映画・ドラマ・アニメ・電子書籍が無料で安全に公式で見れるお得な情報を随時更新中

ノーサイドゲーム最終回ネタバレ!原作の結末は?見逃し動画配信も!

今回特集するのは7月ドラマ「ノーサイド・ゲーム」の最終回ネタバレについて♪

今作には原作があるとのことですが、原作はいったいどのような結末を迎えるのでしょうか?見ていくとしましょう。ということで今回は7月ドラマ「ノーサイド・ゲーム」の最終回ネタバレや原作の結末と見逃し動画配信について見ていきたいと思います。

目次

目次

ノーサイドゲーム最終回ネタバレ

サイクロンズ戦に向けて、練習を重ねるアストロズ。浜畑はブレイブス戦で痛めた膝のリハビリのため、別メニューの練習をしていた。そこに練習の様子をメモしている怪しい男性を見かけ、声をかける。

その男は、今年からブルズのGMを務める赤木一輝(櫻井翔)だった。他のGMたちに相談すると、アストロズのチーム改革を見習うべきだと言われ見学に来たのだと言われる。未来のためにできることをしたいと言う赤木と、一緒に改革を進めようと固い握手を交わすのだった。

木戸の元を訪れた君嶋は、木戸に意見する富永に遭遇する。ワールドカップの成功が全てだと言い、国内のリーグについては改革は必要ないと言い放つ富永。富永が帰った後、改革案について木戸に意見する君嶋。何人ものGMが、君嶋の改革案に賛同していることを伝えると、心が動く木戸だった。

滝川の元を訪れた君嶋は、脇坂について何か分かったのかと聞かれ、調べたことを報告する。脇坂と風間は、高校時代の同級生だったのだ。

トキワ自動車の取締役会が開かれ、脇坂はアストロズの予算を半分に削減する提案をする。予算を削減すれば、プラチナリーグに出場できなくなるという意見もある中、蹴球協会の運営方針が変わらない以上、回収できない予算をそのままにすることはできないと言う脇坂。

しれに対し君嶋は、昨年からチケットの売り上げも上がったとともに、優勝争いを繰り広げるまでに成長したことを報告する。それでも協会が変わらないことを挙げ、予算削減案にたいする決議を求める脇坂。

そこに木戸からメールが入る。取締役会と並行し、蹴球協会でも理事会が開催されていて、富永が解任されたのだった。木戸は君嶋の意見に心を動かされ、日本のラグビーを守るために改革案に乗り出したのだ。君嶋のその報告により、アストロズの予算削減案は非承認となる。

面白くない脇坂は、アストロズの件は終わったのだから出て行くようにと促すが、島本がそれを制止する。最終議案は君嶋から提案されたものだと説明する島本の言葉に、驚く脇坂だった。

カザマ商事買収事案についての、コンプライアンス上の問題が生じたと説明する君嶋。カザマ商事の隠蔽工作に、ある人物が関わっていたと説明を続ける。

座礁事故の際に、自社のバンカーオイルに問題があることに気づいた風間は、ある人物に相談したと言う。その人物はオイルの隠蔽についての助言を行うとともに、その件を隠したまま買収案を滝川に持ちかけるよう指示したのだった。

そして買収直前にその件を指摘することによって、滝川を失脚させたと説明し、「そうですよね、脇坂常務。」と言う君嶋。根拠がないと反論する脇坂に、証人を呼んであると言い、その人物を招き入れる。

そこに現れたのは、風間だった。何でも話すと言い、脇坂を指差しながら「この男の指示で全てやったんだ。」と言う風間。脇坂は自分の出世のために、風間を利用して滝川を失脚させたのだった。君嶋は脇坂に対し、正々堂々と戦うことができない卑怯者だと言い、「あなたこそこのトキワ自動車から、さっさと出ていけ!」と一喝するのだった。

