奪い愛、冬キャスト相関図やあらすじネタバレ!元彼役は誰?主題歌もチェック!




 

こんにちはマサパンです♪
(。・ω・)ノ゙ コンチャ♪
今週の土日は久々の休み♪
とうとう来週は結婚式なので
最終調整に入りました♪
考えるとなんだかドキドキw
やっぱり緊張するもんですね( *´艸`)
これから幸せな家族を築けるよう
頑張ります♪

さてそんな私が今回注目するのは
1月スタートのドラマ「奪い愛、冬」
について♪こんな幸せ絶頂の私とは
正反対なドロドロしたドラマに
なっているようですよ!w
こんな時期に見てはいけないと
思うもののやっぱりドロドロ系って
なんか見ちゃうんですよねw
もしかしてそんな刺激的なことを
欲しているのかな?w
まぁそれは冗談ですが今回のドラマの
キャストやストーリーはどうなって
いるんでしょうか?
見ていくとしましょう(^^♪
ということで今回は2017年
冬ドラマ「奪い愛、冬」の
キャストや相関図とあらすじネタバレ
等について見ていき私の個人的な意見や
解釈を中心に語りたいと思います♪

【ドラマ基本情報】

hrsthtrsh

ドラマタイトル:奪い愛、冬
放送局:テレビ朝日系
放送曜日:毎週金曜日
放送時間:22:15~
脚本:鈴木 おさむ
音楽:沢田 完
ゼネラルプロデューサー:横地 郁英(テレビ朝日)
プロデューサー:川島 誠史(テレビ朝日)遠田 孝一(MMJ)八巻 薫(MMJ)
演出:樹下 直美 ほか
制作:テレビ朝日・MMJ

今回プロデューサーを務める
川島 誠史さんのコメントがありましたので
載せさせて頂きますね( ゚▽゚)/

金曜よるの「ドロキュン劇場」がいよいよ幕を開けます! 鈴木おさむさんが紡ぎだす、これまでにないジャンルともいうべき新しい形のこの恋愛ドラマ。男女が激しすぎるほどの情念をぶつけ合うドロドロでスピード感溢れる愛憎劇の世界に、この冬、あなたをいざないます。主演は倉科カナさん、そしてその相手役が三浦翔平さん。今もっとも旬なお二人が、激しい愛をさらに加速させ、さらに鮮烈に体現してくれることでしょう。冬の雪を解かすほどに熱く激しい“愛の奪い合い=奪い愛”をぜひお楽しみください!

公式HP 本人コメント引用

きました!ドロキュン劇場!
倉科カナさんと三浦翔平さんの
ドロキュン劇は是非見てみたいですね!
倉科さんは現在月9の「カインとアベル」
のヒロイン役、三浦さんんは前回の
月9「好きな人がいること」に
出演。今まさに旬な二人♪
この二人がどんなドロドロぐあいを
見せてくれるか非常に楽しみですo(*^▽^*)o♪
またこの二人に割って入る
元彼やその妻は誰が演じるでしょうか?
次はキャスト陣を見ていきましょう( ゚▽゚)/

【キャスト・相関図】

池内 光(いけうち・ひかる)(29)役:倉科 カナ
afvfadv
デザイン会社で働く女性。正義感が強く
先が読めてデキる女。実家は小さな
定食屋さんを営んでいる。
父親は幼い頃に病死し、母親に女手ひとつで
育てられた。同じ会社で付き合っている、
同い年だが後輩の男性・奥川康太に
プロポーズされ、婚約することに。
仕事場では康太にも厳しく接するが、
プライベートでは結婚を目前にウキウキした
日々を送る。ところがある日、かつて
死ぬほど愛したにもかかわらず、
突然姿を消してしまった元彼と再会。
自制しようとする気持ちとは裏腹に
今では妻帯者である元彼への愛が再燃し、
彼を求め始めていく…。

