はじめまして愛しています最終回ネタバレと視聴率!原作との結末の違いは?




こんにちはマサパンです♪
(。・ω・)ノ゙ コンチャ♪
今月から新しい新居に住んでいるんですが
カーテンがなかなか来ないという、、、
今回初めてオーダーカーテンを頼んだんですが
仕上がるまで2週間もかかるそう^_^;
本来なら1カ月程前に頼むそうで
我が家は引っ越してから注文したので
一時カーテンが無い生活、、、w
引っ越しはいろいろと大変だと
改めて思いました!

さて今回は7月クールのドラマ
「はじめまして愛しています」について
見ていこうと思います。尾野真千子さんと
江口洋介さんが主演を務めることで話題に
なってますね♪江口洋介さんは本当に
かっこいいと思います♪個人的には芸能人
かっこいいランキングトップ5に
入ってます(*^_^*)
どんな演技をみせてくれるか楽しみです♪
そしてやっぱり気になるのが最終回♪
どんな結末なのか?原作はあるのか?
気になるあれこれを見ていきたい
と思います(。・ω・)ノ゙
ということで今回は7月クールのドラマ
「はじめまして愛しています」の最終回
ネタバレや視聴率と原作との結末の
違いまで見ていき私の個人的な意見や解釈を
中心に語りたいと思います( ゚▽゚)/

【ドラマ基本情報】

yjimage (1)

タイトル:はじめまして愛しています
放送日時:
放送局:テレビ朝日系
脚本:遊川和彦
監督:片山修/日暮謙
ゼネラルプロデューサー:黒田徹也(テレビ朝日)
プロデューサー:山田兼司(テレビ朝日)太田雅晴(5年D組)

【キャスト】

梅田美奈(うめだ・みな)(35)役:尾野真千子
image

世界的に有名な指揮者を父に持つピアニスト。
10年前に結婚し、自宅で子ども向けの
ピアノ教室を開きながら国際コンクールでの
入賞を目指しているが、現在49連敗中。
近々行われる年齢制限35歳のコンクールを
最後にしようと決めている。夫の理解を得て
夢が実現するまでは子どもを作らない
という道を自ら選択しながら、同年代の母親を
見ると、自分は一体何者なのだと、若い頃に
描いていた未来とかけ離れた現実につい自問自答
をしてしまう日々。それでも人前で弱音を
吐くことはなく、いつも笑顔を心がけている。
だが、残念ながら子どもからは好かれず
自分も苦手に思っている。そんな日常で
溜まったうっぷんは、一人自宅の便器に
向かい「ああぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!」と
絶叫し発散。レモネード作りが得意。

梅田信次(うめだ・しんじ)(45)役:江口洋介
image (1)

美奈の夫。近所の不動産管理会社勤務。
稀に見るお人好しで損することも
しょっちゅうだが、性格を改める考えは
まったくない。また、すべての出会いや
出来事には意味があると考えるたちで
たまたま目にした時計の数字や車のナンバーで
ゲンを担ぐことが大好き。根拠なく「運命」を
主張する信次に妻の美奈はうんざりしているが
そんなことは意に介さない。父は他界。
年老いた母は施設に入居。なにかと
厄介ごとを持ち込んでくる妹弟がいるが
大きな問題とは思っていない。美奈と美奈の
ピアノを心から愛しているが、実はそんな
美奈にも打ち明けていない家族の秘密を持っている。

男の子(5)横山 歩くん
dfgjgy

親に捨てられた子ども。
突如、美奈と信次の前に姿を現す。
心を閉ざし口も一切開かないので名前は不明。
唯一、美奈のピアノにだけ反応を示す。

親に捨てられた子ども。
突如、美奈と信次の前に姿を現す。
心を閉ざし口も一切開かないので名前は不明。
唯一、美奈のピアノにだけ反応を示す。

梅田巧(うめだ・たくみ)(37)役:速水もこみち
image (2)

