映画・ドラマ・アニメ・電子書籍が無料で安全に公式で見れるお得な情報を随時更新中

ハリーポッターと謎のプリンス結末ネタバレ!感想と動画無料視聴方法!

今回特集するのは映画「ハリー・ポッターと謎のプリンス」の結末ネタバレについて♪

シリーズもこれで通算6作目、前作までかなり重い展開でしたが今回はその影響を引きずりながらもハリー達の普段の学校生活の様子も織り込まれ一息つける場面も多い内容となっています。やきもきする恋愛要素も…そして衝撃の展開が待っています。

まだ見たことが無い方、見たけど内容忘れた方必見の内容となっていますので是非チェックしてみてください♪

「ハリー・ポッターと謎のプリンス」の基本情報

タイトル:ハリー・ポッターと謎のプリンス
監督:デヴィッド・イェーツ
脚本:スティーヴ・クローヴス
原作:J・K・ローリング
製作:デヴィッド・ハイマン
デヴィッド・バロン
製作総指揮:ライオネル・ウィグラム
音楽:ニコラス・フーパー
ジョン・ウィリアムズ(テーマ曲)
撮影:ブリュノ・デルボネル
編集:マーク・デイ
製作会社:ヘイデイ・フィルムズ
配給:ワーナー・ブラザース
公開:2009年7月15日
上映時間:153分

キャストを紹介

ハリー・ポッター:ダニエル・ラドクリフ(日本語吹替:小野賢章)

この物語の主人公。ホグワーツ魔法魔術学校の6年生。赤ん坊のころに両親が死亡し母方の親戚のダーズリー家の不遇な環境で育った。前作では家族になれると慕っていたシリウス・ブラックを亡くしてしまう。

ロン・ウィーズリー:ルパート・グリント(日本語吹替:常盤祐貴)

ハリーの親友。ホグワーツ魔法魔術学校の6年生。純血の魔法族ウィーズリー家の六男。燃えるような赤毛が特徴。冗談好きで皮肉屋。少し頼りないがハリーを大切に思っている。

ハーマイオニー・グレンジャー:エマ・ワトソン(日本語吹替:須藤祐実)

ハリーの親友。ホグワーツ魔法魔術学校の6年生。両親共に人間(マグル)の魔女でハリーとロンの親友。美人で頭が良く勉強熱心で真面目で優秀。

アルバス・ダンブルドア:マイケル・ガンボン(日本語吹替:永井一郎)

ホグワーツ魔法魔術学校の校長。数々の偉業の成し遂げ、20世紀で最も偉大な魔法使いと称される人物。白髪の長い髪と長いヒゲが特徴的。いつもハリーを見守っている。

ミネルバ・マクゴナガル:マギー・スミス(日本語吹替:谷育子)

ホグワーツ魔法魔術学校の教師で担当教科は変身術。ハリー達の寮であるグリフィンドールの寮監。常に公平で、厳格な性格だがハリー達生徒をとても思いやっている。

セブルス・スネイプ:アラン・リックマン(日本語吹替:土師孝也)

ホグワーツ魔法魔術学校の教師で担当教科は魔法薬学。スリザリン寮の寮監。黒ずくめの服に黒髪で謎めいた人物。陰湿で陰険な部分も目立ち、自身の出身寮で寮監を努めるスリザリン生への贔屓が露骨で他の寮生からは嫌われている。

ドラコ・マルフォイ:トム・フェルトン(日本語吹替:三枝享祐)

ハリーの同級生で純血の魔法使いの名家の出身。血統の重要性を信じており、魔法界の有名人であるハリーに自分の友人にと誘うが断られ、以来敵視するようになり常に鬱陶しく絡んでくる。

ホラス・スラグホーン:ジム・ブロードベント(日本語吹替:森功至)

ホグワーツ魔法魔術学校の新任の魔法薬学の教師。以前もホグワーツで教えていたが、ダンブルドアの頼みで復職した。優秀な生徒をコレクションのように考えている。

バンビ
前作の衝撃から一転、不穏な空気が残りながらもハリー達の日常が見られてちょっとホッとするね
フォックス
ロンの恋愛事情とか見ものだけど、油断してるととんでもない衝撃を受けるよ!心して観てね

 

