映画・ドラマ・アニメ・電子書籍が無料で安全に公式で見れるお得な情報を随時更新中

ジュラシックワールド炎の王国結末ネタバレ!感想や動画無料視聴方法も!

今回の特集はジュラシックシリーズ最新作『ジュラシック・ワールド / 炎の王国』です!

前作『ジュラシック・ワールド』の事件から3年後、ヌブラル島は火山活動が活発化し恐竜たちに絶滅の危機が迫っていました。ラプトルの飼育・調教師であったオーウェンとジュラシック・ワールドの運営責任者だったクレアとともに、恐竜たちを救うために再び島へ行きます。しかし、その背後では恐竜を兵器として売ろうと企む者たちの陰謀が動いていました。

果たしてオーウェンたちは無事に恐竜たちを救うことができるのでしょうか。

まだ見たことが無い方、見たけど内容を忘れた方必見の内容となっていますので是非チェックしてみてください♪

 

ジュラシック・ワールド / 炎の王国の基本情報

タイトル:ジュラシック・ワールド / 炎の王国
監督:J・A・バヨナ
脚本:デレク・コノリー、コリン・トレヴォロウ
原作:マイケル・クライトン
製作:フランク・マーシャル、パトリック・クローリー他
製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ、コリン・トレヴォロウ
音楽:マイケル・ジアッキーノ
主題歌:アーマ・トーマス『anyone who knows what love is』
撮影:オスカル・ファウラ
編集:ベルナ・ビラプラーナ
製作会社:ユニバーサル・ピクチャーズ、アンブリン・エンターテインメント他
配給:ユニバーサル・ピクチャーズ
公開:2018年7月13日
上映時間:128分

 

キャストを紹介

オーウェン・グレイディ:クリス・プラット(日本語吹き替えキャスト:玉木宏)

ジュラシック・ワールドでヴェロキラプトルの飼育員兼調教師として働いていた3年前の事件の当事者。今作では、クレアから依頼を受けて、自身が育てていたブルーをはじめとする恐竜たちを火山噴火による絶滅から救うために再びヌブラル島へ行くことになる。

 

クレア・ディアリング:ブライス・ダラス・ハワード(日本語吹き替えキャスト:木村佳乃)

ジュラシック・ワールドの元運営責任者。事件の後、恐竜保護グループ(DGP)を設立した。ロックウッド財団のベンジャミンから支援を受けて、ヌブラル島の火山噴火から恐竜たちを救うためにオーウェンたちとともにヌブラル島へ向かう。島で恐竜を売りさばこうとするミルズに裏切られるが、ミルズの企みを阻止するべく尽力する。

 

イーライ・ミルズ:レイフ・スポール(日本語吹き替えキャスト:内田夕夜)

ロックウッド財団の実質的な運営者。ベンジャミンを騙して財団の資金を秘密裏に活用して、ウー博士とともに新たな恐竜を作り出す研究を行っていた。ヌブラル島の恐竜を救おうとクレアに協力したのも捕らえた恐竜を高値で売りさばくためであった。しかし最終的には脱走した恐竜によってオークション会場は壊され、自身はティラノサウルスの餌食となる。

 

ケン・ウィートリー:テッド・レヴィン(日本語吹き替えキャスト:黒田崇矢)

ロックウッド財団のミルズに雇われた傭兵。ヌブラル島ではオーウェンたちにブルーを捜索させて麻酔銃を撃ち込んで捕らえ、邪魔をするオーウェンにも麻酔銃を撃つ。捕らえた恐竜の歯をコレクションしており、ロックウッド邸ではインドラプトルを眠らせて歯を引き抜こうとしたが、それはインドラプトルの罠であり、そのままインドラプトルに捕食された。

 

ヘンリー・ウー:B・D・ウォン(日本語吹き替えキャスト:近藤浩徳)

ジュラシック・ワールドで研究チームのリーダーを務めていた遺伝学者。前作ではインドミナス・レックスというハイブリッド種を作り出していたが、今作ではミルズと手を組んで新たにインドラプトルを作り出していた。終盤、フランクリンに麻酔を撃たれて倒れたところを部下に助けられていたが、その後の生死は不明。

