この世界の片隅に(ドラマ)最終回ネタバレ!原作の結末は?右手も失い壮絶な人生!

この記事は6分で読めます

Sponsored Link


この世界の片隅にアニメを無料期間で観る▶

原作この世界の片隅にを無料お試しで読む▶

 

今回は前回に引き続き7月からスタートのドラマこの世界の片隅にについて♪前回はキャストやあらすじについて見ていきましたので今回は気になる最終回ネタバレについて見ていきたいと思います(^^♪今作には原作漫画があるということですが、原作の結末はどうなっているんでしょうか?気になるあれこれを見ていくとしましょう♪ということで今回は7月ドラマこの世界の片隅にの最終回ネタバレ・原作の結末について見ていきたいと思います。

ドラマ基本情報

ドラマタイトル:この世界の片隅に
放送予定:2018年7月~
放送曜日:毎週日曜日
放送時間:夜21:00~21:54
原作:こうの史代「この世界の片隅に」
(双葉社刊、「漫画アクション」連載)
脚本:岡田惠和
音楽:久石 譲
演出:土井裕泰
プロデュース:佐野亜裕美
製作著作:TBS

今作のドラマはこうの史代による日本の漫画作品です。『漫画アクション』(双葉社)にて2007年1月23日号 – 2009年1月20日号まで連載。単行本は同社より上・中・下巻の形式と前編・後編の形式で発売されています♪原作コミックが気になる方は是非チェックしてみて下さい(^^)/
↓↓↓↓↓

 

キャスト・相関図

北條 すず役:松本穂香

主人公。1925年(大正14年)生まれ。広島市江波の海苔梳きの家に育つ。少女時代は、実家の仕事を手伝う傍ら尋常小学校に通学、高等小学校を卒業する。絵を描くことが好きだが裁縫は苦手。18歳時の昭和18年暮れに妹・すみと共に広島市草津にある親戚の森田家の仕事を手伝う最中、呉の北條家に嫁ぐ。働き者だが、おっとりした性格から時折小事件を巻き起こす。次第に物資が乏しくなる戦時下の生活に先行きの不安を感じつつも、夫や北條家の人々を愛しまた愛されながら、知恵と明るさで懸命に乗り切っていく。
945年(昭和20年)6月22日の空襲で右手を失う。人の機微に聡い一面もあり、白木リンと夫の関係性に気付いている。
<本人コメント>
このドラマを観た方に、その方それぞれの何か大切なものを考えるきっかけになる作品になればいいなと思っています。戦時中のお話ということで、大変なこともあると思うのですがすずさんのように明るく前向きに精一杯楽しんで最後まで頑張りたいと思います。オーディションですずさん役に選ばれたと知った瞬間は正直嬉しいというよりも実感がわかなかったです。でも、すずさんの役をもっと知りたい!絶対に演じたい!と思ってオーディションに臨んだので、あとからジワジワとこみ上げてきた喜びは大きかったです。現代を生きる私が昭和を生きたすずさんを演じるということで、普段から下駄を履くようにしています。慣れなければいけないので犬の散歩をする時や近所のちょっとしたお出かけなど、極力下駄を履いています。そんなにお芝居の経験がない中で今回すばらしい俳優さんたちと一緒にやらせていただけることになり、どんなことが起きるのかワクワクしています。自分が知らないことがたくさん起きて、知らないものがたくさん見られるんだろうと思います。上手くやろうとせず、その場で皆さんのお芝居から感じたことを大事にしてがんばりたいと思います!

 

北條 周作役:松坂桃李

すずの夫。呉鎮守府の軍法会議録事(書記官)。すずよりも4歳年上。昭和18年12月、突然父親の円太郎と浦野家を訪れ、幼い頃に一度だけ会ったことがあるすずに結婚を申し込んだ。生真面目な性格で、親族ら周囲から「暗い」と言われるのを気にしている。すずを愛し、彼女の絵描きの趣味にも理解を持っているが、すずが幼なじみの哲に淡い想いを抱いていることにうすうす気づいている。
<本人コメント>
いろんな作品をやっていく中で『この世界の片隅に』のような作品に呼んで頂けることは非常に意味があると感じています。僕たちは戦争を知らない世代ではありますがこの世代でしか伝えられないことを今の時代にきちんと生きて伝えていきたいと思っています。今回、すずさんの夫役ということで、しっかりと寄り添いながら、支え合いながら、小さな幸せをたくさん築きあげながら、生きていきたいです。オファーをいただいた際に、役というよりは「この作品を連続ドラマでやるんだ!」という衝撃を強く受けました。でも連続ドラマだからこそ、時間を丁寧に積み重ねて視聴者の方たちに物語を届けていけるそれはすごく楽しみでもあります。脚本の岡田さん、監督の土井さんの存在は僕の中では非常に大きいです。それだけでも是非やらせていただきたいと思いました。脚本の岡田さんとは5年ぶり、土井監督とは7年ぶり。お二人ともすごく好きな作り手の方々なので、このタイミングでご一緒できるのは嬉しいです。前回お仕事をしてから歳月を経ている分、緊張感とプレッシャーを楽しみつつ作品をしっかりと届けていきたいと思います。

