするヒロミだったが、今度はヒロミの婚約者に会いたいと言い出して…。

公式HPより引用

 

【最終回ネタバレ・原作の結末は?】

では気になる最終回ネタバレについて
見ていきましょう♪
今回は原作小説があるということで
原作小説の最終話の結末からドラマの
最終回を見ていきたいと思います♪

まずこの物語は猫が主役のアニマル
ストーリーかと思いきや、そうではなく
猫にかかわる家族のストーリーです。
あるペットショップで、二泊三日で
貸し出されるレンタル猫。
名前は付いておらず、借り主が好きな
名前で呼びます。
食事はペットショップから支給された
ドライフードしか与えてはいけません。
レンタル用のバスケットには毛布が
敷かれており、慣れたにおいの染みついた
その毛布さえあれば、どんな家庭に行っても
安心して眠ることのできる毛布猫
(ブランケット・キャット)。
そんなペットショップで猫達を借りる7組の
家庭を描いた7話の短編集になっているのです。
ドラマも全7話ですおそらく原作を
忠実に再現されるのではないでしょうか。
ショップには7匹のねこがいます。
ねこの数だけエピソードがある形ですね。
エピソードは下記の通りです。

①花粉症のブランケット・キャット
②助手席に座るブランケット・キャット
③尻尾のないブランケット・キャット
④身代わりのブランケット・キャット
⑤嫌われ者のブランケット・キャット
⑥旅に出たブランケット・キャット
⑦我が家の夢のブランケット・キャット

それぞれの短編集ですのでここでは
それぞれのネタバレをみていきますね( ゚▽゚)/

Sponsored Link


①花粉症のブランケット・キャット
猫を借りた不妊症の若夫婦。
妻が何でも理屈通りにいかないと嫌な
性格で、家の中も几帳面に整頓して
大人だけのキレイな暮らしをしている。
得られない子どもの代わりに猫を可愛が
りたいという思って猫をレンタルするが、
猫が虫を狩ったのを見て嫌悪感を抱く。
それまでは一緒に寝たいとはしゃいで
いたのに、思い出すと気持ち悪いと
食事もできなくなり、
「毛が抜けたら家の中に落ちるよね」
「うんちって臭うのかな」
と言い出すようになる。
思うようにならない世間の出来事に
苛ついて、自分はわがままと後ろめた
さを感じている妻と、不妊の原因が
自分にあるため、そんな妻に対して
遠慮が先に立つ夫。
最後、利口な筈の猫が家の中で大暴れして
家具や雑貨を壊しまくり、2人とも
呆然としつつも、何となくスッキリ
したと笑って終わる。

②助手席に座るブランケット・キャット
長年勤めた小さな会社、家族的で居心地
良くとても大切だったその会社から、
3千万円を横領した主人公。
「どうしてこんなことしちゃったんだろう。
みんなが困るってわかっているのに」
と、後悔とも違う、自分が理解できない主人公。
癌で余命短く、海で入水自殺するつもり
だったのに、溺れそうになった猫を助けてしまい
生きることを選択する。
最後はパトカーがやってきた所で終わり。

③尻尾のないブランケット・キャット
父親の期待が大きすぎて失敗が
許されない少年。
しかし実は同級生に対するイジメに
加わっていて、それが学校と親に発覚。
借りてきた猫に自分を投影しながら
描かれる悩みと、それを理解してるんだか
してないんだか自分勝手な父親との
微妙な関係の話。

