映画・ドラマ・アニメ・電子書籍が無料で安全に公式で見れるお得な情報を随時更新中

ダイハード2結末ネタバレ!キャストや感想と動画無料視聴方法も紹介!

今回の特集は、ブルース・ウィリス主演の大ヒットシリーズ第2作目『ダイ・ハード2』です!

1990年に日米で公開された作品で『ダイ・ハード』の続編です。ナカトミビルでのテロ事件から1年後のクリスマス、ジョン・マクレーンは妻のホリーを迎えにワシントン・ダレス国際空港に来ていました。そこでまたもやテロリスト集団が現れ、再び事件に巻き込まれていきます。

まだ見たことが無い方、見たけど内容忘れた方必見の内容となっていますので是非チェックしてみてください♪

ダイ・ハード2の基本情報

タイトル:ダイ・ハード2
監督:レニー・ハーリン
脚本:ダグ・リチャードソン、スティーヴン・E・デ・スーザ
原作:ウォルター・ウェイザー
製作:ローレンス・ゴードン、ジョエル・シルバー、チャールズ・ゴードン
製作総指揮:マイケル・レヴィ
音楽:マイケル・ケイメン
主題歌:Vaughn Monroe『Let It Snow!』
撮影:オリヴァー・ウッド
編集:スチュワート・ベアード
製作会社:シルバー・ピクチャーズ
配給:20世紀フォックス
公開:1990年9月21日
上映時間:124分

キャストを紹介

ジョン・マクレーン:ブルース・ウィリス(日本語吹き替えキャスト:樋浦勉)

妻のホリーの勤務先に合わせてニューヨーク市警からロサンゼルス市警に異動した。前作のナカトミビルでの活躍から世間にジョン・マクレーンの名前が知れ渡っている。ホリーを迎えにダレス国際空港に来たところ、テロリストたちの襲撃事件に巻き込まれる。

カーマイン・ロレンゾ:デニス・フランツ(日本語吹き替えキャスト:池田勝)

ダレス国際空港の空港警察の署長。よそ者のジョンが自分の管轄で好き勝手に動くことを良く思っておらず、最初はジョンの忠告に全く聞く耳を持たなかった。しかし、最後にはジョンに協力的になり、事件を解決に導いたジョンを労った。

レスリー・バーンズ:アート・エヴァンス(日本語吹き替えキャスト:石森達幸)

ダレス国際空港のチーフエンジニア。連絡が途絶えた飛行機と連絡を取るために建設中の新管制塔を起動させる作戦やビーコン無線の活用を思いつくなどの活躍を見せる。敵の襲撃にあったところをジョンに救われたこともあり、ジョンには協力的な人物である。

スチュアート:ウィリアム・サドラー(日本語吹き替えキャスト:大塚芳忠)

元アメリカ陸軍大佐でテロリスト集団のリーダー。エスペランザ将軍の奪還を計画して、今回のテロ事件を引き起こす。ジョンに何度も邪魔をされたことと部下を殺されたことから苛立ちを見せるが、最終的には自らの手で逃走用の飛行機からジョンを落とす。しかし、ジョンが燃料に火をつけたことで飛行機ごと爆発した。

ラモン・エスペランザ:フランコ・ネロ(日本語吹き替えキャスト:吉水慶)

バル・ベルデの独裁者で麻薬王。逮捕されてアメリカへ移送されることになり、その途中に乗員を殺害し、護送機を乗っ取る。ダレス国際空港に降りたところをジョンに襲撃されるが、駆けつけたスチュアートたちによって救出される。物語のラスト、飛行機で逃げようとするが、ジョンが燃料に火をつけたことで仲間とともに爆死した。

グラント:ジョン・エイモス(日本語吹き替えキャスト:大塚明夫)

アメリカ陸軍テロ対策特殊部隊の隊長。スチュアートの教官であったことから敵をよく知る人物として派遣されるが、実はスチュアートの共謀者であり、空包の銃を撃ち合う芝居も見せた。ジョンに見抜かれ、逃走用の飛行機の主翼の上でジョンと戦うが、エンジンに吸い込まれて死亡する。

バンビ
ジョン・マクレーン刑事がまたテロリスト襲撃事件に巻き込まれるね!アクションや飛行機の爆破の演出がすごかったね!
フォックス
そうだね!前作でジョンの相棒だったアル・パウエル警部補や嫌われどころのソーンバーグも登場して、今作でも良いキャラだったね!

