映画・ドラマ・アニメ・電子書籍が無料で安全に公式で見れるお得な情報を随時更新中

スターウォーズ6ジェダイの帰還の結末ネタバレ!感想と動画無料視聴方法も!

今回特集するのは映画『スターウォーズ エピソード6 ジェダイの帰還』の結末ネタバレについて。

『スターウォーズ エピソード6 ジェダイの帰還』は1983年に公開された、スターウォーズシリーズの第3作品目となります。

第2作品目から1年後のストーリーとなっています。

ベイダーに破れたルークはこの1年でジェダイとして大きく成長を遂げ、ベイダーとの最終決戦に臨みます。

そしてついに帝国軍の長であるダースシディアスが本作で登場します。

シスとジェダイの長き戦いに終止符が打たれます。

まだ見たことが無い方、見たけど内容忘れた方必見の内容となっていますので是非チェックしてみてください。

 

スターウォーズ エピソード6 ジェダイの帰還の基本情報

タイトル:Star Wars Episode VI Return of the Jedi
監督:リチャード・マーカンド
脚本:ローレンス・カスダン、ジョージ・ルーカス
製作:ハワード・カザンシャン、リック・マッカラム
製作総指揮:ジョージ・ルーカス
音楽:ジョン・ウィリアムズ
撮影:アラン・ヒューム
編集:ショーン・バートン、マーシャ・ルーカス、デュウェイン・ダンハム
製作会社:ルーカスフィルム
配給:オリジナル版&特別篇 20世紀フォックス
デジタル配信版 ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ
公開:1983年5月25日(米)
上映時間:133分

 

キャストを紹介

ルーク・スカイウォーカー:マーク・ハミル(日本語吹き替えキャスト:水島裕)

惑星タトゥーインで暮らしていた青年です。

叔父のオーウェンラーズと叔母のベルホワイトスンの死をキッカケにジェダイとなること決意します。

オビ=ワンを師としてジェダイの訓練を受けていましたが、エピソード5 ではヨーダを師として修行をすることになりました。

しかしベイダーに敗れ、腕を切り落とされてしまいました。

その後、1年間厳しい修行をこなし立派なジェダイとなり、ダースベイダーを倒すまでに成長します。

 

レイア・オーガナ:キャリー・フィッシャー(日本語吹き替えキャスト:島本須美)

惑星オルデランの女王で、帝国に対する反乱軍の指導者の1人です。

前作でフォースの力によりルークの居場所を特定したことでジェダイとしての素質が垣間見えましたが、それもそのはずで、ルークの妹であり、ベイダーの娘でもあります。

本作ではそこまで強いフォースの力を発揮することはなく、ソロとともにデススターのバリアの破壊を試みます。

ベイダーを父に持つことから潜在的なパワー強いと思われます。

 

ハン・ソロ:ハリソン・フォード(日本語吹き替えキャスト:村井国夫)

相棒のチューバッカと共に密輸業を営む無法者です。

ミレニアムファルコン号を愛機として所有しています。

前作でカーボン凍結されてしまい、ボバフェットによりジャバザハットのコレクションの1つとされてしまいました。

しかしルーク達の協力により救出され、本作では惑星エンドアでのデススターのバリア破壊計画の隊長に任命されます。

 

チューバッカ:ピーター・メイヒュー(日本語吹き替えキャスト:なし)

ウーキー族の伝説の戦士です。

言葉は喋れませんが、ソロの相棒であり、宇宙船ミレニアムファルコンの副操縦士です。

心が広く、友人にはゆるぎない忠誠を持っています。

本作ではソロと共にエンドアでの計画に参加し、AT-STを操縦し、メカに対する強さも描写されています。

 

R2-D2:ケニー・ベイカー(日本語吹き替えキャスト:なし)

アストロメクドロイドです。

常にC3POとともに移動しています。

基本的に三本足に装備されたキャタピラで移動します。

段差の低い階段の上り下りも可能です。

様々な音程からなる電子音による機械語しかしゃべることはできません。

デススターのシールド発生装置へ潜入する際に得意の汎用通信ソケットで大活躍します。

 

