映画・ドラマ・アニメ・電子書籍が無料で安全に公式で見れるお得な情報を随時更新中

天天和通りの快男児キャスト相関図とあらすじネタバレ!岸谷五朗が主演!

今回特集するのは10月スタートのドラマ「天 天和通りの快男児」について♪岸谷五朗さんが主演を務めることで話題になっていますがどんなストーリーでキャスティングはどうなっているんでしょうか?見ていくとしましょう♪ということで今回は10月ドラマ「天 天和通りの快男児」のキャスト・相関図とあらすじネタバレについて見ていきたいと思います。

ドラマ基本情報

ドラマタイトル:『天 天和通りの快男児』
方法予定:2018年10月3日

放送曜日:毎週水曜日
放送時間:深夜1時35分~
放送局:テレビ東京にて2018年秋放送 BSジャパンでも放送(放送時期未定)
配信:動画配信サービス『Paravi(パラビ)』 で配信決定
原作:福本伸行「天 天和通りの快男児」(竹書房)
主演:岸谷五朗
脚本:根本ノンジ(「銀と金」(’17)「フリンジマン」(’17)「黒い十人の秋山」(’17)「スモーキング」(’18)
政池洋佑:宮本正樹
監督:二宮崇 柴田啓佑 宮脇亮
チーフプロデューサー:山鹿達也(テレビ東京)
プロデューサー:松本拓(テレビ東京) 倉地雄大(テレビ東京)
渋谷英史:小林泰子
制作:テレビ東京 / The icon(ジ・アイコン)
製作著作:「天」製作委員会

本作のドラマは福本伸行さんの「天 天和通りの快男児」(竹書房)が原作となっています。福本伸行さんといえば「カイジ」など有名な作品を多数排出しているので皆さんもご存じですよね。原作を見たことが無い方は是非チェックしてみて下さい♪

 

 

公式Twitter

キャスト・相関図

天貴史役:岸谷五朗

本編の主人公で、無類の勝負強さと強い意思をもつ博徒(代打ち)。義理人情に篤く、何でも感情的に分かち合おうとする好漢だが、かつては人を陥れる事で勝ち続けていた過去を持っていた。しかしある時から一転して、弱者の立場にたって行動する事となる。その優しさは時として敵側の人間にも向けられ、相手のメンツを保たせるためにわざと自分にとって不利益になるような行動を取ることもあり、体中に刻まれた傷跡はその名残である。嫁が2人いる。物語序盤では、明らかな不正の役満で逆転勝利したり、素人に大敗するなど、弱小な打ち手であるかのように見せていた[2]が、その実はかなりの実力者であり、どんな苦境に陥ろうと諦めない「どこまでも切れない分厚い麻雀」を打ち、無敵といわれた天才・赤木しげるに半荘一回のみだが唯一土をつけるなど、数々の不可能を可能にしていく。東西決戦では東の頭を張り、西の頭である原田と熱戦を繰り広げた。
<本人コメント>
Q,初めて企画を聞いた時の感想は?

麻雀の話を連続ドラマにするって勇気があってスゴイなと思いました。下手したら、画替わりが無いじゃないですか。基本的には麻雀卓を囲んで役者が座っている画ですよね。青い海とかは多分出て来ない(笑)。監督ふくめスタッフの、この作品を連ドラにしようという目論み自体がチャレンジャーだな、って思いました。でもドラマはチャレンジするから面白いんです。頑張ります。
Q、役作りはされていますか?
来月クランクインなのですが、まずは(麻雀の)手つきから、役作りを始めています。プロの先生から演技指導で麻雀牌の持ち方を教えて頂いたり、新幹線での移動時間などでも手になじむように牌をずっと触っていたり。あとは麻雀好きな会社のマネージャーと雀荘に行く予定を入れていたりします(笑)。
Q,原作漫画を読んだ感想は?
とにかく登場人物がみんな個性的で面白い!キャラクターが濃いんです。それで言うと、まだ名前は言えないのですが、このドラマのキャストも色濃いですよ。なるほどこの役はこの人になるのか!というキャスティング。僕も一緒にお芝居するのが楽しみです。
Q、それにしても、イラストの再現度が高いビジュアルですね…!
今はまだ髪の毛が長いですからね。撮影になったらさらに近づくのではないでしょうか。きっと(笑)。
※現在、岸谷は舞台公演期間中。
Q、ドラマのみどころは?
麻雀という素材を扱った、人間の心理戦。これがひとつのみどころではないでしょうか。
この人はこういう性格だからこの麻雀のスタイルになるのか、とか、この人はズルいところがあるから…やっぱり、とか(笑)。麻雀を知っている方はもちろん楽しめると思いますが、ルールを知らない方も勝負のかけひきや心理戦が面白いドラマになると思います。ご期待ください!


