映画・ドラマ・アニメ・電子書籍が無料で安全に公式で見れるお得な情報を随時更新中

BG最終回ネタバレ!原作の結末は?無料動画見逃し配信もチェック!

 

さて今回は前回に引き続き1月からスタートのドラマBG~身辺警護人~について♪前回はキャストやあらすじネタバレについて見ていきましたので今回は気になる最終回ネタバレについて!いったいどんな結末で今作は原作はあるんでしょうか?見ていくとしましょう♪

ということで今回は1月ドラマBG~身辺警護人~の最終回ネタバレや原作の結末と無料動画見逃し配信について見ていきたいと思います( ゚▽゚)/

ドラマ基本情報

ドラマタイトル:BG~身辺警護人~
放送予定:2018年1月18日~
放送曜日:毎週木曜日
放送時間:夜21:00~
放送局:テレビ朝日系
脚本:井上由美子

 

公式Twitter

 

 

キャスト・相関図

島崎 章役:木村拓哉

民間の警備会社の身辺警護課所属。かつては敏腕のボディーガードとして働いていたが、ある出来事をきっかけに、工事現場の一警備員となっていた。しかし身辺警護課の新設を機に、復帰を決意。過去は隠し、ほかのメンバーと同じく“新人ボディーガード”として着任する。チームの仲間たちからは頼りない存在だと思われているが、ボディーガードとしてのスキルは卓越したものがあり、徐々にそれが明らかに…。私生活では、中学生の息子とふたり暮らしだが、息子の思春期もともなってか、いまいち円滑なコミュニケーションはとれていない。


高梨雅也役:斎藤工

身辺警護課所属。元自衛隊員ということもあり、新人ボディーガードの中では卓越した能力を持っている。その為、他のメンバーを見下しているところも。性格は、よく言えばまっすぐで情熱的悪く言えば思いこみが激しく融通が利かない。


菅沼まゆ役:菜々緒

身辺警護課所属。メンバー唯一の女性ボディーガード。かつては将来を有望視される柔道選手で運動神経は抜群。ボディーガードの仕事は、お金のためと割り切っていて、危険手当の出る仕事には食いつく。


沢口正太郎役:間宮祥太朗

身辺警護課所属。就活戦線に失敗。どこからも内定を貰えず、渋々就職した先が警備会社だった。よくも悪くも今時の若者で、物事を深く考えずノリが軽い。


村田五郎役:上川隆也

身辺警護課の課長。新設された身辺警護課に集まった個性豊かなメンバーをとりまとめる存在。柔らかな物腰で、常に冷静、課長としてメンバーひとりひとりを良く見ている。


立原愛子役:石田ゆり子

厚生労働大臣。知的な美貌で、人気のキャスターだったが8年前、衆議院に立候補。有権者(特に男性)から圧倒的な支持を受け、見事トップ当選。女性の立場を生かす旗印のため厚生労働大臣に抜擢された。上昇志向が強くそのためには手段を選ばない。


落合義明役:江口洋介

警視庁SP。警視庁入庁後、所轄勤務を経て、警護課へ配属。秀でた能力、広範な知識、冷静な判断力から早々にSPを任命された。特技は拳銃。特定の警護対象者にはつかず、緊急かつ重要な対象者の警護にあたっている。武器を持たない民間の警備会社が身辺警護に当たることを良く思っておらず、同じ現場になっても全く相手にしない。


小田切仁美役:山口智子

章の元妻。15年前に章と結婚し、ひとり息子の瞬をもうけるも、6年前に離婚。現在は再婚し、フラワーアレンジメントの仕事をしている。


河野純也 役:満島真之介

元プロサッカー選手。6年前まで章が警護についており、ボディーガードとして章に全幅の信頼を置いていた。


今関重信役:永島敏行

民間警備会社・日ノ出警備保障の社長。6年前にボディーガードの職を辞した章を、人事の反対を押し切り、採用した。自身も以前は身辺警護の仕事をしていたのだが…?