プラチナリーグの優勝戦であるサイクロンズ戦が始まり、選手たちにラグビーや人生の素晴らしさを教えてくれたことを感謝する君嶋。そして出会えてよかったと言い、優勝を誓う選手たち。観客席も満員の中、試合が始まる。

開始早々に佐々のタックルや七尾のトライで得点をあげる。好調な滑り出しを見せる一方で、七尾がラックに入れないメンタル面を心配する柴門。サイクロンズは里村がポジションを離れ、攻撃のラインとして加わることで、攻撃人数を優勢に戦う作戦を使ってくる。

次々とパスを繋ぐサイクロンズ。タックルを決めてボールを奪いながらも、倒されるアストロズ。そんな中七尾は、意を決してラックに飛び込んでいき、ボールを奪い返すことができた。精神面での恐怖感を克服し、浜畑と顔を見合わせる七尾だった。

だがその後は、七尾の動きをことごとく読まれ、封じ込まれて反撃できずにいた。しかもアストロズが作り出したノールックプレイまで、里村が使ってくるのだった。屈辱感を味わいながら前半戦を終えるアストロズに、観客席全員がアストロズの応援歌を歌う。

後半は浜畑が出場することになる。グランドに向かう浜畑のケガを気遣う君嶋に、「俺の選手生命は今日で終わりです」と告げる浜畑。あなたに会えてよかったと言う浜畑を、抱きしめる君嶋だった。

後半戦が始まり、浜畑と七尾のダブルスタンドオフにより、攻撃の幅を広げるアストロズ。七尾のドロップゴールも決まり、2トライ差まで詰め寄る。その後相手の裏をかき、岬のトライが決まる。だがサイクロンズも負けてはいなかった。

一進一退の攻防が続き、残り2分1トライで逆転するところまで追いつめるアストロズ。里村をアストロズ全員で止め、みんなでパスを繋ぎ、ボールを持った浜畑が走る。タックルを受けながらも、ボールを死守し、七尾にパスを繋ぐ浜畑。そして七尾が逆転のトライを決め、見事アストロズが優勝するのだった。

君嶋は本社に復帰し、経営戦略室長としてアストロズを支えることとなる。君嶋に代わってGMとなったのは、今季で引退した浜畑だった。

 

原作の結末感想ネタバレ

バンビ
ここからは原作結末の感想だよ!ネタバレが見たくない!やっぱりドラマの最終回まで待つ!という方は飛ばしてね♪
女性の感想
ラグビーの事を全く知らなかった君嶋が悪習をどんどん改革して行き、アストロズを良い方向へ導き(実技面は柴門が)素晴らしいチームになった。ラグビーの事を知らない私も試合のシーンはどうなるかとハラハラしつつ読んだ。池井戸さんのお話は勧善懲悪でスッキリする。ドラマは明日からだから楽しみだ。けど、君嶋さんを大泉洋さんが演じるのはちょっとイメージが違うなぁ。
女性の感想
ドラマ開始前に読了。原作とドラマは多少違う箇所があった。(原作では横浜工場。)ドラマ版は原作に登場していないキャラがいっぱい出演するのかな?(原作には君嶋の奥さんでないし、柴門の奥さんもでないから。)原作がどんな風にドラマ版では描かれるのか今から楽しみ。
男性の感想
社会人ラグビーを舞台にした勧善懲悪経済小説。来週始まるドラマの前に慌てて読了。池井戸さんのエンタメ作品なので、必ず主役が勝つことは分かっていたけど、途中ヒヤヒヤしながら、どうやって強敵を退けるのかワクワクしながら読み進めた。私はラグビーのことはチンプンカンプンだが、試合描写も含めて大いに楽しめた。蹴球協会の専務理事がクーデターを起こすに至った経緯をもう少し詳しく描いてもよかったと思うが、本当に面白かった。ドラマの主演が大泉洋なのが引っかかるがこれから毎週日曜日が楽しみだ。
男性の感想
先の見えないボランティア活動や、新任監督 柴門の厳しい練習で、フラストレーションが溜まっていくアストロズ。不安が高まる中で迎えたシーズン初戦は、ボランティアに参加していた子供たちやその親で埋め尽くされていた―このシーンを読んで、思わず涙が頬を伝っていた― ラグビーのルールすら知らない私でもスラスラ読むことができた。池井戸潤さんの作品を読むのは初めてだったが、展開のテンポの良さと登場人物の存在感を引き出す技術は脱帽だった。スポーツの発展には、(地域に密着した)ファンに支えられる部分が多くあることを痛感した。
男性の感想
企業物スポーツの運営の難しさや感動を教えてくれた。チーム再建へのくだりは面白かったけど、社内政治の駆け引きはあっさり終わったのでいらなかった気がする。ラグビー描写もイメージできなかったので実際にラグビーの試合を観戦してからまた読み返したい。最後の一企業人から理事になるのはBリーグの島田さんん意識しているのかな?次はBリーグを題材にお願いします 笑
男性の感想
気に読んでしまった。大企業の本社の中枢にいた主人公が、横浜工場へ左遷され、会社のラグビーチームのゼネラルマネージャーになる。旧弊を打ち破り、いつしかラグビーを愛し、チーム員を守るために命懸けで戦う。彼は言う。「我々は社会人としての責任を常に背負ってここにいる。我々に必要なのは、変化する環境に対応し、そして常に逆境を乗り越える精神力なんだ。どんな状況だろうと負けない気持ちの強さだ。そういう精神力を持ったチームだけが生き残り、強くなれる。そういうものだと思う」。感動した。

