映画・ドラマ・アニメ・電子書籍が無料で安全に公式で見れるお得な情報を随時更新中

リーガルハート最終回結末ネタバレ!原作の感想や見逃し動画配信も!

今回特集するのは7月ドラマ「リーガル・ハート」の最終回ネタバレについて♪

いったいどんな最終回結末を迎えるのでしょうか?また、今回は原作があるとのことですが原作を読まれた方の感想なども見ていくとしましょう。ということで今回は7月ドラマ「リーガル・ハート」の最終回結末ネタバレや原作の感想と見逃し動画配信についても見ていきたいと思います。

リーガル・ハート最終回結末ネタバレ

創業家と争う決意を固める菜津子

民事再生を高裁から棄却され、最高裁への申し立ても不許可になり、破産を余儀なくされる老人介護施設。不安になる菜津子に、諦めずに会社を救う方法を探すと言う村越。

社長室に戻ってきた菜津子だったが、宏光が女性を連れ込んでいた。そんな宏光に、ホームは渡さない、でしたが、出て行きなさいと追い出す。

早坂と会った村越は、介護施設だけは守りたいことや、スポンサーを探して事業譲渡する方向性を話す。そこに菜津子から電話があり、創業家からホームを守るために、他の役員たちとも一致団結した旨を伝えられる。

だがスポンサー探しは難航する。創業家の妨害により、取引先の銀行にも手が回される。

2億円の損害賠償を請求される村越

スポンサーが現れないまま、村越に訴状が届く。創業家から2億円の損害賠償を要求するものだった。村越だけでなく、武藤たち7名が被告人となる異例の訴訟だった。八方塞がりの村越が、公園で沈んでいると、祥子がやってくる。

麻由が亡くなった時の話や、村越を見て自分や正も救われているのだと話す祥子。元気づけながら、麻由が書いた作文を手渡し、帰って行く祥子。「人を助けたいという思いが奇跡を起こす」という村越の口癖が書かれている作文を読み、力を貰う村越だった。

事務所に戻った村越は、2億円の損害賠償請求はチャンスかもしれないと言う村越。法廷の場で、民事再生運用が正しかったことを訴えるチャンスだと考えたのだ。

ホームのスポンサーが見つかる

入札期間ギリギリに、スポンサー候補が名乗りをあげた。菜津子に知らせに行き、菜津子が創業家に対して、新株発行するという記録を探すように依頼する村越。

それを聞いた菜津子は、役員たちに探すように早速指示していく。その頃創業家では、スポンサーが名乗りをあげたという知らせに、イラついていた。そのイライラを下辺にぶつける洋子だった。

裁判が始まり、民事再生の申し立てが濫用的だったのかと、会社の不利益になる行為だったかが争点となる。連帯保証債務を免れるためだけに行った民事再生申し立てだと主張する宇治川。

その方法を助言した村越の罪も重いと断言する。それに対し、連帯保証債務を免れるためではなく、ホームを守るためだと反論する村越だった。

過去の相手側代理人に、宇治川の名前を見つける。裁判で村越に負けたことで、大企業の顧問をクビになったのだと言う。しかし村越は全く覚えていなかった。

民事再生の棄却が間違いだと訴える村越

新株発行について、何も聞かされていなかったと主張する宏光。取締役会で説明したと反論する菜津子。宏光は150株引き取る予定だったが、お金を使いこみ支払えないと言い出し、菜津子の持ち株数が増えてしまったと説明する。

それに対し、証拠はあるのかと尋ねる宇治川。菜津子の無実の証拠を探すため、つむぎの丘を探す茜。

最終口頭弁論が始まり、相変わらず同じ主張を繰り返す宇治川。宇治川が話し終えたところで、新たな証人を申請する米倉。証人台に立ったのは下辺だった。下辺は、取締役会で菜津子はきちんと新株発行の説明をしたことを証言する。

菜津子の働きにより、つむぎの丘が存続してこられたことや、会社に不利益を与えていたのは創業家の方であることも話す。15年間仕える中で、一度も名前で呼ばれたことがないと訴え、何かあった時のために録音データを常に残すようになったと説明する。そこには、菜津子が新株発行の説明をする声が残されていた。

判決の結果は?

