Iターンキャスト相関図とあらすじネタバレ!ムロツヨシが主演で狛江光雄役!




今回特集するのは7月ドラマ「Iターン」について♪ムロツヨシさんが主演を務めることで話題になっていますがいったいどんな内容でキャストは誰なのでしょうか?見ていくとしましょう。ということで今回は7月ドラマ「Iターン」のキャスト・相関図とあらすじネタバレについて見ていきたいと思います。

ドラマ基本情報


ドラマタイトル:Iターン
放送予定:2019年7月12日~
放送曜日:毎週金曜日
放送時間:深夜0時12分
放送局:テレビ東京系
※テレビ大阪のみ、翌週月曜 0時12分放送
原作:福澤徹三「Iターン」(文春文庫刊)
脚本・監督:内田英治
チーフプロデューサー:阿部真士(テレビ東京)
プロデューサー:山鹿達也、坂下哲也、木下真梨子、岡宅真由美
制作:テレビ東京 AXON
製作著作「Iターン」製作委員会

今回のドラマの原作は「侠飯」「すじぼり」などの作品が多数、映像化されている人気小説家・福澤徹三さんの「Iターン」です。原作が気になる方は是非チェックしてみてください♪

※U-NEXTは見放題作品が31日間無料、課金作品が31日間無料期間に貰える600円分のポイントで視聴できます。

※無料期間中の解約で違約金は一切ありません。

※本ページの情報は2019年6月時点のものです。最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。


※music.jpはこのページから特別限定のサービスとして30日間の無料期間と電子書籍に使える961ポイント・動画に使える1500ポイントが今すぐにもらえます。このポイントを使って無料で読むことができます。

※無料期間中の解約で違約金は一切ありません。

※本ページの情報は2019年6月時点のものです。最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。

 

公式Twitter

キャスト・相関図

狛江光雄役:ムロツヨシ

不幸の無限ループに陥る冴えない中年サラリーマン。広告代理店に勤める営業マン・狛江が、左遷で地方の小さな支社に異動を命じられ、単身赴任することに。赴任先は…ヤクザが行き交う“修羅の街”!!一度の仕事のミスが、人生を大きく変える受難の日々の始まりだった―。

本人コメント

Qドラマ24の主演が決まったときの感想
僕の初めての連続ドラマのレギュラーは、ドラマ24が始まって2作目の「2ndハウス」でした。
そこから「Xenos」があって「勇者ヨシヒコ」シリーズがあって、その途中に「アオイホノオ」にも出演させていただいて。いろいろ経験させてもらった場所で、主演として呼んでもらえたことが、歴史がある感じがして嬉しいです。ドラマ24と信頼関係を築いて、やっと今ここで真ん中に立たせてもらうということがありがたいです。

Q「Iターン」の脚本を読んだときの感想
まず、原作を先に読んでから、内田監督が書いてくれた脚本を読ませていただきました。映像で説明しづらいところも内田監督らしい演出になっていて、おもしろいなと思いました。
ドラマでは、岩切と竜崎というタイプの違うヤクザのバチバチ感や、僕が演じる狛江と岩切と竜崎の妙な三角関係がより濃くなっているなと。僕はこの2人にやられ放題なんですけど、「やられてみようかな」とすんなりと思いこめる脚本だったなと思います。

Q狛江という役を演じるにあたって
30代前半の頃は“やられる”役が多かったですが、最近は “やられる”よりも、コメディで人に笑ってもらえる役が多かったので、自分の中に潜んでいるMの心が久々に出てきました。僕自身、SとM両方持っていると思うのですが、今回はMを全面にだしたほうがいいなと思って演じています。
あと、監督からは、「サラリーマンは決して楽ではないけど、かわいそうではない」というのを出したいと言われました。役ではありますが、いちサラリーマンとして、そして家族を持った一人の男として、それを背負って演じたいなというのは一番大事にしています。

Q撮影現場の雰囲気はいかがですか?
内田監督が信頼しているスタッフさんが多く集まっていて、その関係性・雰囲気がとても良いので、安心して入り込んでいます。主演として自分が背負わなきゃと思っていたのですが、監督とスタッフさんに預けて、お芝居に集中していられます。あと、ドラマ24は毎回、スケジュールがきつい(笑)でも、だからこそ一致団結してスタッフさんとの関係も密になっていると思うのでそこは大事にしたいです。