 

 

ノーサイド・ゲーム最終回までの見逃し動画配信

ノーサイド・ゲームの見逃し動画配信は下記のようにParaviにて見放題作品として独占配信しています。

無料体験を利用することで視聴できますので是非チェックしてみてください♪(レンタル作品は別途課金)

Paravi

Paraviで見る

※Paraviは無料登録することで2週間無料で視聴することができます。
※無料期間中の解約で違約金は一切ありません。
※本ページの情報は2020年2月時点のものです。最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。

Paravi解約方法

 

プロデューサーのコメント

池井戸潤さんの新しい原作で、新しいドラマができることになって、大変ワクワクしております。そして東京進出した時の舞台を見て以来「TEAM NACS というすごい集団といつか仕事をしたい」と思っていました。北海道ローカルのイベントにも何度か伺ったことがあります。いろんなことを経て、このたび約5年越し念願がかなって大泉洋さんとご一緒できることができて、さらにワクワクしております。池井戸さんと大泉洋さんの新しい出会いから奏でられるエネルギーが、どんなドラマになるのか、今から楽しみです。私どもスタッフも全力で挑みます。

 

 

キャスト・相関図

君嶋隼人役:大泉洋

大手自動車メーカー「トキワ自動車」の中堅サラリーマン・君嶋隼人。

 

君嶋 真希役:松たか子

君嶋の妻で、10歳と8歳の男児の母。 明朗快活で楽天家。君嶋の最大の理解者である一方で、夫が落ち込んでも深刻にならず、尻を叩き、大したことはないと飄々としている。理不尽なことや間違ったことに対して相手が誰であろうが物申すところは君嶋と同じである。

 

岸和田 徹役:高橋光臣

アストロズの主将でポジションはCTB(センター)。府中工場総務部に勤務。 常にチームのことを真剣に考え、周りをよく見ている。選手としての自らの活躍よりもチームとしての勝利を優先させる男。君嶋、柴門の右腕となってチームを支えていく。

 

七尾圭太役:眞栄田郷敦

トキワ自動車本社海外事業部所属。 ニュージーランドでの大学時代に挫折を経験し、心機一転、日本で新しい人生を歩もうと帰国。ビジネスが したいとトキワ自動車に入社した。君嶋と出会い人生が一変。君嶋の再起の切り札となっていく。

