中学聖日記の最終回ネタバレ!原作漫画の結末は?禁断の恋の行方は!?

 

この記事は13分で読めます

Sponsored Link


中学聖日記を無料期間で読む▶

・無料期間に解約すれば料金は発生しません。
・無料期間中に最大1300ポイント分の漫画を無料で読むことができます
・今回紹介している情報は2018年10のものですので、詳細は公式HPにて再確認ください。


今回特集するのは10月ドラマ中学聖日記について♪前回はあらすじやキャストについて見ていきましたので今回は気になる最終回ネタバレについて見ていきたいと思います♪いった禁断の恋を実るのでしょうか?見ていくとしましょう♪ということで今回は10月ドラマ中学聖日記の最終回ネタバレや原作漫画の結末について見ていきたいと思います。

ドラマ基本情報

ドラマタイトル:中学聖日記
放送予定:2018年10月スタート
放送曜日:毎週火曜日
放送時間:夜22時~
脚本:金子ありさ
原作:かわかみじゅんこ「中学聖日記」
音楽:小瀬村 晶、信澤宣明
主題歌:Uru「プロローグ」
プロヂューサー:新井順子
演出:塚原あゆ子、竹村謙太郎、坪井敏雄
製作:ドリマックス・テレビジョン、TBS

今作のドラマはかわかみじゅんこさんの中学聖日記が原作となっています。原作が気になる方は是非チェックしてみて下さい♪

関係Twitter

 

キャスト・相関図

<1話~5話の相関図>

 

末永 聖役:有村架純

片田舎の町・子星平にある子星中学校で3年1組のクラス担任を務め、国語を教える。幼い頃から抱き続けてきた夢を叶え、初めて受け持ったクラスで張り切る毎日。しっかり者だが、その真面目さがかえって空回りしてばかりで学校で生徒からからかわれることも。大学のサークルで出会った遠距離恋愛中の恋人・勝太郎がいる。エリートで優しく、ポジティブな勝太郎と一緒にいると自分も前向きになれるが、その反面、勝太郎と比べて大人になりきれない自分に劣等感を抱くことも。勝太郎からプロポーズされ婚約するものの、お互い仕事が忙しく、すれ違い会えない日々が続く。そんな中、生徒である晶と出会い、全てを見透かしているような瞳と不器用ながら全力でぶつかってくるピュアな姿に翻弄され、葛藤しつつも惹かれていき・・・。


黒岩 晶役:岡田健史

中学3年生。繊細で内向的な性格。思春期だが流行に疎く、世間知らずな少年。担任である聖になぜだか心奪われ、次第に見ていてイライラしている自分に気づく。それが恋だと知り、初めての恋に自分を制御できず、戸惑いながらも聖への想いを真正面からぶつけていく。そのアプローチは若さゆえストレートで恐れを知らず、聖の心を大きく揺さぶることに…?女手一つで自分を育ててくれた母・愛子とは良好な親子関係を築いてきたが、その“初恋”をきっかけに関係性が変化していき…。


川合 勝太郎役:町田啓太

明るくてポジティブな性格。仕事で海外を飛び回る、バリバリのエリート商社マン。 競争社会の中で常に戦い続け勝ち抜いてきた期待の星。聖の大学時代からの恋人で、現在は大阪に赴任しており遠距離恋愛中。プロポーズに成功し、婚約者として、忙しくて余裕のない聖を心配し、時にユーモアを交えて優しく気遣う。晶とは正反対の大人の男。
聖の一番の理解者であると共に、晶と聖、2人の恋の最大の障壁となる。


上布 茂じ役:マキタスポーツ

晶の母・愛子とは旧知の中で、ともにアジア雑貨輸入販売会社を立ち上げ、愛子の右腕となって、苦楽を共にしてきた部下であり友人。愛子が離婚した経緯もおおむね知っており、幼い晶の面倒や雑務もこなしてきてくれた、黒岩家にとってなくてはならない人物。あだ名はジョフィ。
反抗期の晶の気持ちが理解できずに悩む愛子の相談相手となったり、母親である愛子に言えない思いを抱える晶に兄のように助言する、二人にとっての良き理解者。


塩谷 三千代役:夏木マリ

教頭だが校長よりも発言力、決定力、影響力があり誰も逆らえない子星中のボス的存在。生徒や教師たちからは忌み嫌われているが、保護者たちからは絶大な信頼を誇っている。子星中を誰よりも愛しているが故に生徒にも教師にも厳しく、新米教師である聖が赴任して早々に、彼女の行動を細かくチェックし「指導」という名の「嫌味」を言ってくる。女として苦労し戦ってきた過去があり「女だから」という言葉や言い訳、妥協を絶対に許さない。通称・塩バァ。校内で聖の障壁となっていく…?


