刑事ゼロ最終回結末ネタバレ!時矢の秘密や記憶喪失の理由は?原作はある?

 

この記事は6分で読めます

Sponsored Link


刑事ゼロを月額無料期間で観る▶

ビデオマーケットの初月無料期間で観る▶


今回特集するのは1月スタートのドラマ「刑事ゼロ」について♪沢村一樹さんが主演を務めることで話題になっていますが、どうやら沢村一樹さん演じる時矢は記憶を失う直前、“ある秘密”を知ってしまったのとのこと。はたして、その“秘密”とは一体なんなのでしょうか?時矢に襲いかかった記憶喪失と秘密になんの関係があるのでしょうか?最終回はどんな結末を迎えるのでしょうか?今回はそんなドラマ刑事ゼロの最終回結末ネタバレと時矢の秘密や記憶喪失の理由、原作について見ていきたいと思います。

ドラマ基本情報

ドラマタイトル:刑事ゼロ
放送予定:2019年1月10日~
放送曜日:毎週木曜日
放送時間:夜20:00~
ゼネラルプロデューサー:横地郁英(テレビ朝日)
プロデューサー:川島誠史、和佐野健一、望月卓
脚本:戸田山雅司
音楽:横山 克 Evan Call
監督:及川拓郎
制作:テレビ朝日、東映

 

公式Twitter

キャスト・相関図

時矢暦彦役:沢村一樹

京都府警本部刑事部・捜査一課13係刑事、警部補。
31歳で刑事を拝命して以降、捜査一課刑事として数々の難事件を解決。“京都府警に時矢あり”といわれるほど優秀な男だった。だが、ある事件の容疑者追跡中に転落事故に遭い、刑事として生きてきた20年間の記憶を失ってしまう。
記憶を失う前は、組織捜査と客観的証拠を重視した捜査を行っていた。
ところが――記憶が消えてからの彼は、一転して小心者で自信喪失気味の男に。タフさも信念も鳴りをひそめ、周囲の目を気にしてビビリまくり。
だが、犯罪を憎む根っからの正義感は失っておらず、記憶を失う前の時矢とはまったく違ったアプローチで事件に臨む。バツイチだが、妻に関する記憶も失っていて…。


佐相智佳役:瀧本美織

京都府警本部刑事部・捜査一課13係の新人刑事。
長年、刑事部の庶務係として事務仕事に専念してきて、ようやく念願の府警本部捜査一課に配属されたばかり。“京都府警に時矢あり”といわれるほど優秀な刑事・時矢暦彦に憧れ、彼が手がけた事件の調書をすべて読み込み、頭の中にすべてインプットしている。そのため、時矢の記憶喪失が周囲にバレないよう、彼の“バックアップデータ”もしくは“取扱説明書”の役割を担うハメに…。性格は、生真面目で努力家。仕事一途の生活を送って来たため、恋愛経験は少なめ。ビフォー時矢に憧れていたが、今の時矢の情けない姿を目の当たりにして、実は百年の恋も醒めてしまった状態で…!?


福知市郎役:寺島 進

京都府警本部刑事部・捜査一課13係、警部補。
時矢暦彦とバディを組んで幾多の事件を解決してきたベテラン刑事。スマートでハンサムな時矢に対して、強面でガラの悪い相方として扱われてきたため、一方的に時矢をライバル視。時矢が失脚すれば、自分が次の主任になれると思い込んでいる。


内海念也役:横山だいすけ

京都府警本部刑事部・捜査一課13係、巡査部長。
新人刑事・佐相智佳が配属される前までは13係の最年少メンバーだったため、若手刑事として体を張って捜査に当たってきた。新たに福知とコンビを組むことになったが、時矢の失脚を虎視眈々と狙う福知には若干、引き気味で…!?