あらすじから結末ネタバレ

ロンドンの上空はどんよりとした雲に覆われていました。
空には闇の印が浮かび、デスイーター(ヴォルデモート卿の手下)達が箒で街中を飛び回りダイアゴン横丁を荒らし橋を崩落させました。マグルの世界にも影響が出始めたのです。

ハリーが駅のカフェで読んでいる預言者新聞では、ルシウス・マルフォイが投獄されたことを報じていました。ふと外を見ると、そこにはダンブルドア校長の姿がありました。ダンブルドア校長はハリーにある場所へ同行を頼み、ホラス・スラグホーンというダンブルドア校長の旧友を尋ねました。ハリーの母親・リリーがお気に入りの生徒だったと語るスラグホーンはハリーと親しくなりたい気持ちに負けホグワーツに戻ると決めました。

その一方で、スネイプ先生のもとにベラトリックスとドラコ・マルフォイの母が訪れ、ドラコを守るようにと言われます。スネイプ先生は承諾しますが、ベラトリックスは念を押して「破れぬ誓い」を立てるようにと迫ります。この誓いは決して破れないものでしたが、スネイプ先生は誓いを立てたのでした。

ハリー達3人はダイアゴン横丁にロンの兄で双子のフレッドとジョージが出した悪戯専門店を訪れます。店は大盛況でしが、その他の店は殆どデスイーター達の影響で閉めていました。そこでノクターン横丁へ向かうドラコとその母親を見かけます。3人は後を追いかけ、ボージン・アンド・バークスという店でキャビネットを前になにかしている様子を見ました。

ホグワーツの広間ではいつも通りダンブルドア校長が話をしていましたが、いつもと違っているのは闇払いが校内を警備している事でした。校長はトム・リドル…ヴォルデモート卿について語り、十分に注意するようにと言いました。

新学期のホグワーツはいつも通りの賑やかさでした。午前中は授業が無いハリーとロンは廊下を行きかう生徒たちを眺めていましたが、マクゴガナル先生にスラグホーン先生の魔法薬学の授業を受けるように勧められ、急いで向かいます。スラグホーン先生はハリーとロンを喜んで迎え入れました。

急な事で教科書を用意していなかったふたりは卒業生が寄贈した教科書を借りることになり、ハリーは使い込まれたボロボロの教科書を手にします。「半純血のプリンス蔵書」と書かれたその教科書にはびっしりと書き込みがされていました。

その書き込みの通りに魔法薬を作ったハリーがスラグホーン先生が用意した一番上手に作れた生徒へのご褒美の「フェリックス・フェリシス(幸運の液体)」を見事勝ち取ったのでした。

ダンブルドア校長から呼び出されたハリーは校長がトム・リドル(ヴォルデモート卿)と初めて出会った時の記憶を「憂いの篩」で見せます。そしてホグワーツ時代のトムがスラグホーン先生と親しかったと言いました。スラグホーン先生が持つあるものを手に入れるためにハリーにスラグホーン先生と親しくなるように言いました。

一方、ハリーは半純血のプリンスの教科書にすっかり夢中でした。ホグズミード村へ遊びに行く時も、3人の話題はその教科書の事でした。その帰り道、ケイティが宙に吊るされ叫ぶ姿を目撃しました。ケイティが「三本の箒」から持ち帰った呪いがかけられたネックレスのせいだと判明しました。それはドラコの仕業だとハリーは言いますが、マクゴナガル先生とスネイプ先生に窘められます。

スラグホーン先生がお気に入りの生徒を集めた食事会の後、ハリーは砂時計に見入っていたと言い訳をして先生とふたりきりになりました。そしてトム・リドルのはどんな生徒だったのか尋ねると、先生はとても動揺している様子でした。

クィディッチの試合の前、とても緊張しているキーパーのロンの飲み物にハリーは何かを入れます。それを「幸運の液体」と思い飲み干したロンは大活躍、グリフィンドールは大勝利を収めます。しかし、すべてはロンの思い込みで「幸運の液体」の効果ではなかったのです。勝利を祝う中、かねてからロンに熱い視線を送っていたラベンダーと熱烈なキスを交わし、これがきっかけでロンとラベンダーと付き合い始めます。