信次の弟。定職に就かずフラフラしている。
女性に貢がせては結婚詐欺で訴えられそう
になったり、捨てた相手に追い回されたり
常に女性関係のトラブルに巻き込まれている。
どうしようもないダメ人間だが、
どこか愛嬌があり憎めない。
結婚や家族制度に意味がないと考えており
生涯結婚しないと決めている。

不破春代(ふわ・はるよ)(40)役:坂井真紀
image (3)

信次の妹。8歳の娘に対し過干渉な親。
夫に興味はなく、ある意味で娘に依存
しながら生きている。人に取り付くのがうまく
美奈に母の見舞いの代行をさせることもしばしば。
いいように美奈を利用しておきながら、
血のつながらない子どもを養子にしようと
する美奈に、お腹を痛めて産んだ本当の
母親であることに自尊心と驕りを抱く。

堂本真知(どうもと・まち)(57)役:余 貴美子
image (4)

児童福祉司の資格を持つ児童相談所の
ベテラン職員。梅田夫妻に、男の子を
養子にできるかどうか審判を下す重要人物。
何を考えているのか心の在りどころが
わからない不気味さを漂わせているが
すべての言動の裏には彼女なりの意図が
存在している。

追川真美(おいかわ・まさよし)(68)役:藤 竜也
yjimage

美奈の父。世界的に有名な指揮者。
音楽に向かう愛情は常軌を逸していて
家族を顧みず社会常識は欠如。
娘の美奈とも親子とは思えぬ距離を置き
夫である信次のことは名前すら覚えていない。
幼いころの美奈にとっては音楽が唯一
そんな父と自分を結びつけるものだった。
その呪縛は今も美奈を苦しめている。

やはりこのキャストの中で
注目しているのは江口洋介さん♪
私はむかしから江口さんのファン
なんですよo(*^▽^*)o~♪
「一つ屋根の下」は何回も見たものです♪
あんちゃんかっこよかったな~w
今回はどんなイケメンぶりみせてくれるか
注目したいと思います(^◇^)

 

【あらすじネタバレ】

自宅でピアノ教室を開いている梅田美奈
(尾野真千子)のもとに、新しい生徒が
母親とともにやってくる。
だが、子どもの様子から音楽が好きではない
と悟った美奈は、
「無理にやらせても、上達しない」と、
子どもの興味を引く特段の努力もせず
あっさりとレッスンを終了。
期待を裏切られた思いの母親は
「有名指揮者の娘だって
聞いたから来たのに!」との捨て台詞を
美奈に浴びせ、怒りもあらわに子どもを
連れ帰ってしまう。反論せず、ただ頭を
下げ親子を見送った美奈は
そのままトイレに駆け込む。
「ああぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!」
便器に向かってうっぷんを吐き出す美奈。
これが、誰も知らない美奈の日常だ。
その晩、美奈は帰宅した夫の信次
(江口洋介)から、近所でゴミ箱を
あさるなど不審な生き物が出没する
との噂を聞かされる。変質者か、危険な
動物か分からないというが、
そんなことよりも今、美奈が案じなければ
いけないのは近々ある国際コンクール
のことだ。10代の頃から夢見ている
コンクールでの入賞。これまで49連敗で
35歳を迎えてしまった美奈は、
年齢制限のあるコンクールへの出場は
今回が最後だと決めていた。
そんな覚悟で美奈がピアノの練習を
している最中に、夫が言っていた不審な
ものが自宅の庭に侵入する。
恐る恐るその正体を確かめると、
それは予想だにしなかった、
幼い男の子だった!
服も体も汚れ、無表情で何も
しゃべらない男の子の素性は
何一つ分からない。ただ、美奈の
差し出したドーナツをむさぼる様子から
空腹であるということだけが分かる。
その後、男の子は親から虐待を
受けていたことが判明。
その親もこの一カ月以上、姿が
確認されないことから、男の子は
養護施設に入る。
数日後、その男の子が、どういうわけか
再び梅田家の庭に姿をあらわす。
いまだ何も語らず、名前すら分からない
という男の子が、二度も自分の家に
やってきたことに運命めいたものを
感じた夫は、密かに特別養子縁組に
ついて調べ始める…。

