映画・ドラマ・アニメ・電子書籍が無料で安全に公式で見れるお得な情報を随時更新中

ダイハード結末ネタバレ!感想と動画無料視聴方法も紹介!

今回の特集は、ブルース・ウィリス主演の大ヒットシリーズ第1作『ダイ・ハード』です!

クリスマスの夜、ロサンゼルスのとあるビルでテロリストの立てこもり事件が発生します。ブルース・ウィリス演じるジョン・マクレーン刑事は妻のホリーに会うためにそこへ訪れており、事件に巻き込まれてしまいます。そして、ジョンは人質となったホリーを救うため、ひとりでテロリストたちと戦うことになります。

まだ見たことが無い方、見たけど内容忘れた方必見の内容となっていますので是非チェックしてみてください♪

ダイ・ハードの基本情報

タイトル:ダイ・ハード
監督:ジョン・マクティアナン
脚本:スティーヴン・E・デ・スーザ、ジェブ・スチュアート
原作:ロデリック・ソープ
製作:ローレンス・ゴードン、ジョエル・シルバー
製作総指揮:チャールズ・ゴードン
音楽:マイケル・ケイメン
主題歌:Vaughn Monroe『Let It Snow!』
撮影:ヤン・デ・ボン
編集:ジョン・F・フィンク、フランク・J・ユリオステ
製作会社:シルバー・ピクチャーズ、ゴードン・カンパニー
配給:20世紀フォックス
公開:1989年2月4日
上映時間:131分

キャストを紹介

ジョン・マクレーン:ブルース・ウィリス(日本語吹き替えキャスト:樋浦勉)

ニューヨーク市警察の刑事。ナカトミ商事に勤める妻のホリーに会いに来たところ、テロリスト集団の襲撃に巻き込まれてしまい、犯人グループに一人で立ち向かうことになる。無鉄砲で型破りなところがあるが刑事としての鋭い洞察力を備えている。

ホリー・マクレーン:ボニー・ベデリア(日本語吹き替えキャスト:駒塚由衣)

ナカトミ商事の重役で、ジョン・マクレーンの妻。会社を襲撃したテロリストたちに人質として捕らえられる。テレビ局スタッフの強引な取材で自分がジョンの妻だとばれてしまい、テロリスト集団のリーダーのハンスとともにビルの屋上から落下しそうになるが、ジョンに助けられる。

アル・パウエル:レジナルド・ヴェルジョンソン(日本語吹き替えキャスト:内海賢二)

ロサンゼルス市警察の警察官。今作でジョン・マクレーンの味方となる数少ない人物。過去に子どもを誤射したトラウマから銃を撃つことができなくなっていたが、物語のラストでテロリストのひとりがジョンとホリーを殺そうとしたときに、発砲し2人を救った。

ハンス・グルーバー:アラン・リックマン(日本語吹き替えキャスト:小林勝彦)

テロリスト集団のリーダー。役に立たない人間は容赦なく殺害する冷酷な人物で、FBIの動きを先読みしたり、マクレーンが裸足だったことからガラスを撃つように指示し、仲間が殺されて冷静さを失った部下を抑えるなど知略や統率力に長けている。

カール:アレクサンダー・ゴドノフ(日本語吹き替えキャスト:大塚明夫)

テロリスト集団のメンバーで好戦的な性格。弟のトニーをジョンに殺されて激昂し、何度もジョンと戦いを繰り広げる。死闘の末にジョンにチェーンで首を絞められて死亡したかのように思われたが、物語終盤で再び現れてマクレーン夫妻に発砲しようとしたところをアルに阻止される。

アーガイル:デヴロー・ホワイト(日本語吹き替えキャスト:島田敏)

ジョン・マクレーンをロサンゼルス空港からナカトミ商事に送ったリムジン運転手。ビルの駐車場でジョンを待っている間にハンスたちに閉鎖されてしまい出られなくなってしまう。しかしビルが襲撃されていることに気付かず、酒を呑んだり電話していた。テレビ放送によって事態に気付き、自力で駐車場を脱出する。

バンビ
ジョン・マクレーンとテロリストの戦いを描くブルース・ウィリスの代表作だね!アクションシーンや演出が派手で何度見ても飽きない作品だよ!
フォックス
そうだね!ジョンのキャラクターも面白いよね!それに、ジョンとテロリストたちとの駆け引きにもハラハラさせられる作品だね!

