映画・ドラマ・アニメ・電子書籍が無料で安全に公式で見れるお得な情報を随時更新中

ジュラシックワールド結末ネタバレ!感想や口コミと動画無料視聴方法も!

今回の特集は『ジュラシック・ワールド』です!

ジュラシック・ワールドはジュラシックパークシリーズの新たな続編で、前作『ジュラシック・パークⅢ』からは実に14年ぶりの続編となる作品です。ジュラシック・パーク事件から22年後、ヌブラル島は新テーマパーク「ジュラシック・ワールド」が建設され、世界中から毎日多くの観光客が訪れる観光スポットとなっていました。このテーマパークで再び恐竜たちが脱走するという大事件が起こってしまいます。

公開してすぐに世界でも日本国内でもメガヒットとなった、スピルバーグ製作総指揮の映画です。

まだ見たことが無い方、見たけど内容を忘れた方必見の内容となっていますので是非チェックしてみてください♪

 

ジュラシック・ワールドの基本情報

タイトル:ジュラシック・ワールド
監督:コリン・トレヴォロウ
脚本:リック・ジャッファ、アマンダ・シルヴァー他
原作:マイケル・クライトン
製作:フランク・マーシャル、パトリック・クロウリー
製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ、トーマス・タル
音楽:マイケル・ジアッチーノ
主題歌:Welcome To Jurassic World
撮影:ジョン・シュワルツマン
編集:ケヴィン・スティット
製作会社:アンブリン・エンターテインメント、レジェンダリー・ピクチャーズ
配給:ユニバーサル・ピクチャーズ
公開:2015年8月5日
上映時間:125分

 

キャストを紹介

オーウェン・グレイディ:クリス・プラット(日本語吹き替えキャスト:玉木宏)

ジュラシック・ワールドの恐竜飼育員。ヴェロキラプトルを研究し、4頭のラプトルたちを飼育しながら、自身の命令を聞くように調教している。恐竜たちを兵器や商品として捕らえるホスキンスやクレアとは対立する場面が多い。インドミナスが脱走してからはクレアと協力しながらザックとグレイを捜索し、最後もラプトルたちとともにインドミナスに立ち向かうなど勇敢な人物。

 

クレア・ディアリング:ブライス・ダラス・ハワード(日本語吹き替えキャスト:木村佳乃)

ジュラシック・ワールドの管理責任者。恐竜はビジネスのための道具であると割り切った考えの持ち主であったが、ザックとグレイの捜索中にインドミナスに殺された恐竜たちを目の当たりにしたことで改心する。その後、オーウェンと協力してザックとグレイを恐竜たちの襲撃から守ろうと奮闘する。最後にはインドミナスを止めるためにティラノサウルスを開放してインドミナスのところまで誘導した。

 

サイモン・マスラニ:イルファーン・カーン(日本語吹き替えキャスト:大塚芳忠)

マスラニ社の社長でジュラシック・ワールドのオーナー。インジェン社を買収し、ジュラシック・ワールドを設立させた。はじめは、脱走したインドミナスを処分することに反対していたが、ヘンリー・ウー博士が独断で新種改良していたことに激昂し自らインドミナス掃討作戦に赴く。しかし、翼竜たちに襲われたことでヘリは墜落、死亡する。

 

ヴィック・ホスキンス:ヴィンセント・ドノフリオ(日本語吹き替えキャスト:石塚運昇)

インジェン社のセキュリティ部門の幹部で、恐竜を生体兵器として軍事利用しようとする。脱走したインドミナスにラプトルたちを差し向けて兵器としての価値を証明しようとするが失敗する。その後、研究所で証拠隠滅を図っていたが、ラプトルに詰め寄られる。オーウェンがやっていたようになだめようとするが殺害される。

 

ヘンリー・ウー:B・D・ウオン(日本語吹き替えキャスト:近藤浩徳)

第1作『ジュラシック・パーク』にも登場した遺伝子学者。ジュラシック・ワールドの新しい目玉恐竜となるインドミナス・レックスを作り出すが、その際に様々な生物のDNAを独断で組み込んだため今回の一連の騒動が起きることになる。インドミナスや翼竜たちが脱走しパークが混乱している中、ヘリで島を脱出した。

 

ロウリー・クルーザース:ジェイク・ジョンソン(日本語吹き替えキャスト:小川剛生)

