越路吹雪物語最終回ネタバレ!原作の結末は?無料動画見逃し配信も!

この記事は9分で読めます

Sponsored Link


 

こんばんわマサパンです♪
( ゚▽゚)/コンバンハ
今M-1グランプリ2017を
見ていきます♪
マジでおもろいw
さっきから笑いっぱなしですw
個人的には先週吉本新喜劇にいって
見たミキに頑張ってほしいです(^^♪
さぁ誰が優勝するか楽しみですね♪

さてそんな私が今回注目するのは
1月からスタートのドラマ
越路吹雪物語について♪
前回はキャストやあらすじネタバレ
について見ていきましたので今回は
気になる最終回ネタバレについて
見ていきましょう♪
ということで今回は1月からのドラマ
越路吹雪物語の最終回ネタバレや
原作の結末と無料動画見逃し配信
について見ていきたいと思います♪

【ドラマ基本情報】

ドラマタイトル:越路吹雪物語
放送予定:2018年1月~
放送曜日:毎週月曜日~金曜日(地上波)
再放送:毎週月曜日~金曜日(BS朝日)
放送時間:昼12時30分~12時50分(地上波)
再放送:朝7時40分~8時00分
脚本:龍居由佳里
演出:藤田明二(テレビ朝日)今井和久(MMJ)
チーフプロデューサー:五十嵐文郎(テレビ朝日)
プロデューサー:藤本一彦(テレビ朝日)布施 等(MMJ)
制作:テレビ朝日、MMJ

 

【キャスト・相関図】

河野美保子=越路吹雪
(こうの・みほこ=こしじ・ふぶき)
青年期役:瀧本美織/少女期役:岩淵心咲
幼い頃から歌うことが大好きで、
13歳で宝塚音楽歌劇学校に入学。
落ちこぼれだったが、男役の
スターとして一世を風靡する。
新しい世界を求めて退団してからは
女優として活躍する一方、歌手
としての活動に情熱を傾け、日本の
エンターテインメント史に燦然と
その名を刻む大スターへと
のぼりつめていく。
歌劇団時代からの付き合いである
岩谷時子は、生涯の親友であり
絶対無二のパートナー。

岩谷時子(いわたに・ときこ)役:木南晴夏
5歳の頃、兵庫県西宮市へと移り住み、
母・秋子の影響で宝塚歌劇団のファン
になった。物静かな文学少女で、
歌劇団が発行する雑誌『歌劇』に投稿を
続けていた。その文才が目に留まり、
歌劇団の文芸部から誘われて
大学卒業後に入団。そこで当時まだ
落ちこぼれ団員だった越路吹雪と
出会い、友情を育み、越路吹雪の
退団とともに自らも退団し、
彼女のマネージャーとなる。
一方で作詞家として数々の
ヒット曲を生み出し、
ミュージカルの訳詞家としても活躍。

河野益代(こうの・ますよ)役:濱田マリ
美保子の母。病弱な長女・真佐子の
看病に付きっきりになることが多く、
美保子らほかの子どもたちには
申し訳なく思っている。しかし
強い者が弱い者をいたわるのは
当たり前だという思いから、
決して美保子を甘やかしたり
はしない。当初は、美保子の
宝塚入りを反対していた。

河野友孝(こうの・ともたか)役:尾美としのり
美保子の父。転勤が多く、家族のそばに
いられないことを辛く思っていたが、
その分、家族を心から愛していた。
無口で無骨ではあるが、心根は
やさしく周囲の人からの信頼は厚い。
幼い頃から美保子のよき理解者で、
芸名“越路吹雪”の名付け親でもある。

河野真佐子(こうの・まさこ)役:渡邉このみ
美保子の姉。幼い頃から病弱で入退院を
繰り返している。思うように学校にも
通えず、友人もいない。いつも元気
いっぱいで友人に囲まれる妹・美保子
をうらやましく思っている。