2か月後、判決が下るその日が来る。裁判長が読み上げた判決文は、「原告らの請求をいずれも棄却する」というものだった。奇跡は起きたのだ。

麻由に、裁判に勝ったことを報告する村越。介護施設は無事に守られ、菜津子は役員の一人として活躍していた。司法試験を再び目指すため奮起する池田。

そして村越は、会社を再建するために、今日も戦うのだった。

 

原作リーガル・ハートの結末感想

男性の感想
楽天で読了。村松先生が持つ熱量に心が動かされる。中小企業を相手に仕事をしている私にとってこの本は、たまに手にとってその熱量に触れたなる本です。使い古された言葉かもしれないがやっぱり『企業は人なり』。この言葉は紛れも無い真実だと思う。真面目にひたむきに努力し続けている人を応援していける企業人に私もなりたい。
女性の感想
筆者の自伝みたいな本でした。激務ぶりを読み取れます
男性の感想
有価証券を扱ってる身は、村松弁護士とはまったく異質の立場でもあり、自分に正直に自由にいられる氏を羨ましくも思えました。本筋とは外れちゃうけど、村松弁護士はどうやって生計をたてているんだろう…破産関係は儲けにならないともいうし、常に過剰なストレスとともにあることからすれば、金銭的には割に合わない仕事なんやろなあ。でも、いのちと心の自由を得られる仕事だとすれば、お金よりもずっと価値のある報酬を得ているんだから、それもいいかなあ。士業目指す人だけでなく、金融機関に務める人、公務員の人にもぜひ読んで欲しい。
男性の感想
再建弁護士がいったいどれだけ重い責任を持って仕事をしているのか良く分かった。会社社長の自殺、娘さんの死と様々な悲しい出来事の中で今の自分の責務というのが良く伝わってきた。会社は潰してはいけない理由がこの本を読んで知ることができた。すばらしい本でした。
男性の感想
このような弁護士がいらっしゃるんだと、大変心打たれる内容でした。なぜ企業再建に熱意を燃やすのかその意味がよくわかりました。技術的なことの記載もありました。どのような仕事をしていても、ヒトの目指すところは同じなのではないかと自分の生き方も考えさせられました。

 

 

リーガル・ハート最終回までの無料動画見逃し配信

Paravi

Paraviで見る

※Paraviは無料登録することで2週間無料で視聴することができます。
※無料期間中の解約で違約金は一切ありません。
※本ページの情報は2020年2月時点のものです。最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。

Paravi解約方法

 

ドラマ基本情報


ドラマタイトル:リーガル・ハート ~いのちの再建弁護士~
放送予定:2019年7月22日スタート
放送曜日:毎週月曜日
放送時間:夜22:00~
放送局:テレビ東京系(TX、TVO、TVA、TSC、TVh、TVQ)
    BSテレ東 毎週金曜よる9時放送
原作:村松謙一「いのちの再建弁護士 会社と家族を生き返らせる」
監督:西浦正記
脚本:西荻弓絵
音楽:吉川慶
チーフプロデューサー:浅野太
プロデューサー:中川順平、小松幸敏、浅野澄美、三田真奈美
制作協力:FCC
製作著作:テレビ東京 

今回のドラマの原作は村松謙一弁護士のいのちの再建弁護士 会社と家族を生き返らせる』(角川文庫/KADOKAWA刊)です。 作者は、今も闘う現役の弁護士・村松謙一さんで村松さんの奮闘は、NHK「ザ・プロフェッショナル」でも採り上げられて、大きな反響を呼びました。原作を読まれていない方は是非チェックしてみてください♪

楽天で読む

 

