映画・ドラマ・アニメ・電子書籍が無料で安全に公式で見れるお得な情報を随時更新中

マイティ・ソー3バトルロイヤル結末ネタバレ!感想と無料動画見逃し配信!

今回の特集は『マイティ・ソー / バトルロイヤル』です。

この作品はマイティ・ソーシリーズ3作品目で、ウルトロンの戦いの後、インフィニティストーンを探しに旅に出たソーと行方をくらましたハルクのその後が描かれている作品です。シリアスなストーリー展開の中に、コミカルなシーンが織り込まれていて、過去のマイティ・ソーシリーズに比べるとコメディ要素が強くなっている作品です。
物語のラストは『アベンジャーズ / インフィニティ・ウォー』につながる内容になっています。

まだ見たことが無い方、見たけど内容を忘れた方必見の内容となっていますので是非チェックしてみてください♪

マイティ・ソー / バトルロイヤルの基本情報

タイトル:マイティ・ソー / バトルロイヤル
監督:タイカ・ワイティティ
脚本:エリック・ピアソン
原作:スタン・リー、ジャック・カービー他
製作:ケヴィン・ファイギ
製作総指揮:ルイス・デスポジート、ヴィクトリア・アロンソ他
音楽:マーク・マザ-ズボー
主題歌:レッド・ツェッペリン「移民の歌」
撮影:ハビエル・アギーレサロベ
編集:ジョエル・ネグロン、ゼン・ベイカー
製作会社:マーベル・スタジオ
配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ
公開:2017年11月3日
上映時間:130分

 

キャストを紹介

マイティ・ソー:クリス・ヘムズワース(日本語吹き替えキャスト:三宅健太)

神々の国アスガルドの王オーディンの息子。ムジョルニアというハンマーを使って雷を操って戦う雷神。実の姉であるヘラにムジョルニアを破壊され、アスガルドをも奪われてしまうが、ハルクやヴァルキリーたちとともに「リベンジャーズ」を結成する。アスガルドへ戻ってヘラと激戦を繰り広げるが、ラグナロクによってアスガルドは滅亡。アスガルドの新たな王として民たちとともに地球へ向かう。

 

ロキ:トム・ヒドルストン(日本語吹き替えキャスト:平川大輔)

ソーの義弟。『アベンジャーズ』ではチタウリ軍とともに地球へ侵略したメインヴィランであったが、今作ではややコミカルな要素の強いキャラになっている。ドクター・ストレンジの魔術に翻弄されたり、ハルクに出会ったときにはかつて叩きのめされたトラウマを露わにする。

 

ブルース・バナー / ハルク:マーク・ラファロ(日本語吹き替えキャスト:宮内敦士)

大量のガンマ線を浴びたことで、緑色の大男に変身する体質となった天才科学者。ウルトロンとの戦いのあと、サカールへたどり着いてバトルロイヤルのチャンピオンになっていた。ハルクに変身した状態での会話や感情表現を表すことができるようになった。ソーとの再開をきっかけに地球へ戻ることを決意し、アスガルドを巡る戦いに参戦することになる。

 

ヘラ:ケイト・ブランシェット(日本語吹き替えキャスト:天海祐希)

ソーの実の姉であり、死の女神。かつて父のオーディンとともにアスガルドを強大な国にし世界を完全に支配しようとしましたが、あまりにも強い野望と力を持ったことからオーディンによって封印されていた。しかし、オーディンの死によって復活し、アスガルドを乗っ取ろうとする。

 

オーディン:アンソニー・ホプキンス(日本語吹き替えキャスト:浦山迅)

神々の国アスガルドの王で、全知全能の神。ロキによって記憶を封印された状態でニューヨークの老人ホームに入れられており、徐々に記憶が戻るものの自らの死期が近いことを悟ってそのまま地球に滞在することを決意する。再開したソーとロキに、ヘラの存在とアスガルドに危険が迫っていることを告げて消滅する。

 

ヴァルキリー / ブリュンヒルデ:テッサ・トンプソン(日本語吹き替えキャスト:沢城みゆき)

かつてヴァルキリーの1人であったが、ヘラとの戦いで仲間たちを全滅させられた女戦士。サカールに逃げのびて、賞金稼ぎとしての生活を送っていた。サカールにやってきたソーからヘラの復活のことを聞かされても最初は戦おうとしなかったが、ソーの熱意に心を動かされて再び戦うことを決意する。