丹羽 千鶴役: 友近

小学校教師。聖の教育実習先での指導担当で、今でも公私共に聖の相談に乗っている。
いつも的確なアドバイスで聖を助ける、大らかで明るいアネゴ肌の頼もしい女性。
聖が心を開ける唯一の存在で、晶と勝太郎の間で揺れ動く聖の本音を知る人物。晶との話も最初は軽く流していたが、心配する。教師として喝を入れつつも、女としては聖の理解者でいてくれる。


原口 律役:吉田 羊

帰国子女でバリキャリの毒舌系女子。「意味のない飲み会には参加しない(そのヒマあったら仕事しろ)」主義。バイセクシャルで女性との恋愛もあり。誰にも流されない確固たる独自の人生論と価値観を持ち、仕事も恋も狙った獲物は逃さない孤高の肉食系。勝太郎から聖との恋愛相談を受ける度に、鋭い一言を吐いては勝太郎を不安にさせたり救ったり、勝太郎の良き理解者であり、良い意味でも悪い意味でも勝太郎に影響を与える人物。いつしか勝太郎に惹かれている自分に気づき、ガンガンアプローチをし始め…。


黒岩 愛子役:夏川結衣

アジア雑貨輸入販売会社のやり手女社長で、女手一つで晶を育ててきたシングルマザー。
晶が幼い頃に夫と離婚。会社と息子を守るためなら手段を選ばない。放任主義で晶を育ててきたが、反抗期らしい時期もなく親子関係は良好。晶の聖への恋心にもいち早く気づくが、初めは真に受けていなかった。しかし、晶が思いもよらぬ行動を取り始め、危機を感じて聖を警戒するように…。
勝太郎と同様、聖と晶の恋の障壁となるキーパーソン。


岩崎るな役:小野莉奈

負けん気が強く自分の信じた道を突き進む。晶に一途な片思いをし、徐々に聖を敵視するように・・・。
一見冷静で大人びた発言もするが、本当は自分の気持ちに嘘をつくくらいなら傷ついてでも心に正直に動く、素直で熱いタイプ。通称・るなち。


九重順一郎役:若林時英

晶のクラスメイトであり、幼馴染。やんちゃで、あっけらかんと明るく、人を笑わせるのが得意。


白石淳紀役:西本まりん

るなの親友。顔にコンプレックスがあり、いつもマスクをしている。


海老原満役:川口和宥

晶のクラスメイトで、学級委員長。


香坂優役:中田青渚

晶のクラスメイトで、クラスの中で一番の美少女。


<6話~最終回の相関図>

野上一樹役:渡辺大

聖の同僚で3年1組の担任。教師として懸命に頑張る聖をそっと見守り支える。
しっかり者だが天然な一面も持ち合わせており、子どもたちからよくなつかれている。
実家は料亭を経営している。


橘彩乃役:石田凛音

聖が副担任を務める3年1組の生徒。クラスの輪の中に入らず、いつもポツンと一人でいることが多い。


橘美和役:村川絵梨

彩乃の母。シングルマザーで、彩乃を女手一つで育てている。仕事と偽って家を空けるなど母親として不安を感じさせる行動をとり、聖たち教師を心配させる。


島崎康介役:岸谷五朗

晶の父。晶が5歳のときに愛子とは離婚し、バリ島で暮らしていた。晶に会いたいと手紙を送っていたが、愛子によって手紙の存在は伏せられていた。現在は離島で家具職人として仕事している。

 

あらすじ

中学生の晶は鈍臭い先生の聖を見ているとかわいいと感じると同時にイライラしてしまい、頰を叩いてキスをしようとしてしまう。聖には遠距離恋愛中の婚約者がいたが、晶は聖に告白する。しかし返事は曖昧なままだった。晶は自分の事が好きだと言うるなと花火大会になりゆきで行くことになる。るなと晶の姿を見つけショックを受ける聖。花火大会の帰りにばったり会った聖と晶。晶から気持ちをぶつけられ、聖は晶にキスをする。2人で聖の家に帰宅すると、そこには晶の母親と聖の婚約者である勝太郎がいて、2人は引き離され聖は姿を消し、晶は学校に来なくなる。2年の月日が経ち、晶は高校2年生になっていた。晶は中学の同窓会でるなに再会し、付き合い出す。

 

中学聖日記最終回ネタバレ原作漫画の結末は?