C-3PO:アンソニー・ダニエルズ(日本語吹き替えキャスト:野沢那智)

R2の相棒のプロトコルドロイドです。

600万を越す宇宙言語や暗号、各種族の儀礼に精通しており、高いスペックを誇ります。

R2とはことあるごとに口喧嘩をしています。

本作では惑星エンドアで原住民イウォーク族が3POの見た目の金メッキ効果により彼を神と崇め始めます。それをキッカケに反乱軍はイウォーク族と仲良くなり、帝国軍を倒すことに成功します。

 

オビ=ワン・ケノービ:アレック・ギネス(日本語吹き替えキャスト:滝田裕介)

伝説のジェダイマスター。

誠実で立派な人柄に加え、フォースの能力に恵まれています。

エピソード4 でダースベイダーに敗れ、前作から霊体として登場し、本作ではルークの馴れ初めについて語ります。

 

ヨーダ:フランク・オズ(日本語吹き替えキャスト:高木均)

生ける伝説と称されるジェダイマスター。

推定900年生き続けており、ジェダイが繁栄していたときは多くのジェダイ騎士をあるべき方向へと導いてきました。

本作では寿命によりオビ=ワンのように霊体となります。

 

ランド・カルリジアン:ビリー・ディー・ウィリアムズ(日本語吹き替えキャスト:内海賢二)

ミレニアムファルコン号の船長ソロのかつての悪友にして先代の船長です。

惑星ベスピンの中心都市クラウドシティの執政官として採掘資源ティバナガスの採鉱業に携わっていました。

本作ではソロ救出のため、ジャバザハットの根城に潜入し、さらにデススター総攻撃の時はファルコン号を操縦するといった行動により反乱軍に大きく貢献します。

 

ダース・ベイダー:デヴィッド・プラウズ(日本語吹き替えキャスト:鈴木瑞穂)

シスの暗黒卿です。

帝国の皇帝の手足となり、帝国の支配と恐怖の体現者としての役回りを担っていますが、ルークスカイウォーカーとレイアオーガナの父親でもあります。

ルークとの戦闘に破れ、ジェダイとしての気持ちを取り戻し、自らの命を引き換えにティラナスを倒します。

 

皇帝/ダース・シディアス:イアン・マクダーミド(日本語吹き替えキャスト:田中明夫)

帝国の皇帝であり、シスの暗黒卿ダースベイダーの師です。

本作ではついに正体を現し、ルークを暗黒面へと引き込もうとします。

しかし頑なに拒むルークに激怒し、彼を殺そうとしますが、ベイダーにより阻まれ、デススターの反応炉へと落とされます。

[voice icon=”https://masapanland.wp-x.jp/wp-content/uploads/2019/04/シカちゃん.jpg” name=”バンビちゃん” type=”l “]ティラナスの稲妻がカッコいい[/voice] [voice icon=”https://masapanland.wp-x.jp/wp-content/uploads/2019/04/キツネ.jpg” name=”フォックス” type=”r “]ベイダーの息子に対する優しさに涙[/voice]

あらすじから結末ネタバレ

エピソード5でルークスカイウォーカーは、惑星ベスピンにてシスの暗黒卿ダースベイダーに敗北し己の未熟さを痛感しました。

あれから1年ほどの月日が流れ、ルークは過酷な修業を積み、ジェダイの騎士として大きく成長しました。

ルークとレイアオーガナ、そしてランドカルリジアンは惑星タトゥイーンに根城を構える犯罪王ジャバザハットの宮殿に潜入します。

理由は前作でボバフェットにより連れて行かれたカーボン凍結されたハンソロを救出するためです。

ルークとレイアはソロを凍結状態から解放することに成功しますが、捕まってしまいます。

しかし隙を見て反撃に転じたルークの活躍で、その場にいたジャバらギャング一味は壊滅、ソロを無事に救出することに成功します。

その後、ジェダイの騎士としての修行を完成させるため、惑星ダゴバに戻ったルークは、死の床にあったジェダイマスターヨーダに改めて指導を申し出ます。

ヨーダはもはや自分が教えることは何も無いとルークの成長を認めます。

そしてベイダーから自分が父であることを告げられたルークはヨーダからそれが事実であり、真のジェダイとなるには最後の試練として、父ベイダーとの対決が不可避であることを指南されます。