井川 ひろゆき役:古川雄輝

計算し尽くした麻雀を打つ青年で、あだ名は「ひろ」。理外の力を持つ天を尊敬している。
<本人コメント>
Q、井川ひろゆき役に決まった時の感想をお聞かせください!
大好きな「麻雀」が題材の作品にデビュー当時から出演したかったので、福本先生原作作品に出演できることになり、とても光栄です。
自分が学生の頃、雀荘で読んでいた漫画のキャラクターを演じられることを大変嬉しく思っています。

Q、井川ひろゆきは理論型雀士です。古川さんとの共通点はありますか?
打ち方がひろゆきとまったく同じです。
常に確率が良い、より安全な打ち方を選択しています。

Q、クランクインされて井川ひろゆきを演じられた感想、コメントを頂ければと思います。
ひろゆきは麻雀も自分と同じ打ち筋で、似ている部分もあるので演じやすいですが、このドラマは「心の声」が多く、そこに難しさを感じています。
また、麻雀の打ち方の動作もひろゆきっぽく綺麗に正確に打てるように意識しています。
毎日好きな麻雀牌を触りながらの撮影なので、楽しく撮影させて頂いています。

Q、初共演される天役の岸谷五朗さん、赤木しげる役の吉田栄作さんの印象を教えてください。
岸谷さんは男気のある兄貴!という感じです。
二人で芝居するシーンも多く、勉強させて頂いています。
吉田さんは同性である自分から見ても大人の男性としてとても魅力的で格好良く、赤木役にピッタリだと思いました。

Q、ドラマのみどころを教えてください!
麻雀に人生を賭けた男たちの熱い戦いを是非ご覧下さい!


 

赤木 しげる役:吉田栄作

己の能力のみを頼りに生きてきた伝説のギャンブラー。神の領域に達した麻雀を打つ。
<本人コメント>
Q、赤木しげる(アカギ)のビジュアル再現率が高いですね!ご感想をお聞かせください!
(赤木しげると吉田さんの、性格面での共通点などもあったら教えてください。)
今回僕自身コミックの「赤木しげる」のビジュアルに近付こうと思いました。演者には気分的なものも大切で、ビジュアルを寄せることで気持ちからキャラクターに近付き、その世界観を映像の中でも再現出来たらと考えています。赤木の打つ麻雀や台詞は、経験から来る「自信」と「センス」そして風向きさえ味方にする「強運」で勝ち続けた裏付けのある結果なのだと思います。雀神とまで呼ばれる赤木には全く及びませんが、自分がこの世界で生き続けて来られた経験を台詞に投影してみたいと思っています。

Q、ドラマのみどころは?
1番の見どころはやはり、天とひろゆきの師弟関係だと思います。ひろゆきは本来麻雀の世界にいなくても良かった青年…それを慮る(おもんぱかる)天ですが、運命が二人を引き寄せ、天の下で雀士として人として成長して行くひろゆき。時にその前に立ちはだかり、時に誰よりも心強い味方になる、赤木の存在にもご期待下さい。

Q、初共演する、天貴史役の岸谷五朗さんの印象を教えてください。
岸谷五郎さんとは初めて共演させていただきます。天役が岸谷さんだと聞き、何と言うか…ぴったりだと思いました。ビジュアル撮影 の日にヘアメイクを終えた岸谷さんが現れた時、そこにはまさに「天」がいました!存在感ですね…今回も楽しみながらも熱い、背中 でものを語る岸谷さんの天が今からとても楽しみです。