 

メイジー・ロックウッド:イザベラ・サーモン(日本語吹き替えキャスト:住田萌乃)

ベンジャミン・ロックウッドの孫娘であるとされていたが、実際はベンジャミンが死亡した娘をクローン技術によって再生させたクローン人間。自らの生い立ちについては隠されていたが、ミルズによって暴露される。オーウェンたちと出会ってからは行動をともにし、ラストで自分と同じクローンである恐竜たちにも命があると言い、有毒ガスに苦しむ恐竜たちを世に放った。

 

[voice icon=”https://masapanland.wp-x.jp/wp-content/uploads/2019/04/シカちゃん.jpg” name=”バンビちゃん” type=”l “]今作で登場したインドラプトルには今まで以上にハラハラさせられたね!それに、島で火山が噴火して恐竜たちが必死に逃げるシーンはとても印象的だったよ![/voice] [voice icon=”https://masapanland.wp-x.jp/wp-content/uploads/2019/04/キツネ.jpg” name=”フォックス” type=”r “]そうだね、大昔の恐竜たちが絶滅の危機にさらされたときもそうだったのかなと想像させられたよ![/voice]

あらすじから結末ネタバレ

ある嵐の夜、3年前のジュラシック・ワールドが崩壊した事件でヌブラル島の海底に沈んだインドミナス・レックスの骨を回収している小型潜水艇がいました。地上の仲間がゲートを閉めてヘリで島から脱出しようとしたとき、ティラノサウルスが現れます。取り残された男性は必死に逃げてヘリから垂らされたはしごに何とかしがみつきティラノサウルスから逃れます。しかしその直後、海中から姿を現したモササウルスに捕食されてしまいます。

ヌブラル島の火山活動が活発化したことで恐竜たちは絶滅の危機にさらされており、人類は恐竜たちの生死を自然の成り行きに任せるか、それとも救い出すかという選択に迫られていました。上院の特別委員会で緊急会議が開かれ、かつてのジュラシック・パーク事件の当事者であるイアン・マルコム博士も会議に出席していました。マルコム博士は、人間が手を出すべきではないと主張し、政府の最終的な決定も恐竜の保護は行わないというものでした。

ジュラシック・ワールドの運営責任者であったクレア・ディアリングは、恐竜保護団体「Dinosaur Protection Group」を設立し、自らで恐竜たちを救い出そうとしていました。クレアはジョン・ハモンドのパートナーだったベンジャミン・ロックウッドと連絡を取り、ロックウッド財団からの支援を取り付けます。病に伏しているベンジャミンに代わって財団の実質的な経営者のイーライ・ミルズはクレアに11種類の恐竜を保護することを提案します。
特に、ヴェロキラプトルのブルーを救い出したいといい、クレアはジュラシック・ワールドでブルーの飼育員兼調教師であったオーウェン・グレイディに協力を要請します。そして、オーウェンとクレア、恐竜保護団体のメンバーのジアとフランクリンの4人は恐竜救出のため、ヌブラル島へ向かうことになります。

ヌブラル島は火山の噴火が頻発し溶岩の雨が降り注ぐ不安定な状態になっていました。また、島には先にロックウッド財団に雇われた傭兵たちが上陸しており、オーウェンたちは傭兵を取り仕切るウィートリーに出迎えられます。そして、一同はブルーを捜索するために島の奥地へと向かいます。

制御室へ到着するとエンジニアのフランクリンがシステムを復旧させて、恐竜たちに埋め込まれたGPSによりブルーの位置が判明します。クレアとフランクリンは制御室に残り、あとのメンバーはブルーのところへ向かいます。野生にかえったブルーと再会を果たしたオーウェンは、警戒するブルーに声をかけます。
オーウェンのことを思い出した様子のブルーでしたが、ウィートリーがブルーに麻酔銃を撃ち込みます。驚いたブルーは傭兵に襲いかかりますが撃たれてしまい、怒って反抗したオーウェンもウィートリーに麻酔銃を撃たれて置き去りにされてしまいます。同行していた獣医のジアはウィートリーに脅されて連れ去られます。ミルズやウィートリーたちの目的は恐竜を連れ帰って売りさばくことでした。

