映画・ドラマ・アニメ・電子書籍が無料で安全に公式で見れるお得な情報を随時更新中

ダイハード4.0結末ネタバレ!キャストや感想と動画無料視聴方法も!

今回の特集は、2007年に公開された大人気シリーズの第4作目『ダイ・ハード4.0』です!

前作『ダイ・ハード3』からおよそ12年ぶりとなる作品ですが、ブルース・ウィリスが演じるジョン・マクレーンは健在です。今作ではサイバーテロによって全米のインフラシステムが乗っ取られてしまいます。ジョンは事件解決の鍵となるハッカー、マシュー・ファレルを保護することになりますが、何度もテロリスト集団の襲撃に遭います。

まだ見たことが無い方、見たけど内容忘れた方必見の内容となっていますので是非チェックしてみてください♪

ダイ・ハード4.0の基本情報

タイトル:ダイ・ハード4.0
監督:レン・ワイズマン
脚本:マーク・ボンバック
原作:マーク・ボンバック、デヴィッド・マルコーニ
製作:マイケル・フォトメル
製作総指揮:アーノルド・リフキン、ウィリアム・ウィッシャー
音楽:マルコ・ベルトラミ
主題歌:クリーデンス・クリアウォーター・リバイバル『Fortunate Son』
撮影:サイモン・ダガン
編集:ニコラス・デ・トス
製作会社:デューン・エンターテインメント、シャイアン・エンタープライズ
配給:20世紀フォックス
公開:2007年6月29日
上映時間:129分

キャストを紹介

ジョン・マクレーン:ブルース・ウィリス(日本語吹き替えキャスト:野沢那智)

ニューヨーク市警察統合テロ対策班の刑事。妻のホリーとは離婚しており、娘のルーシーからも冷たい態度をとられている。FBIからの依頼で、ハッカーのマシューを護衛する任務中にサイバーテロ事件に巻き込まれ、事件解決のために奔走することになる。

マシュー(マット)ファレル:ジャスティン・ロング(日本語吹き替えキャスト:川中子雅人)

ハッカーで今作のジョンの相棒となる人物。ハッカーとしての腕は優秀で知らず知らずのうちにテロリストに加担してしまっていた。テロリストに殺害されそうになったところをジョンに救われ、行動をともにすることになる。

トーマス・ガブリエル:ティモシー・オリファント(日本語吹き替えキャスト:東地宏樹)

元国防総省のプログラマーでありボウマンの同僚でもあったテロリスト集団のリーダー。国の危機管理システムの脆弱性を指摘し、実際に宇宙防衛司令部をハッキングして上司にそれを伝えようとしたが、辞職に追いやられた。その復讐として今回のサイバーテロ事件を計画する。

マイ・リン:マギー・Q(日本語吹き替えキャスト:坪井木の実)

トーマスの部下で恋人でもある。格闘技術に長けており、ジョンとの戦いでもジョンを苦戦させた。ジョンによってエレベーターシャフトから車ごと転落させられ、落下しながらもジョンと戦うが最後はシャフトから落下して死亡した。

ボウマン:クリフ・カーティス(日本語吹き替えキャスト:内田直哉)

FBIの副局長でトーマスとは同僚であった。トーマスの引き起こしたサイバーテロによって対策を講じながら、ジョンに対しても協力的な態度を取る。トーマスたちテロリスト集団がウッドローンにいることがわかったときには、自らも武装しヘリに乗り込むなど勇敢なところを見せる。

ワーロック:ケヴィン・スミス(日本語吹き替えキャスト:坂東尚樹)

マシューと同等のハッキング能力を持ったハッカー。コンピュータ技術だけでなく、前時代的なCB無線も使いこなしており、物語終盤ではサイバーテロによって携帯電話が使えなくなっている状況で、マクレーンとボウマンとの間に連絡回線を構築した。

バンビ
ベテラン刑事になってもやっぱりジョン・マクレーンは破天荒でかっこよかったね!アクションも進化していてすごかったよ!
フォックス
そうだね!事件もインターネット環境が整った世界に合わせてサイバーテロになっていて、いつ現実で起こってもおかしくない内容だったね!

 

 

あらすじから結末ネタバレ

FBI副局長のボウマンは、FBI本部のインフラ監視システムがハッキングされたことによって、全米のハッカーを保護するように命令を下しました。ニューヨーク市警察のジョン・マクレーンはハッカーのマシュー・ファレルを保護することになり、マシューの自宅に向かいますが、殺し屋の襲撃に遭います。激しい銃撃戦の末、ジョンは何とかマシューを守って逃げ切ります。

ワシントンD.C.ではトーマス・ガブリエル率いるテロリスト集団が、交通管制センターをハッキングして交通網をダウンさせ、さらに国土安全保障省や株式市場にもハッキング攻撃を仕掛けてパニックを引き起こします。

ジョンはマシューを連れてFBI本部に合流します。そこでマシュー以外にもハッカーが襲撃を受けており、7人のハッカーが殺害されたことを聞きます。そのとき、犯人グループから犯行声明が出されます。そして、マシューは犯人たちが、公共交通機関、金融、通信網、ガスや水道などの公共設備を順にハッキングしていく「ファイヤー・セール」を企んでいることに気付きます。

マシューはボウマンに、犯人たちの次の狙いは公共エネルギーであると言いますが、ボウマンはそれを相手にしませんでした。しかしジョンはマシューを信じて同行することにします。

その後2人は国土安全保障省に送られることになりますが、マイの偽の誘導や交通網をコントロールされたことで犯人グループに追い詰められます。マシューはマイの正体に気付きますが、ヘリコプターから銃撃を受けます。ジョンはマシューを連れてパトカーでトンネル内に逃げますが、トーマスはトンネル内で車が鉢合わせするように仕向けます。トンネル内では至る所で車が衝突しますが、ジョンとマシューは何とか生き残ります。そしてジョンはヘリコプターにパトカーを突っ込ませて撃墜させることに成功します。