氷川修役:宇梶剛士

警視庁警備部警護課係長。落合、清田らSPをまとめる上司だが、落合とはソリが合わない。


清田春孝 役:阿部進之介

警視庁警備部警護課のSP。落合の部下。


瞬 役:田中奏生

章の息子。中学生。母親の再婚にともない章と暮らし始めたが、思春期を迎えており、父親との間には若干の距離がある。

 

最終回あらすじ

発砲事件に巻き込まれ命を落とした村田(上川隆也)。唯一現場の状況を知ることができるはずだった村田の遺品であるICレコーダーも、警察の手によってデータを消され、いよいよ真相は闇の中に葬られようとしていた。

「民間のボディーガードが無謀な行動をし、銃で撃たれた」と週刊誌などにも下世話に書き立てられ、悔しい思いを抱く章(木村拓哉)ら。しかし決して諦めることなく、村田の汚名をそそごうと誓った矢先、厚生労働大臣の職を辞した愛子(石田ゆり子)が「私が真実を話します」と名乗り出てくる。

証拠も隠滅された今、残された方法は現場にいた人間が証言をしてくれることだけ――愛子の申し出を受けた章たちは、真相を語ろうとする彼女の警護をすることに…。しかし、そのことによって章たちの身にも危険が迫り…?

その頃、SPの落合(江口洋介)は上司の氷川(宇梶剛士)に「みずから事件の処理をする」と宣言。驚きの行動に出る!

高梨(斎藤工)、まゆ(菜々緒)、沢口(間宮祥太朗)、そして章。亡くなった村田と身辺警護課の名誉を懸けた最後の戦いの行方は…!?

 

BG最終回ネタバレ!


五十嵐幹事長の元秘(萩原聖人)に鉄砲で撃たれて村田五郎(上川隆也)が死んた事件は、村田五郎(上川隆也)が犯人・元秘(萩原聖人)を挑発したということにされた。村田五郎(上川隆也)は仕事中にICレコーダーを作動させて録音していたが、ICレコーダーのデータは警察に消去されており、村田五郎(上川隆也)の名誉回復は困難になっていた。

そんななか、現場に居合わせた立原愛子(石田ゆり子)が日ノ出警備保障を訪れて、「あの日、何があったのか、きちんとお話しする」と言い、事件の真相を公表することを約東した。知り合いのプロデューサーに内密で出演の許可を取り付けているのたという。

島崎章(木村拓哉)が「警察だけではなく、五十嵐先生や民事党を敵に回すことになる」と止めると、立原愛子(石田ゆり子)は「もう敵に回しました。さきほど、大臣の辞任を勧告されました。立原愛子は失業者軽視の失言を有耶無耶にするため、自白自演で自分に脅迫状を送った疑惑がある。その責任を取って辞任。まもなく、そう発表されるでしよう」と明かし立原愛子(石田ゆり子)は、これまでに何度も身辺警護課に助けてもらったので、今度は村田五郎(上川隆也)の名誉を守りたいのたという。

島崎章(木村拓哉)が「告発者が命を狙われた例はたくさんある」と忠告したが、立原愛子(石田ゆり子)は「大丈夫よ。有能なボディーガードに守って貰いますから。大臣を辞任すれば、SPの警護対象者てはなくなります。どんなに邪魔をされても、事件の真実を明らかに出来るように、みなさんに身辺警護をお願いします」と言い、警護を依頼した。

一方、SP落合義明(江口/羊介)は、係長・氷川修(宇梶剛士)に一連の事件の後始末を引き受けることを申し出ており、後始末を任された。他方、テレビのニュースで、立原愛子(石田ゆり子)が大臣の辞任を表明し、民事党を離党したというニュースが流れた。

島崎章(木村拓哉)は立原愛子(石田ゆり子)を自宅に送り届け、「明日は9時にお迎えに上がります」と告けると、立原愛子(石田ゆり子)は「こ(地下駐車場)で待機していてください。準備が整い次第、連絡します」と告げた。