二度も自分の家に来たからと言って
運命を感じ特別養子縁組を考えるって
マジでありえない!!ww
正直私は無理ですw
さすがに子供でもいきなり家に
いたら怖いし家族になるって
相当勇気がいることだと思います。
初めから養子縁組をしたくて子供を
探すっていうならばつですけどね(^^)
いきなりすごいはじまりですが
どんな物語になっているのか
楽しみですo(*^▽^*)o~♪

【最終回ネタバレ】

それでは気になる最終回のネタバレを
見ていくとしましょう♪
まずはこのドラマに原作はあるのかを
調べてみたところ、今回のドラマには
原作はないとのことでした!
ていうことは完全なドラマオリジナ
では脚本家は誰かを調べてみたところ
なんと!あの社会現象ともなった
「家政婦のミタ」をはじめ
数々の話題作を世に送りだしている
遊川和彦さん!
これはかなり期待できる作品に
なっていますねo(*^▽^*)o~♪
「家族とは何か?」家族の在り方を
テーマにした作品ですが
梅田家は特別養子縁組として
幸せな家族を築くことができるのか?
最後まで目が離せませんね!!

 

追記

<第一話>

自宅でピアノ教室を開いている梅田美奈(尾野真千子)のもとに、新しい生徒が母親とともにやってくる。だが、子どもの様子から音楽が好きではないと察した美奈は、「無理にやらせても上達しない」と、子どもの興味を引く特段の努力もせずあっさりとレッスンを終了。期待を裏切られた思いの母親は、「有名指揮者の娘だって聞いたから来たのに!」との捨て台詞を美奈に浴びせ、怒りもあらわに子どもを連れ帰ってしまう。反論せず、ただ頭を下げ親子を見送った美奈は、そのままトイレに駆け込む。
「ああぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!」
便器に向かってうっぷんを吐き出す美奈。これが、誰も知らない美奈の日常だ。
その晩、美奈は帰宅した夫の信次(江口洋介)から、近所でゴミ箱をあさるなど不審な生き物が出没するとの噂を聞かされる。変質者か、危険な動物か分からないというが、そんなことよりも今、美奈が案じなければいけないのは近々ある国際コンクールのことだ。10代の頃から夢見ているコンクールでの入賞。これまで49連敗で35歳を迎えてしまった美奈は、年齢制限のあるコンクールへの出場は今回が最後だと決めていた。
そんな覚悟で美奈がピアノの練習をしている最中に、夫が言っていた不審なものが自宅の庭に侵入する。恐る恐るその正体を確かめると、それは予想だにしなかった幼い男の子だった!
服も体も汚れ、無表情で何もしゃべらない男の子の素性は何一つ分からない。ただ、美奈の差し出したドーナツをむさぼる様子から、空腹であるということだけが分かる。
その後、男の子は親から虐待を受けていたことが判明。その親もこの一カ月以上、姿が確認されないことから、男の子は養護施設に入ることになる。
それから数日後、その男の子が、どういうわけか再び梅田家の庭に姿をあらわす。いまだ何も語らず、名前すら分からないという男の子が、二度も自分の家にやってきたことに運命めいたものを感じた夫は、密かに特別養子縁組について調べ始める…。

 