 

 

 

あらすじから結末ネタバレ

ナカトミビルでのテロ事件から1年後のクリスマス、妻ホリーの勤務先に合わせてロサンゼルス市警に異動したジョン・マクレーン刑事は、ホリーを迎えにワシントン・ダレス国際空港に来ていました。ジョンは空港警察に駐車違反切符を切られてしまいます。
ニュースでは麻薬王のエスペランザ将軍が逮捕されアメリカに移送されることが報じられ、空港には大勢のマスコミが押し寄せていました。

空港で貨物室に入る怪しい人物を見かけたジョンは刑事の癖から追いかけてしまいます。そして中にいた男性2人に職務質問しようとしますが、激しい銃撃戦になります。ジョンは何とか1人を倒しますが、1人には逃げられてしまいます。そしてジョンはその男を追う途中で空港警察に捕まり、空港警察のロレンゾ署長に空港を封鎖して捜査すべきだと言います。しかし、ロレンゾ署長は全く相手にしませんでした。納得がいかないジョンは自分で倒した男の指紋をとり、ロスにいる親友のアル・パウエル警部補に男の正体を調べてもらいます。その結果、男は2年前にすでに死亡しているはずの元アメリカ陸軍兵士であることがわかります。

直接管制塔に乗り込んだジョンは管制部長のトルドーに空港で起こったことと調べたことについて話します。
そのとき突然空港のシステムがダウンし、滑走路の着陸誘導灯が消え、着陸誘導装置(ILS)も作動しなくなってしまいます。
暗闇の中、飛行機を着陸させることはできないと判断したトルドーは着陸態勢に入っている飛行機を上空で旋回待機させ、他の空港に回せる飛行機は回す手配をします。

空港の管制システムを乗っ取った元アメリカ陸軍のスチュアート大佐とその部下達は、アメリカに移送されてくるエスペランザ将軍の奪還を目論んでいました。そして、トルドーに余計なことをしないよう警告します。

トルドーは緊急事態を政府に伝え、管制システムを復旧させるためにエンジニアのバーンズとSWATを建設中の新管制塔に向かわせます。しかしそこには作業員になりすましたテロリスト集団が待ち受けており、SWATは全滅させられ、バーンズも負傷してしまいます。そこへジョンが駆けつけて敵を全員倒しますが、新管制塔は爆破されてしまいます。

スチュアート大佐は警告に従わなかった見せしめとして、1機の飛行機に偽の管制指示とILS情報を伝えて墜落させます。上空にはまだ複数の飛行機が着陸指示を待っている状態であり、その中の1機にはジョンの妻ホリーも乗っていました。

その後、グラント少佐率いる陸軍対テロ特殊部隊が現場に到着し、指揮をとりはじめます。グラント少佐はエスペランザ将軍を着陸させて、スチュアートたちと合流し高飛びしようとしたところを一網打尽にすると言いますが、ジョンはその作戦に納得できず単独で行動を開始します。
ジョンは着陸したエスペランザ将軍の身柄を抑えることに一度は成功しますが、将軍を迎えにきたスチュアートらと銃撃戦になります。ジョンは緊急脱出装置で何とか危機を脱しますが、将軍たちには逃げられてしまいます。

管制塔ではビーコン無線を使用することで着陸待機中の飛行機と連絡を取ることに成功します。そしてバーンズは各飛行機に管制塔がテロリスト集団に乗っ取られたことを伝えます。
ホリーの乗る飛行機に偶然乗り合わせていた記者のソーンバーグはその無線を盗み聞きし、自分たちがテロリストの人質になっていることを知ります。この情報をスクープとして、機内から報じたことによって空港内は大パニックになってしまいます。

ジョンはバーンズとともにテロリストのアジトを発見し、グラントの部隊もそこへ駆けつけて激しい銃撃戦になります。スチュアートたちはスノーモービルで逃げ出し、ジョンは敵から銃とスノーモービルを奪って追いますが、逃げられてしまいます。そして、スチュアートたちは逃走用の貨物機に乗り込む準備を始めます。そこへグラントの部隊も合流します。

敵から奪った銃が空包であったことに気付いたジョンはスチュアート一味とグラントの部隊が空包であ撃ち合っていたことからグラントが初めからスチュアートの仲間であったことを明らかにします。
これを聞いたロレンゾ署長は総員出動命令を出してジョンとともにスチュアートを追いかけようとします。しかしソーンバーグの報道によって空港はパニック状態になっていたため思うように動けませんでした。その結果、ジョンはスクープを求めていたマスコミに頼んで報道用ヘリコプターでスチュアートたちを追うことになります。