 

黒村 径子役:尾野真千子

すずの小姑で、周作の姉。この時代には珍しく恋愛結婚したが、ある事情で嫁ぎ先から娘を連れて出戻ってくる。口調が強く、多少強引なところがある。

 

刈谷 幸子役:伊藤沙莉

タキの娘。幼いころから周作に思いを寄せていた。

 

堂本 志野役:土村芳

北條家の近所に住む堂本家のお嫁さん。夫が出征中。。

 

浦野すみ役:久保田紗友

すずの妹。美人で、姉のすずよりもしっかりもの。すずとは仲がいい姉妹。

 

北條 円太郎役:田口トモロヲ

すずの舅で、周作の父。海軍で技術者をしている。家の中の雰囲気に疎いところがある。

 

北條 サン役:伊藤蘭

すずの姑で、周作の母。足が悪く、安静にしていることが多い。できる範囲で家事を手伝っている。

 

黒村 晴美役:稲垣来泉

径子の娘。兄に軍艦の名前を教えてもらっていたことから、軍艦に詳しい。

 

水原 哲役:村上虹郎

すずの幼馴染で、初恋の相手。亡くなった兄の遺志を継ぎ、海兵団に入隊する。

 

白木 リン役:二階堂ふみ

呉にある朝日遊郭の遊女。ひょんなことからすずと出会い、奇妙な友情をはぐくむ。

 

浦野キセノ役:仙道敦子

すずの母。のんびりしたすずが嫁ぎ先でやっていけるのか、心配する。

 

浦野十郎役:ドロンズ石本

すずの父。海苔の養殖をしていたが埋め立てで廃業、工場に勤める。

 

浦野要一役:大内田悠平

すずの兄。すずたち妹にとっては怖い存在だったが、軍人となり出征。

 

森田イト役:宮本信子

すずの祖母。不器用なすずのやさしさを誰よりも理解し、陰ながら見守り続ける。

 

刈谷タキ役:木野 花

北條家の隣に住んでいる。主婦仲間のリーダー的存在。

 

堂本安次郎役:塩見三省

堂本家のおじいちゃん。偏屈でいつも井戸端に座っている。

 

近江佳代 <現代篇> 役:榮倉奈々

2018年夏、(東京から)呉を訪れている。ある目的からここにやってきた。

 

江口浩輔 <現代篇>役:古舘佑太郎

佳代の恋人。佳代に誘われ、一緒に呉を訪れる

Sponsored Link


この世界の片隅に最終回ネタバレ!原作の結末は?

それでは最後に気になる最終回ネタバレについて見ていきましょう♪今回は原作漫画を忠実に再現しているということですので、原作漫画結末から最終回ネタバレを見ていきたいと思います(^^♪

