ハゲタカの切腹した和服誰?鷲津の過去や目的は?復讐とは?1話あらすじも!




今回特集するのは7月ドラマ「ハゲタカ」について♪ようやく今日からスタートしましたね!期待通りのドラマではないでしょうか!第一話から気になるところだらけ!鷲津の回想シーンで和服を着た男性が切腹をしていましたね!あれはいったい誰なんでしょうか?また鷲津の過去や真の目的は何なんでしょう?見ていくとしましょう。ということで今回は7月ドラマハゲタカの切腹したのは誰かと鷲津の過去や目的・復讐について見ていきたいと思います。

ドラマ基本情報

ドラマタイトル:ハゲタカ
放送予定:2018年7月~
放送曜日:毎週木曜日
放送時間:夜21:00~
原作:真山 仁『ハゲタカ』『ハゲタカⅡ』(講談社文庫)
脚本:古家和尚(『任侠ヘルパー』『S -最後の警官-』ほか)
監督:和泉聖治(『相棒』シリーズ)ほか
ゼネラルプロデューサー:内山聖子(テレビ朝日)
プロデューサー:中川慎子(テレビ朝日)、下山潤(ジャンゴフィルム)
制作協力:ジャンゴフィルム
制作著作:テレビ朝日

ハゲタカは、2004年(平成16年)に刊行された、作家・真山仁による経済小説。当時ハゲタカファンドと呼ばれた、短期的な利益獲得のみを目的とした投資ファンドと、それを取り巻く人や金を描いています。続編として、バイアウト(2006年、文庫版タイトルは、ハゲタカII)が刊行されたほか、これら2作を原作として、2007年にNHKでテレビドラマ 『ハゲタカ』が、2009年にはタイトル『ハゲタカ』で映画も製作された名作となっています(^^♪ 今回の連続ドラマではどう表現しているか楽しみですね♪原作がきになる方は是非こちらをチェックしてみて下さい(^^)/
↓↓↓↓↓

 

キャスト・相関図

 

あらすじ

時は1997年。バブル崩壊後、末期的な危機に陥った日本の金融業界――銀行もまた膨大な不良債権を抱え、生きるか死ぬかの瀬戸際に立たされていた。
そんな中、大手銀行のひとつである三葉銀行は、回収困難な不良債権を投資会社に一括でまとめ売りする“バルクセール”を実施。日本初となるこの試みを担うこととなった三葉銀行・資産流動化開発室の室長・芝野健夫(渡部篤郎)は、その席で外資系投資ファンドホライズンジャパン・パートナーズ』の代表・鷲津政彦(綾野剛)と対面する。
簿価総額は723億6458万円。芝野は「最低でも300億円で買い取ってほしい」と申し出るも、鷲津は「誠心誠意、丁寧な査定をさせていただきます」と返すに留め、その態度に芝野は一抹の不安を抱くのだった。
芝野を除く三葉銀行の面々は、査定に向け想定以上の手応えを感じている様子。しかし4週間後に迎えた回答期日、芝野たちは鷲津から衝撃の評価額を提示される!
外資の“ハゲタカ”に丸め込まれたことに憤慨した三葉銀行常務取締役の飯島亮介(小林薫)は、第2回目のバルクセールを自らが仕切ると、名乗り出る。「三葉のためだけに働け」と強いる飯島に芝野は…?
一方鷲津は、バルクセールで手中に収めた債務者から怒号を浴びせられていた。たまたまその場に居合わせた、『東京クラウンセンチュリーホテル』のフロントマネージャー・松平貴子(沢尻エリカ)は、その様子を目にし…。

 

三葉銀行バルクセールのネタバレ

1997年、バブル崩壊後、日本の金融業界は末期症状に陥っていた。そんな中、大手銀行の三葉銀行も回収困難な不良債権を一括してまとめ売りするバルクセールを実施することを決意し、外資系投資ファンド「ホライズンジャパンパートナーズ」に依頼。日本初の試みとなるこのバルクセールを担当することになった三葉銀行の芝野は、ホライズンの鷲津との交渉に挑んだ。簿価総額は約730億円。しかし、鷲津との交渉前に、三葉銀行の幹部らは、自分たちの独断と偏見で融資決裁し、回収不可能になったものや、政治家とのしがらみで不良債権化したものを、ねじ込んこんできた。幹部らはバルクセールが持つ様々なメリットを逆手に取り、バブル時代に生み出してしまった問題を闇に葬ろうとしていたのだった。芝野はそんな身勝手な役員らに怒りを覚えつつも、鷲津に最低でも300億での買取額を提示。しかし、後日鷲津から提示された評価額はなんと…65億円。予想を遥かに下回る額に誰もが驚いた。査定表を見ると、ほとんどの査定額が0円になっている。貸出再建としては比較的正常なもの、要注意先のものまで全て0円と査定され、ほとんどが無価値と判断されていた。しかし、鷲津側の的確な説明に芝野たちは何も言い返すことができなかった。鷲津側は三葉銀行が予想していた以上に、三葉が抱える債権事情を知り尽くし一枚上手だった。鷲津はいくらか上乗せし、業界平均の10%の価格約72億で買い取ると言ってくれたものの、バルクセールにかかった諸経費が差し引かれ、三葉銀行に残る金額は61億円程度だった。散々たる結果ではあるが、銀行員が回収できなかった負の資産から開放された。その後、ホライズンは彼らから買い上げた物件の転売を終えた。総額234億あまり、買い取りが約70億だったため3倍もの値段で売り捌いたのだった。しばらくして第2回のバルクセールが行われた。しかし、今回はホライズンだけでなく、三葉銀行は競争入札形式で参加企業を募り行われた。最終的なバルクセールへの参加は3社に絞られ、今回の簿価総額113億に対し、平均入札額は14億余り。そして今回の入札を制したのは、締め切り1分前に手続きをしたホライズンであり約19億だった。しかし芝野は後日、2回目のバルクセールで内通者がいたことを知り激しく動揺した。そんな中、芝野は鷲津から、日本でも本格的にターンアラウンドビジネス(企業再生)を立ち上げたため芝野にマネージャーをやらないかと持ちかけてくる。元々ターンアラウンドマネージャーの仕事をやりたいと思っていた芝野だったが、鷲津に不信感を抱いていたため、この話は断ったのだった。