Q視聴者の皆様へみどころ・メッセージをお願いいたします
ドラマ24ならではであり、今までのドラマ24を超えるくらいのすごいバランスのキャストが集まっています。僕が憧れていた俳優さん、嫉妬するくらい、いいお芝居をするなぁと思っていた俳優さんたちと、なかなかこういう関係性と役で「会話」ができることはないので、その「会話」を楽しみにしていただきたいです。また、これからどんどんドラマや映画で見ていくであろう俳優さんたちも多く出ていますので、是非そこは注目してほしいと思いますし、脚本・監督に内田英治という監督がやってきてくれましたから、新しい深夜ドラマとして楽しみにしていただけたらなと思います。

岩切猛役役:古田新太

狛江(ムロツヨシ)を振り回す「岩切組」の組長。岩切は、人情に厚く仲間を絶対に裏切らない一方で、裏切り者には容赦がない昔気質のヤクザ。狛江の左遷先・阿修羅市を牛耳るヤクザの親分。狛江は、仕事で起こしたミスがきっかけで、無理やり岩切の舎弟に…!?サラリーマンとヤクザの二重生活を始めることになる。

本人コメント

Qドラマ24の主演が決まったときの感想 
スケジュールが空いていてよかったなと思いました。

Q岩切という役について
岩切は、人情に厚い昔ながらのヤクザで、結構武闘派です。
今の時代ではちょっとコンプラ的にダメな人かなと思います(笑)。

Q共演のムロツヨシについて
ムロ(ツヨシ)は、いくらいじめられる役をやってもお客さんに笑われるというすごくいい才能を持っています。今回も、殴ってほしそうにしているからオイラは普通に殴っています(笑)。それがかわいそうにみえると残念ですけど、ムロの場合はおもしろい。

Q視聴者の皆様へメッセージをお願いいたします
ムロくん演じる狛江が、オイラが演じる岩切と竜崎にどんどん追いつめられていきます。そんないじめられっ子のムロくんを楽しんでいただければ。いじめられる人によっていじめている側の見え方が変わってきますが、ムロくんはその才能が素晴らしいので、ぜひともいじめられているムロくんをみて、ゲラゲラ笑ってください。

 

竜崎剣司役:田中圭

狛江(ムロツヨシ)を利用し、岩切(古田新太)率いる岩切組をつぶそうと企む「竜崎組」の組長・竜崎剣司。竜崎は“冷徹で計算高い頭脳派ヤクザ”。昔気質の岩切とは全く違う新しいやり方でのし上がり、バチバチと火花を散らす。そんな2つの組が対立する街にやって来た崖っぷちサラリーマン・狛江は、赴任早々まさかのトラブルによって、竜崎には目を付けられ、岩切には“舎弟”にされてしまい…。竜崎は、トラブル続きの狛江をアメとムチを使い分け、言葉巧みに利用。昔気質の人情派な岩切と冷徹な竜崎に睨まれた狛江-。岩切組舎弟とサラリーマンの二重生活に加え、次々と仕掛けられる竜崎の罠―。狛江はどうピンチを切り抜けていくのか!?

本人コメント

僕が演じる竜崎は、わかりやすい言葉で言うとインテリヤクザ。こういう役は久々だったのと、ムロツヨシさんや古田新太さん、他にも知っている人がいたので、楽しそうだなと思いました。
ムロさんとは、実は現場でお会いしたことがなかったので、お会いできてすごく嬉しかったです。
“ムロ節”を生で体感できておもしろかったのですが、ムロさん得意のアドリブをもう少し堪能したかったなと思います。作品自体はコメディ要素がすごく強い作品なんですけど、僕とムロさんのシーンは毎回僕が脅しているので(笑)。
新太さんは、こういう役を相当数やられているので、そんな新太さんに同じヤクザ役としてなんとか対峙できるように、気持ちの面では負けないよう意気込みを持って現場に臨みました。
脚本を読んだだけでも、完成を楽しくイメージできる作品だったので、きっとそれ以上に僕のイメージじゃ足りないところがおもしろく追加されて、笑ってもらえるんじゃないかなと思います。
主人公が、周りの人たちに強く言えずにどんどん巻き込まれていってしまう様子を、イライラするのか、おもしろおかしくみてくれるのか、それは皆さん次第ですが(笑)。そんな主人公をムロさんがきっとすごく愛せるようなキャラクターにしているので、みなさんで愛していただければなと思います。

 

柳直樹役:渡辺大知

服装や髪形もだらしないうえにやる気がなく、定時退社が当たり前の宣告社阿修羅支店の営業・柳直樹。

本人コメント

まず脚本を読んでワクワクしました。どういう撮影になるのかはわからないけど、いい意味で余白があり、絶対役者のみなさんはバシバシ仕掛けてくるんだろうなと。個性的なキャラクターばかりなので、まるで怪獣戦争みたいなドラマになるんじゃないかと思いました。
ぼくは無気力に仕事をこなしていながらも胸に熱いものを持った柳という男をやらせて頂きました。ムロツヨシさん演じる狛江支店長との出会いを経て少しずつ変化していくところが見せられたらなぁと思ってやりました。
ムロさんたちに助けてもらいながらも撮影は楽しくできました。カメラワークもカッコいいし、笑えてグッとくるドラマになっていると思います。
出来上がりがどんな感じになってるのか早く観たい!オンエアーを楽しみにしてます!