Q、クランクインされてアカギを演じられての感想、コメントを頂ければと思います。
クランクインしてから4日、僕は2日目からなんですけど、この間ずっとこの卓の前にいてずっと岸谷さん、天を目の前に牌のやりとり、心のやり取りをしっかりと交わせた感じがします。すごくいい3日間だったなと思います。赤木という役を演じる上では本当に不安、プレッシャーが大きかったんですが、なんかこうアカギが少しずつ入ってきている感じですかね、そんな感覚、動きがが出来た3日間でしたね。

Q、改めて赤木しげるという人物を演じられてていかがですか?
やっぱり麻雀、もちろん劇中の中でもカリスマでもあるでしょうし、コミックのファンの方々の中でもそうで、セリフ一つ一つが本当にこう元々重いのと、彼のこれまでの人生すべて詰まった一言一言が一局一局、一牌一牌に込められていると思うんです。だからそれをしっかりとやるために、これまでの自分の人生とかなんかそういうものをしっかり投影しないといけないかなと思います。


原田 克美役:的場浩司

関西屈指の暴力団の組長で現役最強の麻雀の打ち手。東と西の裏プロたちによる東西戦を仕掛ける。
<本人コメント>
Q、原田克美役に決まった時の感想をお聞かせください!
オファーを頂いた時は原作を知っていたので福本先生の作品に自分が出られるという喜びと共に驚きがありました。
原田役と聞いた時に正直にいいますと髪の毛どうすんの?と一番最初に思いました。
金髪に染めることに抵抗はなかったですが、まさか50歳手前になって自分が金髪に染めるとは想像もしていなかったので驚きました。僕は坊主にしろとといわれたらやるし、この作品に自分が携われる喜びの方が強かったです。
原田は暴力の匂いを漂わせていますけど、この方の中にはこの方の筋がちゃんとあって筋をちゃんと通しながら生きてらっしゃるので、僕自身が演じていて原田はヒールだけど実はヒーローでもあると感じながらお芝居をしています。

Q、ドラマのみどころを教えてください!
編集したドラマ本編を僕も観ていないので一概にここだよというのは言いづらいんですけど、ただの麻雀のドラマではないです。麻雀を介しながら人間と人間の、個性と個性の戦いであったり、個性と個性が結ばれていったり、ある意味人間ドラマだと思っています。麻雀の打ち方にしても性格が出て打っているし、ツモって捨てるまでの所作の動きにもキャラクターの性格が出ていると思っているので、大変見ごたえがあると思います。
最後になりましたけど、岸谷先輩が素敵な天さんを演じていらっしゃるのでそれに負けないようにというとおこがましいのですが、最後まで天を倒すことに使命感といいますか岸谷先輩に挑んでいこうと思っています。普段はとっても優しく仲良く過ごさせて頂いてます。ぜひこの「天 天和通りの快男児」をご覧頂ければうれしいです。


僧我 三威役:でんでん

裏麻雀界のトップに君臨し続けていた怪物で西軍の実力者。
<本人コメント>
Q、僧我役に決まった時の感想をお聞かせください。
僕が20代前半の時に麻雀が流行り、雀士になりたいという気持ちもあったんです。

出演が決まり本を見て最初に思ったのは、麻雀が好きで毎日やっていた頃のことです。おそらく四暗刻だったと思うのですがテンパった時に、その場の他の人間に自分の心臓のバクバク感が聞こえているのではないかと感じたことがありました。それを思い出し、あの時のような臨場感を持って演じられたらいいいなと思いました。

とあるプロ雀士の方が経営する雀荘があり、そこに人と違った打ち方をしている方がいました。
なぜそんなに危険な牌をすっと出せるのか聞いた事があります。
勝負してますよという風に出すと自分がテンパっているのが分かってしまうじゃないですかと言われました。僧我を演じる際聞いた経験を試しています。

Q、ドラマの見どころを教えて下さい。
アウトローの世界なんだけど善悪をつけたがるんですよね。
自分たち西軍は悪(わる)の中の悪(わる)なんだけど東軍が正義に、かっこよく見えるんですよね。
今麻雀をやっている人達には、イカサマを鮮やかにやってしまう手口を昔の話だなと思うのではなく、今でもありえるのかなと想像してもらえたら嬉しいです。突っ込みどころも満載ですが(笑)。東軍・西軍どっち側につくか、登場人物の誰かに感情移入して楽しんで頂けたらと思います。


中西役:おかやまはじめ

大事にしていた中華料理屋の登記簿を賭けて、天と一緒に麻雀勝負に挑む。
<本人コメント>
Q、視聴者の皆様へメッセージをお願いします!
麻雀は奥深い。対戦相手との心理サスペンス。配牌を読むミステリー。追い詰められていく己の心の葛藤。そこに岸谷さん演じる主人公 天貴史の胸を突く名言。It’s a man’s man’s man’s world.是非ご覧下さい!!


