映画・ドラマ・アニメ・電子書籍が無料で安全に公式で見れるお得な情報を随時更新中

ハン・ソロ/スター・ウォーズ結末ネタバレ!感想と動画無料視聴方法!

今回特集するのは映画『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』の結末ネタバレについて。

『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』は2018年に公開された、スターウォーズシリーズのスピオンオフ作品第二弾となります。

時系列としてはスターウォーズシリーズのエピソード3とローグワンの間のストーリーとなっていてソロの若い頃の話となり内容としては、彼がどうやってチューバッカと出会い、そして愛機であるミレニアムファルコン号をどうやって手に入れたのかが描かれています。

登場キャラクターはほとんどが新しいキャラクターですが、本作のラストではサプライズなキャラクターが登場します。

まだ見たことが無い方、見たけど内容忘れた方必見の内容となっていますので是非チェックしてみてください。

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリーの基本情報

タイトル:Solo: A Star Wars Story
監督:ロン・ハワード
脚本:ジョナサン・カスダン、ローレンス・カスダン
原作:キャラクター創造 ジョージ・ルーカス
製作:キャスリーン・ケネディ、アリソン・シェアマー、サイモン・エマニュエル
製作総指揮:ローレンス・カスダン、ジェイソン・マクガトリン、フィル・ロード&クリス・ミラー
音楽:ジョン・パウエル、ジョン・ウィリアムズ
撮影:ブラッドフォード・ヤング
編集:ピエトロ・スカリア
製作会社:ルーカスフィルム
配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ
公開:2018年5月25日
上映時間:135分

キャストを紹介

ハン・ソロ:オールデン・エアエンライク(日本語吹き替えキャスト:前野智昭)

惑星コレリアでレディ・プロキシマを首領とする悪名高いホワイトワームズに所属し盗みをしながら生活をしていました。

キーラと離ればなれになってからも、キーラを取り戻すことは忘れずに宇宙船を手に入れようと奮闘していました。

ソロという名前は惑星コレリアで帝国軍に入るときにファミリーネームがないと登録できなかったため、受付の兵士がハンがひとりでいた事からつけられた名前です。

 

キーラ :エミリア・クラーク(日本語吹き替えキャスト:山根舞)

惑星コレリアのレディ・プロキシマを首領とする悪名高いホワイトワームズに所属していたソロの幼馴染です。

惑星コレリアから抜け出そうとした時にソロと離ればなれになってしまい、自分は組織に引き戻されてしまいます。

その後月日が流れ、ホワイトワームズから犯罪シンジケートクリムゾンドーンに所属し、ドライデンの副官となります。

ドライデンの船でソロたちと再会し、彼らの監視役として行動を共にします。

 

チューバッカ:ヨーナス・スオタモ(日本語吹き替えキャスト:なし)

ウーキー族の戦士です。

惑星ミンバンで奴隷として帝国軍に捕らえられていました。

そこでソロと出会い、協力して脱出して以降、相棒となり、ソロと行動を共にします。

 

ランド・カルリジアン:ドナルド・グローヴァー(日本語吹き替えキャスト:綱島郷太郎)

曲者の密輸業者です。

ファルコン号に乗って銀河を旅し、ギャンブルによってお金を手に入れては消費するという生活を送っている生粋のギャンブラーです。

最終的にはソロにカードゲームのサバックでイカサマを見抜かれて敗北し、大金とファルコン号を譲ることになります。

 

L3-37:フィービー・ウォーラー=ブリッジ(日本語吹き替えキャスト:野中秀哲)

女性型ドロイドでランドの相棒です。

自分自身をアップデートさせる意識の高いドロイドで、相棒ランドにはちょっぴり反抗的な態度を示します。

意志が強く、ドロイドとしての誇りを持っているため、悪気なく思ったことをすぐに言ってしまう毒舌キャラでもあります。

壮大な銀河の地図データ保有しており、作中でファルコン号のシステムとひとつになります。

 

エンフィス・ネスト:エリン・ケリーマン(日本語吹き替えキャスト:清水理沙)