<第二話>

育児放棄された男の子の親になると決め、梅田美奈(尾野真千子)と梅田信次(江口洋介)が特別養子縁組の申請をしてから3カ月、二人は堂本真知(余貴美子)からの電話を落ち着かない気持ちで待っていた。今日は二人が里親として適格かどうかの判定が下される運命の日なのだ。
この3カ月、二人は里親資格を得るためにさまざまな研修を受けてきた。子どもが苦手な美奈は養育実習に四苦八苦。面接では隠しておきたかった持病の告白を余儀なくされ、家庭訪問では梅田巧(速水もこみち)の前科が疑われるなど、真知による身辺調査は微に入り細に入り、時に二人の関係をぎくしゃくさせた。特に、それぞれの親の問題は美奈と信次に大きくのしかかる…。
やっとの思いで書類の提出にまでこぎつけた二人。あとは結果を待つのみだったが、信次は真知に無理を言って男の子との面会を果たすと、今度は男の子に美奈のピアノをもう一度聴かせたいと懇願。その熱意にほだされたのか、真知は規則を曲げて男の子に外出許可を出す。
門限は6時。それを過ぎれば里親申請も認められなくなる。真知の言いつけを肝に銘じ、男の子と養護施設を出る美奈と信次。その時、二人は、いまだひと言も話さず誰が近づいても逃げるだけという男の子と、手をつなぐことに成功する。気を良くした信次は、直接家に向かわず動物園に行くことを選択。それが大きな事件を巻き起こすとも知らずに…。

 

<第三話>

特別養子縁組に向けた里親認定の許可が正式に下り、梅田美奈(尾野真千子)と梅田信次(江口洋介)が男の子(横山歩)を家に迎える日がやってくる。といっても、まだ二人が親として認められたわけではない。一緒に家庭生活を送る中で、適切な親子関係が築かれたと裁判所が判断して初めて、戸籍上正式な親子になるための手続きが取られるのだ。
「これからの方がもっと大変」。堂本真知(余貴美子)の言葉を思い出し、気持ちを引き締める美奈。しかし、過食や偏食といった里親の愛情を図る子どもの“試し行動”は、ほぼ100パーセントの確率で現れると改めて聞かされ、つい不安が顔に出てしまう。
一方の信次は朝から興奮状態。美奈をいつもの根拠のない語呂合わせで励ましつつ、いまだ名前が分からない男の子に新しい名前を授けるといって、隠し玉のように用意してきた名前を披露する。美奈も知らされていなかったその名前とは…。
男の子は、梅田家に来てからも無言のままだったが、心配していた試し行動もなく、拍子抜けするほど穏やかな日々が過ぎていく。ところが…
三日目にしてついに嵐が襲来。美奈、絶叫の日々が幕を開ける!!

<第四話>

ハジメ(横山歩)による壮絶な“試し行動”が終わったのもつかの間、今度は第二の試練“赤ちゃん返り”が梅田美奈(尾野真千子)を襲う。昼夜を問わず、ハジメは美奈に抱きつき片時も離れようとしない。堂本真知(余貴美子)によれば、“赤ちゃん返り”は実の親に甘えられなかった反動の現れで、解決法はハジメが満たされるまで本当の赤ちゃんのように扱う以外にないという。
美奈は、5歳児を抱っこしたりおんぶしたり、時にはおっぱいをねだられても辛抱強く付き合う。しかし、ピアノ教室はおろか一人でトイレに行くこともできず、次第に疲労が蓄積。持病の痔も悪化し、夫の信次(江口洋介)とはつい無駄な衝突を起こしてしまう。
そんな美奈を心配した信次は、ハジメにピアノを弾かせてみるよう提案。するとハジメは…。
さらに信次は、美奈に内緒である行動を起こす。美奈は、自分の大変さを理解してくれないと感じていた信次の、夫としてだけでなくハジメの父親としての思いやりを知り、自分もハジメの本物の母親になるためにある決断を下す。