本人コメントもありましたので
載せさせていただきますね(^^♪

鈴木おさむさんの脚本がとにかく面白いんです。とても刺激的で、ちょっとドロドロしていて、スピード感があって…次の展開がどうなるか予測不可能! 視聴者の皆さんにもきっと楽しんでいただけると思います。実を言うと、私はラブストーリーの経験が少ないので、気恥ずかしさも感じているんです(笑)。そこを乗り越えて、「この人も好きだし、でもあの人も…」という“心の機微”を表現することが一番の挑戦になると思います。ラブシーンもありますけど、そこだけに力を入れるわけではなく(笑)、鈴木おさむさんの世界観を壊さないように演じていきたいです。
三浦さんとは初共演ですが、爽やかな方という印象があります。三浦さんはこの間もラブストーリーをやってらっしゃいましたし、どんなアプローチでお芝居をされるのか楽しみです。「お芝居を通してどんな化学反応が生まれるんだろう!?」と、今からすごく期待しています。
私にとって、このドラマはテレビ朝日さんでは初主演作。素直にありがたい気持ちでいっぱいです。撮影に入る前に自分の中の毒素をできるだけデトックスして(笑)、ベストな状態で光ちゃんという役に熱量を注ぎながら、お芝居に取り組めたらいいな、と思っています。

公式HP 本人コメント引用

奥川 康太(おくがわ・こうた)(28)役:三浦 翔平
csdcdsdsvdsdv
池内光の婚約者。光と同じデザイン会社に勤務。
別会社を経営する母親に溺愛されている。
裕福な家庭で大事に育てられてきたからか、
優柔不断の癒し系。その反面、ここぞという時には
意志の強さも発揮する。現在の会社にも、
デザインをやりたい気持ちを抑えられず、
母親のコネで就職した会社を辞めて自力で転職した。
光との婚約の意志も、母親の猛反対に遭っても
決して揺るがない。だが、光の心は元彼へと
吸い寄せられていくことに。光の心が離れるに従い
彼女への愛と嫉妬心が強まり、どんどん
“嫌な自分”になっていく…。

こちらも本人コメントもありましたので
載せさせていただきますね(^^♪

まだ自分の役柄をちゃんと把握してない中で、プロットを読んだだけでも「面白そうだな」と思いました。『奪い愛、冬』というタイトルがまず衝撃的! 「これは夏もあるのかな? なぜ冬なんだろう!? 放送が冬だからなのか、それとも別の意味があるのか…」と、いろいろ想像が膨らみました(笑)。今回は“奪い愛”という言葉からも分かるように、激しい内容になりそうです。僕の役もどんどん狂気じみていくし、とにかく登場人物がみんなヤバイ。でも、ただ全員がヤバイだけじゃなく、その中に「愛というものは何なんだろう」という軸がしっかり描かれているので、すごく楽しみです。
今回は自分を思いっきり開放し、今までの僕のイメージを変える役になりそうです。というのも、ここまで嫉妬にまみれる役は初めて。撮影では放送できないレベルくらいまで、とにかく行けるところまで演じてみて、どんな自分が見せられるか楽しみです。
倉科さんとはテレビ局ですれ違ったくらいの接点しかありませんけど、ほんわかした印象があります。現場では楽しくコミュニケーションを取り、いろんな意味でヤバイ作品を一緒に作っていきたいです。

公式HP 本人コメント引用

追記!

ようやくドラマ始まりましたね♪
キャスト陣も発表されましたので
追記させて頂きますね♪
元彼役は今ノリノリに乗っている
大谷亮平さんでしたo(*^▽^*)o~♪

森山 信役:大谷 亮平

池内光の元彼。旧姓・尾田。
かつては光の上司であり、
結婚を意識した恋人でもあった。
だが突然、ある事情から一方的に
別れを告げ、光の前から姿を消した…。
現在は、幼馴染の森山蘭と結婚しており
別のデザイン会社に勤務。
その有能な働きぶりから高い評価を
得ている。福岡勤務だったが
ある日、3カ月限定で東京勤務
になる。そこで、どんな運命の
いたずらか、光と再会し…!?

豊野 秀子役:秋元 才加

池内光と奥川康太と同じデザイン会社に
勤務。明るい性格で、社内でも評判が良く
先輩の光とも仲がいい。だが
それはあくまで表の顔…。
実は康太のことが好きで
光との仲を壊そうと画策している。

尾上 礼香役:ダレノガレ明美

奥川康太の幼なじみ。
奥川家とは家族ぐるみの付き合いを
している。大学時代には康太と付
き合っていた。康太の母・美佐は
息子と結婚させたがっているが…!?