盗賊クラウド=ライダーズのリーダーです。

ネストは盗賊活動中は仮面を付けており、その素顔は女性です。

殺された母親の後を継いで仮面を付け、奴隷として虐げられている人々を救うため、クラウド=ライダーズを率いて帝国軍と戦っています。

 

トバイアス・ベケット:ウディ・ハレルソン(日本語吹き替えキャスト:ふくまつ進紗)

惑星グリー・アンセルム出身で、数え切れないほどの強奪計画を行ってきたプロの泥棒です。

2丁のブラスターピストルを所有する射撃の名手です。

借金返済のため、犯罪シンジケートクリムゾンドーンから仕事を請け負っており、惑星ヴァンドアで帝国軍のコアクシウムを狙っていました。

そのための準備として惑星ミンバンでATホーラーを盗もうとしており、そのタイミングでソロと出会います。

 

ドライデン・ヴォス:ポール・ベタニー(日本語吹き替えキャスト:土田大)

犯罪シンジケートクリムゾンドーンの表向きの首領です。

彼は自身の船の中で開かれるパーティで銀河系の富裕層や有名人と交流を持ち、裏で違法取り引きや暗殺に手を染めていました。

自身の期待を裏切った者たちに容赦しない冷酷な人間です。

 

ダース・モール:レイ・パーク、サム・ウィットワー(日本語吹き替えキャスト:山路和弘)

ダースシディアスの元弟子です。

スターウォーズシリーズのエピソード1/ファントムメナスでオビ=ワンに破れましたが生きており、犯罪シンジケートクリムゾーンドーンの黒幕として登場します。

バンビ
ソロのやんちゃな感じが良い
フォックス
若い頃からその場凌ぎな感じがソロらしくて良い

 

 