島崎章(木村拓哉)が「本当にありがとうごさいます」と礼を言うと、立原愛子(石田ゆり子)は「こちらこそ。私しか居ないといわれて、やるべきことが分かった。全てが事に終わったら、懸案になっていたお食事に付き合っていただきます」とその場をさった。

高梨雅也(斎藤工)は、村田五郎(上川隆也)の自宅を訪れ、遺族に立原愛子(石田ゆり子)が真実を明かしてくれることを教えた。妻・村田靖子(中山忍)は喜んだが、急子・村田庸一は「事件の後、ずっと何も見ていないと嘘を付いていた。信じられない」と言い、不信感を漏らした。高梨雅也(斎藤工)が「本当に立原さん(石田ゆり子)が話してくれたら、信じて欲しい。それから、ちゃんと予備校に行って欲しい」と告げると、急子・村田庸一は「分かったよ」と答えた。


翌日、島崎章(木村拓哉)と高梨雅也(斎藤工)が立原愛子(石田ゆり子)を迎えに行くが、約東の9時になっても立原愛子(石田ゆり子)からの連絡は無かった。45分を過きても連絡が無いので、島崎章(木村拓哉)は電話をかけてみるが、電源が人って折らず、繋がらなかった。島崎章(木村拓哉)らは諦めて日ノ出警備保障に戻り、騙されたのでは無いかと話し合っていると、立原愛子(石田ゆり子)からの手紙が配達されてきた。

手紙には「約東を守れずにごめんなさい。直前になってサンコ-テレビから出演を断られました。党から横やりが入ったようです。情報が漏れることを考えてご連絡は控えました。島崎さん(木村拓哉)が仰るように、告発者は狙われるようですね。でも、私は諦めたわけではありません。逆に、やり遂けなければならないと確信しました。もう1度チャンスをください。今度こそ、約東を果たします」とあった。

立原愛子(石田ゆり子)は、総理大臣も出席する18日の民事党大会で、五十嵐幹事長に事実を正すのだという。しかし、立原愛子(石田ゆり子)は民事党を離党しているの
で、民事党大会には入れない。そこで、立原愛子(石田ゆり子)は、厳重なセキュリティ-を突破して、会場に入るまでの警護を日ノ出警備保障に依頼したのである。

高梨雅也(斎藤工)が「またドタキャンしたらどうします?」と呆れるが、島崎章(木村拓哉)は「きっとくるよ」と言っそのようななか、村田五郎(上川隆也)の急子・村田庸-は、立原愛子(石田ゆり子)が約東を守らなかったため、SNSに「父は犯人を挑発などしていません。証拠は警察が消したICレコーダーです。事件の際の録音部分が消されていたものを返却されました」と書き込んた。

このため、マスコミが騒き出して、村田五郎(上川隆也)の自宅を取り囲んた。それを知った島崎章(木村拓哉)らは村田五郎(上川隆也)の自宅へ駆けつけ、急子・村田庸-と妻・村田靖子(中山忍)を自宅から逃がし、安全な場所へと送った。しかし、このとき、急子・村田庸一が2人組の男に聾われた。島崎章(木村拓哉)は、身をていして、急子・村田庸一を守り、2人組の男を撃退したが、腕を負傷してしまった。

島崎章(木村拓哉)は、治療を受けて日ノ出警備保障に戻ると、高梨雅也(斎藤工)にBGの交代を頼んだ。島崎章(木村拓哉)が「信じられる?今回のクライアント」と尋ねると、咼梨雅也(斎藤工)は「難しいです。議員の座を奪われるようなことを、本当にあの人がやるのかどうか」と答え島崎章(木村拓哉)が「ボディーガードは信頼されなきやタメだけど、クライアントを信じることの方がもっと大事なことでしよ。自分のことを信じてくれない人のことを、信じることなんて出来ない」と告けると、官沼まゆ(菜々緒)と沢ロ正太郎(間宮祥太朗)は立原愛子(石田ゆり子)を信じると言った。