加藤 清役:西銘 駿

森山信の会社の後輩。
信が行くところには、どこにでも
ついていく右腕的存在。仕事が
デキる信のことを尊敬している。

斎藤部長役:ミスターちん

森山信が働くデザイン会社の部長で
直属の上司。信の妻・蘭のことも
よく知っているようで…!?

池内 麻紀役:キムラ緑子

池内光の母。下町で小さな定食屋さん
を営んでいる。夫を病で亡くした後
女手一つで光を育ててきた。経済的に
苦しい状況にある母を助けようと
毎月給料の一部を仕送りしてくれる
光に対し、心苦しさを感じている。
光の幸せを誰よりも強く願っており
奥川康太との結婚にも賛成するが…?

武田 玄役:三宅 弘城

池内光の会社の部長。
かつて部下だった森山(尾田)信に
強烈なライバル意識を持っていた。
光のことが好きだったが、フラれた
過去がある。現在は人知れず
部下の豊野秀子と親密な関係にある。

奥川 美佐役:榊原 郁恵

奥川康太の母。料理研究家。
夫は不動産で成功している金持ち。
一人息子の康太を溺愛している。
康太が自分には何ひとつ報告せぬ
まま光と付き合っていた上に
いきなり結婚したいと言い出した
ことが気に入らず、光に対して
さまざまな形で陰湿な嫌がらせをする。

森山 蘭役:水野 美紀

森山信の妻。小さい頃からずっと
信のことが好きだった。
信が夫となった現在も、彼のことを
激しく愛しており、東京勤務にも同伴する。
そんな中、信と光が再び接触しだしたこと
に勘づき、猛烈に嫉妬の炎を
燃やしていくことに…。過去に
ある事件に巻き込まれて以来
右足が動かない。

 

【あらすじネタバレ!】

では最後に気になるあらすじネタバレ
について見ていきましょうo(*^▽^*)o~♪

主演・倉科カナが演じるのは
デザイン会社社員・池内光
。裕福ではない
家庭に育ったものの、持ち前のガッツと
頭脳で仕事も優秀にこなし、おまけに
婚約者もいるという、公私ともに
充実している女性。ところがそんな彼女の前に
突如、かつて死ぬほど愛した元彼が
現れたことから、事態は急転! 婚約者が
いるにもかかわらず、その心はどんどん
元彼を求めていく。
元彼には妻もいるというのに…

一方、三浦翔平が演じるのは
光の婚約者・奥川康太
。金持ちのボンボンで
優柔不断な癒し系男子の康太ですが、自分の
やりたいことを実現するために、親のコネで
入った会社を辞めて再就職するという気概の
持ち主。そんな康太の隠れた意志の強さは、
光への揺るがぬ愛にも表れてる。しかし…光の
心が離れるに従って、かつて存在しなかった
“もうひとりの康太”が目覚めることに!
なんと嫉妬のあまり、“嫌な自分”へと変貌を
遂げていく
…。

光と康太を中心に繰り広げられる『奪い愛、冬』。
しかし、“奪い愛”がこの2人と、光の元彼の
間だけで収まることはない。
元彼の妻も嫉妬の炎を激しく燃やすことに!
さらに、康太に想いを寄せる同僚や、康太を
溺愛する母親からも、これでもかという
ほどの横やり
が入り、あちこちで“奪い愛”の
乱が勃発!その人間模様たるや、ドロドロの極み…

というのがあらすじになります。
なかなかドロドロ具合ですね~W
果たして光と元彼は今後どの
ように接近していくんでしょう?
まったく目が離せません!
毎週金曜日の22:15~の
ドラマ「奪い愛、冬」!
要チェックですよ~( ゚▽゚)/

大谷亮平の彼女や結婚と経歴は?
韓国逆輸入のプロフィール!
竹野内豊さんとの関係も!

奪い愛、冬最終回ネタバレと
視聴率!原作との結末の違いは?
光が選んだのは○○!?
hrsthtrsh





おすすめの動画配信サイトはこちら

時代とともにDVD、Blu-rayプレーヤーから動画配信サービスに変わってきた現在、レンタル屋さんに行かなくてもインターネットさえあればドラマや映画が見れるようになりました。しかしいくつもの動画配信サービスが登場しているため、どれを選んでいいか分からないといい方も少なくないと思います。こちらでは代表的な動画配信サイトの無料期間や料金、サービス内容をまとめていますので是非参考にしてみてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です