本格的な火山の噴火によって制御室にも溶岩が流れ込み、脱出しようとしたクレアとフランクリンでしたが、シャッターが閉まり閉じ込められてしまいます。さらに、施設内にバリオニクスが入ってきます。バリオニクスの襲撃をかわして外へ出た2人ですが、外では火山が爆発的に噴火していました。

麻酔から目覚め、体が思うように動かないながらも迫ってくる溶岩から何とか逃げてきたオーウェンも2人へ合流し、3人は溶岩から逃げまどう恐竜たちの合間をぬって逃げます。途中ジャイロスフィアを見つけクレアとフランクリンが乗り込みますが、オーウェンは乗り遅れます。ジャイロスフィアとオーウェン、そして恐竜たちが次々と崖から海へ飛び込んでいきます。海に落ちたジャイロスフィアに水が浸入しクレアとフランクリンは溺れそうになりますが、オーウェンに助けられ、3人は何とか無事に浜辺へたどり着きます。
海辺では捕らえられた恐竜たちが船に運び込まれていました。島から離れようとする船にぎりぎりで乗り込んだオーウェンたちはブルーを治療するジアと再会します。そして、輸血のためにティラノサウルスの血を採取することになり、その血のおかげでブルーは一命をとりとめました。

ロックウッド邸では恐竜のオークションの準備が進められていました。ミルズがエヴァーソルと恐竜を売る計画について話しているのを聞いていたメイジーはそれをベンジャミンに伝えますが、取り合ってもらえません。その後、メイジーは地下施設へ忍び込み、そこでオーウェンがブルーたちラプトルを飼育する記録映像を目にします。そこへミルズとヘンリー・ウー博士がやってきます。ウー博士はインドミナスに続く新たな恐竜を作り出そうとしており、インドミナスとラプトルを組み合わせたインドラプトルを完成させるためにブルーのDNAがいるとウー博士は言います。身を隠していたメイジーでしたが、檻の中のインドラプトルがいることに気づいて声を上げてしまい、ミルズに見つかり閉じ込められてしまいます。その後、ミルズは自らの企みに気づいたベンジャミンを殺害します。

一方で、恐竜たちがロックウッド邸に運ばれるのを追跡していたクレアとオーウェンは恐竜たちを売ろうとしていたミルズの計画を知り、それを阻止するために屋敷に忍び込みます。しかし、ウィートリーの部下に見つかり、地下牢に入れられてしまいます。その間に恐竜たちのオークションが始まってしまいました。クレアとオーウェンは脱出方法を模索します。
すると、隣の牢にスティギモロクという恐竜がいるのに気づいたオーウェンは、スティギモロクの気を引いて牢の壁とカギを破壊させます。牢から脱出した2人はメイジーと出会い、メイジーからベンジャミンが殺されたことを聞きます。

オークション会場では次々と恐竜の競売が行われ、ミルズは試作品のインドラプトルを集まった富豪たちに見せます。驚異的な知能と戦闘力を持ち、レーザーポインターと音でコントロールできるところを見せつけると富豪たちはインドラプトルを買おうと躍起になっていきました。ウー博士はまだ試作品で売るべきではないと言いますが、ミルズは聞く耳を持ちません。
そこへオーウェンが放ったスティギモロクが現れ、会場は大パニックになります。オーウェンも傭兵と戦います。オークションの客達はみな外へ逃げましたが、ウィートリーが報酬をもらおうと屋敷内へ入ってきました。そして、インドラプトルの檻を見つけたウィートリーはインドラプトルに麻酔銃を撃ち込み、戦利品として歯を引き抜こうとします。しかし、インドラプトルは眠ったふりをしていただけで油断しているウィートリーに襲いかかって食い殺しました。その後、インドラプトルは檻を出てオークションの司会を務めていたエヴァーソルも餌食とします。