そこへ、SP落合義明(江口洋介)が現れ、「立原先生(石田ゆり子)と何を話されたんですか?辞任発表された夜、こちらに来たのは分かっています」と尋ねた。島崎章(木村拓哉)らは立原愛子(石田ゆり子)の警護に関する自料を隠してシラを切ったが、SP落合義明(江口/羊介)に気づかれ、料の一部を見られてしまう。高梨雅也(斎藤工)が「お引き取りください。警察は民間に何をやっても良いんですか?」と抗議すると、SP落合義明(江口洋介)は「私はこれからの警護は警察と民間が協力するべきたと思う。ただ、官民協力に応えられるような優秀な民間は居ません」と言って立ち去った。

島崎章(木村拓哉)はSP落合義明(江口洋介)を追いかけ、「警察は僕のことが邪魔なんですか?僕はあの事件の現場に居ました。本当のことを知られたくない人たちにとって、目障りな存在なんですか?」と尋ねると、SP落合義明(江口洋介)は「私なら無駄な警告はしません。あの事件は私が責任をもって処理したいと考えております」と答えた。島崎章(木村拓哉)が「処理?処理ってどういう意味ですか?」と尋ねたが、SP落合義明(江口洋介)は何も答えずに立ち去った。


島崎章(木村拓哉)・高梨雅也(斎藤工)・官沼まゆ(菜々緒)・沢ロ正太郎(間宮祥太朗)の4人は、立原愛子(石田ゆり子)を民事党大会に潜り込ませるため、入念な計画を練った。そして、民事党大会の当日、民事党大会で総理大臣のスピーチが始まると、島崎章(木村拓哉)らは計画を実行に移した。立原愛子(石田ゆり子)を連れて建物に侵人した高梨雅也(斎藤工)は、警備の警官に見つかってしまうが、立原愛子(石田ゆり子)を島崎章(木村拓哉)に引き渡すと、囮となつって警備の警官を翻弄した。島崎章(木村拓哉)は立原愛子(石田ゆり子)を連れて警察の警備をかいくぐり、民事党大会の会場の目前まで迫ったが、島崎章(木村拓哉)らの前にSP落合義明(江口洋介)が立ちはだかった。

島崎章(木村拓哉)は「そこを通してくたさい」と頼むが、SP落合義明(工ロ洋介)は「どうしても行きたけれは、私を殺していけ」と言った。しかし、SP落合義明(江洋介)は「警察というところは証拠が無ければ何もできないところです。私も録音していました。昔村田課長(上川隆也)に教えられて以来」と言い、ICレコーダーを取り出した。

そして、SP落合義明(江口洋介)は「現場に居た警察官である私が事実を明らかにします。言ったでしよ。事件は私が責任を持って処理すると。かって、私は村田課長に旧知を救って貰っこ。ここから先は私も同行する」と告げた。

しかし、SP落合義明(江口洋介)の同僚は第いて、係長・氷川修(宇梶剛士)に連絡し、氷川修(宇梶剛士)がSPを率いて駆けつけ、SP落合義明(江口洋介)の前に立ちはだかった。氷川修(宇梶剛士)は「何が事件を処理するた。はじめから告発が目的だったんだろ」と激怒すると、SP落合義明(江口洋介)は「外から不正を暴かれれば、警視庁は地に落ちる。私は警察官です」と告けた。氷川修(宇梶剛士)はSPにSP落合義明(工ロ洋介)を取り押さえるように命じるが、部のSPが命令を無視してSP落合義明(工ロ洋介)側に転じて、SPとSPが争っている隙を突き、SP落合義明(江口洋介)は島崎章(木村拓哉)らに守られて、民事党大会の会場に入ると、会場では舞台に上った五十嵐幹事長が二本締めをしていた。

 

SP落合義明(江口洋介)は、五十嵐幹串長の前まで歩み寄り、ICレコーダーを再生し、事件当時、五十嵐幹事長が元秘書(萩原聖人)に「綺麗に死ね」と倒し、村田五郎(上川隆也)が「無駄死をさせてはいけません」と止めていたことが公になったのだった。その結果、元秘(萩原聖人)が発砲事件を起こしたのは五十嵐幹事長が原因ということのなり、村田五郎(上川隆也)の汚名は返上された。

