奪い愛、冬最終回ネタバレと視聴率!原作との結末の違いは?光はどっちを選ぶ!?




 

こんにちはマサパンです♪
(。・ω・)ノ゙ コンチャ♪
昨日はずっと家でテレビを見て
ダラダラという最高の一日を
過ごすことができました♪
出かけて美味しいものを食べたり
欲しいものを買ったりというのも
いいですが、たまには家の中で
ゴロゴロも最高ですね♪

さてそんな私が今回注目するのは
前回に引き続きドラマ「奪い愛、冬」
について♪前回はキャストやあらすじ
ネタバレについて見ていきましたので
今回は最終回ネタバレや視聴率等について
見ていこうと思います(^^♪
光は婚約者と元彼のどっちを
選ぶんでしょうね?また今回の作品には
原作はあるんでしょうか?
合わせて見ていくとしましょう♪
ということで今回はドラマ
「奪い愛、冬」の最終回ネタバレや
視聴率と原作との結末の違いについて
見ていき私の個人的な意見や解釈を
中心に語りたいと思います♪

【ドラマ基本情報】

hrsthtrsh

ドラマタイトル:奪い愛、冬
放送局:テレビ朝日系
放送曜日:毎週金曜日
放送時間:22:15~
脚本:鈴木 おさむ
音楽:沢田 完
ゼネラルプロデューサー:横地 郁英(テレビ朝日)
プロデューサー:川島 誠史(テレビ朝日)遠田 孝一(MMJ)八巻 薫(MMJ)
演出:樹下 直美 ほか
制作:テレビ朝日・MMJ

 

【キャスト・相関図】

前回の復讐がてらキャストとあらすじを
軽く見ていきましょう( ゚▽゚)/

池内 光(いけうち・ひかる)(29)役:倉科 カナ
afvfadv
デザイン会社で働く女性。正義感が強く
先が読めてデキる女。実家は小さな
定食屋さんを営んでいる。
父親は幼い頃に病死し、母親に女手ひとつで
育てられた。同じ会社で付き合っている、
同い年だが後輩の男性・奥川康太に
プロポーズされ、婚約することに。
仕事場では康太にも厳しく接するが、
プライベートでは結婚を目前にウキウキした
日々を送る。ところがある日、かつて
死ぬほど愛したにもかかわらず、
突然姿を消してしまった元彼と再会。
自制しようとする気持ちとは裏腹に
今では妻帯者である元彼への愛が再燃し、
彼を求め始めていく…。

奥川 康太(おくがわ・こうた)(28)役:三浦 翔平
csdcdsdsvdsdv
池内光の婚約者。光と同じデザイン会社に勤務。
別会社を経営する母親に溺愛されている。
裕福な家庭で大事に育てられてきたからか、
優柔不断の癒し系。その反面、ここぞという時には
意志の強さも発揮する。現在の会社にも、
デザインをやりたい気持ちを抑えられず、
母親のコネで就職した会社を辞めて自力で転職した。
光との婚約の意志も、母親の猛反対に遭っても
決して揺るがない。だが、光の心は元彼へと
吸い寄せられていくことに。光の心が離れるに従い
彼女への愛と嫉妬心が強まり、どんどん
“嫌な自分”になっていく…。

森山 信役:大谷 亮平

池内光の元彼。旧姓・尾田。
かつては光の上司であり、
結婚を意識した恋人でもあった。
だが突然、ある事情から一方的に
別れを告げ、光の前から姿を消した…。
現在は、幼馴染の森山蘭と結婚しており
別のデザイン会社に勤務。
その有能な働きぶりから高い評価を
得ている。福岡勤務だったが
ある日、3カ月限定で東京勤務
になる。そこで、どんな運命の
いたずらか、光と再会し…!?

豊野 秀子役:秋元 才加
池内光と奥川康太と同じデザイン会社に
勤務。明るい性格で、社内でも評判が良く
先輩の光とも仲がいい。だが
それはあくまで表の顔…。
実は康太のことが好きで
光との仲を壊そうと画策している。

尾上 礼香役:ダレノガレ明美
奥川康太の幼なじみ。
奥川家とは家族ぐるみの付き合いを
している。大学時代には康太と付
き合っていた。康太の母・美佐は
息子と結婚させたがっているが…!?

加藤 清役:西銘 駿
森山信の会社の後輩。
信が行くところには、どこにでも
ついていく右腕的存在。仕事が
デキる信のことを尊敬している。

斎藤部長役:ミスターちん
森山信が働くデザイン会社の部長で
直属の上司。信の妻・蘭のことも
よく知っているようで…!?

池内 麻紀役:キムラ緑子
池内光の母。下町で小さな定食屋さん
を営んでいる。夫を病で亡くした後
女手一つで光を育ててきた。経済的に
苦しい状況にある母を助けようと
毎月給料の一部を仕送りしてくれる
光に対し、心苦しさを感じている。
光の幸せを誰よりも強く願っており
奥川康太との結婚にも賛成するが…?