その後ヨーダは静かに息を引き取り、その肉体はオビ=ワンケノービの時と同じく消滅します。

父との対決に悩むルークですが、そこへ霊体としてオビ=ワンが現れ、ベイダーの正体が自身の父アナキンスカイウォーカーであること、更にはアナキンすら知らない事実として、彼にはもう一人子供がおり、それがレイアでルークの双子の妹であることを知らされます。

そしてルークが戦わなくてはレイアがベイダーに狙われることを警告します。

一方、帝国軍は森の惑星エンドアの軌道上に第2デススターの建造を進めており、最終段階視察のためにベイダー、更に銀河皇帝ダースシディアス自らが来訪していました。

その情報を入手した反乱軍は、全戦力をつぎ込んだ最後の反攻作戦を立案します。

デススター攻撃隊長に志願したランドに愛機ファルコン号を貸したソロは、ルーク、レイアたちを加えた潜入部隊を率い、デススターを護るシールド発生施設の破壊のためエンドアへと向かいます。

エンドアの森の中で、ソロたちは原住民イウォーク族と遭遇し、彼らの協力を得ることに成功します。

ルークはレイアに自分が実の兄であること、そしてベイダーが自分たちの父であることを告げ、ベイダーを暗黒面から救い出すため単身帝国軍に投降します。

ベイダーと対面したルークは父にかつてのジェダイとしての魂を取り戻すように呼びかけますが、ベイダーは応じずルークをデススターに来訪していたダースシディアスの下に連行します。

やがて反乱軍の作戦が開始されますが、反乱軍が入手した情報はシディアスの罠であり、ソロたち潜入部隊は待ち構えていた帝国軍に捕えられ、ランドら攻撃部隊はシールドとスターデストロイヤー艦隊やTIEファイターの挟み撃ちに遭ってしまいます。

待ち伏せに合い過酷な戦況となったソロたちですが、イウォーク族の応援を得てデススターのシールド破壊に成功します。

シールド破壊により攻撃隊を指揮するランドは帝国軍艦隊を前に決死の総力戦を挑み、旗艦スーパースターデストロイヤーを轟沈させ、デススター中心部に突入していきます。

光明が見えた反乱軍が健闘している中、デススターではシディアスの眼前でベイダーとライトセーバーを交えながらルークは必死にフォースの暗黒面に抵抗していました。

父と戦いたくないルークは防戦に徹しましたが、ベイダーはフォースでルークの心を読み、レイアが自分の娘であることを知り、彼女を暗黒面に落とすと言い放ちます。

その瞬間ルークは激昂し、怒りに任せてベイダーの右腕を叩き斬りました。

その怒りに笑みを浮かべるシディアスを前にルークは、自分はジェダイであり、暗黒面に屈しないことを宣言します。

笑みが消え、怒りに燃えるシディアスはルークにフォースの稲妻を浴びせてなぶり殺そうとします。

それを見ていたベイダーはルークの助けを求める声に心を動かされ、ジェダイとして、アナキンスカイウォーカーとして、そして父としてルークを助けます。

ベイダーはシディアスの稲妻で生命維持装置を傷つけられながらもデススターの反応炉の奥深くにシディアスを突き落とします。

もはや虫の息のアナキンは死を覚悟のうえでルークにマスクを外させ、初めてその目で我が子の顔を見ると、ルークに自分を救ってくれたことを感謝し、成長を喜びながら静かに息を引き取ります。