さらに、五十嵐幹事長は、4年前の汚職事件の責任を元秘書(萩原聖人)に着せたことや、島崎章(木村拓哉)に男性2人を送って聾撃したことまで明らかとなった。翌日、村田五郎(上川隆也)の息子・村田庸一が日ノ出警備保障を訪れ、島崎章(木村拓哉)らにお礼を言った。高梨雅也(斎藤工)が「これは警察から戻ってきた最後の録音だ。大事にしろよ」と言い、USBメモリを渡すと、急子・村田庸一は「ここでみんなと閒いて良いですか?」と言い、その場で録音を再生した。すると、村田五郎(上川隆也)が病院に運はれる救急車の中で、島崎章(木村拓哉)と話している声が閒こえてきて、村田五郎(上川隆也)は最後に「6時14分5秒誤差無し」と言って急絶えた。

翌日、島崎章(木村拓哉)の部屋に息子の島崎瞬(田中奏生)が帰ってきた。母・小田切仁美(山口智子)と營らすのではなく、島崎章(木村拓哉)と營らすことにしたのたという。

島崎章(木村拓哉)は約東の食事をするため、立原愛子(石田ゆり子)と待ち合わせをしていたが、立原愛子(石田ゆり子)は「笑わないでもらえますか。私、総理大臣を目指します。あの日、全てを捨てるつもりでした。それを思えば、変われます」と告けた。島崎章(木村拓哉)は「僕は誰かを守る仕事をしていきます。これまでと同じように」と話した。すると、立原愛子(石田ゆり子)は「またいつかデートしましよう。清き一票をよろしくお願いします」と言い、島崎章(木村拓哉)と握手して立ち去った。

島崎章(木村拓哉)の携帯電話にSP落合義明(江口洋介)から電話がかかってくる。大使館の警備対策官に動が決まったのたという。島崎章(木村拓哉)が「じゃあご出世ですね。おめでとうごさいます」と祝うと、SP落合義明(江口洋介)は「口止めということでしよう。私が居るのは、そういう場所です。それより、1週間、お待ちします」と告げた。

島崎章(木村拓哉)・高梨雅也(斎藤工)・官沼まゆ(菜々緒)・沢ロ正太郎(間宮祥太朗)の4人は腕時計を確認して「誤差無し」と言い、矢沢永吉を警護する任務に就いたのだった。


というのがBG~身辺警護人~の最終回ネタバレとなています。今作には原作はありませんでしたの完全なドラマオリジナルストーリーとなっています。皆さんはいかがでしたでしょうか?私はかなり楽しく見させて頂きました。やっぱり木村拓哉さんはかっこいい!SMAP解散と本当にいろんなことがありましたが、今後も変わらず元メンバーを応援していきたいと思います♪

BG~身辺警護人~の感想

[voice icon=”https://masapanland.wp-x.jp/wp-content/uploads/2019/04/男感想.jpg” name=”男性の感想” type=”l “]感想をいろいろ書きたいのにうまく言葉に出来ない! BG身辺警護、本当に素敵なドラマだった。 毎週毎週、木曜日の9時が待ち遠しかったこの二ヶ月ちょっと本当に幸せだった! 全てのキャスト、スタッフの皆さん!ありがとうスペシャル待ってます[/voice] [voice icon=”https://masapanland.wp-x.jp/wp-content/uploads/2019/04/女感想.jpg” name=”女性の感想” type=”l “]最後の最後まで見応えのあるドラマ でしたね! 江口さん最終的に味方だった… もう胸にジーンと胸アツでした… 息子さんも帰ってきて良かったぁ… 矢沢永吉さんが出るなんて豪華すぎ 続編見たい![/voice]

 

BG身辺警護人の見逃し無料動画配信

2019年4月時点で紹介できるVODサービスはありませんでした。

※本ページの情報は2019年4月時点のものです。最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。

[kanren postid=”9633,6545″]