あらすじから結末ネタバレ

銀河帝国が勃興して10年が経過しており、スピードを誇る宇宙船造船で有名な惑星コレリアは帝国の支配下にありました。

コレリアを取り巻く情勢は厳しく、軍需産業かあるいは大企業に所属していない人々の暮らしは貧しいものでした。

ハンはこの星で恋人のキーラとともにレディ・プロキシマを首領とする悪名高いホワイト・ワームズに所属し、身柄の保護と引き換えに犯罪行為を強要されていました。

ハンは、この惑星から抜け出し、いつか自由に銀河を旅することを夢見ていました。

ある日ハンは貴重な精製ハイパー燃料であるコアクシウムを盗み出すことに成功し、キーラと共に逃亡を図ります。

しかしレディ・プロキシマの部下に追跡されてしまいます。

コロネット宇宙港に逃げ込んだ2人は、管理官をコアクシウムで買収して他の惑星に逃げ込む計画でした。

しかしゲートを通り抜ける寸前で、キーラだけ捕まってしまい、ハンだけが通り抜けてしまいます。

ハンはコレリアを脱出するために帝国アカデミーに志願します。

ファミリーネームを登録する際、家族が誰もいないことから受付の兵士は独り身のハンのラストネームとしてソロという名を与えました。

ソロはいつか宇宙船を手に入れ、キーラを必ず助けに戻ることを心に誓います。

それから3年後、銀河帝国軍のアカデミーを追放されていたソロは惑星ミンバンで歩兵として戦っていました。

帝国軍は地下資源目当てでミンバンを侵略し、ミンバンの原住種族の一つミンバニーズと戦っておりソロもその戦場に送られていました。

戦争に加わる気などさらさらなかったソロでしたが、戦場で奇妙な中隊に出会います。

大尉の階級章を付けたベケットと、彼の信頼する仲間のヴァルとリオです。

ソロは二丁のブラスターピストルを操って戦場を切り開くベケットの姿に感銘を受けます。

しかし彼らが帝国軍ではなく戦場荒らしであることをソロは見抜きます。

逃げるチャンスを探していたソロは、自分も一緒に連れて行ってくれるようベケットに頼みます。

ベケットはこれを拒否し、さらにソロを脱走兵として密告します。

脱走兵扱いされてしまったソロはストームトルーパーに捕らわれてしまい収容所に収監されてしまいます。

収容所でソロは足に拘束具を繋がれてしまいます。

そこでソロは囚われていたウーキー族の戦士チューバッカと出会います。

最初はチューバッカに殺されそうになりますが、ソロは一緒に牢を壊して脱出しようと提案します。

そこで2人は戦っている振りをしながら、チューバッカが牢屋の柱を破壊し、脱出に成功します。

ソロは帝国軍のATホーラーを奪ったベケットたちを追いかけ、乗せてくれるよう頼みます。

ヴァルは反対しますが、ウーキー族を気に入ったリオがベケットに乗船を進言し、ソロとチューバッカは無事ミンバンから脱出することに成功します。

ベケットは惑星ヴァンドアにあるイリディウム山脈を通る帝国軍の列車コンヴェイエクスに積まれている精製コアクシウムを強奪する計画を立てており、人手を必要としていました。

キーラを救いにコレリアに戻る宇宙船を手に入れる金がほしいソロは、ベケットの計画に協力します。

惑星ミンバンで盗んだATホーラー使い、列車に飛び移ったソロたちでしたが、列車は警備のレンジトルーパーに厳重に警備されていました。

さらにそこへ盗賊ネスト率いるクラウド=ライダーズがコアクシウムを横取りしようと乱入してきました。

高速で走行する列車上での戦いとなり、ATホーラーを操縦していたリオがライダーズの一人に撃たれてしまい、代わりにソロが操縦することになります。

激しい戦闘の末、ヴァルが自らの命を犠牲にして橋を爆破し、ワイヤーで吊るされた列車をソロが運び出そうとします。

しかしながら最後までネストが食らいついてきます。

そこでソロはやむなくワイヤーを切断し、コアクシウムを積んだ車両はそのまま雪山に落下し、大爆発を起こします。

ヴァルとリオを失い、さらにコアクシウムのダッシュにも失敗したソロたちは、ベケットの依頼主である犯罪シンジケート『クリムゾンドーン』のボスであるドライデンに詫びるため、彼の船に向かいます。

ドライデンの船でソロはキーラと再会を果たします。

思いがけない再会に喜ぶソロでしたが彼女はドライデンの副官となっていました。

ドライデンに詫びたベケットは失敗の穴埋めとして、惑星ケッセルにあるスパイス鉱山で精製前のコアキシウムを奪い、精製可能な惑星サヴァリーンでドライデンに引き渡す事を計画を持ち掛けます。

計画に同意したドライデンは監視役としてキーラにソロたちに同行するよう指示しました。

作戦の準備を始めるとベケットは高速船とパイロットが必要だと言います。

惑星ケッセルのスパイス鉱山はパイクシンジケートが長年取り仕切っているため急いで逃げねばならず、精製前のコアクシウムも不安定で急いでサヴァリーンに運ぶ必要がありました。