背川葉奈役:猫背 椿

京都府警鑑識課・第6係。
犯罪現場に臨場して遺留品を採取し、時矢たち刑事に状況を報告する鑑識課員。時矢の大ファンで、隙あらば時矢にすり寄ろうとする。ウワサ好きで、どんなSNSよりも情報の拡散スピードが速い、と恐れられている。


根本留夫役:渡辺いっけい

京都府警本部刑事部・捜査一課13係係長、警部。
長年捜査畑を歩いて来たベテラン。人当たりもよく、温厚な人柄で13係をまとめているようだが…実は常に上の方しか見ていない“ヒラメ男”。定年までにもう一階級出世したいという貪欲な欲求を抱いている。


奥畑記子役:財前直見

時矢の元妻。京都第三弁護士会所属の弁護士。
刑事事件を多く担当しており、7年ほど前に、ある事件を通して、当時すでに刑事だった時矢と出会い、電撃的に結婚。ところが、2人の間に何があったのか、数年後には協議離婚が成立。以降は独身を貫いている。
勝気な性格で弁護士ゆえに弁も立ち、口げんかでは誰にも負けない。一度決めたらテコでも動かない頑固な気質もあり、時矢との離婚も半ば勢いと意地で進めてしまったため、心の奥底では彼への未練がくすぶっている。


生田目守雄役:武田鉄矢

時矢暦彦の父方の叔父。京都市内で小さな診療所を営んでいる医師。
時矢が制服警官時代に相次いで両親を亡くしてから、親代わりとして何かと相談に乗って来た。離婚して住まいを失った時矢を、自宅に下宿させている。
医師ゆえに精神医学や心理学にも詳しく、時矢が刑事としての記憶を取り戻すため専門家的アドバイスをするなど、ひょうひょうとしているように見えて、身内として時矢のことを心から気に掛けている。

 

刑事ゼロには原作はある?

まずは今回のドラマに原作はあるのかについてですが調べてみたところ原作はありませんでした。そして本作の脚本を手掛けるのは、『相棒』、『科捜研の女』、『スペシャリスト』など数々の大ヒット刑事ドラマを手がけてきたサスペンスドラマ界の旗手、戸田山雅司さん!濃密な人間ドラマを織り交ぜたハイクオリティーなサスペンスを1話完結形式で描きながらも、時矢の“記憶喪失の秘密”を大きな縦軸に据え、連続ドラマとしての醍醐味をも存分に併せ持つ、まったく新しい刑事ミステリーとなっています。時矢の記憶喪失の秘密が明らかになっていく過程が見どころのようですね!また相棒てがけている戸田山さんだけにどんな刑事ドラマに仕上がっているかとても楽しみです♪

今作のドラマのゼネラルプロヂューサーを務める横地郁英さんがコメントを出していますので載せさせて頂きます。

沢村一樹さんが、初めて木曜ミステリーに登場します!数多くの名作ミステリーを生み出してきたこの枠で、初めて“記憶がない主人公”が事件を解決します。沢村さんならではの、とぼけたコミカルな魅力と、ハードでヒロイックな魅力、両方を生かしたミステリードラマにしていきます。脚本の戸田山さんによる、毎回の謎解きは、定番からトリッキーなものまで、様々なテーマが続々出てきます。記憶がないなか、謎を解き明かしていく主人公の活躍をどうぞお楽しみにお待ちください。

本人コメント 公式HPより引用

Sponsored Link


 

