映画・ドラマ・アニメ・電子書籍が無料で安全に公式で見れるお得な情報を随時更新中

怪盗山猫の最終回ネタバレと視聴率のまとめ!原作との結末の違いは?

 

今回は「怪盗山猫」の最終回についてみていきたいと思います( ゚▽゚)/

 

ドラマ基本情報


タイトル:怪盗 山猫
放送期間:2016年1月~
放送時間:毎週土曜日 21時~
放送局:日本テレビ
原作:怪盗探偵山猫シリーズ 著・神永学
プロデューサー:福井雄太
脚本:武藤将吾
主題歌:UNLOCK

今回のドラマの原作は神永学さんの怪盗探偵山猫シリーズです。原作を読まれていない方は是非チェックしてみてください♪

[btn class=”rich_orange”]楽天で読む[/btn]

 

キャスト・相関図


山猫:亀梨和也
勝村英男:成宮寛貴
高杉真央:広瀬すず
霧島さくら:菜々緒
関本修吾:佐々木蔵之介
宝生里佳子:大塚寧々

 

あらすじ

主に企業から大金を盗むと同時に相手に悪事を暴き出す天才怪盗山猫(亀梨和也)の姿を描いています。

ある夜、振り込め詐欺で資金を稼いでいる団体のビルに潜入した山猫は、金庫から大金を奪うことに成功するが「魔王」というハッカーに邪魔されてしまいます。

山猫は自分の事件の連載記事を書く雑誌ライターの勝村英男(成宮寛貴)を呼び出し、アジトへと連れていきます。

そして山猫はかつて「魔王」について連載していた勝村に、その正体を問いただし、協力を促していくという感じで物語は始まっていくのです。

山猫は企業から大金を奪ったあげくにその悪事も暴くため、世間から支持され、強烈なカリスマ性をもっています。亀梨さんもカリスマ性というとこでは非常に高い評価があるので結構この役ハマってますね♪

原作怪盗山猫ネタバレ

編集者の勝村、そして刑事の霧島サクラが犯人に捕まり絶体絶命のピンチを迎えたところで演歌を歌いながら現れたのが山猫♪

彼は刑事の関本に協力を要請する。自分は捕まっても良いので勝村を助けるのを手伝って欲しいと。

関本は山猫に手錠をかけてパトカーの後部座席に待機させていましたが案の定彼はスルリと手錠を外して逃走。拘束されていた勝村と霧島が無事に開放され一件落着です。

因みに原作のラストでは、先輩と後輩の関係だった勝村と霧島が、男女の関係に進展するのかな?ってところで終わっています。

最終回ネタバレ

勝村(成宮寛貴)に裏切られ、逆襲を狙う山猫(亀梨和也)。彼は、関本(佐々木蔵之介)とともに、結城邸へ向かう。二人のターゲットは、屋敷のどこかにある旧日本軍の莫大な隠し財産と、結城の命だった。山猫と関本は、警察の目をかいくぐり、結城邸を守るボディガードたちと戦いながら屋敷の中へ潜入する。

関本は山猫に、隠し財産があると見られる地下へ行くように指示し、自分が結城を探し出して殺すと告げる。関本に教えられた通りに地下へ向かう山猫を、勝村が待っていた。二人は、ぶつかり合い、死闘を繰り広げるのだった。ボロボロになりながらも、屋敷の奥深くへと進む山猫。ついに、目指す場所へたどり着いた彼の前に、思いがけない真実が待っていた。

結菜の運転でストレイキャットでスタンバイしていた山猫と関本。いつものおふざけタイムをやっていると、関本の携帯に「準備ができた」と連絡が入った。
結城邸では結城側から警備を断られた警察が建物周辺で見張っていた。関本は用意した囮で警察を引きつけ、山猫と関本は井戸から邸内へ侵入。庭を見張っていた結城のボディーガードたちをあっさり片付けた2人。関本は、自分は結城の部屋へ行くからお前は隠し財産を探せと山猫に指示する。山猫は不審そうな思ったが、関本の指示に従う。

結城邸の地下へ潜り込んだ山猫は小部屋に閉じ込められる。直央のハッキングでも解除できないロックシステムは、人工知能によって管理されていた。

結城邸内に侵入した里佳子と真央によってロックが解除され、小部屋から出た山猫が辿り着いた地下室はがらんどう。そこに現れたのは、刀を携え結城天明の仮面をつけた関本だった。

結城天明はとうの昔に死亡し、その頭脳だけをコンピューターに移植、精神のみとなってネットので生きていた。

関本は結城の思想に心酔しており、ずっと山猫を欺いていた。圧倒的な力の差で山猫を傷めつける関本、ポロポロになった山猫に向かって言った。

不正を暴いたつもりの行動は全て結城の思惑通りだった。
結城の操り人形として生かされていただけだった。
山猫が奪った金はすべて結城の政治資金になった。
お前がやったことは全部無駄だった。
結城に見放されたお前には生きる意味はない、結城の姿で引導を渡してやる。

盗みはするが奪いはしない。山猫のその信条に対し、何かを変えたいなら奪ってみろと言う関本、ぼろぼろの山猫がその腹に刀を突き立てる。関本は大量の血を吐いて倒れた。血まみれの関本を前に、自害しようとする山猫。

その耳に、警備室から叫ふ真央の言葉が響いた。いつの間にか関本の体も消えていた。真央の必死の叫びに、死を思いとどまった山猫はいずこともなく消えてしまう。あんたがいたから笑えた、あんたがいたから変われたあんたがやってきたことは無駄なんかじゃない警備室に踏み込んだ犬井たちによって、里佳子と真央は逮捕される。
遅れて現場に着いた犬井は、公安の資料を調べた結果、関本修吾だと思っていた人物が全くの別人であったことをさくらに話す。

後日談。
勝村は病院を抜け出し、関本と山猫とともに行方不明。結城邸はまったく別人の建物で、一時借りられていただけだったと判明。結城邸の一件から1年後、少年鑑別所を出所した真央がストレイキャットへ戻ってくる。里佳子からも、もうすぐ着くとメールが。
そして、ドアの向こうから調子外れの歌声が聞こえた。

視聴率

[box class=”blue_box” title=”怪盗山猫の視聴率”]

日本テレビ、土曜21時、主演・亀梨和也
全話平均視聴率:10.9%
・第01話(01/16):14.3%
・第02話(01/23):13.6%
・第03話(01/30):11.1%
・第04話(02/06):10.0%
・第05話(02/13):9.5%
・第06話(02/20):12.4%
・第07話(02/27):10.1%
・第08話(03/05):9.3%
・第09話(03/12):9.6%
・第10話(03/19):8.9%[/box]

[kanren postid=”2213,2510″]