 

あらすじから結末ネタバレ

ニューヨーク市警察の刑事ジョン・マクレーンは、別居中のホリーに会うためにロサンゼルスを訪れていました。ジョンはホリーが勤めているナカトミ商事が手配したアーガイルとともにクリスマスパーティに向かいます。パーティ会場でジョンはホリーと再会しますが、そこへハンス・グルーバー率いるテロリストが襲撃してきます。

テロリスト集団は受付の社員を射殺し、ビルを占拠します。そして、ホリーを含むパーティの出席者全員を人質にしました。そのときたまたま別室にいたジョンだけはテロリストに見つかることなく何を逃れました。

テロリスト集団の目的はビルの金庫室に保管されている6億4千万ドルの無記名債権であり、ハンスは社長からパスワードを聞き出そうとします。しかしそれを拒んだ社長は殺されてしまいます。

ハンスたちが占拠するフロアから脱出したジョンは火災報知器を作動させますが、ハンスたちが火災報知器が誤作動したと連絡したため、出動していた消防隊は引き返してしまいます。ジョンはテロリスト集団の1人を倒して奪った無線でロサンゼルス市警に連絡を取ります。しかし無線での通報をイタズラだと思われてしまい、まともに取り合ってもらえませんでした。それでも無線の発信源が火災報知器の誤作動があった現場と一致していたことから、近くをパトロール中だったアル・パウエル巡査部長が現場を訪れることになります。

ジョンはアルに緊急事態を伝えようと、倒したテロリストの死体をアルのパトカーめがけて落下させます。そしてアルは本部に応援を要請しました。
ジョンはアルにテロリストたちの特徴や人質が取られていることなどを伝えます。しかしアルの上司であるロビンソンはジョンの話を信じておらず、突入準備を進めます。ジョンは人質を守るために突入部隊が待機する裏口を爆破します。そうこうしているうちにビルを占拠する犯人グループのリーダーがテロリストであることが判明します。

ハンスは部下達にジョンを捜索させますが、ジョンはテロリストたちを順に倒していきます。ホリーはテロリスト集団を手こずらせているのがジョンだと気付いており、それを同僚のエリスに話します。エリスはハンスに部下たちを殺している男の正体を知っていると交渉を持ちかけようとしますが、殺されてしまいます。
そしてジョン・マクレーンという名前が警察やハンスにばれてしまいます。

ハンスは金庫の無記名債権が目的であることを隠すために、世界のテロリストを解放しろという嘘の声明を出し、さらに罠として逃走用のヘリコプターを用意するよう要求します。

現場に到着し、ロサンゼルス市警に代わって指揮をとることになったFBIは犯人グループを追い詰めるために、建物の電気を落とそうとします。しかし、これはハンスの狙い通りでした。地区一帯が停電になったことで金庫のセキュリティが解除され、ハンスたちは無記名債権を手に入れます。

テレビ局のスタッフはスクープのためにジョンの子どもを取材し、この様子を見たハンスにホリーがジョンの妻であることがばれてしまいます。ハンスは人質たちを屋上へ移動させ、ホリーをジョンとの交渉材料にするために自らに同行させます。

ジョンはハンスが逃走用のヘリコプターを人質もろとも爆破させ、混乱に乗じて逃げようとしていることに気付き、屋上に行きこれを阻止します。そしてハンスに連れ去られたホリーを救うため、ハンスを追います。ハンスを追い詰めたジョンでしたが、ホリーを盾にされ銃を捨てることになります。しかし、背中にガムテープで貼り付けていたもう一丁の銃で隙をついて逆襲します。ハンスはビルの外へ投げ出されますが、ホリーの腕時計をつかんだため、ホリーも巻き添えに落下しそうになります。
ホリーを助けるジョンを道連れにしようとするハンスでしたが、ジョンが腕時計を外したことでハンスは落下していきました。