<第五話>

ハジメ(横山歩)に親と認められ、梅田美奈(尾野真千子)と夫の信次(江口洋介)にとって本格的な子育てがいよいよ始まる。
堂本真知(余貴美子)の助言に従い、「ハジメにどんな人間になって欲しいのか」を考える二人。信次はハジメが笑わないことを気にかけ、「笑顔を絶やさない人になってほしい」と大らかな目標を掲げる。一方の美奈は、ピアノ教室でさまざまな子どもを見てきたせいか、挨拶から食べ物の好き嫌い、箸の持ち方など細かいところまで、つい多くを望んでしまう。その結果、美奈は知らず知らずのうちに、ハジメに「ダメ」と「◯◯しなさい」を繰り返すようになっていく。
最初は渋々ながら言うことをきいていたハジメだが、やがてイライラが爆発。ピアノ教室の邪魔をすると、美奈から字の勉強をさせられていた道具を庭に放り捨ててしまう。その態度にカッとなった美奈は思わず手を上げ…!?
美奈と信次が愛情をどう伝えるべきか思い悩む中、ハジメの反抗的な態度はなおも続き、ついには「お母さんのピアノなんか嫌い!お母さんも嫌い!」と美奈に楯突くまでに。それを聞いた信次は顔色を変え…!!

<第六話>

ハジメ(横山歩)が幼稚園に入る日がやってくる。梅田美奈(尾野真千子)は準備に大忙し。夫の信次(江口洋介)が「うめだはじめ」と書かれた名札を見ながらしみじみ感涙を流そうとも、付き合ってばかりはいられない。ハジメは普通の幼稚園生活になじめるのか? ハジメが養子であることを知らせるべきか? 何より、自分たちはまだ6カ月の試験養育期間中なのだ。堂本真知(余貴美子)はこのまま何事もなければ特別養子縁組が確定するだろうと言うが、美奈の心配は尽きない。
そんな中、不破春代(坂井真紀)の娘の明日香(平澤宏々路)が梅田家に家出してくる。その理由は「ママに虐待されたから」…!?
幼稚園では心配していたトラブルが入園早々に発生する。呼び出しを受けハジメを迎えに行った美奈は、園児の間でいじめがあることを知らされる。また、ハジメが描いたという家族の絵を見せられ…。

<第七話>

梅田家に突然現れた黒川月子(富田靖子)は、美奈(尾野真千子)や信次(江口洋介)に断りもなく、いきなりハジメ(横山歩)を連れて帰ろうとする。美奈は混乱しつつも驚くハジメをかばいながら正々堂々と抗議。堂本真知(余貴美子)も手続き上の問題があるとして、月子の身勝手な振る舞いを押し留める。しかし、月子はハジメの出生届を提示すると、虐待の理由も告げずに速やかな引き取りを要求する…!
特別養子縁組制度では実の親が子どもを手放すことを拒否した場合、申請中の里親に抵抗するすべはない。美奈たちにとって唯一の望みは、実母による虐待の再発が危険視され、児童福祉法28条が適用された場合のみだ。ただし、その場合も、実名の判明に伴い二人が授けたハジメという名前は使えなくなってしまうという。
以来、美奈と信次にはただ祈るだけの日々が続く。ハジメが学校に入ったら、恋をしたら、結婚したら…ハジメの将来を想像し、親として成長を見届けたいと強く願う美奈と信次。そして、そんな二人の子どもでいられると信じているハジメ。果たして、3人にどんな運命が待ち受けているのか…

<第八話>

ハジメがいなくなった梅田家では、美奈(尾野真千子)と信次(江口洋介)の会話も消え、ただ時間だけがむなしく流れていく。自分たちの子どもを作ればいいという春代(坂井真紀)や巧(速水もこみち)の慰めは、美奈たちにとってなんの意味も持たない。むしろ、感情を逆なでされた信次は、春代や巧、そして母親に対する不満を爆発させてしまう。
しかし、これまで梅田家の力になってくれていた堂本真知(余貴美子)でさえ、他の子の特別養子縁組を申し立てることも、美奈と信次が未来に向かって生きる方法の一つだと言ってくる。真知によれば、現在、祖母の月子(富田靖子)と暮らしているハジメに虐待の様子は見られないという。ただし、母親の泉(志田未来)はいまだ入院中で、ハジメとは話もしていないらしい…。
どうしても気持ちの整理がつかない二人は、ハジメが引き取られた長野へ向かうことを決意。そこで、二人が見たものとは…!?

