家族の旅路最終回ネタバレ!原作の結末は?無料動画見逃し配信もチェック!

この記事は7分で読めます

Sponsored Link


 

おはようございますマサパンです♪
才ノヽ∋―_φ(゚▽゚*)♪
今日の福岡は天気がいいですよ~♪
今日は快晴なので午後は鉢の植え替え
と運動して奥さんとカフェにでも
行こうと思います♪

さて今回は前回に引き続き2月からの
ドラマ家族の旅路
家族を殺された男と殺した男について♪
前回はキャストやあらすじネタバレに
ついて見ていきましたので今回は
気になる最終回ネタバレについて
見ていきましょう( ゚▽゚)/今作には
原作があるということですが原作の
結末はどうなっているんでしょうか?
気になるあれこれを見ていきましょう♪
ということで今回は2月からのドラマ
家族の旅路の最終回ネタバレ
や原作の結末と無料動画見逃し配信

【ドラマ基本情報】

ドラマタイトル:家族の旅路 家族を殺された男と殺した男
放送予定:2018年2月3日
放送曜日:毎週土曜日
放送時間:23時40分~全8回
企画:横田 誠(東海テレビ)
原作:小杉 健治「父と子の旅路」(双葉社)
脚本:いずみ 玲
プロデューサー:西本 淳一(東海テレビ)
大久保 直実 (ビデオフォーカス)
坪ノ内 俊也 (ビデオフォーカス)
演出:国本 雅広、村松 弘之
主題歌:滝沢 秀明 「タイトル未定」
音楽:羽岡 佳
音楽プロデューサー:細井虎雄 (オフィスニューマン)
制作著作:ビデオフォーカス
制 作:東海テレビ放送(フジテレビ)

今回のドラマは小杉 健治さんの
「父と子の旅路」が原作となって
いるドラマになります。こちらの
作品は『小説推理』(双葉社)にて
2002年5月号から10月号まで連載され
2005年にも単発ドラマ化されて
います♪この時の主人公役を務めたのは
中村俊介さんです♪

【キャスト・相関図】

浅利祐介役:滝沢秀明

青年弁護士・浅利祐介(滝沢秀明)
彼はある女性から死刑囚の再審請求を
依頼された自分の両親と祖父を
惨殺した死刑囚に再会し、冤罪の
可能性を疑いだす。

柳瀬光三役:
河村礼菜役:
河村あかね役:

【あらすじの復習】

30年前に起きた一家三人惨殺事件。
犯人とされた死刑囚のもとに、青年弁護士・浅利祐介(滝沢秀明)が。
彼は、ある女性から死刑囚の再審請求を依頼されたのだ。

他でもない、その死刑囚こそ
浅利祐介の両親と祖父を殺害した犯人だった。
祐介は、自分の肉親を手にかけた男の再審請求という
難問に向き合うことに……。
事件に向き合うことで、次々と明らかになる衝撃の事実。
それらは全て祐介自身に関わるものだった。
そして導き出された答えは、”私は一体何者なのだ”
弁護士としての使命感、そして一人の男としての感情が揺れ動く。
迷いや葛藤、苦悩を乗り越え、踏み出した先に待つものは。
家族、親子の愛とは……愛する者のために、何をなすべきか。
成長した浅利祐介が最後にたどりつく場所とは。

公式HPより引用

 

【家族の旅路 最終回ネタバレ!原作の結末は?】

それでは気になる最終回ネタバレ
について見ていきましょう♪
今回は原作があるということ
でしたので原作の小杉 健治
「父と子の旅路」の結末
から
最終回ネタバレを見ていきたい
と思います(。・ω・)ノ゙

澤田法律事務所の弁護士・浅利祐介
は河村礼菜から柳瀬光三の再審請求を
頼まれる。柳瀬は27年前の事件で
死刑が確定していたが、前任の弁護士は
無実を信じて再審請求をしていた。
しかし、志半ばで病死していた。
礼菜は柳瀬が昔結婚していた女が、
柳瀬を捨てたあとに結婚した男との
間に生まれた娘だったのだ。
祐介にはすぐには引き受けられない
わけがあった。27年前に柳瀬が
殺したのは、祐介の両親と
祖父だったのだ。

祐介は拘置所を訪ねるが、
柳瀬は必要ない、と面会を拒む。
彼は再審請求するつもりはなく、
1日も早く死刑になることを
望んでいたのだ。だが、所長らに
説得され、しぶしぶ祐介と面会する。
だが、肝心なことは何も話さず、
祐介には柳瀬が隠している
真実が気になる。