作戦成功のカギとなる速い船は、キーラ曰く、密輸業者ランドがその船を持っているというので、一行はランドのいる惑星ヴァンドアへ向かいます。

そこでランドはサバックというカードゲームに興じており、ソロはランドの持つミレニアム・ファルコン号を賭けてサバックに挑みます。

しかしランドのイカサマもあってソロはあえなく負けてしまいます。

そんなランドを、25%の分け前を条件にベケットが勧誘し、ランドはそれを承認します。

そして副操縦士のドロイドL3-37と共に、ファルコン号で一行は惑星ケッセルへ向かいます。

ケッセルの周囲は航行危険ゾーンがあり、ブラックホールなどハイパースペースによる航行が困難な宙域が広がっています。

ここで膨大な宇宙の地図を備えたL3が、優秀なナビゲーターとしての能力を発揮し、安全な航路を抜け無事ケッセルに到着します。

帝国の使いに紛したキーラは、パイクシンジケートのスパイス採掘事業の監督官に、ハンとチューバッカの奴隷売買を持ちかけます。

キーラとベケットは採掘場内への侵入に成功し、司令室の制圧します。

さらにドロイドに対する組織的な弾圧を嘆いていたL3は、次々と奴隷となっていたドロイドを解放し、奴隷たちの鎖も外れ、鉱山内は大混乱となります。

混乱に乗じてソロとチューバッカは、コアクシウムのある深部を目指します。

道中、ウーキー族が虐げられている場面に出くわし、仲間の危機を見過ごせないチューバッカにソロは武器を託し、ひとりで深部を目指します。

ソロはコアクシウムを運び出しにかかりますが鉱山内の道のりは険しく、なかなか進まず、さらに監視人たちに囲まれてしまいます。

そこへ仲間たちを救出したチューバッカがソロの元へ戻ってきました。

チューバッカの協力もありコアクシウムをファルコン号に積み込もうとしますが、採掘場外は奴隷とパイクシンジケートの激しい銃撃戦が行われていました。

そんな中、L3が撃たれてしまいます。

撃たれたL3を助けようと飛び出すランドとソロは何とかL3の頭部のみ持ち帰りますが、L3は間もなく意識を失います。

ケッセルからの脱出に成功しますが、そこには反乱を知った帝国軍のスターデストロイヤーが待ち受けていました。

絶体絶命の状況に、ソロは航行危険ゾーンを抜ける選択をします。

ランドがL3の頭脳をファルコンに繋ぎ、L3がファルコン号と一体化し、L3が導き出すルートを決死の覚悟でソロと副操縦士となったチューバッカが連携して航行を続け、なんとか帝国軍を振り切ります。

巨大なブラックホールに吸い込まれそうになりますが、コアクシウムを燃料として起爆させ、そのエネルギー反動を利用して、ジャンプに突入し無事航行危険ゾーンを抜け切ることに成功します。