ジュラシック・ワールドのオペレーター。旧ジュラシック・パークのTシャツを着用し、恐竜のフィギュアをデスクに飾るほど恐竜のことが大好きな人物。インドミナスが脱走し、パークのスタッフにも避難指示が出されたあとも1人コントロールルームに残った。そのおかげでクレアがティラノサウルスをインドミナスへ誘導できるようになった。

[voice icon=”https://masapanland.wp-x.jp/wp-content/uploads/2019/04/シカちゃん.jpg” name=”バンビちゃん” type=”l “]14年ぶりの続編で新たなシリーズの1作目だね、待ちに待った作品だよ!登場する恐竜たちもよりリアルで迫力があって最高だったね![/voice] [voice icon=”https://masapanland.wp-x.jp/wp-content/uploads/2019/04/キツネ.jpg” name=”フォックス” type=”r “]そうだね!人間同士や恐竜同士はもちろん、恐竜と人間との間にも絆が生まれているっていう関係性が良かったね!ラプトルがただ怖いじゃなくかわいく見えたよ![/voice]

あらすじから結末ネタバレ

ヌブラル島で起こったジュラシック・パーク事件から22年後、インジェン社はマスラニ・グローバル社に買収されていました。マスラニ社はジョン・ハモンドが実現させようとした恐竜のテーマパークを「ジュラシック・ワールド」として再建させ、世界中から1日2万人以上の観光客が訪れる観光施設になっていました。

ある日、カレンとスコットの息子ザックとグレイはカレンの姉で、ジュラシック・ワールドの運営責任者であるクレア・ディアリングのもとを訪ねることになります。しかし、クレアは多忙で2人を案内することができず、アシスタントのザラに任せます。そして、クレアはマスラニ社の社長であるサイモン・マスラニと遺伝子操作によって生み出された新たな恐竜インドミナス・レックスの飼育環境について話し合います。サイモンはヴェロキラプトルの調教師であるオーウェン・グレイディに安全性を確認してもらうよう言います。

オーウェンは4頭のラプトルを飼育しながら自身の命令に従うように調教していました。そこへ、インジェン社の警備部門の幹部ヴィック・ホスキンスがやってきて、調教したラプトルを軍事利用する話を持ちかけます。しかし、オーウェンはそれを拒否します。

クレアからインドミナス・レックスの視察の要請を受けたオーウェンはインドミナスの飼育エリアへ行きますが、そこにいるはずのインドミナスの姿がなく、生体反応もありませんでした。さらに、オーウェンは防壁に爪痕がついているのを発見し、スタッフたちと飼育エリアの中に入って調べることにします。しかしそれはインドミナスの罠でした。わざと脱走したように爪痕を残して自らの生体反応を隠し、人間がエリアに入ってくるのを待っていたのです。そしてインドミナスはエリアに入ってきたオーウェンたちを襲撃します。インドミナスが脱走していないと気づいたスタッフは防壁を閉めますが、インドミナスは閉まりかけた扉を破壊して脱走してしまいます。

クレアはすぐにインドミナスの捕獲部隊を出動させますが、インドミナスは自らに埋め込まれたGPSを囮に自身は自然の中に溶け込んで待ち伏せて返り討ちにします。サイモンはインドミナスをつくりだしたヘンリー・ウー博士に、インドミナスになぜそんな能力が備わっているか問い詰めます。すると、ヘンリー・ウー博士は様々な動物のDNAを組み込んだため、カモフラージュ能力や赤外線カメラにうつらなくなる能力なども身についていると言います。

クレアはパークの北半分を閉鎖し、来場客をメインエリアに誘導するよう指示を出します。そんな中、ザックとグレイは案内役であったザラの目を盗んで2人でパークを楽しんでおり、ジャイロスフィアとよばれる球体状の乗り物に乗って恐竜たちを間近で見ることができるアトラクションに参加していました。2人は避難指示やクレアからの電話を無視して散策を続け、立ち入り禁止エリアに入ってしまいます。そこで、インドミナスと遭遇し、襲われてしまいます。2人は破壊されたジャイロスフィアから脱出して何とかインドミナスから逃げ、滝壺に飛び込んでひとまず難を逃れます。そして、かつてのジュラシック・パークのビジターセンターにたどり着いた2人は報知されていたジープを修理してパークのメインエリアに戻ろうと試みます。