将軍たちを乗せて動き始めた貨物機の主翼にヘリから飛び移ったジョンは補助翼に服をはさんで操作不能にします。ジョンに気付いたスチュアートとグラントはジョンを始末しようと主翼に降り立ってきます。ジョンは何とかグラントを倒しますが、スチュアートには歯が立たず飛行機から落とされてしまいます。
しかしジョンは落ちるときに燃料バルブを開けていました。

そうとは知らず、勝ちを確信したスチュアートは補助翼の服を取り除いて機内へ戻ります。飛行機から落とされたジョンは漏れ出た燃料に火をつけ、飛行機を爆破します。

この爆発の炎が着陸誘導灯の代わりになったことで上空で待機していた飛行機は着陸に成功し、ジョンとホリーは無事に会うことができたことを喜び合います。

感想と評価

ダイ・ハードシリーズの第2作です。前作に引き続いてブルース・ウィリス演じるジョン・マクレーン刑事がテロリスト襲撃事件に巻き込まれ、1人でテロリストたちと戦います。アクションシーンや引き込まれるストーリー展開、ジョンと各キャラクターたちとの掛け合いは必見です。前作に続いてクリスマスの時期設定になっていますので、クリスマスの時期になると自然と見たくなる映画のひとつですね。

見た人の感想は?

感想

①個人的にはダイ・ハードシリーズの中で一番好きな作品です。設定は前作とほぼ同じで、クリスマスにジョン・マクレーンがテロに巻き込まれていきます。空港の警官や前作から登場しているジャーナリストなどストレスのたまるキャラも出てきましたが、彼らがいたからこその面白い場面もあって総合的に大満足の作品です。


②何度見ても楽しめる作品です。大ヒットした1に負けない作品を作ろうという監督やスタッフの意気込みが感じられ、いろいろな映画へのオマージュシーンがあって面白いです。ソーンバーグ記者の存在は今回もいい味を出していてよかったですね。


③前作とはまた異なる味わいのある映画です。テロリスト集団の手口がより巧妙で冷酷になっていたり、味方だと思っていた人物が敵だったりと2ならではのストーリー展開に引き込まれます。新しい登場人物も前作から引き継いて登場する人物も上手く絡んでいて、見ていてテンポが良く、あっという間に見終わります。


④シリーズものの第2作はどうしても見劣りしてしまうというイメージがありますが、ダイ・ハード2はそれを感じさせなかったと思います。ストーリー展開やアクションシーンともに前作からレベルアップしており、登場人物の人間性も描かれていて鑑賞中にいつの間にか夢中になってしまう素晴らしい作品です。

 

 

ダイ・ハード2の無料動画見逃し配信

ダイ・ハード2の動画見逃し配信はU-NEXTにて見放作品、TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASにて400円でと0円宅配レンタル配信されています。(2019年12月26日時点)

U-NEXTは見放題作品が31日間無料、課金作品が31日間無料期間に貰える600円分のポイントで視聴できます。

TSUTAYA TVは見放題作品が30日間無料、課金作品が30日間無料期間に貰える1080円分のポイントで視聴できます。またTSUTAYA TV/DISCASは30日間無料期間中に宅配レンタルが利用できるため、旧作は無料でレンタルすることができます。

上記のお試し無料期間に貰えるポイントを利用することや無料宅配レンタルを利用することで実質無料で動画視聴やDVD視聴することができますので、これを機会に是非チェックしてみてください♪

 

U-NEXTで見る

※U-NEXTは見放題作品が31日間無料、課金作品が31日間無料期間に貰える600円分のポイントで視聴できます。
※無料期間中の解約で違約金は一切ありません。
※本ページの情報は2019年12月時点のものです。最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。

U-NEXT解約方法


 

TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASで見る

※TSUTAYA TVは見放題作品が30日間無料、課金作品が30日間無料期間に貰える1080円分のポイントで視聴できます。
※TSUTAYA TV/DISCASは30日間無料期間中に宅配レンタルが利用できるため、無料でレンタルすることができます。
※無料期間中の解約で違約金は一切ありません。
※無料お試し期間終了後、通常月額料金で自動更新となります。
※本ページの情報は2019年12月時点のものです。最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。

TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS解約方法

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

私が選ぶ一押しの「ダイ・ハード2」を紹介させていただきました。
ブルース・ウィリスをハリウッドスターに押し上げた大ヒットシリーズの第2作です。今作では空港が舞台となり、前作から進化した派手なアクションや飛行機の爆発シーン、そしてどんでん返しもあるテンポの良いストーリー展開で見どころ満載の作品になっています。前作から引き続き登場しているキャラクターも良い味を出していますし、新たな登場人物とジョン・マクレーンとの掛け合いも面白く、家族みんなで楽しめる作品です。是非ともチェックしてみてください!