ビルから脱出しジョンはアルと会い、事件解決と生きて会えたことを喜びます。そこへまだ生きていたテロリストの1人が銃を手にします。それを止めたのはアルでした。アルは過去に子どもを誤って撃ってしまったトラウマから銃を撃てずにいましたが、見事にテロリストの銃撃を阻止しました。
そして、ジョンとホリーは互いへの愛情を再確認しつつ現場を去るのでした。

 

感想と評価

ブルース・ウィリス主演の大ヒットシリーズ第1作です。これぞハリウッド映画というにふさわしい作品で、子どもの頃から地上波放送やDVD・Blu-rayで何度も見ていますが、飽きのこない映画です。ジョン・マクレーンとテロリストとの戦いや銃撃戦など派手なアクションシーンやジョンとアル・パウエルとのかけあいは必見です。

 

見た人の感想は?

感想

①ブルース・ウィリスといえばダイ・ハードだと思います。登場人物ひとりひとりのキャラクターがよく立っていて、善と悪もわかりやすく、ストーリー展開もテンポ良く進んでいきます。昔テレビ放送でよく見ていましたが、家族みんなで楽しめる作品だと思います。


②公開からかなりの年月が経っていますが、今見返しても面白い作品ですね。映画のアクションや映像技術は年々進化しているため、昔の作品を改めて見てみると古くさい印象を受けてしまうことも多々ありますが、ダイ・ハードはそれでも面白さの方が強く何度も見たくなる作品です。


③クリスマスが近づくと見たくなる作品です。公開から時間が経過した今でもアクション映画の最高峰だといえるでしょう。登場人物のキャラクターや脚本が秀逸で、主人公のジョン・マクレーンがスーパーヒーローではなく、普通の中年刑事であるというのも面白いと思いました。


④当時テレビドラマで活躍していたブルース・ウィリスをハリウッドスターに押し上げた作品ですね。低予算で作成された映画らしいですが、そんな雰囲気は感じさせずアクション映画として一級品の映画だと思います。誰もが何度見ても楽しめる作品のひとつですね。

 

 

ダイ・ハードの無料動画見逃し配信

ダイ・ハードの動画見逃し配信はU-NEXTにて見放作品、TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASにて400円でと0円宅配レンタル配信されています。(2019年12月14日時点)

U-NEXTは見放題作品が31日間無料、課金作品が31日間無料期間に貰える600円分のポイントで視聴できます。

TSUTAYA TVは見放題作品が30日間無料、課金作品が30日間無料期間に貰える1080円分のポイントで視聴できます。またTSUTAYA TV/DISCASは30日間無料期間中に宅配レンタルが利用できるため、旧作は無料でレンタルすることができます。

上記のお試し無料期間に貰えるポイントを利用することや無料宅配レンタルを利用することで実質無料で動画視聴やDVD視聴することができますので、これを機会に是非チェックしてみてください♪

 

U-NEXTで見る

※U-NEXTは見放題作品が31日間無料、課金作品が31日間無料期間に貰える600円分のポイントで視聴できます。
※無料期間中の解約で違約金は一切ありません。
※本ページの情報は2019年12月時点のものです。最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。

U-NEXT解約方法


 

TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASで見る

※TSUTAYA TVは見放題作品が30日間無料、課金作品が30日間無料期間に貰える1080円分のポイントで視聴できます。
※TSUTAYA TV/DISCASは30日間無料期間中に宅配レンタルが利用できるため、無料でレンタルすることができます。
※無料期間中の解約で違約金は一切ありません。
※無料お試し期間終了後、通常月額料金で自動更新となります。
※本ページの情報は2019年12月時点のものです。最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。

TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS解約方法

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

私が選ぶ一押しの「ダイ・ハード」を紹介させていただきました。

ブルース・ウィリスをハリウッドスターにした大ヒットシリーズの第1作目です。日本では1989年に公開となった作品で、公開から長い年月が経過した今でも楽しめること間違いなしの作品です。

主人公の刑事ジョン・マクレーンとテロリスト集団との戦いやアル・パウエル巡査とのやりとりは必見です。まだ見たことがないという方や最近見ていないという方は是非ともチェックしてみてください!