岩谷秋子(いわたに・あきこ)役:原日出子
時子の母。明治生まれのモダンな女性。
夫の事業の失敗や病気で苦労が続くが、
持ち前の明るさで頑張ってきた。
宝塚歌劇団のファンで、時子が
幼い頃からその手を引いて劇場に
通っていた。夫の死後は時子と
2人でつましく暮らすが、そのおおらかで
包容力のある性格から、家には
タカラジェンヌたちがよく
集ってきた。終戦後から宝塚退団まで
居候していた美保子を、我が
娘のようにかわいがる。

村上 静(むらかみ・しず)役:宮崎美子
新潟転勤に伴って美保子と父・友孝が
2人で身を寄せた、下宿の主。親子を
温かく迎え入れてくれた。美保子に
とって、“新潟の母”ともいうべき存在。

片桐八重子(かたぎり・やえこ)役:市川由衣
美保子の新潟での小学校時代の親友。
美保子が宝塚に入団してからも手紙などを
通じてつきあいは続く。昔から美保子の
歌が大好きで、いわば越路吹雪の
ファン第一号。

高城幸子=天代 麗
(たかぎ・ゆきこ=たかよ・れい)
音月 桂
美保子の先輩で宝塚歌劇団のトップスター。
宝塚音楽歌劇学校で落第しかかった美保子に
刺激を与え、やる気を引き出した恩人。
無類の読書家で、時子によく本を借りる。

加治信子=乙羽信子
(かじ・のぶこ=おとわ・のぶこ)
咲妃みゆ
宝塚歌劇団での美保子の同期生。娘役。
愛称・オカジ。自由奔放な美保子の
ことを面白がり明子と共に面倒を見る。

旭爪明子=月丘夢路
(ひのつめ・あきこ=つきおかゆめじ)
早織
宝塚歌劇団での美保子の同期生。
娘役で愛称はツメ。落ちこぼれの
美保子のことを気にかけ、
励ましてくれる存在。

【あらすじの復習】

1932年、小学2年生の河野美保子(岩淵心咲)は、授業中につい歌い出してしまうほど歌が大好きな子どもだった。病弱で入退院を繰り返す姉・真佐子(渡邉このみ)を励ますためにも、美保子はよく流行歌を歌っていた。
父・友孝(尾美としのり)の新潟転勤が決まり、母・益代(濱田マリ)は真佐子の通院と幼い弟妹のため東京の家に残ることとなり、友孝は美保子だけを連れて赴任地へと向かう。
最初は新潟になじめなかった美保子だが、親友・八重子に出会い、越路吹雪の芸名の由来となる、ある“事件”にも遭遇するのだった…。

公式HPより引用

【越路吹雪物語の最終回ネタバレ!原作の結末は?】

それでは気になる最終回ネタバレ
について見ていきましょう♪
まずは今回のドラマに原作は
あるのかについてですが
調べてみたところ原作はないとの
事でした。そして今回のドラマの
脚本を担当するのは、
ヒットドラマや映画など数多く
手掛けている龍居由佳里さん
本作では、まるで『愛の讃歌』
のように、激しくもきらびやか
な人生を駆け抜けた越路吹雪
生き生きと描写しています( ゚▽゚)/
龍居由佳里さんの過去の作品が
気になる方は是非チェックして
見てください(。・ω・)ノ゙


しかしながら原作がないといっても
越路吹雪(河野美保子)は実在した
人物になりますので越路吹雪
自伝を見ていきましょう( ゚▽゚)/

<生い立ち>

越路吹雪(河野美保子)は1924年
(大正13年)に東京・麹町に5人兄弟
の3人目として生まれたが、両親が
姉の看病に専念するため、越路は
祖父母のもとに預けられた。
その後、父が新潟へ転勤し、越路も
新潟で下宿した。これが「越路吹雪」
の芸名の由来となった
(芸名は父親が名づけた)。

長野県飯山高等女学校
(後の長野県飯山南高等学校・
現長野県飯山高等学校)を中退し
宝塚音楽歌劇学校(現宝塚音楽学校)
に入学した。子供の頃は、周囲からは
落ち着きのない少女だと思われて
いた越路だが、当時から歌が好きで
ラジオから流れる曲をよく
口ずさんでいた。その様子を目に
していた父が、娘に好きな歌を
思う存分歌える場所として
宝塚歌劇団入団を薦めたのである。