ウー博士は恐竜の卵や血液サンプルを持ち出そうとしており、ブルーも連れ出そうとしていました。スタッフに間違われて研究室へ紛れ込んでいたフランクリンはウー博士に麻酔を撃ち、手錠でつながれていたジアを助けます。そこへ傭兵たちがやってきますが、ジアはブルーの檻を開けます。傭兵たちがブルーに襲われている間に、2人は逃げ出しますが、傭兵が乱射したことによって研究室の可燃性ガスが漏れて爆発、これにより有毒物質であるシアン化水素が漏れ出してしまいます。

クレアとオーウェンはメイジーを連れて屋敷から逃げようとしますが、途中でミルズたちに見つかってしまいます。そして、ミルズからメイジーはベンジャミンの孫娘ではなく、クローン人間であることを聞かされます。
衝撃を受けるメイジーでしたが、そこへインドラプトルがやってきます。3人は明かりを落として恐竜展示室へ逃げ込みます。しかし、フランクリンが屋敷の換気システムを復旧させたことによって、展示室の明かりも点いてしまい、3人はインドラプトルに見つかります。逃げるメイジーを追いかけるインドラプトル、クレアは負傷したためその場に残り、オーウェンがメイジーを助けに向かいました。部屋に隠れていたメイジーでしたが、インドラプトルに見つかり襲われるすんでのところでオーウェンが駆けつけます。しかし、オーウェンの銃もきかず弾切れになってしまいます。そこへ今度はブルーが現れ、インドラプトルに襲いかかります。そのすきに2人は展示室の屋根の上に逃げますが、インドラプトルはしつこく追ってきます。オーウェンは合流したクレアと再び駆けつけたブルーとともに何とかインドラプトルを撃退して事なきを得ました。その後、ブルーは屋敷を去ります。

ジア、フランクリンと合流したクレアたちは地下室の現状を聞きます。シアン化水素で死にそうになっている恐竜たちを見てクレアは恐竜たちの檻のロックを解除します。そして、外へ通じる扉を開けるボタンを押そうとしますが、オーウェンに「ここは島じゃない。」と止められて思いとどまります。死にゆく恐竜たちを見守る一同でしたが、突如扉が開き、恐竜たちは一斉に外へ逃げていきました。メイジーが「クローンだけど同じ命だから。」とボタンを押したのです。

ちょうどそのころ屋敷の外ではミルズがインドミナスのDNAを持ち出そうとしているところで、逃げ出してきた恐竜たちに車を踏み潰され、自身はティラノサウルスに補食されました。

恐竜たちが世に放たれ、再びマルコム博士は委員会に呼び出されていました。マルコム博士は、これは人間がいきすぎたテクノロジーを使ってきたのが原因であり、人間と恐竜が共存する時代がやってきたことを告げます。「ようこそ、ジュラシック・ワールドへ。」

 

感想と評価

ジュラシックシリーズ14年ぶりの続編で新たなシリーズとなる『ジュラシック・ワールド』の続編です。事件から3年後、ヌブラル島の恐竜たちは火山噴火による絶滅の危機に瀕していました。恐竜たちが暴れまわる映像はもちろん、火山が噴火して溶岩が迫ってきたり火山弾が降り注ぐ映像も大迫力でした。オーウェンとブルーの絆が見られる場面があったり、ロストワールドぶりにイアン・マルコム博士が登場したのが嬉しかったですね。

 

見た人の感想は?