室田役:相島一之

相手の心を読み七対子で和了る代打ち。
<本人コメント>
Q、視聴者の皆様へメッセージをお願いします!
スタッフの方とこだわって、原作とはちょっと違った『室田』を作ってみました。
漫画の登場人物、キャラクターを演じるのはとても楽しかったです。
皆さん、お楽しみください。


沢田役:山口祥行

ひろゆきの才能を買い代打ちとして戦う場を設けたヤクザ。


丸尾役:田窪一世

地上げ屋としてヤクザの沢田に代打ち探しを依頼する。
<本人コメント>
Q、視聴者の皆様へメッセージをお願いします!
昨今、美男美女が登場するオシャレなドラマが流行りですが、たまにはギトギトと脂ぎったオジサンだらけの濃い味付けのドラマはいかがでしょうか?


浅井 銀二役:田中要次

東側の雀士で職人技の域まで達したイカサマ麻雀ガン牌を使う。
<本人コメント>
福本伸行さん原作の作品に出演するのは2本目となります。アカギという登場人物が共通している事もあり、原作ファンに対して遠慮しそうになりましたが、岸谷さんを始めとする錚々たる出演者の名前を聞き、懐かしくて逢いたくて、そして一緒に麻雀卓を囲みたくて、ファンに遠慮などしていられなくなりました。麻雀劇なのにサスペンス、アクション、ハードボイルド感が満載!見応え、あるよっ!お見逃しなく!


健役:星田英利

天を兄貴と慕い東側のメンツ集めに奔走する。
<本人コメント>
Q、視聴者の皆様へメッセージをお願いします!
岸谷さんはじめ登場人物全員から染み出る「男くささ」と「面倒くささ」、そして勝負師たちが生み出すしびれる緊張感と、垣間見える「人間くささ」をぜひ。


三井役:金子昇

西側の雀士で原田が信頼を寄せる代打ち。
<本人コメント>
Q、視聴者の皆様へメッセージをお願いします!
何年待ったことか!
あの伝説の麻雀漫画「天」の実写化!
ファンとしては、ざわざわがとまりません。
僕は東西の対抗戦で登場する三井役として参加させていただいでます!どんな闘いが繰り広げられているか、僕も楽しみです!はやく観たい!


阿久津役:永岡卓也

山陰一の代打ちとして東西戦に参加する。
<本人コメント>
Q、視聴者の皆様へメッセージをお願いします!
福本伸行作品の登場人物になれた喜び!!
麻雀牌を卓に叩きつける音だけが鳴り響く現場…!!
圧倒的緊張感を楽しんでもらえたらと思います!!!

あらすじネタバレ

麻雀の「理」に対して深い造詣を抱き、雀荘で素人相手に荒稼ぎをしていた井川ひろゆきは、ある日、麻雀の請負業(=代打ち)を営む天貴史(岸谷五朗)と出会う。天は、無類の勝負強さと強い意思をもつ代打ちで、ひろゆきは天に憧れ、麻雀の世界に没入していく。やがて天とひろゆきは、神域の男と呼ばれる伝説の雀士・赤木しげるや関西屈指の現役最強の雀士・原田克美らと出会い、日本の裏麻雀界の頂点を決める戦いに挑んでいく。麻雀を通して、男たちの命をかけた圧倒的な心理戦を熱く描く。

というのがあらすじとなっています♪この秋福本ワールドが再び日本を席巻します!ドラマ天 天和通りの快男児は2018年10月スタートです!お見逃しなく!

 

天 天和通りの快男児の関連記事♪

天天和通りの快男児の動画見逃し配信【1話~最終回】無料で観る方法を解説!

天天和通りの快男児の最終回ネタバレ!原作漫画の結末は?見逃し動画配信も!