<宝塚時代>
宝塚歌劇団男役スターとして戦中から
戦後にかけて活躍した。
宝塚歌劇団27期生。同期生に
・月丘夢路
・乙羽信子
・東郷晴子
・大路三千緒らがいる。
宝塚入団時の成績は93人中73位

1939年(昭和14年)2月、
宝塚歌劇団・月組公演
「宝塚花物語」で初舞台を踏んだ。
この時の役は、たくさんいるたんぽぽの
精のうちの1人だった。花組に移って
からは、1943年(昭和18年)の公演
「航空母艦」で浪曲師・広沢虎造の
ものまねをして演じた森の石松が
評判となり、この頃から注目を
集めるようになる。
1944年(昭和19年)、宝塚大劇場が
戦争により閉館するなど戦況が悪化
するとともに、先行きを不安視し
退団する生徒が続出した。その結果、
若手たちが台頭し始めるのだが、その
筆頭が越路であった。この直後越路は
花組のトップスターとなった。
終戦後、宝塚が再開した1946年
(昭和21年)の第2回花組公演で
越路が主演した「ミモザの花」は
好評を博し、楽曲は今も宝塚の
代表曲のひとつとして歌われている。
また「ブギウギ巴里」で
レコードデビューし、戦後の宝塚で
最大のヒットとなった。
「清く正しく美しく」のスローガンで
知られる宝塚で越路はタバコを吸ったり
門限破りをしたりするなど異色の
存在であり、「不良少女」のあだ名を
付けられた。
一方で、越路は人の面倒見が良く、
多くの芸能人から慕われた。
宝塚歌劇団在団時、同期生である
月丘夢路がぬきんでた美貌を嫉妬
されて他の生徒から深刻ないじめに
あっていたが、見かねた越路に
救われたことを月丘本人が
後年になって明かしている。
1950年(昭和25年)、宝塚在籍
のまま東宝映画「東京の門」
「エノケンの天一坊」などに出演。
翌年には、第1回帝劇
コミック・オペラ「モルガンお雪」
に主演。この舞台の主演によって、
越路が国産ミュージカル女優第一号
となった。
同年7月31日宝塚を退団した。
最後に出演した公演の演目は、
月組公演『春のおどり』である。