ロンの事を好きなハーマイオニーはショックを受けひっそり泣いていました。ハリーはハーマイオニーを慰めますが、ハリーが彼氏のいるジニーに想いを寄せている事に気が付いていたと言います。

スラグホーン先生のクリマスパーティに、ハリーはルーナを誘い参加しました。パーティ会場にスネイプ先生がダンブルドア校長からの伝言を伝えにきました。クリスマス休暇を楽しむように、自分は新学期まで戻らないというものでした。

休暇をウィーズリー家で過ごすハリーはジニーと急接近します。しかし、そこにベラトリックスが現れ火を放ちます。そしてデスイーター達はウィーズリー家を破壊し、焼け落ちる家を皆でただ呆然と見つめていました。

新学期が始まり、学校に戻ったダンブルドア校長に改ざんされた形跡のあるトム・リドルとスラグホーン先生の記憶を見せられます。正しい記憶がどうしても必要だとダンブルドア校長はハリーに言いました。スラグホーン先生に問いただそうとして、ハリーはこれがダンブルドア校長の差し金と疑われてしまい、避けられるようになります。

ハリー宛に送られた惚れ薬入りの菓子を食べたロンを元に戻すため、夜遅くにスラグホーン先生を尋ねます。かなり重症と見て手を貸してくれたスラグホーン先生のおかげでロンは元通りになります。気付けにと振舞ってくれた蜂蜜酒には毒が仕込まれていてロンは痙攣して倒れてしまいます。ハリーの機転でベゾアール石で治療して一命を取り留めました。

ロンが運び込まれた医務室で、この蜂蜜酒は校長に送るつもりのものだったと言いました。校長の命を狙う者がすり替えたのです。うわ言でハーマイオニーの名前を呼び、ラベンダーとの仲は終わりました。

ケイティに呪いのかかったネックレスについて聞くと覚えていない、と言われますがそれを見ていたマルフォイは動揺してその場を立ち去ります。後を追いかけたハリーに攻撃をしてきたマルフォイですが、ハリーは例の教科書に書かれていた魔法で応戦するとマルフォイは重傷を負ってしまいます。そこにスネイプ先生が駆けつけ、回復呪文を唱えました。これで恐ろしくなったハリーは教科書を手放すことにしました。

どうにかしてスラグホーン先生から正しい記憶を聞き出したいハリーは「幸運の液体」を使います。すっかり気分が良くなったハリーは妙なテンションでハグリッドの所へ行くと飛び出して行きます。途中スラグホーン先生に出会い、一緒にハグリッドの元へ向かいます。アラゴグ(大蜘蛛)の死を嘆くハグリッドとすっかり意気投合します。

腹を割って話し合った結果、正しい記憶を受け取る事ができたハリーとダンブルドア校長はヴォルデモート卿は7つもの分霊箱(ホークラックス)を作ったのだと知ります。校長は不在の間、ずっと分霊箱を探していたのでした。(一つ目は「秘密の部屋」の「トム・リドルの日記」)2つ目(「マールヴォロ・ゴーントの指輪」)を破壊し、3つ目も見つけたのですが、これは自分一人では無理だといい、ハリーに同行を求めます。そして何があろうと自分のいう事を守るように約束させます。

それは孤島の洞窟にあり、何重もの防御が仕掛けられていました。そしてその先にある分霊箱は「スリザリンのロケット」で、毒の水の底に沈んでおり全てを飲み干さなければなりません。苦しみながらダンブルドア校長は全てを飲み干し分霊箱を手に入れます。追いすがる無数の亡者達をダンブルドア校長の魔法で倒し脱出します。しかし、その間にマルフォイはボージン・アンド・バークスから繋がるキャビネットを通してベラトリックスらデスイーター達をホグワーツへと引き込んでいました。

ホグワーツの塔まで戻ってくると、校長はスネイプ先生を呼んでくるように言います。しかし、そこに誰かがやってくる気配がありました。ハリーに隠れるように言うと校長はやってきた人物に話しかけます。それはマルフォイでした。ヴォルデモート卿の命令で校長を亡き者にするはずでしたが、マルフォイには出来ませんでした。デスイーター達が見守る中、マルフォイの母と「破れぬ誓い」を立てたスネイプ先生がマルフォイの代わりに校長を殺害したのです。