 

佐倉多英役:笹本玲奈

トキワ自動車府中工場の総務部員で、アストロズのアナリスト。 体育会系のキビキビした雰囲気をまとった仕事のできる女性。アナリストとしての能力もずば抜けており、ラグビーに関するありとあらゆる情報を集め分析、選手たちにレクチャーを行うチームのブレーン。アストロズに欠かせない武器である。

 

星野信輝役:入江甚儀

トキワ自動車研究所の研究員であり、アストロズのファンの1人。彼の発言をきっかけに、カザマ商事買収を巡る一件が大きく動き出すことになる。

 

鍵原誠役:松尾 諭

ラグビー界の重鎮・津田三郎率いる「サイクロンズ」のゼネラルマネージャー。津田と同じく城南大学ラグビー部出身。業界きっての情報通であり、選手としては大きな活躍こそなかったが、ゼネラルマネージャーとしては一流の男である。

 

脇坂賢治役:石川 禅

トキワ自動車・経営戦略室に所属する君嶋の元上司。経営戦略室長としてトキワ自動車の舵取りに一定の影響力を持ち、常務取締役営業本部長の滝川とは同期で、対立する滝川と君嶋をとりなそうとするが…。

 

吉原欣二役:村田雄浩

前トキワ自動車府中工場総務部長、前アストロズゼネラルマネージャー。

 

新堂智也役:藤原光博(リットン調査団)

トキワ自動車府中工場の工場長。

 

富野賢作役:佐伯大地

社会人ラグビーチーム・サイクロンズの10番、スタンドオフの選手。日本代表のエースナンバー(10番)をも背負い、正に日本を代表する選手。アストロズの最強のライバルとなり、立ちはだかっていく。

藤島レナ役:阿部純子

トキワ自動車本社、海外事業部所属。中途入社で入ってきた新入社員・七尾圭太の教育担当。トキワ自動車内でも数少ないアストロズの熱狂的ファンで、中でも浜畑譲のファン。彼女の言動が七尾を、そしてやがてはアストロズを動かすことになる。

中本理彩役:山崎紘菜

トキワ自動車の社員。あまりラグビーに興味がない。

吉田夏帆役:南端まいな

トキワ自動車の社員。

本波寛人役:天野義久

アストロズのNO.8。府中⼯場⼈事労政部所属。 アストロズの中⼼選⼿の1人で、チームでは若⼿たちをまとめるリーダー格。

浜畑 譲役:廣瀬俊朗

アストロズ不動のエースのSO(スタンドオフ)であり、元⽇本代表。府中⼯場営業部所属。 円熟味のある華麗なプレースタイルでチームを引っ張る絶対不動の司令塔。⾥村と⼈気を⼆分するチームの⼤⿊柱。

安西信彦役:齊藤祐也

ポジションは FL(フランカー)。府中⼯場営業部所属。アストロズにとって FW の精神的⽀柱となっている存在。元⽇本代表であり、年齢的にも現在のアストロズを引っ張る中⼼選⼿。

佐々 一役:林家たま平

アストロズの新⼈ SH(スクラムハーフ)。府中⼯場営業部所属。気は弱いが優しい性格。

友部祐規役:コージ(ブリリアン)

ポジションはFL(フランカー)で、ジャッカルが得意な選手。プレーは荒く、野心家で、生意気である。降格圏を低迷する現状のアストロズに満足しておらず、試合で目立って、より上の他のチームに行きたいと考えている。

里村亮太役:佳久 創

ポジションは SH(スクラムハーフ)。⽇本代表のキャップ経験もあり、浜畑と共にアストロズを牽引するスター選⼿。⼈⼀ 倍負けず嫌い。

有馬真吾役:村田 琳

アストロズのメディカル兼任のアシスタント。府中工場総務部勤務。 セーフティーアシスタントの認定を持ち、ラグビーに関する深い知識を武器にチームを支える16番目の選手。