Sponsored Link


<歌手として>
1951年(昭和26年)の宝塚退団後は
1968年にフリーになるまで17年間東宝
の専属スター女優として主に
ミュージカルで活躍したほか、
歌手としてシャンソンや映画音楽を
多くカヴァーする。特にシャンソンに
おいては、作詞家・翻訳家の岩谷時子
とともに数多くの曲を日本に紹介し
「(日本の)シャンソンの女王」と
称された(同じ女性シャンソン歌手の
岸洋子は「聴かせる歌手」越路は
「魅せる歌手」と評価され、人気を
分け合った)。1958年(昭和33年)
にテアトロン賞、1965年(昭和40年)
に第7回日本レコード大賞歌唱賞、
1968年(昭和43年)に
文化庁芸術祭奨励賞など、多くの
賞を受賞した。
1953年(昭和28年)春、
初めてフランス・パリへ渡り、
エディット・ピアフのステージを聴く。
ピアフのステージを生で聴いた越路は
大きな衝撃を受け、当時の日記には
「エディット・ピアフを初めて聴く。
オーケストラ、ジェスチャー、
アレンジの素晴らしさに私は悲しい。
ピアフを二度聴く。語ることなし。
私は悲しい。夜、一人泣く。
悲しい、寂しい、私には何もない。
私は負けた。泣く、初めてのパリで。」
と書き残されている。ピアフは
越路の代表曲『愛の讃歌』の
オリジナル歌手でもあり、生涯に
わたって越路にとってシャンソン歌手
としての大きな目標になった。
越路とピアフとは因縁めいた関係があり
越路夫妻が1963年(昭和38年)にパリに
旅行した際に、偶然にも夫妻は
ピアフの訃報をホテルで聞いた
のであった。ホテルのスタッフが
誰彼となく、ピアフの死を泣きながら
伝えていたことを越路は後年記している。
また越路は後にピアフの妹シモーヌと
の交流も深めたらしく、越路が彼女と
抱擁し合う写真が残されている
日本人の海外渡航が自由化されて
いない時代に、日本のシャンソン
歌手の中で、実際に生のピアフの
歌唱に接したのは、越路以外では、
1953年(昭和28年)に越路とともに
ピアフのリサイタルに出かけた
石井好子の記述以外は見当たらない。
1971年(昭和46年)に越路は日生劇場の
ロングリサイタルの演目として、
劇団四季と共に
「ドラマチックリサイタル 愛の讃歌
エディット・ピアフの生涯」を作り上げ
以後越路の十八番として好評を博したが
それはこのような越路とピアフとの
不思議な縁も大いに関係していた。
宝塚OG枠を超えて国民的人気を博し
美空ひばりや吉永小百合と並んで
女性アイドルの源流とみる向きもある。
映画では市川崑監督作品などに出演した。
テレビ出演はほとんどしないことでも
有名であったが、1964年(昭和39年)
8月31日から始まった、フジテレビ
系音楽番組『ミュージックフェア』の
初代司会者でもある。また、希に
テレビ出演する際は、
「お久しぶりのテレビでございます」と、
視聴者へ挨拶をしたこともあったという。
NHK紅白歌合戦には、1952年・
「第2回NHK紅白歌合戦」に、当初出場
予定だった松島詩子を乗せた車がNHK
に向かう途中都電と衝突する事故を
起こし重傷を負ったことで出場が
不可能になったため、急遽越路が
代わりに出場し、これが紅白初出場
となった。当日越路は自宅で新年会
(当時紅白は正月開催だった)の
真っ最中で出場を依頼された時は
泥酔状態だったが、時間が迫ると
「じゃあ、行ってくるか」とNHK
へ向かい本番では見事に歌い上げた。
その後、紅白には1969年・第20回
まで通算15回出場。しかし、
1970年・第21回には出場を辞退した。
辞退の理由は
「ジーンズ姿の歌手
(おそらく前年初出場したカルメン・マキ
を指しているものと思われる)と一緒に
並んで出るのが嫌」だったから、
とも伝えられている。その後も、
人気アンケートでベスト10に
ランクインしたこともあり、NHKからも
オファーがあったものの頑なに出場を
辞退し一度も復帰することは無かった。
私生活では1959年秋作曲家の
内藤法美と結婚。

夫妻に子はなかったが内藤とは
越路自身の逝去まで連れ添い、
内藤は越路が亡くなるまでリサイタルや
ディナーショーの構成、作曲、編曲、
指揮などを手掛けた。プライベートでは
家事の一切を越路が仕切り、特に
掃除の腕前は素晴らしかったという。
ロングリサイタルの舞台衣装は
ニナ・リッチとイヴ・サン=ローランの
オートクチュールであり、ニナ・リッチ
の本店には、越路の胴の木型がある。
バッグが大好きで、エルメスや
ルイ・ヴィトン、フェンディなどを
愛用していた。パリのエルメス本店で
革の手袋を購入する際に「全色頂くわ!」
と言った話は有名である。また、パリの
有名店では「マダム内藤」で通っていた。
喫煙者であったことでも知られる。
独身時代、三島由紀夫
恋人だったことがある。

三島の母は、息子が越路と結婚するものと
思い込んでいたようである。越路は
三島が書いた戯曲『女は占領されない』
(1959年9月、芸術座で上演)の
主役・伊津子を演じ、三島の命日に
毎年行われている追悼集会「憂国忌」
の発起人にも名を連ねていた。
また、越路のファンの1人が
佐藤栄作元首相夫人佐藤寛子で、
後援会会長を引き受けていた。