一行はコアキシウムを精製するために惑星サヴァリーンへ降り立ちましたが、そこでまたしてもネスト率いるクラウド=ライダーズに囲まれてしまいます。

ソロたちの戦況をファルコン号から見ていたランドは報酬の分け前を受け取る前に、ファルコンに乗って逃亡してしまいます。

ソロたちの前でネストは、自分は奴隷として虐げられている人々を救うため、クラウド=ライダーズを率いて帝国軍と戦っている事を伝えます。

そしてコアクシウムがクリムゾンドーンに渡れば、さらなる悲劇が生まれるため、ネストはソロたちのコアクシウムを狙っていたのです

犯罪シンジケートを野放しにすべきではないと諭すネストに心動かされたソロは、ドライデンにコアクシウムを渡すべきではないと思い直し、ベケットにある計画を話します。

しかしベケットは下りると宣言しその場から去ってしまいます。

仕方なくソロはキーラとチューバッカの3人でドライデンの元へ向かいます。

ベケットの死を装い、コアクシウムを引き渡し、取引は無事終了したかに見えました。

しかしドライデンはソロが持ってきたコアクシウムが偽物ではないかと疑い始めます。

実は事前に内通者から情報を得ていたドライデンは、ソロの計画を悟っていました。

そして本物のコアクシウムを運んでいたネストらを、ドライデンの部下が襲撃し、さらにソロの目の前に去ったはずのベケットが現われます。

実は内通者はベケットでドライデンに情報は筒抜けでした。

しかしソロもまたベケットの動きを読んでいました。

ドライデンの部下がネストが持っていたコアクシウムの燃料の箱を開けると中身は空でした。

ネストに扮していたのはサヴァリーンの住民で、隙をみて本物のネストたちクラウド=ライダーズがドライデンの部活を襲撃し、一網打尽にします。

そして目の前にあるのが本物のコアクシウムだと知ったベケットは、チューバッカに運ばせ、逃亡を図ります。

残されたソロとキーラ、そしてドライデンはそれぞれ武器を取り、戦闘になります。

キーラを一旦はソロに刃を向けるも、その刃を翻し、ドライデンに突き立てます。

そしてキーラはチューバッカを追い掛けるようソロ促し、自分は宇宙船内の宝石をかき集めてから行くと告げます。

チューバッカとベケットに追いついたソロは、ベケットと対峙し、一瞬のすきをついて、ベケットをブラスターで撃ち倒します。

一方、キーラは宝石には目もくれず、ドライデンの指輪を抜き取り、それをモニターに差し込みました。

するとフードをかぶった人物のホログラムが映し出され、キーラはドライデンが何者かに殺され、コアクシウムも奪われたと嘘の報告をします。

フードの人物の正体はダース・モールでした。

モールは直ちに合流するようキーラに命じます。

そしてキーラはドライデンの船を操縦し、飛び立ってしまいます。

ソロは飛び立つキーラが乗った船をただ見つめ続けることしか出来ませんでした。

キーラが去った後にソロはベケットから奪い返したコアクシウムを、ネストらに引き渡しました。

ネストはソロに、反乱軍のいいリーダーになれると告げますが、ソロはネストの誘いを断り、チューバッカと共にサヴァリーンを後にしました。

そして惑星ヴァンドアにやって来たソロは、再びランドにファルコン号を掛けてサバックを挑みました。

今度はランドのイカサマを見抜き、見事勝利を収め、ファルコン号を手に入れます。

チューバッカと共にファルコン号に乗り込んだソロは、とある裏社会の超大物に会うため砂漠の惑星タトゥイーンに向けて飛び立ちました。

感想と評価

ソロのやんちゃぶりがよくわかる作品だったと思います。

こういう若い時があったからこそ今のソロがあるんだなと思いました。

そしてエピソード1で死んだと思っていたダースモールが生きていた事に驚きました。

ソロと空港で別れたキーラがその後どうなってダースモールと出会いドライデンの副官となったのかが気になりました。

そしてキーラはあの後どうなったのか続編があるのではないかと考えてしまいました。

ライトセーバーを使ったスターウォーズ感はあまりない作品でしたが、楽しめる作品でした。

 

見た人の感想は?

感想

キーラが結局何者なのか気になりました。


ケッセルで帝国軍から逃走した時の宇宙空間でのチェイスが面白かったです。


ソロとチューバッカが牢獄で出会ったというのは2人らしいなと思いました。


ダースモールが生きていたことに驚きました。

 

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー動画見逃し配信

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリーはU-NEXTにて440円TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASで動画が500円、宅配レンタルが旧作配信されています。(11月10日時点)

U-NEXTは見放題作品が31日間無料、課金作品が31日間無料期間に貰える600円分のポイントで視聴できます。

TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASは見放題作品が30日間無料、課金作品が30日間無料期間に貰える1080円分のポイントで視聴できます。

 

U-NEXTで見る

※U-NEXTは見放題作品が31日間無料、課金作品が31日間無料期間に貰える600円分のポイントで視聴できます。
※無料期間中の解約で違約金は一切ありません。
※本ページの情報は2019年11月時点のものです。最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。

U-NEXT解約方法


TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASで見る

※TSUTAYA TVは見放題作品が30日間無料、課金作品が30日間無料期間に貰える1080円分のポイントで視聴できます。
※TSUTAYA TV/DISCASは30日間無料期間中に宅配レンタルが利用できるため、無料でレンタルすることができます。
※無料期間中の解約で違約金は一切ありません。
※無料お試し期間終了後、通常月額料金で自動更新となります。
※本ページの情報は2019年11月時点のものです。最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。

TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS解約方法

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

私が選ぶ一押しの「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」を紹介させていただきました。

ソロという名は反乱軍の兵士が付けた名前という事に驚きました。

そしてソロの行き当たりばったりの人生が、今の彼のギャンブル気質に繋がっているのかと思います。

ソロとしては、ファルコン号を手に入れ飛び立つという気持ちのいい終わり方でした。

しかしキーラがその後どうなったのかとても気になりました。

ダースモールも登場し、今後続編があるのではないかと期待してしまいます。

ソロの操縦のうまさも若い時からピカイチであったことも本作では綺麗に描写されていました。

皆さんもぜひご覧下さい