祐介は礼菜を呼び出す。事件の不明な
点を明らかにすることが、弁護士と
して事件に関わりがある者としての
義務だと伝える。

再び、祐介は柳瀬に面会に行った。
柳瀬の過去を確認する。28年前、
柳瀬は九十九里浜のいわし工場で
働いていたとき、花木あかね
と知り合い結婚した。
翌年、赤ちゃんが生まれ、光男と
名づけた。あかねは家計を
助けるために、スナックで働き
始めるが、やがて河村信二という
チンピラと駆け落ちしてしまう。
そんな時、追い討ちをかけるように
柳瀬は胃がんを患う。自分が
死んだ後のことを考え、柳瀬は
東京のあかねの実家を訪ねる。
が、すでにあかねの家族は
引っ越した後で、その家には
大富という家族が住んでいた。
光男と同じような乳飲み子の
いる気のいい夫婦とその父親で
その夜は柳瀬を快く泊めて
やっていた。翌日、光男を
大富家に預けた柳瀬は八王子に
引っ越したあかねの親を訪ねた。
が、あかねと河村によってひどい
目に合わされていたあかねの父親は
あかねとは縁を切った、光男の
面倒を見る気はないと追い返される。
その帰り、財布を落とした柳瀬は
八王子から阿佐ヶ谷まで歩いて帰った。
そして、大富に金の無心をしたが
断られ殺し、金を奪い逃走した。
その3日後、柳瀬は墓地で逮捕された。
だが、そのとき光男は抱いていなかった。
柳瀬は人に預けた、というが誰に
預けたかは頑として言わない。
祐介は、光男が人殺しの子だと
ばれないように柳瀬が黙っている
のだと思うと、無性に腹が立った。
自分は両親と祖父を殺されつらい
思いをしていたのに、光男は
どこかでぬくぬくと育てられて
いるのか。身勝手だ、と柳瀬をなじる。

柳瀬が隠していることは
もうひとつある。凶器の包丁が
発見されてないのだ。
川に捨てたの一点張りだった。
祐介は、自分が大富祐介である
ことを告げる。祐介は事件の後、
伯父夫婦に引き取られていたのだ。
激しく動揺する柳瀬に祐介は言う。
事件の真相を明らかにすることは、
柳瀬のためだけじゃなく
自分の人生にも関わることだ、と。

再び、礼菜と会った祐介は
柳瀬と会わせてくれたことを
感謝していると告げる。すると、
礼菜は祐介に弁護を頼んだ経緯を
話した。無実かどうかは関係なく、
母に光男を会わせてやりたいからだ
と言う。被害者の息子になら本当の
ことを話してくれるだろう、
と期待したのだ。あかねは末期がんで
余命3ヶ月と宣告されていたのだ。

二人は、27年前に柳瀬を取り調べた
刑事に会いに行く。
凶器が見つからないのは、
柳瀬の気が動転していて、捨てた場所が
思い出せないのだろうと言う。
光男のことは話さなかったが、
祐介のことは気にしていたと言う。
親戚に引き取られたと聞くとホッと
していたらしい。柳瀬は公判の途中で
胃がんの手術を受け、奇跡的に
回復していた。公判を担当した
国選弁護士は柳瀬の無実を信じ
再審を勧めたが柳瀬は応じなかった。

柳瀬が何かを思い悩み、食事にも
手をつけないのを心配した看守
は、柳瀬に言う。長年の経験から
柳瀬が人殺しをするような人間
じゃないことはわかる。
再審を請求しろと。

礼菜と一緒に大富家のあった
場所に行った祐介はある考えに至る。
狙われたのは大富家ではなく、
花木家だったのだはないか?

二人は八王子の花木家を訪ねる。
花木重彦は、突然の孫の来訪に驚く。
そして、あかねが末期がんと知り
昔のことを話し出す。河村は
阿佐ヶ谷にあった花木家を
たびたび訪ねては金品を
奪っていったと言う。
八王子に引っ越してからは
河村ともあかねとも縁が切れた、と。

その後、二人はあかねが
勤めていたスナックのママに
会いに行く。河村は、あかねに
前借をさせては金を奪い、
暴力を振るっていたらしい。
あげくに、あかねの実家の財産も
あてにするようになったという。
祐介は推理する。花木家の人間が
死ねば、財産はあかねのものに
なると考えた河村が、花木家が
引っ越したことを知らずに押し入り
皆殺しにしたのだはないか、と。

それは、礼菜にとっては
つらい真実だった。
それにしても、なぜ河村は
祐介を殺さなかったのか?

祐介はその疑問を柳瀬にぶつける。
自分は光男なのではないか?
だが、柳瀬は許してくださいと
懇願するだけだった。

そんな時、柳瀬の死刑執行の日が決まる。
再び、柳瀬に面会した祐介は自分が
柳瀬の再審請求をするのは
河村礼菜に頼まれたかだ、
と打ち明ける。そして、あかねが
末期がんであることを。そして、
光男をあかねに会わせてやりたい、と。
真実を話してほしい。あなたは無実だ。
この僕が生きていることが証拠だ
と必死で叫ぶ祐介に柳瀬は
黙って背を向けた。

死刑執行の前日、柳瀬は看守から
菓子とお茶をふるまわれる。
最後に何かしてほしいことはないか、
と聞かれた柳瀬はあかねに手紙を
書くから、自分が死んだ後に
渡してほしい、と頼む。