 

切腹をした和服の男性誰?鷲津の過去や目的は?

1989年、一人の男が大蔵省のロビーで切腹自殺をした。実はその男は、鷲津の父親だった。鷲津は20代の頃、ニューヨークでピアニストを目指していた。しかし、父が亡くなり支援がなくなったため、ピアノを辞めニューヨークで仕事をし、今の地位まで上り詰めた。会社経営をしていた父は三葉銀行が特別な顧客だけに開設していた匿名口座の存在を知り、その口座がどのように使われているかも知ってしまった。父に知られたことに気付いた三葉銀行の飯島は、父が経営していた会社を倒産に追い込み、芝野も知らず知らずのうちに加担させられていた。鷲津は黒幕が飯島であることを突き止め、アメリカのマスコミに匿名口座のことをリークし、マネーロンダリングの温床になっていることを全世界に知らしめた。その後、三葉銀行は社名を変え成長していくが、金融庁の調査が入り、この責任は追求されることになるだろうと考えられた。鷲津は、簡単に飯島を潰すことはせず、今後自分のビジネスで大いに利用するつもりであろう。それはまさにハゲタカらしい復讐だった。

 

ドラマハゲタカの関連記事♪

ハゲタカ(ドラマ)最終回ネタバレ!原作との結末の違いは?鷲津の目的とは!?
ハゲタカ(映画)結末ネタバレ!原作との違いは?動画配信サイトも紹介♪
ハゲタカ(映画)キャスト相関図とあらすじネタバレ!大森南朋が主演で鷲津役!
ハゲタカ(原作)結末ネタバレ!無料立ち読み電子書籍サイトのおススメも!
ハゲタカ(原作小説)のあらすじネタバレと登場人物のまとめ!電子書籍のおススメ!
ハゲタカ(ドラマ)キャスト相関図とあらすじネタバレ!綾野剛が主演で鷲津役!

 

ハゲタカの見逃し動画配信サイトはこちら♪

①U-NEXT(ユーネクスト)
↓↓↓↓↓↓リンク

ユーネクストは一番動画配信量が多いところです。ドラマだけに限らず漫画や映画にも強いですよ♪期間中は無料です( ゚▽゚)/

TverGYAO
こちらは放送後1週間以内であれば見れますので是非チェックしてみて下さい(^^)/

 

ハゲタカの過去の映画配信サイトはこちら♪

①TSUTYA
↓↓↓↓↓リンク

この蔦屋の配信サイトは個人的にはかなりおススメです!やっぱり歴史古い分作品数の数はダントツです!しかも30日間無料なので是非ご利用してみて下さい(^^)TSUTAYAはNHKドラマも映画もどちらも見れます♪

 

原作ハゲタカの電子書籍サイトのおススメ♪

①eBook Japan
↓↓↓↓↓リンク

eBookJapanはコミックの品揃えが世界最大級の電子書店で約50万冊の本を配信しています。さらに約9000作品が無料で読める読み放題コーナーも充実していますのでコミックが好きな方はおススメのサイトです(^^)/

②楽天Kobo電子書籍ストア
↓↓↓↓↓リンク

続いてのおススメは楽天です♪楽天はやっぱりポイントが貯めれるしまたポイントが使えるところですね♪





おすすめの動画配信サイトはこちら

時代とともにDVD、Blu-rayプレーヤーから動画配信サービスに変わってきた現在、レンタル屋さんに行かなくてもインターネットさえあればドラマや映画が見れるようになりました。しかしいくつもの動画配信サービスが登場しているため、どれを選んでいいか分からないといい方も少なくないと思います。こちらでは代表的な動画配信サイトの無料期間や料金、サービス内容をまとめていますので是非参考にしてみてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です