<第九話>

梅田美奈(尾野真千子)と信次(江口洋介)の二人は、自分たち夫婦の方がハジメ(横山歩)を養育するのに適していると、家庭裁判所に監護者指定を申し立てる。堂本真知(余貴美子)から「勝つ確率はゼロに近い」と言われても、二人の気持ちは変わらない。ハジメと再び暮らせるようになるまで何があってもあきらめない、そう二人は決めたのだ。
それからの二人は、自分たちの愛をすべての人に伝えようとの思いで、周囲の人々と向き合っていく。信次は母親に、美奈は父親に、これまでのわだかまりを捨て初めて愛の言葉を伝える。また、美奈はハジメを生んでくれた黒川泉(志田未来)にも思いを込めて手紙を書くのだが…。
監護者指定の申し立ては真知の予想通り却下される。美奈たちは高等裁判所への上訴をすぐさま決断。そんな中、泉が「死なせてほしい」との遺書を残して姿を消す!
泉はどこへ行ってしまったのか? ハジメ出生の真実は明かされるのか? そして美奈、信次、ハジメの3人は本当の家族になることができるのか?
最後に誰も予想できない奇跡が起こる…!?

【視聴率】

視聴率に関しては随時こちらに
追記させていただきますねo(*^▽^*)o~♪
因みに木曜日に現在放送中のドラマの
視聴率は下記のようになっています♪
参考まで(^◇^)

・グッドパートナー〜無敵の弁護士〜
テレビ朝日、木曜21時、主演・竹野内豊
全話平均視聴率:10.6%

・第01話(04/21):12.9%
・第02話(04/28):9.9%
・第03話(05/05):10.5%
・第04話(05/12):11.1%
・第05話(05/19):9.1%
・第06話(05/26):9.3%
・第07話(06/02):11.7%
・第08話(06/09):

・早子先生、結婚するって本当ですか?
フジテレビ、木曜22時、主演・松下奈緒

全話平均視聴率:5.6%
・第01話(04/21):6.8%
・第02話(04/28):6.1%
・第03話(05/05):4.9%
・第04話(05/12):5.0%
・第05話(05/19):5.4%
・第06話(05/26):5.2%
・第07話(06/02):5.7%
・第08話(06/09):

・はじめまして、愛してます。

テレビ朝日、木曜21時、主演・尾野真千子
全話平均視聴率:9.6%
・第01話(07/14):10.0%
・第02話(07/21):11.4%
・第03話(07/28):8.4%
・第04話(08/04);9.8%
・第05話(08/11):8.8%
・第06話(08/18):9.1%
・第07話(08/25):9.6%
・第08話(09/01):

・次の木曜ドラマはこちら(。・ω・)ノ゙ 

シェフ三ツ星の給食
キャスト相関図とあらすじ
をチェック!主演は天海祐希!
fgfghfdd

はじめまして愛していますの
子役は誰?キャスト相関図や
あらすじネタバレ!
CjvlwhwVEAAfZ4f

はじめまして愛しています
ロケ地(撮影場所)や衣装!
動画や主題歌は?
image (1)

 





おすすめの動画配信サイトはこちら

時代とともにDVD、Blu-rayプレーヤーから動画配信サービスに変わってきた現在、レンタル屋さんに行かなくてもインターネットさえあればドラマや映画が見れるようになりました。しかしいくつもの動画配信サービスが登場しているため、どれを選んでいいか分からないといい方も少なくないと思います。こちらでは代表的な動画配信サイトの無料期間や料金、サービス内容をまとめていますので是非参考にしてみてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です