笠原 豪役:笠原ゴーフォワード

 

君嶋博人役:市川右近

君嶋と真希の長男。

君嶋尚人役:盛永晶月

君嶋と真希の次男。

柴門シオリ役: 川田裕美

 

青野 宏役:濱津隆之

 

「多むら」の女将 役:凰稀かなめ

ストロズ行きつけの居酒屋「多むら」の女将。

島本 博役:西郷輝彦

120年の歴史があるトキワ自動車創業家社長。 根っからのラグビー好き。社会人ラグビーの最上位リーグであるプラチナリーグ創設に賛同して、アストロズの創設、参加を決めた。毎年14億円もの赤字を計上し、社内のお荷物とも評されるチームの唯一の理解者でもある。

柴門琢磨役:大谷亮平

アストロズ監督。名門城南大学ラグビー部出身。 口数は少ないがいつも静かに闘志を燃やし、とにかく勝ちにこだわる。冴え渡る観察眼と誰よりもチームのことを考える考察の深さ、そして圧倒的な情熱を持つ。君嶋とは過去にある因縁が。アストロズを勝たせるために、多くの改革を断行していく。

津田三郎役:渡辺裕之

ラグビーの名門・城南大学の大物OB にして、社会人ラグビーチームの強豪・サイクロンズを率いる名将。誰もが知る日本ラグビー界の重鎮。柴門を城南大学ラグビー部の監督から更迭した張本人。何より伝統を重んじ、数々の改革を断行し、伝統を踏みにじった柴門を心の底から嫌っている。

風間有也役:中村芝翫

カザマ商事三代目社長。 君嶋が飛ばされる原因となった企業買収話に絡む人物。ある思惑を持っており、風間の存在はやがてトキワ自動車全体を揺るがす事態へと発展していく。

滝川桂一郎役:上川隆也

トキワ自動車の常務取締役営業本部長。 次期社長候補と目され出世街道をひた走る男。押し出しが強く、弁も立ち、社内では一目を置かれる存在。 自らが提起した企業買収話に異を唱えた君嶋を天敵とみなし、敵対していく。

《 アストロズ部員 》

中本元気役:山 翔

 

玉木俊太役:榎本鉄平

 

高輪祐太役:眞弓葉詩

 

飯野雄貴役:飯野雄貴

 

西荻 崇役: 田沼広之

 

岬 洋役: 鶴ケ﨑好昭

 

林田公一役:株木孝行

 

立川 悟役:水本竜弥

 

端本太郎役:端本太郎

 

大和航平役: 北川勇次

 

仲村慎祐役:仲村慎祐

 

伊吹誠介役:伊吹誠介

 

森本竜馬役:森本竜馬

 

石川悠太役:石川悠太

 

秋元太一役:板垣悠太

 

小野勘太役: 邉津勘太

 

小西大樹役: 小西大樹

 

戸村銀太郎役: 髙橋銀太郎

 

岩爪 航役:岩爪 航

 

井上卓哉役:井上卓哉

 

新井龍一役:新井龍一

 

阿久根 潤役:阿久根 潤

 

工藤元気役:工藤元気

 

風間 有也役:(八代目)中村芝翫

カザマ商事三代目社長。 君嶋が飛ばされる原因となった企業買収話に絡む人物。ある思惑を持っており、風間の存在はやがてトキワ自動車全体を揺るがす事態へと発展していく。

 

滝川 桂一郎役:上川隆也

君嶋の天敵でトキワ自動車常務取締役営業本部長。カザマ商事買収を巡って対立した君嶋を本社から府中工場に飛ばした。

 

Paravi

Paraviで見る

※Paraviは無料登録することで2週間無料で視聴することができます。
※無料期間中の解約で違約金は一切ありません。
※本ページの情報は2020年2月時点のものです。最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。

Paravi解約方法