[voice icon=”https://masapanland.wp-x.jp/wp-content/uploads/2019/04/シカちゃん.jpg” name=”バンビちゃん” type=”l “]今回でソーの外見はだいぶ変わったけど、作品を重ねるごとにどんどん愛着のあるキャラクターになっていくね!これからアスガルドの王として、どんなふうに国を作っていくのかも楽しみだね![/voice] [voice icon=”https://masapanland.wp-x.jp/wp-content/uploads/2019/04/キツネ.jpg” name=”フォックス” type=”r “]そうだね!ハルクも登場して、ハルクのキャラクターも以前より柔らかい印象になっていたね!ソーとハルクが共闘するシーンにはとてもわくわくしたよ![/voice]

あらすじから結末ネタバレ

ウルトロンとの戦いの後、インフィニティストーンを探していた宇宙を旅していたソーでしたが、手がかりは見つかっていませんでした。ソーはムスペルヘイムで王のスルトに捕らえられますが、なんとかスルトを倒してアスガルドへ帰還します。
アスガルドでは、義弟であるロキがオーディンになりすまして王座についており、ヘイムダルが行方不明になっていました。ソーがロキを問い詰めると、オーディンはニューヨークの老人ホームにいることがわかり、2人はそこへ向かいます。しかし、その老人ホームはすでに取り壊されており、オーディンの行方はわかりませんでした。途方に暮れる2人でしたが、ソーはドクター・ストレンジと出会い、ストレンジがオーディンを保護していることを知ります。そして、ストレンジの魔術によってソーとロキはオーディンのいるノルウェーに転移し、そこでオーディンと再会を果たします。

ソーはオーディンにアスガルドへ帰還するよう話をしますが、オーディンは自らの命がもう長くないことを悟ってそれを拒否します。そしてオーディンは、ヘラという姉の存在とアスガルドに滅亡を意味する「ラグナロク」が迫っていることを2人に告げ、アスガルドを2人に託すと言い残して消滅しました。
その直後、ヘラが現れ、ソーの投げたムジョルニアをいともたやすく破壊します。ロキはソーとともに虹の橋でアスガルドへ帰還しようとしますが、追ってきたヘラに橋から落とされてしまいます。

アスガルドへ到着したヘラは圧倒的な強さでアスガルドを制圧し、「永久なる炎」の力でかつての兵士たちやフェンリス・ウルフを蘇らせて9つの全世界を支配しようと動き出します。

ヘラに橋から落とされたことで辺境の惑星サカールに飛ばされたソーは、スクラッパー142という女賞金稼ぎに捕らえられ、サカールの支配者グランドマスターに売り払われてしまいます。そして、闘技場バトルロイヤルの挑戦者としてチャンピオンに挑むことになります。
ソーは戦いが始まる直前に、自分を捕らえた女賞金稼ぎがアスガルドの女戦士ヴァルキリーであったことに気づいて、助けを求めますが無視されてしまいます。

そうこうしているうちにバトルロイヤルが開催されてチャンピオンが姿を現します。ソーの前に現れたのはウルトロンとの戦いのあとに行方をくらましていたハルクでした。ソーはハルクとの戦いに苦戦しますが、雷神の力を覚醒させることにより優勢となります。あと一歩で勝利というところでグランドマスターの邪魔が入って、バトルロイヤルはハルクの勝利という形で幕を閉じます。

バトルロイヤルの後、ソーはハルクに一緒にサカールを脱出しようと話を持ちかけますが、拒否されます。また、かつてヘラに仲間たちを全滅させられたというヴァルキリーにも協力を断られ、1人でクインジェットに乗りサカールを脱出しようとしますが、それを追いかけてきたハルクに妨害されます。しかし、クインジェットでナターシャ・ロマノフ(ブラック・ウィドウ)の映像を見たハルクは、2年ぶりにブルース・バナーに戻り、落ち着きを取り戻します。

困惑するブルースを連れて逃げようとするところに今度はヴァルキリーが現れます。ヴァルキリーはソーに、ヘラへの復讐を果たしたいと協力を申し出ます。ヴァルキリーによって捕縛されていたロキも協力すると言いますが、サカールからの脱出を試みる途中に裏切ろうとします。しかし、ソーたちはロキを出し抜いて無事にサカールを脱出しアスガルドへ向かいました。

アスガルドではヘイムダルが生き残った民たちを連れて逃げようとしていましたが、ヘラの軍勢に追われていました。そこへソーたちが帰還、民を逃がすためにヘラの軍勢と戦いになります。宇宙船に乗ったロキも加勢に現れます。
ソーはヘラとの直接対決の中で雷神本来の力を発揮し、雷を自在に操れるようになりました。しかし、それでもヘラを倒すことはできず、ソーはラグナロクを引き起こしてアスガルドもろともヘラを消滅させます。ソーを新たな王として一行は地球へ向かいます。

 