それでは気になる最終回ネタバレについて見ていきましょう♪まずは今作のドラマはかわかみじゅんこさんの中学聖日記が原作となっているため、原作漫画を調べてみたところ原作漫画が最終回を迎えていませんでした。ということはドラマは途中のどこかキリがいいところで最終回を迎えますね。こちらに関しましてはドラマの結末を迎え次第追記させて頂きますね。ということでここでは原作漫画が7月現在で3巻まで発売されているため、単行本3巻のネタバレを見ていきたいと思います。

<3巻18話・19話>

勝太郎『もう1回結婚しよう って 思ってくれる可能性あんの?』
聖『え それは…今は ……』
聖:どうしてこの人はまだこんなことが言えるの
うつむいてしまった聖を見て、『オレ今怖いね?』とあっさり引く勝太郎。そんな勝太郎を見て涙が出てくる聖。勝太郎に負い目を感じさせてしまったことに…。

 

東京に戻った勝太郎。出張に向かう東京駅に現れたのは、でオシャ系上司の原口。課長と行くハズだったのに、と驚きつつ…新幹線の中で
勝太郎『…恋愛って めちゃスキル要りますね』

出張先のホテル。わざわざ隣の部屋同士にした原口。そんな行動に“据え膳 まさかな”…と、落ち着かない勝太郎。その時同僚から電話があり、原口が“社長の愛人”だと聞く
その瞬間原口に呼び出され飲みに行くことに。酒は弱い、と言いつつもテキーラショットの原口。案の定、フラつき後ろに倒れそうになった原口を勝太郎が慌てて支える。

勝太郎『…薄っ どこに内臓入ってんスか』
勝太郎『!』
原口『川合 何で私と話す時いつも体引くんだよ』
原口『傷つく……』

 

場面は変わりコンビニに寄ったるなち。るなちの同級生・満(ミチル)のいとこの薫に話しかけられる。前に一瞬会ったけれど、うっすらとしか記憶がかったるなちは薫を不審者扱いされる。そこに満が現れ3人でアイスを食べる。満がバイトに行き二人になった瞬間、薫に超失礼なことを言われるるなち。
薫『男 カオで選ぶタイプ?ガッカリした 案外下らないんだね そのへんのクソ女とおんなじ もうやっちゃった?』
薫『好きって言われた?言われてないでしょ てか自分から行くタイプ? 「片思いでもいい」とか言っちゃってるパターン? ものわかりの良いフリしちゃって?』
『気ぃつけた方がいいよ 男って 好きじゃなくても対応はできるからね』

 

一方、黒岩は実家に寄っていました。元・自分の部屋を開けた瞬間、『晶』と母親から呼び止められる。すぐに出て行こうとする黒岩に母は…
黒岩の母『…見たでしょ?部屋そのまんまにしてあるから 私らがいてもいなくても帰ってきていんだよ ここは あんたんちなんだから』と。
その言葉を聞きながら
黒岩:誰が そんなことで 謝れ 謝れ…と。

あの聖と引き離された夜のことを思い出し、怒りながら家を出て走る黒岩。携帯を落とし拾った瞬間、、、香坂優からのLINEが…。
すえながのゆくえわかったみたいだよ!九重とか岩崎とかにきいて もうしってたらごめん なんかすごいいなかの とおげ こんどみんなであいに
黒岩:なん だコレ

 

というのが最新刊3巻の結末となっています。かなり中途半端な終わり方ですのでおそらくドラマではもっと早い段階のきりがいいところで最終回を迎えると思います。ドラマの最終回ネタバレにつきましてはドラマの最終回を迎え次第追記させていただきますね!

中学聖日記を無料期間で読む▶

・無料期間に解約すれば料金は発生しません。
・無料期間中に最大1300ポイント分の漫画を無料で読むことができます
・今回紹介している情報は2018年10のものですので、詳細は公式HPにて再確認ください。

 

Sponsored Link


ドラマ中学聖日記最終回ネタバレ!あらすじと感想も(追記)

第一話のあらすじ

大学卒業後、国語の非常勤講師を経て、片田舎の町・子星平にある子星中学校に赴任した末永聖(有村架純)。子どもの頃からの夢だった教師になり張り切るも、担任となった3年1組の生徒たちには着任早々からかわれたり、教頭の塩谷三千代(夏木マリ)からは服装のことで注意を受けるなど、どこかやる気が空回りしてしまう。
中でも生徒のひとり、黒岩晶(岡田健史)は聖に心ない言葉を浴びせるなど、何を考えているか分からない彼の行動に振り回される聖。
一方、大学時代からの恋人・川合勝太郎(町田啓太)とは遠距離恋愛中で、仕事に追われる勝太郎とはなかなかコミュニケーションが取れない日々が続いていた。
教師としての自信をなくし、恋人との関係にも不安な思いを抱える聖だったが、生徒たちと向き合おうと奮闘する。
そんな中、クラスメイトの九重順一郎(若林時英)、岩崎るな(小野莉奈)、白石淳紀(西本まりん)と遊びに出かけた晶がある事件を起こしてしまう。事件のことを知った聖は…。