家を出る祐介を呼び止めた
伯父の孝信は祐介に右の腕を
まくるように言った。祐介には
右腕にあざがあった。事件のあと、
伯父夫婦は祐介の足も手もくまなく
探したが、あざはなかった。
祐介でなければ柳瀬光男に違いない。
子供のいない伯父夫婦はそれを
承知で祐介を育てたのだ。
それが、妹夫婦への供養だと信じ・・・。
伯父が言った。柳瀬に会って
「お父さん」と呼んでやれと。
柳瀬は光男の幸せのために27年
もの間、そのことを胸に
しまっていたのだ。
愛する息子のために。

すぐに柳瀬に面会を申し込むが
柳瀬は拒否した。落胆する祐介に
所長は柳瀬の手紙を見せた。
所長は柳瀬との信義だけは
守ってやりたい、と言ったが
祐介は柳瀬の命が消えて何の信義か
と食い下がり手紙を預かる。

 

柳瀬の手紙にはあかねへの
感謝が綴られてあった。
「貴女と結婚したことを
後悔していない。光男を産んで
くれたことを感謝する」
というものだった。
それを読んだあかねに、祐介は
自分が光男だと打ち明ける。
あかねは真実を話し出す。

 

柳瀬は独房から出され、刑が執行
受けに向かう。聖書をよみあげた
神父が、「キリストの御身体」と
言ってせんべいのような物を渡し
「キリストの御血」と言って
ワインを飲ませる。その後、
目隠しをされ、後ろ手に手錠を
かけられ、ロープの下がった
階段(3段ほど)を上がり、
両足を縛られる。

それと平行して、証拠の凶器を探しに
パトカーを走らせる祐介。

首にロープがかけられ、執行官が
まさにスイッチを押さん
としたそのときに電話が鳴る。

面会に行った祐介が真実を柳瀬に
告げる。やはり、花木家の財産を
狙った河村が間違って大富家の者を
皆殺しにしたのだった。あかねが、
自首を勧めると、河村はあかねに
そそのかされてやった、と警察に言う
と脅したのだ。礼菜の幸せを
考えたあかねは黙るしかなかった。
その後、河村は暴力団に殺されたのだが
娘を殺人犯の子供としたくなかった
ためにあかねは凶器の包丁を
河村家の墓に埋めていたのだ。

そのことを聞かされた柳瀬も
重い口を開いた。大富家に世話に
なったとき、お兄さん夫婦のことを
聞いていて、光男と祐介を
すりかえれば光男を祐介と
思い育ててくれるに違いない、
と思ったのだ。祐介の遺体は
さびれた寺に埋めたという。
真犯人さえ見つからなければ、
自分さえ黙っていれば光男は
幸せに育つだろうと、全てを
隠していたのだ。無実とわかっても
なお死刑を望む柳瀬に祐介は言う。
「あなたは僕のかけがえのない
父親だ。誰よりも強い父親だ。
そうでなければ、27年間も自分の
ために犠牲にできるわけがない」
それを聞いた柳瀬は初めて
声をあげて泣き崩れる。

柳瀬光三の再審請求が受理され
無罪の判決が下ったのは
その1年後であった。再審裁判
としては異例の早さだった。

Sponsored Link


というのが結末のネタバレに
なります。(´;ω;`)ウゥゥ
もうこれ見てるだけで
泣けて来ちゃいますね( ノД`)
文章では上手く伝わりませんが
2005年のドラマ映像では
死刑執行当日、独房の掃除を
する柳瀬の姿や独房から出され、
刑が執行されるまでの様子が
なんとも言えない物があります。
またパトカーを走らせる祐介の
シーンはかなり緊張感があふれて
います。この名シーンを滝沢さんが
どう演じてくれるか注目が集まる
とこですね!
今期のドラマの中でも個人的に
超おススメのドラマです!
ドラマ家族の旅路は毎週土曜日
夜23時40分~です!
お見逃しなく( ゚▽゚)/

【家族の旅路見逃し配信はこちら】

仕事が忙しく見逃してしまった方
録画し忘れた方もご安心ください♪
こちらで見逃し無料配信やっています♪
↓↓↓↓↓↓リンク
フジオンデマンド

②U-NEXT(ユーネクスト)
↓↓↓↓↓↓リンク

ユーネクストは一番動画配信量が
多いところです。ドラマだけに
限らず漫画や映画に強いので
FODがもう登録済みの方はおススメ
ですね♪期間中は無料ですし
覗いてみてはいかがでしょうか♪

③hulu(フールー)
↓↓↓↓↓リンク

hulu(フールー)

huluは2週間無料です(。・ω・)ノ゙

④music.jp
↓↓↓↓↓リンク


こちらは携帯のみです♪

⑤dTV
↓↓↓↓↓リンク
dTV

関連記事♪

家族の旅路キャスト相関図とあらすじネタバレ!滝沢秀明が主演で主題歌も!

 

 

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめカテゴリー記事

おすすめカテゴリー記事

おすすめカテゴリー記事