[voice icon=”https://masapanland.wp-x.jp/wp-content/uploads/2019/04/女感想.jpg” name=”女性の感想” type=”l “]新シリーズ3部作の2作目です。冒頭からラストまでハラハラ、ドキドキの連続でした。迫力満点のシーンの連続で時間の経過を忘れて見入ってしまいました。『ジュラシック・パーク』から何度見返しても飽きないストーリー展開には脱帽です。[/voice] [voice icon=”https://masapanland.wp-x.jp/wp-content/uploads/2019/04/男感想.jpg” name=”男性の感想” type=”l “]いつの時代でも恐竜をビジネスに利用しようとする人間が出てきてしまうのですね。悪役がわかりやすく悪役として描かれていて、しかもその悪人は恐竜に食べられるというのも観客をスカッとさせる展開で良かったと思います。ラストで恐竜たちがオークション会場から脱走しましたが、この後のストーリーはどうなるのかとても気になります。[/voice] [voice icon=”https://masapanland.wp-x.jp/wp-content/uploads/2019/04/女感想.jpg” name=”女性の感想” type=”l “]前作に引き続いてのオーウェンとクレアの主演は嬉しかったです。やはり2人はお似合いですね。恐竜たちの迫力も増していて、表情が豊かなところにも毎回引き込まれます。オーウェンとブルーの信頼関係も良かったです。[/voice] [voice icon=”https://masapanland.wp-x.jp/wp-content/uploads/2019/04/男感想.jpg” name=”男性の感想” type=”l “]恐竜たちが人工的にではあるものの蘇った現代でも絶滅の危機にさらされてしまいます。オーウェンたちが島から脱出するときの溶岩に飲み込まれるブラキオサウルスには涙しました。ブルーがオーウェンを命がけで助けようとする場面にも感動させられました。[/voice]

 

ジュラシック・ワールド / 炎の王国無料動画見逃し配信

ジュラシック・ワールド / 炎の王国の動画見逃し配信はU-NEXTにて324円TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASにて400円で配信されています。(2019年9月18日時点)

U-NEXTは見放題作品が31日間無料、課金作品が31日間無料期間に貰える600円分のポイントで視聴できます。

TSUTAYA TVは見放題作品が30日間無料、課金作品が30日間無料期間に貰える1080円分のポイントで視聴できます。

またTSUTAYA TV/DISCASは30日間無料期間中に宅配レンタルが利用できるため、旧作は無料でレンタルすることができます。

上記のお試し無料期間に貰えるポイントを利用することや無料宅配レンタルを利用することで実質無料で動画視聴やDVD視聴することができますので、これを機会に是非チェックしてみてください♪

[btn class=”rich_blue”]U-NEXTで見る[/btn] [aside type=”normal”]

※U-NEXTは見放題作品が31日間無料、課金作品が31日間無料期間に貰える600円分のポイントで視聴できます。

※無料期間中の解約で違約金は一切ありません。

※本ページの情報は2019年9月時点のものです。最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。

[/aside]

[btn class=”rich_blue”]U-NEXT解約方法[/btn]


[btn class=”rich_yellow”]TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASで見る[/btn] [aside type=”normal”]

※TSUTAYA TVは見放題作品が30日間無料、課金作品が30日間無料期間に貰える1080円分のポイントで視聴できます

※TSUTAYA TV/DISCASは30日間無料期間中に宅配レンタルが利用できるため、無料でレンタルすることができます

※無料期間中の解約で違約金は一切ありません。

※本ページの情報は2019年9月時点のものです。最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。

※無料お試し期間終了後、通常月額料金で自動更新となります。

[/aside]

[btn class=”rich_yellow”]TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS解約方法[/btn]

まとめ

いかがでしたでしょうか?私が選ぶ一押しの「ジュラシック・ワールド / 炎の王国」を紹介させていただきました。

『ジュラシック・パーク』から続く大人気シリーズの第5作品目です。恐竜たちが暴れ回る迫力のある映像はもちろん、前作『ジュラシック・ワールド』から続くオーウェンとラプトルのブルーとの強い絆も見どころの一つです。2021年にはシリーズ最終章となるジュラシックワールドシリーズ3作品目の公開が予定されています。シリーズ1作目の『ジュラシック・パーク』からふり返りつつ、公開を楽しみに待ちましょう!

 

関連記事

[kanren postid=”19612,ここにID”]