第一話感想


第二話あらすじ

「先生のこと、好きになっちゃいました」――。
晶(岡田健史)から突然告白された聖(有村架純)。だが聖はその言葉を受け流していた。
ある日、聖と勝太郎(町田啓太)両家の顔合わせが急遽開かれることに。勝太郎が仕事のトラブルで遅れる中、聖は両家の親に教師としての思いを伝えるも、いずれは仕事をやめるように言われ悩む。
そんな中、晶から再び気持ちを伝えられた聖は晶の真っ直ぐな表情に困惑する。
そして、子星中学校の体育祭が幕を開ける。聖に避けられ続けていた晶は大胆な行動に出て…。

第二話感想


第三話あらすじ

夜道を自転車で走行中に誤って転倒した晶(岡田健史)を見つけた聖(有村架純)は、ケガの手当てをするために自分の部屋に上げる。ところがそこへ勝太郎(町田啓太)が訪問し、聖は激しく動揺する。
一方、晶の母・愛子(夏川結衣)は、ネットの掲示板で聖と晶の体育倉庫での一件を知り、聖に会いに行く。
そんな中、子星中では3泊4日の勉強合宿が始まり、合宿中に晶がクラスメイトと事件を起こす。聖は晶に理由を問うが…。

第三話感想


第四話あらすじ

勉強合宿で、晶(岡田健史)への特別な感情に気付いた聖(有村架純)。彼女を心配する千鶴(友近)は、「生徒に本気になったら終わり」と諭す。
自分の想いは一時のものだと、聖は気持ちを新たに教師として晶に接する。
一方、諦めきれない晶は、「花火大会のあとに会いたい」と聖にメールをする。
そんな2人の関係を愛子(夏川結衣)が疑い始め…。

夏休みが始まり、つかの間の休日、聖はウェディング雑誌を読みながら挙式の準備を進める。その頃、勝太郎(町田啓太)は原口(吉田羊)と二人きりで海外出張に出かけていた。勝太郎は、聖に誰か他に惹かれている人がいないか、ハッキリさせるよう原口に迫られる。

そして花火大会の夜、見回りで会場へ来た聖は、晶の意外な姿を目撃する。
さらに、勝太郎と原口も会場に訪れ、波乱の夜が幕をあける…。

第四話感想


第五話あらすじ

夜の砂浜でキスをしてしまった聖(有村架純)と晶(岡田健史)は、聖のマンションの前で勝太郎(町田啓太)と愛子(夏川結衣)と鉢合わせをしてしまう。我に帰った聖は、勝太郎に話をしようとするが、勝太郎は「信じてる」というばかり。

翌日、塩谷(夏木マリ)から学校へ呼び出された聖は、同席した愛子の前でこれまでの経緯を説明するが…。

一方、愛子が学校に行ったことを知った晶は、上布(マキタスポーツ)の制止を振り切って、学校に向かう。
そこで、自宅謹慎を命じられた聖と会ってしまい…。

第五話感想


第六話あらすじ

3年後ーー2018年。
晶(岡田健史)の前から姿を消した聖(有村架純)は、勝太郎(町田啓太)とも別れ、千鶴(友近)と同じ小学校で教師を続けていた。

穏やかな日々を過ごしていた聖だったが、同僚の野上(渡辺大)と訪れた雑貨市で晶の姿を見かけてしまう。
晶は愛子(夏川結衣)の元を離れ、上布(マキタスポーツ)の実家に下宿していた。
過去の記憶がよみがえり動揺する聖。

一方、勝太郎は東京本社で過去を吹っ切るようにバリバリと働いていた。だがそこへ原口(吉田羊)が新しい部長として東京へ戻ってきて…。

そんな中、担当する生徒・彩乃(石田凛音)の遠足費の支払いが滞っていることを知った聖は、母親・美和(村川絵梨)の元を訪ねるが…。

第六話感想


第七話あらすじ

野上(渡辺大)の優しさに触れ、ようやく前に進めそうな聖(有村架純)。晶(岡田健史)もるな(小野莉奈)と付き合うことにした、と九重(若林時英)に話す。そんなある日、聖のクラスの児童の一人である彩乃(石田凛音)が、登校中に栄養失調からくる貧血で倒れてしまう。