広島市江波で少女時代を過ごした浦野すずは、想像力が豊かで絵を描くのが上手く、自分が体験した出来事を、虚実の入り交じった漫画のような作り話にしてしまう才能の持ち主。太平洋戦争中の1943年(昭和18年)12月、18歳のすずが草津の祖母の家で海苔すきの手伝いをしていると、突然縁談の知らせがくる。急ぎ帰宅したすずが覗き見たのは、呉から来た北條周作という青年だった。翌年2月、呉の北條家でささやかな結婚式が挙げられ、すずの新しい生活がはじまる。すずは周作とどこかで会った気がするが思い出せない。傍目には不器用で、いつもぼんやりしていて危なっかしく見えるすずは、北條家で失敗を繰り広げては、小姑の黒村径子に小言を言われる毎日を過ごすが、径子の娘である姪の黒村晴美には懐かれる。戦時下で物資が不足し、配給も乏しくなる一方、すずは持ち前のユーモアと生活の知恵で、食料に乏しい日々を乗り切り、次第に北條家やその近所の人々に受け入れられていく。
一方すずは、栄養不足が原因でなかなか子供ができないことに悩んでいた。そんなある日、すずは闇市からの帰り道で偶然知り合い友達のような間柄になった遊女、白木リンが、かつて周作の別れた元恋人であったことに、幾つかの断片的な状況から想像力を膨らませることで勘づく。すずは自分が、周作にとってリンの代用品なのではないかという疑念に苛まれるようになる。そんなすずの元を、かつて互いに憎からず想う相手だった幼馴染、水原哲が訪れるが、すずは自分の心が既に周作に向いていることを改めて自覚すると共に、余計な気を回して水原と自分を引き合わせようとした周作に対して疑念を深める。すずは遊郭までリンに会いに行くが会えず、討ち入りと勘違いされて追い返されそうになるものの、対応してくれた病床の遊女テルを得意の絵で励ます。後日、すずは桜の花見で再会したリンから、テルはあの直後に亡くなったと聞かされる。リンはすずに、秘密を他人に知られることなく独り占めにして死ぬのも一種の贅沢だ、という旨の死生観を語る。
やがて日本の戦況が劣勢になり、軍港の街である呉は1945年(昭和20年)3月19日を境に、頻繁に空襲を受けるようになる。それでもすずは、戦時下の日常を明るく過ごそうとするが、同年6月22日の空襲で、通常爆弾に混ぜて投下されていた時限爆弾の爆発により、すずは目の前で晴美を亡くし、自らも負傷により右手を失ってしまう。意識が戻ったすずは、晴美を守れなかったことを径子に責められる。絵を描くための右手を失ったすずが認識する世界は、左手で描いた漫画のように歪んで見えるようになり、同時にすずは、人の死が日常となったこの世界に順応しつつある自分こそが歪んでいるのだという思いを抱く。同年7月1日の空襲では呉市街地が焼け野原となり、郊外にある北條家にも焼夷弾が落下する。見舞いにきた妹のすみは、江波のお祭りの日に実家に帰ってくるように誘う。周作との間柄も、リンに対する嫉妬でぎくしゃくしており、すずは北條家での居場所を失いつつあった。一度は広島に戻ることを決断するすずであったが、帰りの汽車に乗る予定であった当日の8月6日の朝、すずは径子と和解して翻意し、北條家に残ることを決意する。結果としてすずは、その日に広島市へと投下された原子爆弾による被爆を免れるが、爆心地から約20キロメートル離れた北條家でも閃光と衝撃波が響き、故郷の広島方面から立ち上る巨大な雲を目撃する。8月15日、ラジオで終戦の詔勅を聞いたすずは家を飛び出し泣き崩れる。それまで正義の戦争と信じていたものの正体が、ただの暴力に過ぎなかったことに思い至ったすずは、何も知らないまま死にたかったと独白する。
11月、すずは周作の案内で呉の市街地に出かけ、かつてリンのいた遊郭が空襲によってひとたまりもなく破壊されているのを目の当たりにし、秘密ではなくなってしまったリンとの関係とその過去に想像を巡らせる。12月、すずは呉の軍港で、軍艦が好きだった晴美が死の直前に覗き見ようとした先に、水原の乗艦であった軍艦(重巡洋艦青葉)の残骸を見かけ、その傍に佇む水原を見かけるが、話しかけることなく去り、自分がこの世界でもう会えない人たちの記憶の器として在り続けるという決意をする。翌年1月、すずはようやく広島市内に入り、草津にある祖母の家に身を寄せていたすみと再会。すずの両親は既に亡くなっており、すみには原爆症の症状が出ていたが、治らなければおかしいと彼女を励ます。廃墟のようになった広島市内で、すずはこの世界の片隅で自分を見つけてくれた周作に感謝しながら、戦災孤児の少女を連れて呉の北條家に戻る。空襲に怯える必要がなくなった呉の夜には街の灯りが戻っていた。

というのが最終回ネタバレとなっています。連続ドラマでは、戦下を自分らしく前向きに生きたすずと北條家の家族たちの暮らしを通して“自分の隣にある幸せ”や、“いつもそばにいてくれる愛おしい存在”に気付いてもらうきっかけとなるような作品となっているようです。夏といえば終戦記念日。この夏ぴったりのドラマになるのではないでしょうか?また放送も日曜日ですので是非家族みんなでご覧になってはいかがでしょうか?7月からのドラマ「この世界の片隅に毎週日曜日夜21:00~21:54です!お見逃しなく(^^♪

<原作者 こうの史代さんのコメント>
脚本を拝見し、夢にも思わないほど素敵でうれしくなりました!飛行機が離陸する時のように力強く走り出し、悠然と飛び立ってくれたなと感じています。こんなに魅力的なキャストのみなさんに演じていただけるのも楽しみです。重厚感のある傑作になると確信しています!

 

この世界の片隅にアニメを無料期間で観る▶

原作この世界の片隅にを無料お試しで読む▶

 

この世界の片隅にの関連記事♪

この世界の片隅に(ドラマ)キャスト相関図とあらすじネタバレ!松本穂香が主演!
この世界の片隅に原作結末ネタバレ!感想や無料立ち読み漫画サイトのおススメも!
この世界の片隅に無料動画見逃し配信【1話~最終回】無料で観る方法!

 

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。