 

吉村美月役:鈴木愛理

仕事も恋も興味がないマイペースな宣告社阿修羅支店の事務・吉村美月

本人コメント

演技のお仕事をさせてもらうこと自体がとても久しぶりだったので、お話をいただいた時はとても驚きましたが、昨年ソロデビューしたばかりで、いろんなことにチャレンジしたいなという時にすごく嬉しいお話をいただけたので、みっちり勉強できたらいいなと思って臨みました。
美月ちゃんは、最初は女子力のかけらもなく、男性にも興味ないし、毎日なんとなく生きている女の子なんですけど、新しく狛江支店長が来ることによって感化され、恋をすることによって感化され、少しずつ変わっていきます。その変化を演技やセリフだけじゃなく、メイクでも工夫しているので、そういうところもみてもらえたらいいなと思います。
サラリーマンの方々が普段感じるような葛藤や不満がうまく描かれている作品だなと思いますし、面白いだけじゃなくて何か心に響くものがあるといいなと思うので、ぜひ観てもらいたいなと思います。


ムロツヨシさんといえば、TBSで放送された「大恋愛~僕を忘れる君と」でめちゃくちゃいい役されていましたよね!久々に泣けるドラマでした。いつも面白いことばかりしているので、バラエティー俳優的な見方をしていたのですが、大恋愛でのムロさんはめちゃくちゃカッコよかったです。今回は大恋愛とは違いヤクザに翻弄されるという冴えない中年サラリーマン役ということで、いつもの面白いムロさんがまた観れそうです♪

他のキャストにつきましてはまだ発表されていませんでしたので、分かり次第追記させて頂きます。

あらすじネタバレ

中堅広告代理店・宣告社に勤める狛江光雄(ムロツヨシ)は45歳にして、左遷同然の人事で本社から地方の支社へ―。妻と娘を東京に残し、ヤクザが牛耳る“修羅の街”へ単身赴任することに。社員2名の貧弱支店の支店長になった狛江は「業績アップしなければ即閉鎖・即解雇!」と無理難題を押し付けられる。
家のローンに、娘の進学…リストラされるわけにはいかない!馴れ合いになった業者の見直しや新規の営業…本社仕込みの営業手腕で売り上げアップを図る。
そんな中、新規でチラシの制作を請け負った会社から突然、電話が!
これが悪夢の始まりだった…。
怒り心頭の社長・竜崎が手にするのは狛江が担当したチラシ。そこにはとんでもないミスが!
しかも、その会社は「竜崎組」というヤクザの会社だということが発覚。狛江は絶体絶命のピンチに陥る。
さらに、追い打ちをかけるように「岩切組」の親分・岩切も怒鳴り込んでくる。岩切が激怒しているワケとは一体…!?
突然2人の組長に挟まれ危機的状況の狛江。家族のために働く冴えないサラリーマンの人生が一転、借金を抱え、身売りのピンチ。さらに、岩切は無理やり狛江を「舎弟」として岩切組の一員に!?
“修羅の街”で広告マンとヤクザの危険な二重生活がスタート!
不幸の無限ループに陥った男のI(=自分)ターンとは!?


というのがあらすじとなっています。対立する二大ヤクザに睨まれ毎話、究極の選択を迫られる中年サラリーマンの姿を描いたドラマ「Iターン」は毎週金曜日深夜0時12分お見逃しなく!

 

Iターン見逃し無料視聴動画

まだ確定ではありませんがテレビ東京ですのでおそらくU-NEXTかTSUTAYA TVで見逃し配信されると思います。また確定しましたら追記させて頂きます。

 

関連記事

Iターン最終回ネタバレ!原作の結末は起死回生のI(自分)のターン!?

2019.04.22

Iターン無料視聴動画見逃し配信【1話~最終話】無料書籍もチェック!

2019.04.21





おすすめの動画配信サイトはこちら

時代とともにDVD、Blu-rayプレーヤーから動画配信サービスに変わってきた現在、レンタル屋さんに行かなくてもインターネットさえあればドラマや映画が見れるようになりました。しかしいくつもの動画配信サービスが登場しているため、どれを選んでいいか分からないといい方も少なくないと思います。こちらでは代表的な動画配信サイトの無料期間や料金、サービス内容をまとめていますので是非参考にしてみてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です