④身代わりのブランケット・キャット
叔父(父の兄)の家庭で世話をされていた
認知症の祖母を老人ホームに預ける前日、
主人公一家でも過ごさせることに。
祖母が好きだった猫は既に亡く
できるだけ似たブラウンクラッシックタビー
のアメショーを借りてきた。
主人公達は一目見て違うことはわかるが
呆けてしまった祖母にはわからない。
以前からの習慣で猫にお刺身をあげる祖母。
祈るような気持ちで「食べて」と思って
見ていると、ドライフードしか食べない
筈の猫がぺろんと食べる。
主人公は、祖母を喜ばせるために、結婚を
前提として付き合っている恋人を祖母に
紹介しろと両親に言われているが、実は
彼とはお互いに結婚を考えられなくなって
きつつある状態。
彼に頼んで演技してもらおうと彼に最寄り駅
まで来てもらうが、何かが違うと1人で帰宅。
「おばあちゃん、ごめんね。彼とは
結婚しないと思う」と思い切って
打ち明けると呆けてしまっている筈の祖母が
「若い人は喧嘩しなけりゃいけません」と笑顔。
思わず彼に電話すると、置き去りにした彼が
でも帰らずに家に向かっている途中とわかる。
「私達、ちゃんと喧嘩しよう」

⑤嫌われ者のブランケット・キャット
ペット禁止のアパートの大家である
頑固で偏屈な老人。
月に1回レンタル猫を連れてきて
アパート内を通ると、こっそり猫や
犬を飼っている家の前で
レンタル猫が鳴くのでバレてしまう。
バレたらアパートを追い出される。
そんな様子を、嫌なジジィ&嫌な猫だと
見ているフリーターの主人公。
しかし主人公の彼女が子猫を拾ってしまい
飼うためにバレない方法を考える。
自分達が同じレンタル猫を借りて
その猫に子猫を慣らしてしまえば
鳴かないんじゃないか。
無愛想で乱暴なレンタル猫は主人公には
全く懐かないが、作戦通り子猫は
レンタル猫に懐く。

ある日、主人公は大家の老人の過去を知る。
大家の老人は昔、この場所に息子夫婦と
孫娘2人と住んでいた。
が、家が火事になり、一度は避難したのに、
孫達が飼っていた猫を助けようと
燃える家に戻り、それを助けようと妻が
そして息子が戻って全員亡くなってしまった。
猫は、実は外に出ており無事。
老人は「孫が可愛がっていた猫だ」と
猫を恨むことなく、しかし見れば思いだして
つらいので知り合いに引き取ってもらい
月に1回孫が会いたいだろうと猫を
連れてきていた、という。

老人がレンタルするいつもの日が来て
レンタル猫が主人公の部屋の前を通る。
レンタル猫は鳴かなかったが、子猫が
レンタル猫を慕ってドアをひっかきながら鳴く。
覚悟を決めて謝る主人公に
「返す時間が来るまで、その猫を一
緒に遊ばせてやれ」と老人。
猫を飼っていたら部屋を追い出される・・・・。
老人は「出て行け。一人前になって
ちゃんと働いて、金を貯めてから
出て行け」と。

 

⑥旅に出たブランケット・キャット
唯一の猫視点で書かれた話。
逃げ出したブラウンクラシックタビーの
アメショーが、幼い兄妹を助けて
短い旅をする話。

⑦我が家の夢のブランケット・キャット
リストラされてマイホームを手放す
ことになった男。
子ども達の夢だった『ペットを飼う』
のために、レンタル猫を借りてきて
最後に過ごす家で思い出の写真を
撮ろうとする。
息子は無邪気に喜んでくれるが、
妻と娘は「それはあなたの自己満足」
と冷ややか。
最後は「しょうがないよ、家族だもの」という
全てを受け入れた母親(妻)の言葉で
家族が絆を取り戻す。

<らくがんの休日より一部引用>

ねこ好きにはたまらなく
猫を通して心温まる内容となっている
ようです。金曜日の夜にほっこりする
ドラマはどうでしょうか?(^^)
楽しみですねヾ(@^▽^@)ノ
ドラマ「ブランケット・キャッツ」
6月23日(金)から放送予定で
毎週金曜日の夜22:00~です!

お見逃しなく( ゚▽゚)/

関連記事♪

ブランケット・キャッツキャスト相関図やあらすじネタバレ!西島と吉瀬のW主演!

 

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめカテゴリー記事

おすすめカテゴリー記事

おすすめカテゴリー記事