あらすじ・感想

1話あらすじ

京都府警捜査一課刑事・時矢暦彦(沢村一樹)は“京都府警に時矢あり”といわれるほど優秀な刑事。だが、容疑者を追跡中、廃工場の貯水プールに転落。病室で目を覚ましたとき、なんと刑事拝命以来の20年間の記憶を失っていることに気づく…!
時矢は見舞いにやって来た元相棒・福知市郎のことを暴力団関係者と誤解するばかりか、新たにコンビを組むよう命じられた新人女性刑事・佐相智佳から、深夜に女性府議会議員・椎名蒼が刺殺されたことを聞いてビビりまくり。その遺留品を見せられても、まるでピンとこない。
記憶喪失のことを周囲に打ち明ける間もないまま、新たに発生した殺人事件の初動捜査に当たることになった時矢。被害者のフリーライター・今宮賢は公園の鉄棒に吊るされていた挙げ句、鉄棒と遺体の前面には色付きの粘着テープが奇妙な形で貼られていた。このテープが示す図は、犯人からのメッセージなのか!? メッセージといえば、府議会議員殺害現場にもアルファベットなのか記号なのかわからない血文字が残されていたが、有名な府議会議員としがないフリーライターの間に接点があるとは到底思えない…。
ところが、粘着テープに顔を近づけた時矢は、「同じ匂いがする…!」と、驚愕の一言を発する。実は、失った記憶の代わりに鋭い嗅覚など研ぎ澄まされた五感が備わった時矢は、そこに議員殺害現場の遺留品と共通する匂いを嗅ぎ取ったのだ。
敏腕刑事と周囲には思われている時矢のつぶやきがきっかけとなって、あれよあれよという間に合同捜査本部が設立されることになったが、2つの事件が同一犯による連続殺人であるという根拠はほかに何も見当たらず、捜査は難航。時矢の立場は、本部内で微妙なものに…。
そんな中、時矢は2つの事件に残された図形が香りを聞き分ける遊び、“組香(くみこう)”に関係しているのではないかと直感。調べを進めるうち、事件の周辺に高名な小説家・鳴島恭三の影がちらついてくるが、その矢先、第三の事件が起きて…!?

1話感想


2話あらすじ

かつては敏腕でスマート、現在は“記憶ゼロ状態”になってしまった京都府警捜査一課刑事・時矢暦彦(沢村一樹)は、別れた妻で弁護士の奥畑記子(財前直見)から、いきなりある書類を渡される。そこには、7年前に時矢が逮捕した犯人には冤罪の可能性があるとして、近々仮釈放されるのに合わせて再審請求の準備をしていると記されてあった。しかし、刑事拝命以来の20年間の記憶を失った時矢は元妻との出会いも別れも覚えておらず、もちろん7年前のこともすっかり頭から消え去っていた…。

 コンビを組んだ新人刑事・佐相智佳(瀧本美織)によると、7年前の事件とはファイナンス会社社長・逢沢省三(剣持直明)が自身の別荘の階段から転落死したというもので、時矢は別荘を設計した建築士・芹野泰夫(中村靖日)が突き落としたとして逮捕したようだった。

 刑務所に出向き接見した時矢に対し、芹野は「真実はすべて僕の記憶の中にある。刑事さんがたどり着いた結論だけが唯一の真実ではない」と、まっすぐな眼差しで語り掛ける。

 もしかしたら自分が冤罪を生んだのかもしれない…。そう考えた時矢は、智佳と共に再捜査を開始。現場となった別荘は当時、密室状態だったが、再訪したところ、隣の別荘に住む出版社社長・円城明日香(いしのようこ)から意外な真実を告げられて…⁉

 はたして7年前の事件は冤罪だったのか、それとも…!? かつての自分が解き明かせなかった密室殺人の真相に、記憶ゼロの時矢が挑む! そしてついに芹野が仮釈放されるが…!?

ゲスト:いしのようこ 中村靖日

2話感想

 

時矢の記憶喪失の秘密は?

気になる時矢の記憶喪失の秘密ですが今回は原作がないとのことでしたのでストーリーが進むにつれ明らかになっていくと思います。時矢は記憶を失う直前、“ある秘密”を知ってしまっていますはたして、その“秘密”とはなんなのでしょうか?明らかになり次第追記致します。

 

刑事ゼロ最終回結末ネタバレ

刑事ゼロの最終回ネタバレにつきましてはドラマ結末を迎え次第追記させていただきます。

 

刑事ゼロの見逃し動画配

刑事ゼロを月額無料期間で観る▶

ビデオマーケットの初月無料期間で観る▶

 

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。