ルークは脱出シャトルに父の亡骸を乗せてデススターから脱出します。

時を同じくしてランドのファルコン号がデススターの中心部を破壊し、デススターは大爆発を起こして宇宙の塵と化します。

エンドアに着いたルークは父の亡骸を火葬し、仲間たちのもとへと戻ります。

仲間とともに反乱軍の勝利の祝宴を挙げ、エピソード6は終了します。

 

感想と評価

本作ではついに帝国軍の皇帝ダースシディアスが登場し、さらにルークとベイダーの対決に終止符が打たれました。

シディアスの黒のローブをまとった姿はまさに皇帝に相応しかったです。

前作でベイダーが父とわかり、本作でどのような結末になるのかと色々考えていましたが、父と子の素敵な愛に感動しました。

特に霊体となってオビ=ワンとヨーダ、そして父親のアナキンが微笑みながら見ているシーンはラストに相応しいシーンでした。

 

見た人の感想は?

[voice icon=”https://masapanland.wp-x.jp/wp-content/uploads/2019/04/女感想.jpg” name=”女性の感想” type=”l “]ヨーダが死んじゃうのが悲しかったです。ジェダイマスターと言えでも歳には勝てないのですね。[/voice] [voice icon=”https://masapanland.wp-x.jp/wp-content/uploads/2019/04/男感想.jpg” name=”男性の感想” type=”l “]ベイダーとルークの家族愛に感動しました。[/voice] [voice icon=”https://masapanland.wp-x.jp/wp-content/uploads/2019/04/女感想.jpg” name=”女性の感想” type=”l “]ジャバザハットのインパクトが半端なかったです。名前がピッタリと思いました。[/voice] [voice icon=”https://masapanland.wp-x.jp/wp-content/uploads/2019/04/男感想.jpg” name=”男性の感想” type=”l “]ラストにオビ=ワンとヨーダとアナキンの霊体が出てくるシーンは感動しました。[/voice]

 

スターウォーズ エピソード6ジェダイの帰還動画見逃し配信

スターウォーズ エピソード6ジェダイの帰還はU-NEXTにて324円TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASで動画が400円、宅配レンタルが旧作配信されています。(9月7日時点)

U-NEXTは見放題作品が31日間無料、課金作品が31日間無料期間に貰える600円分のポイントで視聴できます。

TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASは見放題作品が30日間無料、課金作品が30日間無料期間に貰える1080円分のポイントで視聴できます。

[btn class=”rich_blue”]U-NEXTで見る[/btn] [aside type=”normal”]

※U-NEXTは見放題作品が31日間無料、課金作品が31日間無料期間に貰える600円分のポイントで視聴できます。

※無料期間中の解約で違約金は一切ありません。

※本ページの情報は2019年9月時点のものです。最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。

[/aside]

[btn class=”rich_blue”]U-NEXT解約方法[/btn]


[btn class=”rich_yellow”]TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASで見る[/btn] [aside type=”normal”]

※TSUTAYA TVは見放題作品が30日間無料、課金作品が30日間無料期間に貰える1080円分のポイントで視聴できます

※TSUTAYA TV/DISCASは30日間無料期間中に宅配レンタルが利用できるため、無料でレンタルすることができます

※無料期間中の解約で違約金は一切ありません。

※本ページの情報は2019年9月時点のものです。最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。

※無料お試し期間終了後、通常月額料金で自動更新となります。継続しない場合は解約を忘れないようにご注意ください。

[/aside]

[btn class=”rich_yellow”]TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS解約方法[/btn]

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

私が選ぶ一押しの「スターウォーズ エピソード6 ジェダイの帰還」を紹介させていただきました。

本作はルークとベイダー、ジェダイとシスの戦いに終止符が打たれました。

シディアスが倒され、ベイダーも最後にはジェダイの心を取り戻しました。

父と子の絆が暗黒面に打ち勝った瞬間は感動的でした。

シスが滅びまさに題名のジェダイの帰還に相応しい終わり方だと思いました。