 


music.jpで読む

※music.jpはこのページから特別限定のサービスとして30日間の無料期間と電子書籍に使える961ポイント・動画に使える1500ポイントが今すぐにもらえます。
※無料期間中の解約で違約金は一切ありません。
※本ページの情報は2020年2月時点のものです。最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。

music.jp解約方法

 

公式Twitter

プロデューサーのコメント

「目の前で困っている人を救いたい」シンプルにして強いモチベーション。たくさんの人が一度は胸に抱いていても、実際に行うのはとても難しい事です。そのためには、知識や技術、経験はもちろん、何よりも強い意志、情熱が必要です。7月クールのドラマBizは、そんな想いを貫き続ける、一人の実在する弁護士をモデルにしたドラマをお送りします。会社が倒産する事は、そこに関わる多くの人々の暮らしを、人生を直撃する「いのち」の問題である。そう捉える主人公は、人を救うため、ひたすら奔走します。弁護士ドラマ百花繚乱の中、こうした再建分野は、ほとんど採り上げられて来ませんでした。しかし、ここには紛れもなく人の命を巡るドラマがあるのです。主演は反町隆史。依頼人に笑顔で接し、包み込むように寄り添いながら、熱い魂で困難に立ち向かう姿は、これまでとはまた違う、新たな魅力が全開です。令和を迎え、新たなヒーローの登場です。ご期待下さい。

 

キャスト・相関図

村越誠一役:反町隆史

中小企業を、年間8000件以上に及ぶ倒産から救うことに、心血を注ぐ弁護士。

 

永井茜役:小池栄子

所事情がよろしくない村越法律事務所の経理として毒舌女子ながら、猫グッズ好きという可愛らしい一面を持つ永井茜(ナガイアカネ)。

 

池田伸司役:堀井新太

弁護士を目指すも司法試験に失敗、それでも熱き情熱と実直さで事務所を盛り上げるムードメーカーの池田伸司(イケダノブシ)。

 

米倉正臣役:橋爪功

そして、大手弁護士事務所の所長を務め、村越の師匠に当たる弁護士・米倉正臣(ヨネクラマサオミ)。

 

山谷護役:石黒賢

かつて140億円の売り上げを誇った魚市場の社長を務めるも、大手スーパーの参入後経営が悪化。金利の返済だけで首が回らなくなり村越に最後の望みを託す悲痛な魚市場の社長・山谷護役。

 

山谷千佳役:高橋ひとみ

そして、食堂の女将を務めながら、一人で全てを抱え込もうとする山谷護を影で支える妻・山谷千佳。

 

佐々木原役:髙嶋政宏

メインバンクの審査部として村越と対立。魚市場再建の為に奮闘する村越に楔を打ち込む佐々木原。

 

村越祥子役:和久井映見

村越誠一を、優しく、力強く支えつつ、時に法律事務所のスタッフが思いもつかないアドバイスもする妻・祥子。

 

あらすじ

倒産の淵にある会社の再建現場には、経営者はもちろん、従業員やその家族等、多くの人が関わり、それぞれの人生のドラマがある。追い詰められた挙句、自ら命を断ったり、家族が離散するようなことも珍しくない。再建弁護士は、そんな危機にある人々に、暮らしを守る知恵と勇気と希望を授け、自ら再生へと踏み出す「力」を導き出そうとする。そこに立ちはだかるのは、傾いた会社を早く潰してしまおうとする債権者たちの「力」。再建弁護士は、人々を倒産から救うため、時に驚くような法的手段も使いながら、債権者と粘り強く対峙する。そこに0.01%でも希望がある限り…

 

リーガル・ハート1話~最終回までの無料動画見逃し配信

Paravi

Paraviで見る

※Paraviは無料登録することで2週間無料で視聴することができます。
※無料期間中の解約で違約金は一切ありません。
※本ページの情報は2020年2月時点のものです。最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。

Paravi解約方法