武田 玄役:三宅 弘城
池内光の会社の部長。
かつて部下だった森山(尾田)信に
強烈なライバル意識を持っていた。
光のことが好きだったが、フラれた
過去がある。現在は人知れず
部下の豊野秀子と親密な関係にある。

奥川 美佐役:榊原 郁恵
奥川康太の母。料理研究家。
夫は不動産で成功している金持ち。
一人息子の康太を溺愛している。
康太が自分には何ひとつ報告せぬ
まま光と付き合っていた上に
いきなり結婚したいと言い出した
ことが気に入らず、光に対して
さまざまな形で陰湿な嫌がらせをする。

森山 蘭役:水野 美紀
森山信の妻。小さい頃からずっと
信のことが好きだった。
信が夫となった現在も、彼のことを
激しく愛しており、東京勤務にも同伴する。
そんな中、信と光が再び接触しだしたこと
に勘づき、猛烈に嫉妬の炎を
燃やしていくことに…。過去に
ある事件に巻き込まれて以来
右足が動かない。

【あらすじネタバレ!】

主演・倉科カナが演じるのは
デザイン会社社員・池内光
。裕福ではない
家庭に育ったものの、持ち前のガッツと
頭脳で仕事も優秀にこなし、おまけに
婚約者もいるという、公私ともに
充実している女性。ところがそんな彼女の前に
突如、かつて死ぬほど愛した元彼が
現れたことから、事態は急転! 婚約者が
いるにもかかわらず、その心はどんどん
元彼を求めていく。
元彼には妻もいるというのに…

一方、三浦翔平が演じるのは
光の婚約者・奥川康太
。金持ちのボンボンで
優柔不断な癒し系男子の康太ですが、自分の
やりたいことを実現するために、親のコネで
入った会社を辞めて再就職するという気概の
持ち主。そんな康太の隠れた意志の強さは、
光への揺るがぬ愛にも表れてる。しかし…光の
心が離れるに従って、かつて存在しなかった
“もうひとりの康太”が目覚めることに!
なんと嫉妬のあまり、“嫌な自分”へと変貌を
遂げていく
…。

光と康太を中心に繰り広げられる『奪い愛、冬』。
しかし、“奪い愛”がこの2人と、光の元彼の
間だけで収まることはない。
元彼の妻も嫉妬の炎を激しく燃やすことに!
さらに、康太に想いを寄せる同僚や、康太を
溺愛する母親からも、これでもかという
ほどの横やり
が入り、あちこちで“奪い愛”の
乱が勃発!その人間模様たるや、ドロドロの極み…

【最終回ネタバレ】

では気になる最終回のネタバレにつて
見ていきましょう( ゚▽゚)/
まずは今回のドラマに原作はあるのか
についてですが調べてみたところ
今回のドラマには原作はないとの
ことでした!ということは
完全なドラマオリジナルということ
ですね!これは最終話まで一話たりとも
見逃せないパターンですね!
そして今回この作品を手掛けるのが
2016年に話題となった「不機嫌な果実」
のスタッフと脚本家の鈴木おさむ氏。
もうドロドロとした内容には
間違いなさそうですw
脚本家の鈴木氏と川島プロデューサーの
本人コメントもありましたので
載せさせて頂きますね(^^♪

見てくれる皆さんの予想をいい意味で裏切り続ける、ハイスピード展開の愛を奪い合う激しい恋愛ドラマになると思います。奪い合う愛に正義なんかないかもしれませんが、その先に真実の愛が見えてくる…はずです。

鈴木おさむ氏 本人コメント

金曜よるの「ドロキュン劇場」がいよいよ幕を開けます! 鈴木おさむさんが紡ぎだす、これまでにないジャンルともいうべき新しい形のこの恋愛ドラマ。男女が激しすぎるほどの情念をぶつけ合うドロドロでスピード感溢れる愛憎劇の世界に、この冬、あなたをいざないます。主演は倉科カナさん、そしてその相手役が三浦翔平さん。今もっとも旬なお二人が、激しい愛をさらに加速させ、さらに鮮烈に体現してくれることでしょう。冬の雪を解かすほどに熱く激しい“愛の奪い合い=奪い愛”をぜひお楽しみください!

川島誠史(プロデューサー) 本人コメント

因みに「不機嫌な果実」の最終回では
不倫は卒業し、一応ハッピーエンドを
迎えましたw
今回の「奪い愛、冬」の最終回は
どんな終わり方するでしょうか?
楽しみにするとしましょうo(*^▽^*)o~♪

ネタバレに関しては最終回を
迎え次第こちらに追記させて頂き
ますね(。・ω・)ノ゙

追記!