サイモンはインドミナスを処分すべく、自らも兵士達とともにヘリコプターでインドミナスを追っていました。逃げるインドミナスはプテラノドンたちがいる翼竜園の防壁ガラスを突き破って園内に侵入します。突き破られた場所からプテラノドンやディモルフォドンたちが外へ逃げ出し、サイモンの乗る飛行機は翼竜に襲われて墜落してしまいます。翼竜園を覆うガラス壁を破壊しながら墜落したため、中にいた翼竜たちが一斉に外へ逃げていきました。逃げ出した翼竜たちはパークのメインエリアで観光客たちを襲い始めます。ジープでメインエリアへ帰還したザックとグレイはザラと合流しますが、ザラはプテラノドンに捕まってしまい、湖の上空でプテラノドンもろともモササウルスの餌食となります。そこへ兄弟を探しに出ていたオーウェンとクレアが戻ってきてザック、グレイと合流を果たします。4人は翼竜の襲撃を何とかかいくぐって管理棟を目指します。

管理棟ではホスキンスがパークの指揮権を握り、混乱に乗じてインジェン社の兵士を呼び寄せていました。そして、ホスキンスはオーウェンが飼育しているラプトルたちにインドミナスを追跡させるという作戦を立てていました。オーウェンは不本意ながらもこの作戦に従い、ラプトルたちにカメラをつけてインドミナスの匂いを辿らせ、自らもインジェン社の兵士たちとともにバイクで後を追います。

オーウェンたちはインドミナスを発見します。しかし、インドミナスにはラプトルのDNAも含まれていたため、ラプトルたちを味方につけて兵士たちを襲わせます。兵士とラプトルとの攻防の中、ラプトルの1頭チャーリーがロケットランチャーによる攻撃を受けて死亡、残るブルーはオーウェンを襲い、デルタとエコーはトラックで逃げるクレアと兄弟を追いかけます。追いかけてくるラプトルたちを何とか振り切った3人はオーウェンと合流して、パークのメインエリアにある遺伝子研究所へ向かいます。

研究所ではホスキンスが証拠隠滅を図り、インドミナスの受精卵を島から持ち出そうとしていました。しかし、そこへデルタがやってきてホスキンスに襲いかかります。その隙に逃げ出した4人でしたが、施設から出たところで3頭のラプトルに囲まれてしまいます。オーウェンが戦おうとせずにブルーたちに語りかけたことで、3頭とオーウェンとの間に絆が戻り、3頭のラプトルは再びオーウェンの味方につきます。
そこへインドミナスが現れ、オーウェンはラプトルたちとともに戦いますが、全く歯が立たず、デルタとエコーは殺されてしまいます。オーウェン、ザック、グレイの3人もインドミナスに追い詰められます。そのとき、クレアがインドミナスを止める最後の手段として、ティラノサウルスを飼育エリアから解き放ち、インドミナスのところへ誘導してきました。
2頭は凄まじい戦いを繰り広げます。しかし、ティラノサウルスもインドミナスに敵わず、インドミナスがとどめをさそうとした瞬間、ブルーがインドミナスに飛びかかります。その隙をついてティラノサウルスも反撃、ブルーとともにインドミナスを湖の近くへ追い詰めます。インドミナスは重傷を負いつつもまだ戦おうという意志をみせたとき、モササウルスが湖から飛び出してきて、インドミナスを湖へ引きずり込んでいきました。
その後、ティラノサウルスは立ち去り、ブルーもオーウェンを見て別れを惜しむかのように森の中へ消えていきました。そして、4人はコスタリカの避難所に到着し、ザックとグレイは駆けつけた両親と再会を果たします。
ヌブラル島では再び自由を取り戻したティラノサウルスが崩壊したパークを見下ろしながら咆哮をとどろかせていました。

 

感想と評価

『ジュラシック・ワールド』はジュラシックパークシリーズの続編で、新たなシリーズの幕開けとなる作品です。登場する恐竜たちが生活している様子や暴れ回る姿はよりリアルな映像に進化し、『ジュラシック・パーク』のジープやティラノサウルスが登場したりと旧シリーズからのファンにとっては嬉しい展開でした。

 

見た人の感想は?