<56歳で死去>
1980年(昭和55年)6月、西武劇場
(現:PARCO)にて胃の激しい痛みを
堪えつつ舞台を務めるも、公演終了直後
に緊急入院。「重度の胃潰瘍」との
診断を受け、7月8日に東京都目黒区
の東京共済病院で、胃の5分の4を
切除する大手術を受けた。
術後の復帰を目指してリハビリに励み
その後も入退院を3回繰り返すものの
11月7日午後3時2分に死去した。
56歳没。実は本当の病名は胃潰瘍
ではなく「末期の胃癌」で、腹膜にも
多数の癌が転移していたが、当時本人
には告知されなかった。死の直前、
病床に臥し意識が朦朧とする中で
「法美さんにコーヒーを」と、最期まで
最愛の夫を気遣った。越路は両親と
実兄を共に癌で亡くしている
(夫・内藤も1988年7月、
肝臓癌のため死去)ことから、自身も
一番癌を怖れ毎年の癌検診を
欠かさなかったが、たまたま死の前年
だけ多忙のため検査を先延ばしに
していたという皮肉な結果だった。
死に化粧は親友の一人で生前永きに
わたり交友のあった淡路恵子
よって施された。

葬儀の後、火葬場に向けて走っていた
霊柩車が途中でコースを変えて、越路が
幼い頃から気にいっていた
中野区・旧陸軍電信隊のコスモスの
原っぱをスピードを落として走り出した。
これは、自らの死期を悟った越路が内藤に
この原っぱの思い出話をしていたこと
などから、内藤が取り計らったものだという。
墓所は川崎市宮前区初山の
日蓮宗初香山本遠寺で内藤の墓に
隣接する形で越路の墓が建てられている。
死後、東京都港区元麻布にある
浄土真宗本願寺派麻布山善福寺に
「越路吹雪の碑」と名づけられた
石碑が建てられた。石碑には代表曲
『愛の讃歌』の歌詞が刻まれている。

というのが越路吹雪の自伝に
なります。今回は実在する人物が
原作も出るとなっているため
これに沿って物語は進んでいくと
思います(^◇^)
この壮絶な人生をどう瀧本美織さん
がどう演じるか楽しみですね!
瀧本さんはは5人組ガールズバンド
“LAGOON(ラグーン)”のボーカルを
務めたこともあり、ミュージカルの
舞台でも活躍していた経歴を持ちます。
抜群の歌唱力を誇る彼女には、まさに
ピッタリの役ですね♪
その歌唱力にも注目ですよ( ゚▽゚)/
ドラマ越路吹雪物語は
毎週月曜日~金曜日(地上波)
再放送:毎週月曜日~金曜日(BS朝日)
放送時間:昼12時30分~12時50分(地上波)
再放送:朝7時40分~8時00分
です!お見逃しなく( ゚▽゚)/

【越路吹雪物語 見逃し無料動画配信】

仕事が忙しく見逃してしまった方
録画し忘れた方もご安心ください♪
こちらで見逃し無料配信やっています♪
①U-NEXT(ユーネクスト)
↓↓↓↓↓↓リンク

ユーネクストは一番動画配信量が
多いところです。ドラマだけに
限らず漫画や映画にも強いですよ♪
期間中は無料です( ゚▽゚)/

②hulu(フールー)
↓↓↓↓↓リンク

hulu(フールー)

huluは2週間無料です(。・ω・)ノ゙

③dTV
↓↓↓↓↓リンク
dTV

こちらはdocomoユーザー以外の方でも
誰でも使えて31日間無料で視聴できます♪
無料期間が終了しても月々500円で
映画・ドラマ・アニメ・音楽が
見放題なのはお得ですね♪
毎月ビデオ屋さんに行く方なんかは
返す手間を考えると断然いいと思います♪

④music.jp
↓↓↓↓↓リンク


こちらは携帯のみです♪

是非参考にされてください(^^)/

関連記事♪

越路吹雪物語キャスト相関図とあらすじネタバレ!瀧本美織と 木南晴夏が二人三脚!

越路吹雪物語の子役は誰?岩淵心咲ちゃんと渡邉このみちゃんが可愛い!

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめカテゴリー記事

おすすめカテゴリー記事

おすすめカテゴリー記事