トーマスの部下がヘリコプターを落とされたもののジョンとマシューは死亡したと判断します。その連絡を受けたトーマスはハッキング攻撃を次の段階へ進めます。トーマスの部下たちは情報管理局に侵入し、通信網を乗っ取ります。

マシューは犯人たちは次に電力を停止させるはずだと考え、2人はウエストバージニアにある電力ハブへ向かいます。2人が到着したころにはすでに職員は殺害されており、制御室ではマイが電力を停止させようとしているところでした。ジョンはマイと激しい戦いを繰り広げた末に倒し、マシューは何とか電力供給の停止を阻止することに成功します。

マイの死を知ったトーマスはジョンを殺そうと天然ガスを送り込みます。2人は間一髪で助かりますが、施設は爆発し、東部の電気供給が途絶えてしまいます。マシューはワーロックという知り合いに助けを求めます。ワーロックのハッキングによってトーマスたちの狙いがウッドローンのデータであることがわかります。

トーマスはこのハッキングによってジョンがまだ生きていることに気付き、ジョンの娘のルーシーを人質に取ります。ジョンとマシューはウッドローンに侵入します。ボウマンたちもそれに気付いてヘリコプターと戦闘機でウッドローンへ向かいます。

マシューはセキュリティを解除してパスワードをかけることに成功しますが、トーマスの部下に捕まってしまいます。トーマスはFBIの戦闘機が近づいていることに気付いて車で脱出しようとします。ジョンはトーマスの部下たちを倒してあとを追います。途中、トーマスの策によってボウマンが送った戦闘機がジョンをテロリストだと思い込んで襲います。ジョンは満身創痍になりながらもトーマスを射殺します。そして、ルーシーを救出することができ、家族の仲も深まったようでした。

感想と評価

大人気シリーズであるダイ・ハードシリーズの第4作目です。今回のテロ事件は全米が攻撃対象となったサイバーテロでジョンはハイテク集団に果敢に立ち向かいます。ジョンのアクションやセリフの言い回しはもちろん、今作の相棒となるハッカーのマシューがトーマスたちと戦う中で頼もしく成長していく姿はよかったですね。

 

見た人の感想は?

男性の感想
年をとったブルース・ウィリスがかっこよかったです。今回起こったサイバーテロも現代的な事件で、実際に起こったらどうしようと考えてしまいました。ダイ・ハードはどの作品もジョンと相棒のやりとりが面白いですが、ジョンとマシューのコンビも最高でした。
男性の感想

ことあるごとにテロ事件に巻き込まれてしまうジョン・マクレーンが12年ぶりに復活した作品です。ジョンの不死身っぷりがかなり進化していましたね。アクションももちろんすごかったですが、マシューや娘のルーシーとの関係性が人間味にあふれていて面白かったです。

男性の感想
ブルース・ウィリスはさすがに年を取ったなぁという印象でしたが、アクションは前作までから飛躍的に進化していて、ジョンは完全に不死身人間になっていましたね。ハイテク技術に対してアナログ的な根性で立ち向かう姿に引き込まれました。
男性の感想
何度見返しても手に汗握るアクションの連続で、個人的にはダイ・ハードシリーズの中で一番好きな作品です。サイバーテロに超がつくほどのアナログ人間であるジョン・マクレーンが立ち向かいます。ヘリコプターに車を突っ込ませるシーンには驚かされました。ルーシーが男勝りな性格になるのも納得の父親ですね。

 

ダイ・ハード4.0の無料動画見逃し配信

ダイ・ハード4.0の動画見逃し配信はU-NEXTにて見放題作品TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASにて400円でと0円宅配レンタル配信されています。(2020年1月時点)

U-NEXTは見放題作品が31日間無料、課金作品が31日間無料期間に貰える600円分のポイントで視聴できます。

TSUTAYA TVは見放題作品が30日間無料、課金作品が30日間無料期間に貰える1080円分のポイントで視聴できます。またTSUTAYA TV/DISCASは30日間無料期間中に宅配レンタルが利用できるため、旧作は無料でレンタルすることができます。

上記のお試し無料期間に貰えるポイントを利用することや無料宅配レンタルを利用することで実質無料で動画視聴やDVD視聴することができますので、これを機会に是非チェックしてみてください♪

 

U-NEXTで見る

※U-NEXTは見放題作品が31日間無料、課金作品が31日間無料期間に貰える600円分のポイントで視聴できます。
※無料期間中の解約で違約金は一切ありません。
※本ページの情報は2020年1月時点のものです。最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。

U-NEXT解約方法


 

TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASで見る

※TSUTAYA TVは見放題作品が30日間無料、課金作品が30日間無料期間に貰える1080円分のポイントで視聴できます。
※TSUTAYA TV/DISCASは30日間無料期間中に宅配レンタルが利用できるため、無料でレンタルすることができます。
※無料期間中の解約で違約金は一切ありません。
※無料お試し期間終了後、通常月額料金で自動更新となります。
※本ページの情報は2020年1月時点のものです。最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。

TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS解約方法

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?
私が選ぶ一押しの「ダイ・ハード4.0」を紹介させていただきました。

ダイ・ハードシリーズの第4作となる作品です。インターネット環境が整った世界で現実にも起こり得るサイバーテロを題材にしており、ハイテク技術を駆使するテロリスト集団にジョン・マクレーンが果敢に立ち向かいます。ジョンの不死身さもアクションシーンも過去最高峰と言っても過言ではないでしょう。見たことがある方もそうでない方も是非ともチェックしてみてください!