<第一話>
デザイン会社で働く池内光(倉科カナ)はある日、アシスタントで恋人の奥川康太(三浦翔平)からプロポーズされる。ちょっと頼りないけれど、とても優しく、何よりも光を全身で愛してくれる康太。彼の大きな愛に包まれ、光は幸せを噛み締めていた。
そんな中、光は会社を代表し、建設会社のロゴデザイン・コンペに参戦することになる。意気込むあまり緊張する光を励まそうと、オリエンテーション会場に向かうエレベーターの中でキスをする康太。だがその瞬間、ふいに開いた扉の向こうに視線を移した光は、ある一点から目が離せなくなってしまう。そこにいたのはライバル会社のデザイナー・森山信(大谷亮平)――旧姓・尾田。彼こそは、かつて光が死ぬほど愛した男、そして…3年前に突然、好きな人がいると告げ、姿を消してしまった男だった!
康太の存在に癒され、とっくに記憶の彼方へ飛んでいったはずなのに…。せきを切ったように、止めどなくあふれ出す信との思い出。だが、そんな事実を康太に告げられるわけもなく、光はただひとり激しく動揺する…。しかも、その日を境に、幸せで輝いていた光の人生に、どんよりと影が差し始める。一人息子の康太を溺愛する美佐(榊原郁恵)は、光のことが気に入らず、身辺を調査。一方、信の妻・蘭(水野美紀)は、最愛の夫に変な虫がつかないよう、鋭く目を光らせ…!

 

<第二話>
3年前に突然姿を消した元彼・信(大谷亮平)との再会を果たし、心が大きく揺れ動く光(倉科カナ)。そんな中、光はよく足を運ぶお気に入りの場所で、信とまたも遭遇してしまった。自分の心は今や信にない――そう自らに言い聞かせるためにも、翌日、光は2人で会った事実を婚約者・康太(三浦翔平)に告白。だが、その際、アクシデントで信に抱きしめられたことだけは、どうしても言えなかった…。
康太に頼まれ、光は信との思い出の場所へ康太を連れて行くことに。ところがそこで、信の妻・蘭(水野美紀)と会ってしまう! 実は、蘭は日々GPSで信の動きを監視しており、彼がこの場所で光と会っていた証拠までも見つけていた…! もちろん、光も康太も、蘭が何者であるか知る由もない。そんな2人の前で、蘭は一突きで光の心臓をえぐるような、陰険な行動に出る!
その後、光を早く自分だけのものにしようと焦った康太は“ある計画”を練り始める。一方、信は3年前に何があったのか、すべてを光に打ち明けようと決意。光を呼び出すが、それが“とんでもない恐怖の事態”を呼び寄せてしまう――。

ヤバイ!ヤバイ!ヤバイ!
絶対ロッカーに隠れていたこと
気づいてたでしょ!?w
ていうか水野美紀さんの
演技マジでヤバいw
圧巻ですね!
ロッカーに隠れている倉科カナに対して
微笑むところとか帰り際ロッカーに
向かって「じゃあね」っていうところ
とかもう鳥肌立っちゃったよw

<第三話>
光(倉科カナ)は婚約者の康太(三浦翔平)と2人きりで、一泊で熱海へ温泉旅行に出かけることに。光は完全にぬぐい去ることのできない元彼・信(大谷亮平)の存在を必死にかき消しながら、康太との時間を楽しもうとする。かたや、康太の胸の奥にも、どうしてもぬぐい去れない感情が渦巻いていた。同僚・秀子(秋元才加)のいらぬ入れ知恵のせいで、光が今も信の誕生日をスマホの暗証番号にしているのではないか…と疑っていたのだ。そんな2人の前に突如、結婚に猛反対する康太の母・美佐(榊原郁恵)が出現! “猛烈パンチ”を、立て続けに浴びせ…!?
その頃、光と夫が再接近していることを嗅ぎ付けた信の妻・蘭(水野美紀)は、“背筋も凍るような攻撃の数々”を虎視眈々と企んでいた。その手始めとして、なんと信を伴って光の会社へと踏み込んでいくことに! それを機に起こった“ある騒動”が起爆剤となり、光と康太の心にはさらに大きなうねりが生じ…!
そんな中、光は康太に断り、信のもとを訪れる。目的は信の忘れ物を届けること――ところが、この行為がとんだ命取りとなってしまう!