[voice icon=”https://masapanland.wp-x.jp/wp-content/uploads/2019/04/女感想.jpg” name=”女性の感想” type=”l “]恐竜たちのテーマパーク「ジュラシック・ワールド」を舞台にしたエンターテインメント性の高い作品になっています。オーウェンとブルーたちの絆には感動させられました。インドミナス・レックスも怖かったですが、プテラノドンたちが飛び回ってパニックになるシーンが一番怖かったです。[/voice] [voice icon=”https://masapanland.wp-x.jp/wp-content/uploads/2019/04/男感想.jpg” name=”男性の感想” type=”l “]ジュラシックシリーズ久しぶりの新作で、王道の展開ながらリアルなCGで再現された恐竜の映像と見せ方で一気に引き込まれました。また、今の技術力があればジュラシック・ワールドは実現できるのではないかと思うと、完全に架空の物語とはいえない怖さも感じますね。[/voice] [voice icon=”https://masapanland.wp-x.jp/wp-content/uploads/2019/04/女感想.jpg” name=”女性の感想” type=”l “]シリーズ14年ぶりの新作ということで楽しみしていました。第1作目を見たときの興奮を思い出しながら見ましたが、映像の綺麗さや恐竜の迫力などすごかったです。旧シリーズのラプトルは恐怖でしかなかったですが、今作のラプトルにはかわいらしさを感じました。[/voice] [voice icon=”https://masapanland.wp-x.jp/wp-content/uploads/2019/04/男感想.jpg” name=”男性の感想” type=”l “]過去のジュラシックパークシリーズのアイテムが所々に登場して嬉しかったです。何度も同じ過ちを繰り返す人間には愚かさを感じますが、それでも実際にこんなテーマパークができたらと思うとワクワクが止まりません。新しく登場した恐竜やティラノサウルスの迫力も最高で、とても楽しめました。[/voice]

 

ジュラシック・ワールド無料動画見逃し配信

ジュラシック・ワールドの動画見逃し配信はU-NEXTにて324円TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASにて400円で配信されています。(2019年9月11日時点)

U-NEXTは見放題作品が31日間無料、課金作品が31日間無料期間に貰える600円分のポイントで視聴できます。

TSUTAYA TVは見放題作品が30日間無料、課金作品が30日間無料期間に貰える1080円分のポイントで視聴できます。

またTSUTAYA TV/DISCASは30日間無料期間中に宅配レンタルが利用できるため、旧作は無料でレンタルすることができます。

上記のお試し無料期間に貰えるポイントを利用することや無料宅配レンタルを利用することで実質無料で動画視聴やDVD視聴することができますので、これを機会に是非チェックしてみてください♪

[btn class=”rich_blue”]U-NEXTで見る[/btn] [aside type=”normal”]

※U-NEXTは見放題作品が31日間無料、課金作品が31日間無料期間に貰える600円分のポイントで視聴できます。

※無料期間中の解約で違約金は一切ありません。

※本ページの情報は2019年9月時点のものです。最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。

[/aside]

[btn class=”rich_blue”]U-NEXT解約方法[/btn]


[btn class=”rich_yellow”]TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASで見る[/btn] [aside type=”normal”]

※TSUTAYA TVは見放題作品が30日間無料、課金作品が30日間無料期間に貰える1080円分のポイントで視聴できます

※TSUTAYA TV/DISCASは30日間無料期間中に宅配レンタルが利用できるため、無料でレンタルすることができます

※無料期間中の解約で違約金は一切ありません。

※本ページの情報は2019年9月時点のものです。最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。

※無料お試し期間終了後、通常月額料金で自動更新となります。

[/aside]

[btn class=”rich_yellow”]TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS解約方法[/btn]

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?私が選ぶ一押しの「ジュラシック・ワールド」を紹介させていただきました。

ジュラシックパークシリーズ14年ぶりの新作ということで、世界でも日本国内でも大注目され、公開と同時に大ヒットした作品です。第1作で登場したティラノサウルスが再び登場してインドミナスと激闘を繰り広げたり、その2頭よりもはるかに大きいモササウルスが登場したり、おなじみのラプトルが今作では人間側についたりと見どころ満載の内容になっています。

見たことがある方もない方もぜひ一度チェックしてみてください!

 

関連記事

[kanren postid=”19522,ここにID”]