スネイプ先生に例の教科書に書かれていた呪文で挑むハリーでしたが、全く通用しません。そこでスネイプ先生は自分こそが「半純血のプリンス」であると告げるのでした。

校長と手に入れた分霊箱は偽物でした。中には「RAB」とサインの入った手紙が入っていました。その人物が分霊箱を隠したのです。また探さなくてはなりません。学校には戻らず、ダンブルドア校長に代わり分霊箱を探す旅に出るというハリーに、ハーマイオニーは自分とロンも一緒に行くと告げました。

感想と評価

前回シリウス・ブラック退場で衝撃を受けましたが、今回はまさかのダンブルドア校長の死亡でショックを受けた人はとても多かったのではと思います。これから先もずっとハリーの力になってくれると思っていた方も多かったと思います。

そんな中でもハリー達…特にロンの恋愛事情はなかなかいい味を出していました。これでやっとハーマイオニーと…とにかくロンは今回踏んだり蹴ったりだったと思います。
ハリーとジニーも急接近、幸運の液体を飲んだハリーなど印象的なシーンも多く辛いばかりじゃ無いことがわかり、それだけは少し救いがあると感じました。

見た人の感想は?

感想

①悲しすぎるしいまだに信じられない…いろいろ明らかになってきてるからハリーに頑張ってほしい!!
それぞれの恋愛模様がかわいくて見どころ♡バタービールがやっと登場!


②ここから学園ファンタジーではなく、ダークファンタジーになった気がする。それはそれで面白いけど、ダンブルドア死亡は辛かった。


③闇の魔術に対する防衛術の先生にスネイプ先生がやっとなれた!重々しい空気ながらもクィディッチや学校生活、恋愛の話も楽しい。完全にワルになりきれないマルフォイがいいなあ。


④闇の帝王がなぜ復活したのか?その謎が解けて面白かった。帝王とハリーの関係がわかってくればくるほど、ハリーの背負った運命が不憫でならない。

 

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団の無料動画見逃し配信

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団の動画見逃し配信はU-NEXTにて440円、TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASにて400円で配信されています。(2019年10月31日時点)

U-NEXTは見放題作品が31日間無料、課金作品が31日間無料期間に貰える600円分のポイントで視聴できます。

TSUTAYA TVは見放題作品が30日間無料、課金作品が30日間無料期間に貰える1080円分のポイントで視聴できます。またTSUTAYA TV/DISCASは30日間無料期間中に宅配レンタルが利用できるため、旧作は無料でレンタルすることができます。

上記のお試し無料期間に貰えるポイントを利用することや無料宅配レンタルを利用することで実質無料で動画視聴やDVD視聴することができますので、これを機会に是非チェックしてみてください♪

 

U-NEXTで見る

※U-NEXTは見放題作品が31日間無料、課金作品が31日間無料期間に貰える600円分のポイントで視聴できます。
※無料期間中の解約で違約金は一切ありません。
※本ページの情報は2019年10月時点のものです。最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。

U-NEXT解約方法


 

TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASで見る

※TSUTAYA TVは見放題作品が30日間無料、課金作品が30日間無料期間に貰える1080円分のポイントで視聴できます。
※TSUTAYA TV/DISCASは30日間無料期間中に宅配レンタルが利用できるため、無料でレンタルすることができます。
※無料期間中の解約で違約金は一切ありません。
※無料お試し期間終了後、通常月額料金で自動更新となります。
※本ページの情報は2019年10月時点のものです。最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。

TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS解約方法

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?
私が選ぶ一押しの「ハリー・ポッターと謎のプリンス」を紹介させていただきました。

今回はまさかのダンブルドア校長の退場で、本当に衝撃的でした。ダンブルドアが本当に偉大な魔法使いで、そして皆に愛されていたことがわかる作品でもありました。
最終章に向けて大事な事を説明する重要な作品でもありますが、それだけではなく楽し気なハリー達が見れてホッとする部分もある作品であったと思います。「ヴォルデモート卿」が誕生する過程がわかり、彼を倒すためにはどうするべきかがはっきりした今作、次回作「死の秘宝」を観るうえで重要な内容です。

ラストまであと少し、しっかり観てほしい作品です。