聖は彩乃の母・美和(村川絵梨)を学校に呼び出して注意しようとするが、美和はこれ以上踏み込んできたら聖の秘密をバラすと言って鋭く睨みつける。驚きのあまり言葉も出ない聖。その頃、聖が教師を続けていることを知った愛子(夏川結衣)は、晶がこのことを知ったらどうなるか、と不安に駈られる。

聖と野上、晶とるな、勝太郎(町田啓太)と原口(吉田羊)。過去を振り切り、それぞれが新しい道を進もうとしていたが…。

第七話感想


第八話あらすじ

野上(渡辺大)との交際を決めた聖(有村架純)の前に、突然現れた愛子(夏川結衣)。動揺を隠せない聖だったが、「晶(岡田健史)と会いましたか?」という愛子の問いに真摯に答えようとする。そんな様子を見ていた美和(村川絵梨)は聖の過去を探ろうと愛子に接近するが…。

その頃、小宮第一小学校では学習発表会が近づいていた。聖は野上とともに懸命に準備を進めていたが、ある朝教室の扉を開けると、子どもたちが誰も登校しておらず…さらには聖と晶の3年前の事件が保護者に知れ渡り、母親たちが乗り込んで来て…!?

一方晶は、るな(小野莉奈)に自分の本当の気持ちを伝えようとするが、るなは一向にそれを受け入れようとはしない。思い悩み、学校にもアルバイトにも全く行かない状況を見兼ねた上布(マキタスポーツ)は晶に説得をするが、口論の末、晶は思わぬ行動にでる!?

第八話感想


第九話あらすじ

父・康介(岸谷五朗)からの手紙に書かれた「山江島」という言葉を頼りに、父を探すため家を出て一人フェリーに乗り込んだ晶(岡田健史)。二度と晶とは会わないと決めていた聖(有村架純)だったが、晶の言動を放っておけずフェリーに飛び乗る。
そして、翌日二人は山江島に到着して…。

一方で、息子を失う不安に駆られた愛子(夏川結衣)は、思い余って勝太郎(町田啓太)の会社を訪ねていた。周囲を顧みない、まるで逃避行のような二人の行動に苛立ち、聖に何度も電話をかける勝太郎。そんな彼の様子を、心配して見守る原口(吉田羊)。

そんな中、聖と晶は山江島で非日常なひとときを過ごし、気持ちの変化を感じていた。今までの自分に起きたこと、そして胸の内を話す聖を見て、晶の中に聖を思う気持ちが再び込み上げてくるが…。

第九話感想


第十話あらすじ

キャンプ場で一晩二人きりの時間を過ごし、ついに想いが通じ合った聖(有村架純)と晶(岡田健史)。島を出る日、晶は愛子(夏川結衣)に連絡を取るが、メッセージを受け取った愛子の表情は何かを感じたのか曇ったままだった。

東京の港へ戻ると、聖を迎えたのは聖の母・里美(中嶋朋子)だった。里美が聖の言葉に耳を傾けることなく、聖と晶は再び引き離されてしまう。翌日、改めて二人は愛子を訪ね、里美は娘のしたことについて謝ろうとするが、意を決した聖は晶に対する想いを愛子に正直に告げるも、愛子から思わぬ言葉を投げかけられる…。

一方、晶は将来的に自立し聖との関係を認めてもらうため、進学することを決める。そんな中、晶の元にある人物が訪ねてきて…。
一度は想いが通じ合った晶と聖、それぞれの立場で新たな決断を下すことになる…。

第十話感想


第十一話(最終回)あらすじ

「未成年者誘拐罪の疑い」で警察署に連行された聖(有村架純)。
一緒にいた晶(岡田健史)も取調べを受け、聖をかばう主張を続けるが、未成年ゆえに相手にされない。
ようやく解放された後も、晶は愛子(夏川結衣)に携帯を取り上げられ、聖の連絡先を消されてしまう。
後日、愛子から会って話がしたいと告げられた聖。しかし、当日待ち合わせ場所で聖を待っていたのは…。

全てを失い、厳しい現実を突きつけられた聖。
募る晶への想いを胸に秘め、彼女が最後に出した答えとは。そして、それぞれが選ぶ道、“禁断の恋”の結末は―?

 

中学聖日記の関連記事

中学聖日記キャスト相関図とあらすじネタバレ!有村架純が主演で女教師!

中学聖日記の動画見逃し配信【1話~最終回】無料で観る方法を解説!

Uruの顔画像や動画と本名と年齢は?彼氏や高校と大学まで一挙に調査!

 

類似のお勧めドラマは魔女の条件

 魔女の条件を今すぐ観る▶(TSUTAYA)

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。