やばーい!w
今度は水野美紀さんがロッカーに
隠れてた~!!w
ていうかあの人形のカメラも
ヤバ過ぎでしょ!?w
もう怖い、、、w

<第四話>
元彼・信(大谷亮平)とキスしたところを、その妻・蘭(水野美紀)に見られてしまった光(倉科カナ)。その日から、彼女のSNSには「淫乱」「泥棒」といった罵詈雑言の数々が書き込まれることに…。そんな折、光の婚約者・康太(三浦翔平)を狙う同僚・秀子(秋元才加)が、蘭と接触。女同士が結託し、光に“天罰”を与えようと画策しはじめる。
一方、どういう風の吹き回しか、あれほど結婚に猛反対していた康太の母・美佐(榊原郁恵)は、態度を軟化。光を家に招き、これまで散々嫌がらせをしたことを詫びる。ところが、そこへ思いがけない宅配便が届く。その中身を見た康太は突然、光の目の前でとんでもない行動に出る!
そんな中、光と康太は“ある目的”を果たすため、信と蘭の家を訪問。そんな2人を、蘭は何を考えているのか、冬の海へと旅行に誘う。今彼と元彼、その妻との4人旅行…。その先に待つのは地獄か、天国か…!? 絡み、もつれ、奪い合う! 一寸先は闇の四つ巴旅行が始まる――。

 

<第五話>
元カノ・光(倉科カナ)と妻・蘭(水野美紀)の前で、「俺はまだ、光のことが好きだ」と、衝撃の告白をした信(大谷亮平)。その現場を目撃した光の婚約者・康太(三浦翔平)は頭に血が上り、信につかみかかる。ところが、制止に入ろうとした光を弾みで突き飛ばし、気絶させてしまう結果に…。康太は警察の厄介になり、会社からも謹慎処分を食らってしまう。
一方、蘭は信への愛憎の念をますます膨らませ、挑発的な行動で信を追い詰めていく。ついに信は家を出て行ってしまい、そのことに激しいショックと怒りを覚えた蘭は、康太の母・美佐(榊原郁恵)に接近! これまでとは違った方法で、光に対する攻撃を企てる。
そんな中、嫉妬心を爆発させた康太は光の愛を独占することしか考えられなくなり、以前とは別人のように暴走。なんと、休日に光が信に会いに行けないよう、家の中に監禁し始める! 恐怖で怯える光…。さらに、蘭が光の母・麻紀(キムラ緑子)にまで魔の手を伸ばし始めた! 光はついに、蘭との直接対決を決意。一方、信には、思わず言葉を失うような“残酷な運命”が忍び寄る――。

 

過去のストーリーを見逃した方
はこちらで見れます♪

【視聴率】

視聴率に関してはこちらに追記させて
頂きますね♪
因みに過去のこの時間帯のドラマ視聴率は
下記のようになっています♪

不機嫌な果実
テレビ朝日、金曜23時15分、主演・栗山千明
全話平均視聴率:7.7%

・第01話(04/29):8.2%
・第02話(05/06):7.4%
・第03話(05/13):7.7%
・第04話(05/20):7.2%
・第05話(05/27):6.5%
・第06話(06/03):8.6%
・第07話(06/10):8.3% 終

グ・ラ・メ!~総理の料理人~
テレビ朝日、金曜23時15分、主演・剛力彩芽
全話平均視聴率:5.6%

・第01話(07/22):7.2%
・第02話(07/29):6.7%
・第03話(08/05):4.1%
・第04話(08/12):4.3%
・第05話(08/19):5.0%
・第06話(08/26):6.9%
・第07話(09/02):5.3%
・第08話(09/09):5.6% 終

家政夫のミタゾノ
テレビ朝日、金曜23時15分、
主演・松岡晶宏(TOKIO)
全話平均視聴率:7.6%

・第01話(10/21):8.2%
・第02話(10/28):6.7%
・第03話(11/04):7.5%
・第04話(11/11):7.6%
・第05話(11/18):8.0%
・第06話(11/25):7.7%
・第07話(12/02):7.6%
・第08話(12/09):8.0% 終

この時間帯というこもあり
なかなか二桁は難しいようですが
今回は内容的にも期待できると思います♪
その視聴率にも注目ですよ( ゚▽゚)/

奪い愛、冬
テレビ朝日、金曜23時15分、主演・倉科カナ
全話平均視聴率:6.0%

・第01話(01/20):6.6%
・第02話(01/27):5.1%
・第03話(02/03):5.8%
・第04話(02/10):6.5%
・第05話(02/17):

大谷亮平の彼女や結婚と経歴は?
韓国逆輸入のプロフィール!
竹野内豊さんとの関係も!

奪い愛、冬キャスト相関図や
あらすじネタバレ!
元彼役は誰?主題歌もチェック!
hrsthtrsh





おすすめの動画配信サイトはこちら

時代とともにDVD、Blu-rayプレーヤーから動画配信サービスに変わってきた現在、レンタル屋さんに行かなくてもインターネットさえあればドラマや映画が見れるようになりました。しかしいくつもの動画配信サービスが登場しているため、どれを選んでいいか分からないといい方も少なくないと思います。こちらでは代表的な動画配信サイトの無料期間や料金、サービス内容をまとめていますので是非参考にしてみてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です