感想と評価

ソーが新たな王として雷神の力を取り戻し、ハルクや新たな仲間ヴァルキリーとともに圧倒的な力を持つ敵と戦うことになります。仲間たちとともに到底敵わないような敵に挑むというのは何回見ても熱くなる展開で。CG演出も派手で見応え十分でした。また、コミカルなシーンも多かったというのも過去のMCU作品とはひと味違う面白さがあったように思います。

 

マイティ・ソー / バトルロイヤルの無料視聴動画配信

マイティ・ソー / バトルロイヤルU-NEXTにて432円。TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASで500円で配信されています。(8月14日時点)

U-NEXTは見放題作品が31日間無料、課金作品が31日間無料期間に貰える600円分のポイントで視聴できます。

TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASは見放題作品が30日間無料、課金作品が30日間無料期間に貰える1080円分のポイントで視聴できます。

上記お試し期間に貰えるポイントを使えば実質無料で視聴することができますのでこれを機会に是非チェックしてみてください♪

[btn class=”rich_blue”]U-NEXTで見る[/btn] [aside type=”normal”]

※U-NEXTは見放題作品が31日間無料、課金作品が31日間無料期間に貰える600円分のポイントで視聴できます。

※無料期間中の解約で違約金は一切ありません。

※本ページの情報は2019年7月時点のものです。最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。

[/aside]

[btn class=”rich_blue”]U-NEXT解約方法[/btn]


[btn class=”rich_yellow”]TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASで見る[/btn] [aside type=”normal”]

※TSUTAYA TVは見放題作品が30日間無料、課金作品が30日間無料期間に貰える1080円分のポイントで視聴できます

※TSUTAYA TV/DISCASは30日間無料期間中に宅配レンタルが利用できるため、無料でレンタルすることができます

※無料期間中の解約で違約金は一切ありません。

※本ページの情報は2019年7月時点のものです。最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。

※無料お試し期間終了後、通常月額料金で自動更新となります。継続しない場合は解約を忘れないようにご注意ください。

[/aside]

[btn class=”rich_yellow”]TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS解約方法[/btn]

 

 

見た人の感想は?

[voice icon=”https://masapanland.wp-x.jp/wp-content/uploads/2019/04/女感想.jpg” name=”女性の感想” type=”l “]コミカルなシーンが多く、これまでのマイティ・ソーシリーズとは一風変わった内容でした。ロキとの会話はユーモア満載でとても面白かったです。ソーとハルクというアベンジャーズの中でもトップクラスの戦闘能力を持つヒーロー同士の戦いには、味方同士の戦いでありながらもわくわくしました。[/voice] [voice icon=”https://masapanland.wp-x.jp/wp-content/uploads/2019/04/男感想.jpg” name=”男性の感想” type=”l “]全MCU作品の中で最もコメディ要素の強い作品に仕上がっていて、ヒーローたち登場人物のギャグや絶妙な掛け合いなど笑わせてもらいました。それでいてソーとハルクの戦闘シーンは迫力があって文句なしの内容です。[/voice] [voice icon=”https://masapanland.wp-x.jp/wp-content/uploads/2019/04/女感想.jpg” name=”女性の感想” type=”l “]ソーとロキの兄弟喧嘩には和ませてもらいました。ソーの外見がだいぶ変わりましたが、短髪でもクリスヘムズワースはかっこいいですね。雷神の力を最大限発揮して戦う姿はCG演出も派手で見入ってしまいます。[/voice] [voice icon=”https://masapanland.wp-x.jp/wp-content/uploads/2019/04/男感想.jpg” name=”男性の感想” type=”l “]MCU作品の中ではコメディ要素がかなり強かったですが、アクションシーンも相変わらず派手で迫力があって面白かったです。ロキのキャラがいい味付けになっていると感じました。今後もコメディ色の強い作品を楽しみにしています。[/voice]

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?
私が選ぶ一押しの「マイティ・ソー / バトルロイヤル」を紹介させていただきました。
マーベル作品はヒーローたちが世界を救うために悪と戦うシーンにわくわくするのはもちろん、各ヒーローが見せるコミカルな掛け合いやジョークをとばすシーンも楽しみのひとつです。今回の作品はアクション要素満載でありながらもコメディ要素も強くなっている作品です。また、ウルトロンとの戦いのあと、アベンジャーズの内乱に参戦しなかったソーとハルクが何をしていたのかが明らかになり、『アベンジャーズ / インフィニティ・ウォー』に繋がる重要な作品です。
見たことがない方はもちろん見たことがある方も、過去のマイティ・ソーシリーズとの比較やアベンジャーズシリーズとのつながりなどを楽しみながら見てほしい作品です。